« 第78回日本ダービー(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 過去10年の安田記念(GI)連対馬の4代血統構成について。 »

2011年5月29日 (日)

第78回日本ダービー(GI)の勝ち馬。

オルフェーヴル 牡 栗毛 2008.5.14生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰寿厩舎

オルフェーヴル(2008.5.14)の4代血統表
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
ディクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサッシュ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサッシュ 1966
オリエンタルアート
栗毛 1997.5.12
仔受胎時活性値:0.50
メジロマックイーン
芦毛 1987.4.3
種付け時活性値:0.25
★メジロティターン
芦毛 1978.3.22
メジロアサマ 1966.2.23
シェリル 1971.5.15
メジロオーロラ
栗毛 1978.3.8
リマンド 1965.2.16
メジロアイリス 1964.4.8
エレクトロアート
栗毛 1986.3.29
仔受胎時活性値:0.50
ノーザンテースト
栗毛 1971
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961
Lady Victoria 1962
グランマスティーヴンス
栗毛 1977.2.9
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Lt.Stevens
鹿毛 1961
種付け時活性値:1.75
Dhow
芦毛 1968.3.21
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト4×3>

オルフェーヴル(2008.5.14)の中島理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ステイゴールド
(Halo系)
メジロマックイーン
(Djebel系)
◆ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
Lt.Stevens
(Nasrullah系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Lt.Stevens
(エレクトロアート)
5.00 or 3.00 全兄ドリームジャーニー
(No.8-C)
5番仔
(5連産目)

*

以下にオルフェーヴルのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

グランマスティーヴンス 1977.2.9 米1勝
|エレクトロアート 1986.3.29 中央4勝
||シュペルノーヴァ 1995.3.11 中央4勝
||オリエンタルアート 1997.5.12 中央3勝
|||ドリームジャーニー 2004.2.24 現役 有馬記念(GI) 宝塚記念(GI) 朝日杯FS(現GI)含む重賞7勝
|||オルフェーヴル 2008.5.14 (本馬) 日本ダービー(GI) 皐月賞(GI) スプリングS(GII)

*

第78回日本ダービー(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 5 オルフェーヴル 牡3 57 池添謙一 2:30.5    34.8 444
[+4]
池江泰寿 1
2 1 ウインバリアシオン 牡3 57 安藤勝己 2:30.8 1 3/4 34.7 496
[-4]
松永昌博 10
3 7 ベルシャザール 牡3 57 後藤浩輝 2:31.9 7 36.7 542
[+16]
松田国英 8
4 10 ナカヤマナイト 牡3 57 柴田善臣 2:32.0 クビ 36.4 458
[0]
二ノ宮敬宇 4
5 6 クレスコグランド 牡3 57 浜中俊 2:32.0 アタマ 36.7 496
[+6]
石坂正 9

不良馬場の争い。普通ならば「前に付けて好位から抜け出し」の勝負を思うところです。けれど、今年の日本ダービーの1着馬と2着馬はそんな常識にとらわれること無く、自分の競馬に徹しました。勝ったオルフェーヴルは道中後方5番手、2着のウインバリアシオン(2008.4.10)は道中後方4番手。1番人気のオルフェーヴル、折り合いはピタリとついていましたけれど、多くのファンが「その位置で大丈夫なのか?」と思われたのではないでしょうか。

そんなオルフェーヴル、直線では厳しい競馬を強いられました。真ん中外目辺りから抜け出そうとした時、外のナカヤマナイト(2008.3.24)に寄られて閉じ込められ、更にその後にナカヤマナイトとサダムパテック(2008.3.30)に挟まれる形となり、前がなかなか開かなかったのです。けれど、皐月賞馬の底力は、2頭の挟撃を打ち破りました。自力でこじ開けると、内に進路を取りながら烈火の如き末脚を繰り出し、水の浮かぶ芝を蹴って、一目散に駆けました。最後、ウインバリアシオンがその父ハーツクライ(2001.4.15)の2着を超えるべく外から迫りましたが、詰め寄られると、その分以上に突き放すようにして伸びました。

オルフェーヴル、決勝点では2着に1馬身4分の3差を付けて、見事な勝利。「完勝」と言える内容で、2冠馬の栄誉を蹄中に収めたのでした。併せて、生産の社台コーポレーション白老ファーム、馬主のサンデーレーシング、管理される池江泰寿調教師、そして池添謙一騎手それぞれに、初めての日本ダービー制覇をプレゼントしました。

不良馬場で見せたオルフェーヴルの上がり3Fは34秒8、ウインバリアシオンのそれは34秒7。この馬場状態では「まさか」とも思える鋭脚を繰り出した2頭のワンツー、後続は大きく離され2着から7馬身差で3着ベルシャザール(2008.4.25)、4着ナカヤマナイト、5着クレスコグランド(2008.1.31)と続きました。人気サイドでは2番人気サダムパテックが7着、3番人気デボネア(2008.2.24)が12着と期待に応えられず。

雨中の府中芝2400mの決戦は、能力や適正が如実に現れる厳しいレースだと、改めて思った第78回日本ダービーの結末でした。

*

この2冠制覇を以てオルフェーヴルが向かう先、ひと夏を超えた後が非常に気になるところです。池江泰寿調教師が「父子3冠トレーナー」を目指して菊花賞(GI)を狙うのか、はたまた世界に旅立つのか。いずれにせよ、楽しみは尽きません。

でも、まずは今日の激戦の疲れを取るところから。レースの途中で止まった馬も居ることですし、18騎の馬と人、まずは十二分に休息を。 雨の中での激戦、本当にお疲れ様でした。

そして、オルフェーヴルとその関係者の皆さん、本当におめでとうございました。

  

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

おまけ。「皐月賞馬、皐月賞馬、やっぱり皐月賞馬!!」と叫ぶオオハシさん。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

|

« 第78回日本ダービー(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 過去10年の安田記念(GI)連対馬の4代血統構成について。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

今日のオルフェーヴルは本当に強かったです。池添騎手の騎乗も見事でした。
秋を楽しみにしたいところですが・・・今日のダメージがどのくらいあるのかが心配です。

投稿: 104 | 2011年5月29日 (日) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/51800540

この記事へのトラックバック一覧です: 第78回日本ダービー(GI)の勝ち馬。:

« 第78回日本ダービー(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | 過去10年の安田記念(GI)連対馬の4代血統構成について。 »