« 第14回秋華賞(GI)の出走予定馬。 | トップページ | 第70回菊花賞(JpnI)の出走予定馬。 »

2009年10月22日 (木)

過去10年の菊花賞(現JpnI)連対馬について。

過去10年の菊花賞(現JpnI)連対馬の4代血統構成について


馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
2
0
0
8
1 オウケンブルースリ
(2005.2.24)

[13-C]
6番仔+
(3連産目)
ジャングルポケット Silver Deputy Northern Jove Ribot
2 フローテーション
(2005.4.14)
[9-C]
6番仔
(2連産目)
スペシャルウィーク リアルシャダイ Affirmed Minnesota Mac
2
0
0
7
1 アサクサキングス
(2004.3.23)
[4-G]
2番仔
(2連産目)
ホワイトマズル サンデーサイレンス What Luck Tentam
2 アルナスライン
(2004.2.18)
[9-C]
8番仔+
(2連産目)
アドマイヤベガ ★El Gran Senor Graustark Raise a Native
2
0
0
6
1 ソングオブウインド
(2003.2.20)
[9-F ファンシミン系]
初仔 エルコンドルパサー サンデーサイレンス トニービン ヒッティングアウェー
2 ドリームパスポート
(2003.3.14)
[1-T]
初仔 フジキセキ トニービン ディクタス ノーザンテースト
2
0
0
5
1 ディープインパクト
(2003.3.25)
[2-F]
7番仔
(7連産目)
サンデーサイレンス Alzao Busted Queen's Hussar
2 アドマイヤジャパン
(2002.4.16)
[16-C]
3番仔
(3連産目)
サンデーサイレンス Caerleon Lord Gayle Luciano
2
0
0
4
1 デルタブルース
(2001.5.3)
[3-D]
7番仔
(7連産目)
ダンスインザダーク Dixieland Band Alleged Sir Ivor
2 ホオキパウェーブ
(2001.3.16)
[5-G]
8番仔+
(7連産目+)
カーネギー Mr. Prospector Sir Gaylord Traffic Judge
2
0
0
3
1 ザッツザプレンティ
(2000.5.26)
[1-E]
8番仔
(流産後)
ダンスインザダーク Miswaki Lyphard Prominer
2 リンカーン
(2000.3.18)
[1-L]
初仔 サンデーサイレンス トニービン Sadler's Wells ★イングリッシュプリンス
2
0
0
2
1 ヒシミラクル
(1999.3.31)
[16-C ヘレンサーフ系]
3番仔
(3連産目)
サッカーボーイ シェイディハイツ ラナーク フィダルゴ
2 ファストタテヤマ
(1999.5.30)
[4-M クリアアンバー系]
9番仔
(9連産目)
ダンスインザダーク ターゴワイス ノーザンテースト Ambiopoise
2
0
0
1
1 マンハッタンカフェ
(1998.3.5)
[16-C]
5番仔
(流産後)
サンデーサイレンス Law Society Luciano Ticino
2 マイネルデスポット
(1998.4.27)

[7-C アストニシメント系]
6番仔
(5連産目)
ペンタイア パーソロン シュプリームギフト スパニッシュイクスプレス
2
0
0
0
1 エアシャカール
(1997.2.26)
[4-R]
3番仔
(不受胎後)
サンデーサイレンス ★Well Decorated Gleaming Ribot
2 トーホウシデン
(1997.3.26)
[8-F]
3番仔+
(3連産目+)
ブライアンズタイム Blushing Groom Nijinsky Sir Ivor
1
9
9
9
1 ナリタトップロード
(1996.4.4)
[18]
6番仔
(6連産目)
サッカーボーイ Affirmed Never Bend Double Jay
2 テイエムオペラオー
(1996.3.13)
[4-M]
7番仔
(不受胎後)
オペラハウス Blushing Groom Key to the Kingdom Drone

過去10年の連対馬20頭のデータを見た時、4代血統構成が字面上Phalaris(1913)4系累代配合となっているのは、

  1. テイエムオペラオー
  2. トーホウシデン
  3. リンカーン

の3頭でした。が、この3頭は中島理論的にはダミーと目されるSadler's Wells(1981.4.11)、もしくはBlushing Groom(1974.4.8)の血が含まれていました。 ただ、テイエムオペラオーほどの馬をもってしても、菊花賞では2着まででした。つまりは勝ち馬はすべてどこかに異系を持ち合わせている、ということですね。淀の坂越え芝3000m、3歳馬には厳しい舞台です。そこでモノを言うのは、血統背景から来る底力なのかも知れませんね。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第14回秋華賞(GI)の出走予定馬。 | トップページ | 第70回菊花賞(JpnI)の出走予定馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/46546889

この記事へのトラックバック一覧です: 過去10年の菊花賞(現JpnI)連対馬について。:

« 第14回秋華賞(GI)の出走予定馬。 | トップページ | 第70回菊花賞(JpnI)の出走予定馬。 »