« 気になった配合馬。 | トップページ | 第60回毎日王冠(GII)の勝ち馬。 »

2009年10月13日 (火)

第43回スプリンターズS(GI)の勝ち馬。

ローレルゲレイロ 牡 青鹿毛 2004.5.3生 新冠・村田牧場生産 馬主・(株)ローレルレーシング 栗東・昆貢厩舎

ローレルゲレイロ(2004.5.3)の4代血統表

キングヘイロー[A]
鹿毛 1995.4.28
種付け時活性値:0.00
ダンシングブレーヴ
鹿毛 1983.5.11
Lyphard
鹿毛 1969
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Navajo Princess
鹿毛 1974.3.31
Drone 1966.4.1
Olmec 1966
グッバイヘイロー
栗毛 1985.2.12
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Pound Foolish
鹿毛 1979.3.17
Sir Ivor 1965.5.5
Squander 1974.5.6
ビッグテンビー
黒鹿毛 1998.4.30
仔受胎時活性値:1.25
テンビー[A]
鹿毛 1990.1.21
種付け時活性値:1.75
Caerleon
鹿毛 1980.3.27
Nijinsky 1967.2.21
Foreseer 1969.4.12
Shining Water
鹿毛 1984.2.18
Kalaglow 1978.2.19
Idle Waters 1975.5.19
モガミヒメ
黒鹿毛 1992.3.22
仔受胎時活性値:1.25
[ビッグテンビーは初仔]
カコイーシーズ[x]
鹿毛 1986.3.7
種付け時活性値:1.25
Alydar 1975.3.23
Careless Notion 1970.3.18
モガミポイント
鹿毛 1985.4.9
仔受胎時活性値:1.50
[モガミヒメは不受胎後の2番仔]
マルゼンスキー[A]
鹿毛 1974.5.19
種付け時活性値:0.50
ポイントメーカー
栗毛 1980.4.21
仔受胎時活性値:1.00
[モガミポイントは生後直死後の1番仔]

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5、Nijinsky4×5(母方)、Sir Gaylord5×5(父方)>

ローレルゲレイロ(2004.5.3)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
テンビー
(Lalun)
5.00
(No.1-B セレタ系)
初仔
第43回スプリンターズS(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 13 ローレルゲレイロ 牡5 57 藤田伸二 1:07.5    34.6 460
[-4]
昆貢 6
2 9 ビービーガルダン 牡5 57 安藤勝己 1:07.5 ハナ 34.3 496
[-6]
領家政蔵 2
3 12 カノヤザクラ 牝5 55 小牧太 1:07.7 1 1/4 33.8 508
[-2]
橋口弘次郎 8
4 8 アイルラヴァゲイン 牡7 57 津村明秀 1:07.8 クビ 34.7 520
[+2]
手塚貴久 16
5 2 アルティマトゥーレ 牝5 55 松岡正海 1:07.8 アタマ 34.7 488
[+2]
奥平雅士 1
第43回スプリンターズS(GI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
11.9-10.2-10.8-11.2-11.5-11.9
上り 4F 45.4-3F 34.6

ローレルゲレイロ、春の王者の矜持を見せた逃げ切りでした。1200mを走って、最後はわずかに1cm差。外から差して来た「同い年で同じ青鹿毛」であるビービーガルダンの猛追を凌ぎきって、2009年の春秋スプリントGIを共に制覇となりました。

では、以下にローレルゲレイロのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ポイントメーカー 1980.4.21 不出走
|モガミポイント 1985.4.9 中央3勝
||モガミヒメ 1992.3.22 地方3勝
|||ビッグテンビー 1998.4.30 中央1勝
||||ローレルゲレイロ 2004.5.3 (本馬) 高松宮記念(GI) スプリンターズS(GI) 阪急杯(GIII) 東京新聞杯(GIII)

↑の4代血統表には現れませんが、ローレルゲレイロの5代母クリヒデ(1958.3.6)は1962年の天皇賞・秋(現GI)の勝ち馬で同年の最優秀古馬牝馬です。また、↑の4代血統表でも薄く示していますけれど、ローレルゲレイロは母ビッグテンビーの初仔、母は祖母モガミヒメの初仔、祖母は曾祖母モガミポイントが不受胎後の仔と、3世代に渡って「母が前年産駒なし後の仔」という活力のある世代交代がなされていることを申し添えておきます。ついで述べておくと、今回2着のビービーガルダンも母が2年連続不受胎後の仔でした。やはり「空胎後に名馬あり」ですね(^_^;)

そしてまた、ローレルゲレイロの牝系は、ユートピア牧場伝来のセレタ(1923)系ですね。目にも見よ、この在来牝系の底力。日本のホースマンの皆様は、先人から受け継いで来た己が仕事の積み重ねを、本当に、もっともっと、誇りに思われて良いはずです。

結局、メンバー中唯一のJRAGI勝ち馬であるローレルゲレイロが勝利を収めた2009年のスプリンターズS。今回の結果により、2004年生まれの馬は3歳時のアストンマーチャン(2004.3.5)、4歳時のスリープレスナイト(2004.2.7)、そして5歳時のローレルゲレイロと、3年連続で同世代でこの短距離GIを制したのでした。今年は、気が付けば、1着から3着までは2004年生まれ世代。牝馬だけではない、牡馬も含めてやはり強い馬が揃っている世代であるということ。その事実を改めて実感させてくれた、第43回スプリンターズSでした。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

おまけ。「春のチャンピオン!!」と叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

|

« 気になった配合馬。 | トップページ | 第60回毎日王冠(GII)の勝ち馬。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/46442339

この記事へのトラックバック一覧です: 第43回スプリンターズS(GI)の勝ち馬。:

« 気になった配合馬。 | トップページ | 第60回毎日王冠(GII)の勝ち馬。 »