« 過去10年のジャパンカップ(GI)連対馬について。 | トップページ | 第14回ファンタジーS(JpnIII)の勝ち馬。 »

2009年11月29日 (日)

第29回ジャパンカップ(GI)の出走予定馬。

第29回ジャパンカップ(GI)の出走予定馬について

馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1 アサクサキングス
(2004.3.23)

[4-G]
2番仔
(2連産目)
ホワイトマズル サンデーサイレンス What Luck Tentam
2 ネヴァブション
(2003.2.19)
[14-F]
9番仔
(不受胎後)
マーベラスサンデー ★Mill Reef Vaguely Noble ガンボウ
3 エアシェイディ
(2001.2.20)

[4-R]
初仔 サンデーサイレンス ノーザンテースト ★Well Decorated Gleaming
4 エイシンデピュティ
(2002.4.9)

[5-G]
2番仔
(2連産目)
フレンチデピュティ Woodman Green Dancer Sir Gaylord
5 ウオッカ
(2004.4.4)

[3-L]
4番仔
(2連産目)
タニノギムレット ルション トウショウボーイ ダンディルート
6 レッドディザイア
(2006.4.19)
[16-B]
4番仔
(4連産目)
マンハッタンカフェ Caerleon Sadler's Wells Top Ville
7 ジャストアズウェル
(2003.3.23)

[17-B]
初仔? A.P. Indy Nureyev Lord at War
(1.875交配と判断)
Verbatim
8 マイネルキッツ
(2003.3.18)
[10-E]
初仔
(不受胎後)
チーフベアハート サッカーボーイ Crimson Satan Rattle Dancer
9 リーチザクラウン
(2006.2.5)
[23-B]
4番仔
(3連産目)
スペシャルウィーク Seattle Slew Mr. Prospector Secretariat
10 オウケンブルースリ
(2005.2.24)

[13-C]
6番仔
(3連産目)
ジャングルポケット Silver Deputy Northern Jove Ribot
11 マーシュサイド
(2003.4.5)
[23-B]
3番仔?
(3連産目?)
Gone West Pleasant Colony Stage Door Johnny Northern Dancer
12 シンティロ
(2005.2.6)

[21-A]
10番仔+
(産駒無し後?)
ファンタスティックライト Thatching Northfields ダンサーズイメージ
13 ヤマニンキングリー
(2005.5.16)
[3-C]
7番仔
(4連産目)
アグネスデジタル サンデーサイレンス Bold Forbes Graustark
14 インティライミ
(2002.4.6)

[19 レディチャッター系]
10番仔
(4連産目)
スペシャルウィーク ノーザンテースト ガーサント Red God
15 インターパテイション
(2002.2.21)

[10-C]
2番仔?
(2連産目?)
Langfuhr ハビトニー Cresta Rider Youth
16 コンデュイット
(2005.3.23)

[1-L]
8番仔?
(2連産目?)
Dalakhani Sadler's Wells Irish River ダンサーズイメージ
17 コスモバルク
(2001.2.10)

[5-D サンニーモード系]
4番仔
(3連産目)
ザグレブ トウショウボーイ ★ビッグディザイアー キタノカチドキ
18 スクリーンヒーロー
(2004.4.18)
[1-S]
5番仔
(3連産目)
★グラスワンダー サンデーサイレンス ノーザンテースト モデルフール

招待馬5頭の内、2頭の曾祖母父にダンサーズイメージ(1965.4.10)が配されているところが泣かせる第29回ジャパンカップ(以下、JCと略す)。 その2頭の内の1頭が、招待馬の筆頭と目されるコンデュイット。同馬を管理される「サー」マイケル・スタウト調教師が、ブリーダーズカップターフ(米GI)の連対馬をJCに送り込んできた先例といえば、第16回のシングスピール(1992.2.25)、第17回のピルサドスキー(1992.4.23)。顔見せの興行なのか、あるいは「ダテに種牡馬にはなりません(by フジテレビの堺正幸アナ)」なのか。ピルサドスキーと同じバリーマコールスタッドの生産馬で、同じウェインストック卿=バリーマコールスタッドの勝負服。私は「勝ち負け」と見ました。

後はサンデーサイレンス(1986.3.25)を持たず、かつ異系を組み込んだJRAジーワンの勝ち馬たち。拾い出してみれば、内からウオッカ、マイネルキッツ、オウケンブルースリの3頭。付け加えるならば、昨年の勝ち馬で府中巧者のスクリーンヒーロー、そして伝説の新馬戦の物語を完遂させたいリーチザクラウンまで。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 過去10年のジャパンカップ(GI)連対馬について。 | トップページ | 第14回ファンタジーS(JpnIII)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/46880618

この記事へのトラックバック一覧です: 第29回ジャパンカップ(GI)の出走予定馬。:

« 過去10年のジャパンカップ(GI)連対馬について。 | トップページ | 第14回ファンタジーS(JpnIII)の勝ち馬。 »