« Darshaan(1981.4.18)の甥、プリンスオブウェールズS(英GI)を制す-Rewilding(2007.2.23)-。 | トップページ | 第52回宝塚記念(GI)の出走予定馬について。 »

2011年6月21日 (火)

過去10年の宝塚記念(GI)連対馬の4代血統構成について。

過去10年の宝塚記念(GI)連対馬の4代血統構成について


馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
2
0
0
1
1 メイショウドトウ
(1996.3.25)
[4-P]
8番仔
(3連産目)
Bigstone ★Affirmed Nijinsky First Landing
2 テイエムオペラオー
(1996.3.13)
[4-M]
7番仔
(不受胎後)
オペラハウス Blushing Groom Key to the Kingdom Drone
2
0
0
2
1 ダンツフレーム
(1998.4.19)
[21-A マリアドロ系]
3番仔
(3連産目)
ブライアンズタイム サンキリコ ネヴァービート ロムルス
2 ツルマルボーイ
(1998.3.5)
[6-A エスサーディー系]
初仔 ダンスインザダーク サッカーボーイ アローエクスプレス ダイハード
2
0
0
3
1 ヒシミラクル
(1999.3.31)
[16-C ヘレンサーフ系]
3番仔
(3連産目)
サッカーボーイ シェイディハイツ ラナーク フィダルゴ
2 ツルマルボーイ
(1998.3.5)
[6-A エスサーディー系]
初仔 ダンスインザダーク サッカーボーイ アローエクスプレス ダイハード
2
0
0
4
1 タップダンスシチー
(1997.3.16)
[23-B]
12番仔
(3連産目)
Pleasant Tap ★Northern Dancer ★Bold Hour ★T.V. Lark
2 シルクフェイマス
(1999.4.8)
[5-G]
初仔 マーベラスサンデー Caerleon Roberto Vaguely Noble
2
0
0
5
1 スイープトウショウ
(2001.5.9)
[5-J セヴァイン系]
3番仔
(3連産目)
エンドスウィープ ダンシングブレーヴ トウショウボーイ ダンディルート
2 ハーツクライ
(2001.4.15)
[6-A]
5番仔
(5連産目)
サンデーサイレンス トニービン Lyphard Bupers
2
0
0
6
1 ディープインパクト
(2002.3.25)
[2-F]
7番仔
(7連産目)
サンデーサイレンス Alzao Busted Queen's Hussar
2 ナリタセンチュリー
(1999.3.20)
[3-C]
初仔 トニービン ノーザンテースト Vaguely Noble Sir Ivor
2
0
0
7
1 アドマイヤムーン
(2003.2.23)
[7-F]
2番仔
(2連産目)
エンドスウィープ サンデーサイレンス Kris ノノアルコ
2 メイショウサムソン
(2003.3.7)
[3-L フロリースカップ系]
初仔
(流産後)
オペラハウス ダンシングブレーヴ サンプリンス フォルティノ
2
0
0
8
1 エイシンデピュティ
(2002.4.9)
[5-G]
2番仔
(2連産目)
フレンチデピュティ Woodman Green Dancer Sir Gaylord
2 メイショウサムソン
(2003.3.7)
[3-L フロリースカップ系]
初仔
(流産後)
オペラハウス ダンシングブレーヴ サンプリンス フォルティノ
2
0
0
9
1 ドリームジャーニー
(2004.2.24)
[8-C]
初仔 ステイゴールド メジロマックイーン ◆ノーザンテースト Lt. Stevens
2 サクラメガワンダー
(2003.3.25)
[13-C]
初仔 グラスワンダー サンデーサイレンス ノーザンテースト Quadrangle
2
0
1
0
1 ナカヤマフェスタ
(2006.4.5)
[3-H]
3番仔
(3連産目)
ステイゴールド タイトスポット デインヒル Cure the Blues
2 ブエナビスタ
(2006.3.14)
[16-C]
6番仔
(3連産目)
スペシャルウィーク Caerleon Lord Gayle Luciano

過去10年をたどると、牝馬が連対した年(2005年、2010年)を除いた8年は、母が前年産駒なし後の牡馬が連対という結果を残していますね。

今年2011年は、未だ強い紅一点を巡るレースと見るならば、非SSの牡馬陣が奮起するようなイメージがあるのですが、果たして。

そうなると、天皇賞・春(GI)の勝ち馬が居なくなってエイシンフラッシュ(2007.3.27)、金鯱賞(GII)の勝ちっぷりが半端無かったルーラーシップ(2007.5.15)というSSフリーの4歳牡馬2頭が、やはり姫の婿さん候補の筆頭格かと。

まま、お楽しみは週末までとっておきましょう、ね(^^)

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« Darshaan(1981.4.18)の甥、プリンスオブウェールズS(英GI)を制す-Rewilding(2007.2.23)-。 | トップページ | 第52回宝塚記念(GI)の出走予定馬について。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しています。20年位前に出会った中島理論、とても衝撃でした。4代、8代血統表数え切れないくらい手書きしてました。年に1回でも氏の記事を発見すればドキドキしながら読んだものです。もっともっと知りたい事もあったんですが・・・
リニューアルされた中山競馬倶楽部を見て絶句でした。
ダービーの出走馬全てがサンデーサイレンスの血を持つ年であるのがなんだか皮肉ですね。
ご冥福をお祈りします。

投稿: TACHYON | 2011年6月23日 (木) 20時08分

昨年の宝塚記念で、ナカヤマフェスタが勝った後に、確か、中山競馬倶楽部で御大が昔何か書いていたよな、と思って確認しようと思ったら、記事が読めなくなっていて、それ以来、中山競馬倶楽部は見ておりませんでした。
御大には、競馬のすばらしさを教えていただきました。ありがとうございました。どうか、これからも見守っていてください。

投稿: ゴリ | 2011年6月26日 (日) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/52006226

この記事へのトラックバック一覧です: 過去10年の宝塚記念(GI)連対馬の4代血統構成について。:

« Darshaan(1981.4.18)の甥、プリンスオブウェールズS(英GI)を制す-Rewilding(2007.2.23)-。 | トップページ | 第52回宝塚記念(GI)の出走予定馬について。 »