« 第13回シリウスS(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第43回スプリンターズS(GI)の勝ち馬。 »

2009年10月12日 (月)

気になった配合馬。

書き留めていた記事を体育の日にお届けします。

新庄剛志の愛馬がデビュー勝ち(netkeiba.com)

タノシンジョイ 牡 鹿毛 2007.4.2生 別海・野付ライディングファーム生産 馬主・新庄剛志氏 船橋・岡林光浩厩舎

タノシンジョイ(2007.4.2)の4代血統表

ダイタクバートラム[A]
鹿毛 1998.4.2
種付け時活性値:0.00
ダンスインザダーク
鹿毛 1993.6.5
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ダンシングキイ
鹿毛 1983.5.21
Nijinsky 1967.2.21
Key Partner 1976.3.26
スプリングネヴァー
栗毛 1992.5.23
サクラユタカオー
栗毛 1982.4.29
テスコボーイ 1963
アンジェリカ 1970.3.29
ネヴアーイチバン
黒鹿毛 1971.2.7
ネヴァービート 1960
ミスナンバイチバン 1959.5.9
ウイルタイムオン
鹿毛 1988.5.11
仔受胎時活性値:0.50

アスワン[A]
鹿毛 1979.5.14
種付け時活性値:0.00
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
リリーオブザナイル
黒鹿毛 1966.4.13
Never Bend 1960.3.15
Nile Lily 1954.3.23
ヨドセローナ
鹿毛 1976.2.24
仔受胎時活性値:0.75
★エルセンタウロ[A]
黒鹿毛 1959.9.1
種付け時活性値:0.00(1.875)
Sideral 1948
Planetaria 1953
パロクサイド
栗毛 1959
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Never Say Die[A]
栗毛 1951
種付け時活性値:1.75
Feather Ball
栗毛 1952
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4、Never Say Die5×4、ネヴァービート5×4(父方)、Nasrullah5×5(母方)>

タノシンジョイ(2007.4.2)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Never Say Die
(Galaday)
4.75 or 2.75 伯父リアルバースデー
(No.8-F パロクサイド系)
14番仔
(2連産目)

新庄剛志さんの初めての持ち馬、見事にデビュー勝ち。という訳で、気になって血統を調べてみたら、↑のとおりです(^_^;)。ダイタクバートラムの仔という点が泣かせます。最近は確認しなくなった8代残牡先祖数ですが、調べてみると「1/128」、祖母父エルセンタウロが1.875ポイントの交配としても「5/128」でした。

また、生産者である野付ライディングファームさんは、先日9月18日に亡くなった、1983年の有馬記念(現GI)馬リードホーユー(1980.4.21)が終の棲家とした牧場としても知られています。

では、以下にタノシンジョイの近親牝系図を示しておきます。

パロクサイド 1959 英5勝
|シャダイカール 1969.2.11 中央6勝 4歳牝馬特別(現フローラS、JpnII)3着
|シャダイフェザー 1973.2.20 中央3勝
||ダイナフェザー 1979.4.2 中央5勝
|||フェザーマイハット 1987.5.13 中央5勝 BSN杯(OP)
||ダイナカール 1980.5.10 中央5勝 オークス(現GI)
|||カーリーエンジェル 1990.6.1 中央0勝
||||エガオヲミセテ 1995.5.27 中央4勝 マイラーズカップ(GII) 阪神牝馬特別(GII)
||||アドマイヤハッピー 1998.6.1 中央4勝
|||||ウォータクティクス 現役 2005.2.6 アンタレスS(GIII) アルデバランS(OP)
||||オレハマッテルゼ 2000.1.16 中央9勝 高松宮記念(GI) 京王杯SC(GII)
||||トゥリオンファーレ 2006.2.22 現役 ラジオNIKKEI杯2歳S(JpnIII)3着
|||エアグルーヴ 1993.4.6 中央9勝 天皇賞・秋(GI) オークス(現JpnI)含む重賞7勝
||||アドマイヤグルーヴ 2000.4.30 中央8勝 エリザベス女王杯(GI)2回含む重賞5勝
||||ポルトフィーノ 2005.3.14 現役 エルフィンS(OP)
|||カーリーパッション 1994.5.23 中央1勝
||||フラムドパシオン 2003.5.6 中央5勝+海外0勝 UAEダービー(GII)3着
|||モノポライザー 1999.4.4 中央5勝+地方9勝 ポートアイランドS(OP) 若駒S(OP)
||ダイナソレイユ 1982.3.28 2勝 京成杯3歳S(現京王杯2歳S、JpnII)3着
||ハイフェザー 1987.3.28 5勝 福島民報杯(OP)
|ヨドセローナ 1976.2.24 中央0勝
||マックホープ 1983.5.29 中央5勝
|||マッチポイント 1990.4.23 中央0勝
||||トウカイポイント 1996.5.18 中央6勝+地方1勝+海外0勝 マイルCS(GI) 中山記念(GII)ほか
||||パープルエビス 1997.5.8 中央4勝 スプリングS(現JpnII)2着 アーリントンC(GIII)2着
|||ボンヌシャンス 1992.5.19 中央1勝
||||インテレット 2003.3.24 中央2勝 AJCC(GII)2着 毎日杯(GIII)2着
||リアルバースデー 1986.5.29 中央2勝 日本ダービー(GI)2着
||ウィルタイムオン 1988.5.11 中央0勝
|||タノシンジョイ 2007.4.2 (本馬)
|ヒカリサイド 1977.3.2 中央0勝
||ダンディアポロ 1986.3.25 中央平地2勝+障害3勝 小倉3歳S(GIII) 小倉障害S(OP) フェニックス賞(OP)

言わずと知れた、8号族パロクサイド系。近親には活躍馬がズラリ。

タノシンジョイ。新庄剛志さんの初めての持ち馬という話題性と共に、血統構成からも気になる存在です。若駒のこれから、楽しみにしましょう。

続いては9月にセプテンバーS(準OP)を制した彼を。今年の3月に500万平馬戦を勝った時に書いておいた下書きが生きる時がやって参りました(^^)

ショウナンカザン 牡 鹿毛 2005.3.29生 浦河・桑田牧場生産 馬主・国本哲秀氏 美浦・本間忍厩舎

ショウナンカザン(2005.3.29)の4代血統表
ショウナンカンプ[A●]
鹿毛 1998.3.7
種付け時活性値:1.50

サクラバクシンオー
鹿毛 1989.4.14
サクラユタカオー
栗毛 1982.4.29
テスコボーイ 1963
アンジェリカ 1970.3.29
サクラハゴロモ
鹿毛 1984.4.13
ノーザンテースト 1971.3.15
クリアアンバー 1967.5.8
ショウナングレイス
鹿毛 1989.3.28
ラッキーソブリン
鹿毛 1974.1.28
Nijinsky 1967.2.21
Sovereign 1965
ヤセイコーソ
鹿毛 1977.4.23
タケシバオー 1965.4.23
メジロチドリ 1972.5.1
マイダイナマイト
栃栗毛 1997.5.14
仔受胎時活性値:1.75

ダイナマイトダディ[A●]
栃栗毛 1988.4.12
種付け時活性値:0.00
サクラユタカオー
栗毛 1982.4.29
テスコボーイ 1963
アンジェリカ 1970.3.29
ダイナサルーン
栗毛 1981.5.9
ノーザンテースト 1971.3.15
シヤダイクリアー 1972.5.14
ミロク
青鹿毛 1984.3.30
仔受胎時活性値:1.00
ボールドコンバタント[A]
栃栗毛 1963.4.27
種付け時活性値:1.00
★Bold Ruler 1954.4.6
Antagonism 1947
ミスベエンチア
黒鹿毛 1978.3.30
仔受胎時活性値:1.25
ヴェンチア[D]
黒鹿毛 1957
種付け時活性値:1.00
オンワードカルミヤ
黒鹿毛 1973.1.6
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:サクラユタカオー3×3、ノーザンテースト4×4、Northern Dancer5×5×5>

ショウナンカザン(2005.3.29)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ショウナンカンプ
(ショウナングレイス)
5.00 5代母はミスオンワード
(No.5-H ホールドタイト系)
初仔

むぅ。国本哲秀オーナー、これは狙われた配合でしょうか(^_^.)。なんと言いますか、「父ショウナンカンプ×母父ダイナマイトダディ」という泣かせる組み合わせで発生したサクラユタカオー3×3の0クロスという豪快な近親交配に加えて、母マイダイナマイトの初仔。

では、以下にショウナンカザンのごくごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ミスベエンチア 1978.3.30 不出走
|ミロク 1984.3.30 中央2勝
||マイダイナマイト 1997.5.14 中央2勝+地方4勝
|||ショウナンカザン 2005.3.29 (本馬)

曾祖母からの分枝にはブラックタイプは見当たりません。しかし、5代母はミスオンワード(1954.3.8)。同馬は中央14勝を挙げ、史上初の無敗で桜花賞(現JpnI)、オークス(現JpnI)を制した2冠牝馬となりました。

ミスオンワードといえば、オーナーは大手アパレルメーカーとして知られるオンワード樫山の創業者である故・樫山純三氏。まったくの余談となりますが、樫山氏がもともと大阪で開業された名残でしょうか、現在の住まいの近くにはオンワード樫山のオペレーションセンターなるものがあります(^_^)

齢重ねて強くなるのが内国産スプリンター血統の良いところでもありますし、ショウナンカザンの爆発もこれからなのかも知れません。伝聞によるとショウナンカザンの次走はスワンS(GII)も視野に入れられているとのこと。おお、祖父サクラバクシンオーが1分19秒9で、父ショウナンカンプが1分19秒8で駆けた芝1400mのGII戦。父仔3代制覇となればこれは痛快。楽しみにしたい4歳秋冬のシーズンです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第13回シリウスS(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第43回スプリンターズS(GI)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/46463271

この記事へのトラックバック一覧です: 気になった配合馬。:

» 2歳育児の口コミサイト [2歳育児の口コミサイト ]
2歳育児の口コミを集めました [続きを読む]

受信: 2009年10月12日 (月) 20時46分

« 第13回シリウスS(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第43回スプリンターズS(GI)の勝ち馬。 »