« 第71回皐月賞(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | セイウンスカイ(1995.4.26)。 »

2011年4月24日 (日)

第71回皐月賞(GI)の勝ち馬。

オルフェーヴル 牡 栗毛 2008.5.14生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰寿厩舎

オルフェーヴル(2008.5.14)の4代血統表
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
ディクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサッシュ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサッシュ 1966
オリエンタルアート
栗毛 1997.5.12
仔受胎時活性値:0.50
メジロマックイーン
芦毛 1987.4.3
種付け時活性値:0.25
★メジロティターン
芦毛 1978.3.22
メジロアサマ 1966.2.23
シェリル 1971.5.15
メジロオーロラ
栗毛 1978.3.8
リマンド 1965.2.16
メジロアイリス 1964.4.8
エレクトロアート
栗毛 1986.3.29
仔受胎時活性値:0.50
ノーザンテースト
栗毛 1971
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961
Lady Victoria 1962
グランマスティーヴンス
栗毛 1977.2.9
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Lt.Stevens
鹿毛 1961
種付け時活性値:1.75
Dhow
芦毛 1968.3.21
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト4×3>

オルフェーヴル(2008.5.14)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Lt.Stevens
(エレクトロアート)
5.00 or 3.00 全兄ドリームジャーニー
(No.8-C)
5番仔
(5連産目)

以下にオルフェーヴルのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

グランマスティーヴンス 1977.2.9 米1勝
|エレクトロアート 1986.3.29 中央4勝
||シュペルノーヴァ 1995.3.11 中央4勝
||オリエンタルアート 1997.5.12 中央3勝
|||ドリームジャーニー 2004.2.24 現役 有馬記念(GI) 宝塚記念(GI) 朝日杯FS(現GI)含む重賞7勝
|||オルフェーヴル 2008.5.14 (本馬) 皐月賞(GI) スプリングS(GII)

第71回皐月賞(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 12 オルフェーヴル 牡3 57 池添謙一 2:00.6    34.2 440
[-4]
池江泰寿 4
2 4 サダムパテック 牡3 57 岩田康誠 2:01.1 3 34.9 500
[-8]
西園正都 1
3 2 ダノンバラード 牡3 57 武豊 2:01.3 1 1/4 35.3 464
[+4]
池江泰寿 8
4 15 デボネア 牡3 57 佐藤哲三 2:01.4 3/4 34.4 530
[-4]
中竹和也 14
5 5 ナカヤマナイト 牡3 57 柴田善臣 2:01.5 1/2 35.3 458
[-8]
二ノ宮敬宇 2

繰り出した脚の鋭さが他馬とは1枚も2枚も違いました、オルフェーヴル。この大一番で内の狭い位置から抜け出す新味を見せて、なおかつ3馬身抜け出すという強さ。オルフェーヴルは言わずもがなで全兄ドリームジャーニーで、全弟もGI制覇。そして、全兄が果たせなかったクラシック制覇と相成りました。これは「お見事」というほかありません。

オルフェーヴル、皐月賞が府中芝2000mで行われたことにより、より一層、日本ダービー(GI)に向けての展望が開けたのではないでしょうか。戦前の左回り不安説を一蹴して圧勝ですから、これは別路線からよっぽどの馬が現れないと、なかなかに打倒することは難しそうです。結局のところ、言うならば、「1番のダービートライアル」は皐月賞なのですから。

過去を辿ると、ヘキラク(1953.4.21)、メイズイ(1960.3.13)、シンザン(1961.4.2)、キタノカチドキ(1971.3.27)、トウショウボーイ(1973.4.15)、ヤエノムテキ(1985.4.11)と、府中芝2000mで行われた皐月賞の勝ち馬は、現在の格付けでいうGI級レースを複数制している強豪ばかりです。やはり、それだけ力量が問われるコースなのでしょう。ちなみに、今名前を挙げた先達6頭の日本ダービーにおける成績をまとめて記すと、[2-1-2-1]です。メイズイ、シンザンはそのまま2冠達成、トウショウボーイはクライムカイザー(1973.5.22)の2着、ヘキラクはハクチカラ(1953.4.20)の3着、キタノカチドキはコーネルランサー(1971.4.16)の3着、そしてヤエノムテキはサクラチヨノオー(1985.2.19)の4着でした。少なくとも日本ダービーで掲示板は外さない。ましてや、オルフェーヴルの勝ちっぷりを見ると、ね。

その名に「金細工師」を戴く栗毛の流星、オルフェーヴル。さらなる金を掴むことが出来るのか。果たして、5週間後、2011年5月29日の日曜日に行われる日本ダービーの結末や、如何に。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

おまけ。久しぶりに叫んでみました。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

|

« 第71回皐月賞(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | セイウンスカイ(1995.4.26)。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/51482099

この記事へのトラックバック一覧です: 第71回皐月賞(GI)の勝ち馬。:

« 第71回皐月賞(GI)の出走予定馬について。 | トップページ | セイウンスカイ(1995.4.26)。 »