« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月25日 (金)

第14回エルムS(GIII)の勝ち馬。

マチカネニホンバレ 牡 鹿毛 2005.4.26生 門別・待兼牧場生産 馬主・細川益男氏 美浦・藤沢和雄厩舎

マチカネニホンバレ(2005.4.26)の4代血統表
シンボリクリスエス[A]
黒鹿毛 1999.1.21
種付け時活性値:1.25
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Sharp Queen
鹿毛 1965.4.19
Princequillo 1940
Bridgework 1955.3.23
Tee Kay
黒鹿毛 1991.2.9
★Gold Meridian
黒鹿毛 1982.4.14
Seattle Slew 1974.2.15
Queen Louie 1968.4.9
Tri Argo
黒鹿毛 1982.5.18
Tri Jet 1969.4.3
Hail Proudly 1969.3.5
マチカネチコウヨレ
栗毛 1999.2.18
仔受胎時活性値:1.25
Deputy Minister[A]
黒鹿毛 1979.5.17
種付け時活性値:0.75
Vice Regent
栗毛 1967.4.29
Northern Dancer 1961.5.27
Victoria Regina 1958
Mint Copy
黒鹿毛 1970.2.24
★Bunty's Flight 1953.4.26
Shakney 1964
Alysbelle
鹿毛 1989.2.6
仔受胎時活性値:0.25
Alydar[x]
栗毛 1975.3.23
種付け時活性値:1.25
Raise a Native 1961.4.18
Sweet Tooth 1965.4.17
Bel Sheba
鹿毛 1970.1.29
仔受胎時活性値:0.50
★Lt. Stevens[A]
鹿毛 1961.3.14
種付け時活性値:0.00
Belthazar
黒鹿毛 1960.6.27
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:なし>

マチカネニホンバレ(2005.4.26)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
シンボリクリスエス 2.25 伯父マチカネキンノホシ
(No.20)
2番仔
(2連産目)
第14回エルムS(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 7 マチカネニホンバレ 牡4 56 北村宏司 1:51.1    36.0 540
[-2]
藤沢和雄 2
2 3 ネイキッド 牡5 56 赤木高太郎 1:51.1 ハナ 35.7 472
[-2]
中竹和也 10
3 14 クリールパッション 牡4 56 津村明秀 1:51.3 1 1/2 35.9 462
[0]
相沢郁 5
4 15 トランセンド 牡3 53 内田博幸 1:51.4 1/2 36.3 506
[-4]
安田隆行 1
5 8 ナムラハンター 牡4 56 田中勝春 1:51.5 クビ 35.9 494
[+4]
松永昌博 8
第14回エルムS(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5-11.1-12.4-13.5-13.1-12.5-12.2-11.4-12.4
上り 4F 48.5-3F 36.0

ダート4戦4勝、そしてなお新潟ダート1800mのレコードホルダーでもある唯1頭の3歳馬トランセンド(2006.3.9)が、圧倒的1番人気を集めた一戦。しかし、ここは歴戦の兵たちが古馬の意地を見せました。前走しらかばS(OP)で敗れるまでダートで5連勝中だった2番人気のマチカネニホンバレ。連勝はストップしたとはいえ、この戦前まで左回りのダート戦は4戦4勝。直線、10番人気ネイキッド(2004.5.22)との壮絶なつばぜり合いを制して、わずかにハナだけ先んじたところがゴール。これで左回りのダート5戦全勝、サウスポーが接戦の末に重賞初制覇を遂げたのでした。

では、以下にマチカネニホンバレのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Bel Sheba 1970.1.29 米5勝
|ライブリーラーク 1975.3.25 米7勝 輸入種牡馬
|Grabelst 1981.1.28 伊米1勝
||Spicilege 1992.4.25 米仏6勝 マカダミアH(米GIII)3着
|Alysheba 1984.3.3 米11勝 ケンタッキーダービー(GI) BCクラシック(GI)含むGI9勝
|Bel Real 1986.4.22 米1勝
||Bel Native 1991.2.21 米1勝
|||Adil 2004.2.13 UAEサウジアラビア5勝 UAEダービー(GII)3着
|Alysbelle 1989.2.6 米4勝 ラカナダS(GII) ハリウッドオークスS(GI)3着ほか
||マチカネキンノホシ 1996.4.2 中央4勝 アルゼンチン共和国杯(GII) AJC杯(GII)
||マチカネチコウヨレ 1999.2.18 不出走
|||マチカネニホンバレ 2005.4.26 (本馬) エルムS(GIII)
|Enjoy Plan 1990.2.22 仏4勝 メシドール賞(GIII)3着

伯父にマチカネキンノホシ、大伯父にAlyshebaが見えます。Alyshebaはその父AlydarにとってEasy Goer(1986.3.21)と並ぶ最良産駒として知られていますね。Alydar産駒というと、父から受け継いだのか「ツメの甘さ」を指摘されることがありますけれど、Alyshebaは僅差の勝負にも強く、自身のGI9勝のうち8勝が1馬身差以内の勝利だったようです。↑の血統表のとおり、マチカネニホンバレの祖母Alysbelleは父がAlydarですから、Alyshebaの全妹ですね。

意外なことにJRA重賞の勝利は2007年のキングストレイル(2002.2.17)による京成杯AH(GIII)以来だった藤沢和雄厩舎。それでも、このマチカネニホンバレの勝利を以て、JRA通算999勝として、現役調教師では唯一となるJRA通算1000勝に王手をかけられました。1988年の開業以来、足かけ21年。平均しても毎年50勝近くの勝利を収めなければ達成できない大記録。その大記録の一歩手前となったマチカネニホンバレの勝利は、当代の名伯楽に対しての前祝いだったのかも知れません。

いえいえ、もちろん、マチカネニホンバレ自身の前途も洋々。改めてダート路線の王者となるべく、再発進となったのですから。さらなる大舞台でも日本晴れを仰げるように。マチカネニホンバレのこれからに期待しましょう。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第27回ローズS(GII)の勝ち馬。

ブロードストリート 牝 鹿毛 2006.3.28生 門別・下河辺牧場生産 馬主・下河邉行雄氏 栗東・藤原英昭厩舎

ブロードストリート(2006.3.28)の4代血統表
アグネスタキオン[A]
栗毛 1998.4.13
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アグネスフローラ
鹿毛 1987.6.18
ロイヤルスキー
栗毛 1974.5.24
Raja Baba 1968.4.5
Coz o'Nijinsky 1969.4.27
アグネスレディー
鹿毛 1976.3.25
リマンド 1965.2.16
イコマエイカン 1967.5.18
フィラストリート
鹿毛 1994.4.15
仔受胎時活性値:0.75
Cozzene[A]
芦毛 1980.5.8
種付け時活性値:1.25
Caro
芦毛 1967.4.11
フォルティノ 1959.4.19
Chambord 1955
Ride the Trails
鹿毛 1971.5.28
Prince John 1953.4.6
Wildwook 1965.5.18
Phydilla
鹿毛 1978.2.13
仔受胎時活性値:1.75
★Lyphard[A]
鹿毛 1969
種付け時活性値:0.00
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Godzilla
栗毛 1972.5.4
仔受胎時活性値:1.25
Gyr[x]
栗毛 1967.4.22
種付け時活性値:1.00
Gently
芦毛 1962
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Grey Sovereign5×5(母方)>

ブロードストリート(2006.3.28)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
アグネスタキオン
(アグネスフローラ)
4.00 半兄フィニステール
(No.6-B)
9番仔
(9連産目)
第27回ローズS(GII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 4 ブロードストリート 牝3 54 藤田伸二 1:44.7 レコード 34.2 448
[+2]
藤原英昭 5
2 11 レッドディザイア 牝3 54 四位洋文 1:44.7 クビ 34.0 494
[+10]
松永幹夫 1
3 13 クーデグレイス 牝3 54 川田将雅 1:44.9 1 35.0 462
[-14]
栗田博憲 10
4 9 ミクロコスモス 牝3 54 武豊 1:45.2 1 3/4 34.6 472
[+4]
角居勝彦 2
5 5 ボンバルリーナ 牝3 54 佐藤哲三 1:45.4 1 34.7 486
[-2]
松田国英 11
第27回ローズS(GII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4-10.9-11.2-11.8-11.8-11.4-11.4-11.6-12.2
上り 4F 46.6-3F 35.2

最初と最後の2ハロンを除いた7ハロンで12秒割れの厳しいラップが続いたレース。直線のラスト200mあたり、伏兵のクーデグレイス(2006.5.12)が先行2番手から抜け出して粘り込みを図ったところで、大外から強襲したのは1番人気のレッドディザイア。春の2冠で共にブエナビスタ(2006.3.14)に僅差の2着と苦汁を飲んだ実績馬が、初重賞を目指して鋭脚を見せました。けれど、馬群の真ん中をキレイに捌いて抜け出して来た鹿毛馬の脚色が、その2頭をまとめて押さえ込んでしまいました。ブロードストリート。彼女とてスイートピーS(OP)の勝ち馬でオークス(JpnI)4着の実力馬。3頭出しの藤原英昭厩舎勢ではもっとも評価の低い5番人気でしたが、なんのなんの、阪神芝1800mを駆けたタイムは1分44秒7のコースレコードタイムでした。

では、以下にブロードストリートのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Godzilla 1972.5.4 伊英5勝
|Phydilla 1978.2.13 仏4勝 クインシー賞(GIII) エクリプス賞(GIII)
||Mysteries 1986.2.26 英0勝 ミュージドラS(GIII)3着
|||ヒシアケボノ 1992.2.27 中央6勝 スプリンターズS(GI) スワンS(GII)
|||Mysterial 1994.1.27 米0勝
||||Dubai Destination 1999.2.10 英仏4勝 クイーンアンS(英GI) シャンペンS(英GII)
||||Librettist 2002.4.17 仏英米7勝 ムーランドロンシャン賞(仏GI) ジャックルマロワ賞(仏GI)ほか
|||アグネスワールド 1995.4.28 日英仏米8勝 ジュライC(英GI) アベイユドロンシャン賞(仏GI)ほか
||フィラストリート 1994.4.15 米1勝
|||フィニステール 2004.4.16 現役 青葉賞(JpnII)3着
|||ブロードストリート 2006.3.28 (本馬) ローズS(GII) スイートピーS(OP)
|ロイヤルスズカ 1993.5.13 日香6勝 スワンS ダービー卿CT(GIII)

近親を見れば快足系の馬たちが揃っていますね。従兄に巨漢のスプリンター・ヒシアケボノ、芝1200mの日本レコードホルダー・アグネスワールド兄弟、両馬の甥にDubai Destination、Librettistという英仏のマイルGI勝ち馬。ほかにも大叔父にロイヤルスズカの名前が見えます。短距離志向と見受けられる牝系ですが、フィラストリートの仔はフィニステールが青葉賞3着、ブロードストリートがオークス4着と選手権距離でも結果を残していますね。

昨年の暮れから今年の年初にかけて新馬、500万下と連勝を果たした時、すでにその素質の高さを見込まれていたブロードストリート。3歳秋の初重賞制覇は遅すぎたくらいかも知れません。トライアルの勝ち馬として胸を張って挑む本番、秋華賞(GI)。絶景を超えることが出来るか否か。ブロードストリートの奮起にさらなる期待をかけたいと思います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

おまけ。「この馬とてオークス4着馬」と最後につぶやくオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

第63回セントライト記念(JpnII)の勝ち馬。

ナカヤマフェスタ 牡 鹿毛 2006.4.5生 むかわ・新井牧場生産 馬主・和泉信子氏 美浦・二ノ宮敬宇厩舎

ナカヤマフェスタ(2006.4.5)の4代血統表
ステイゴールド[A]
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
ディクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサッシュ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサッシュ 1966
ディアウィンク
鹿毛 1998.5.27
仔受胎時活性値:1.75
タイトスポット[B]
鹿毛 1987.2.24
種付け時活性値:0.50
His Majesty
鹿毛 1968.4.15
Ribot 1952.2.27
Flower Bowl 1952
Premium Win
鹿毛 1981.4.26
Lyphard 1969.5.10
Classic Perfection 1972.4.22
セイレイ
鹿毛 1991.4.14
仔受胎時活性値:1.50
デインヒル[A]
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:1.00
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
センスオブリズム
鹿毛 1984.4.17
仔受胎時活性値:1.50
Cure the Blues[A]
鹿毛 1978.4.27
種付け時活性値:1.25
Sensibility
鹿毛 1971
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×5、Northern Dancer5×5×5、His Majesty5×3(母方)>

ナカヤマフェスタ(2006.4.5)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Cure the Blues
(セイレイ)
5.75 Theatricalと同牝系
(No.3-H)
3番仔
(3連産目)
第63回セントライト記念(JpnII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 17 ナカヤマフェスタ 牡3 56 蛯名正義 2:12.0    35.0 452
[-6]
二ノ宮敬宇 2
2 11 セイクリッドバレー 牡3 56 松岡正海 2:12.1 1/2 35.0 470
[+2]
高橋裕 4
3 14 フォゲッタブル 牡3 56 吉田隼人 2:12.1 クビ 34.9 482
[-4]
池江泰郎 7
4 12 アドマイヤメジャー 牡3 56 安藤勝己 2:12.2 クビ 34.8 444
[0]
友道康夫 1
5 3 ヒカルマイステージ 牡3 56 横山典弘 2:12.5 1 3/4 36.3 496
[-6]
勢司和浩 3
第63回セントライト記念(JpnII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.3-11.5-11.9-12.7-12.5-11.9-11.5-11.8-11.7-12.0-12.2
上り 4F 47.7-3F 35.9

メンバー中唯一のJRA重賞勝ち馬の実力、そしてクラシックで掲示板に載った底力をまざまざと見せ付けました、日本ダービー(JpnI)4着馬ナカヤマフェスタ。道中は馬群外側8番手辺りを進み、3コーナーから4コーナーにかけて押しながら前との差を詰めて、直線。内から伸びて来たセイクリッドバレー(2006.4.29)、外から鋭脚を見せたエアグルーヴ(1993.4.6)の息子フォゲッタブル(2006.4.3)の追撃もなんのその、最後にはキレイに2分の1馬身差を付けての快勝でした。

では、以下にナカヤマフェスタのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Sensibility 1971 愛仏1勝
|ツリーオブノレッジ 1977.3.2 愛1勝
||Theatrical 1982.3.13 愛米英独10勝 米GI6勝ほか米GII1勝
||North of Eden 1983.6.11 愛0勝
|||パラダイスクリーク 1989.2.4 米日14勝 米GI4勝ほか米GII4勝米GIII1勝
|||Wild Event 1993.2.1 米10勝 GI1勝ほかGII2勝GIII3勝
|||Paradise River 1994.4.19 米0勝
||||デビッドジュニア 2002.4.18 英UAE米7勝 英GI2勝UAEGI1勝ほか英GIII1勝
|||Forbidden Apple 1995.5.31 米8勝 GI1勝ほかGII3勝
||タイキブリザード 1991.3.12 日米6勝 安田記念(GI)ほかGII2勝
|Lake Champlain 1983.3.18 愛米6勝 愛1000ギニー(GI)2着
||Saranac Lake 1999.5.4 愛米4勝 デビュータントS(愛GIII)
|センスオブリズム 1984.4.17 愛0勝
||セイレイ 1991.4.14 中央3勝
|||ディアウィンク 1998.5.27 中央1勝
||||ナカヤマフェスタ 2006.4.5 (本馬) セントライト記念(JpnII) 東京スポーツ杯2歳S(JpnIII)
|Beyond the Lake 1986.4.21 愛米仏9勝 ロイヤルホイップS(愛GIII)ほか米GII3着1回

4代母までさかのぼると、サスガに活躍馬が見えます。中でもTheatrical、タイキブリザード、パラダイスクリークの3頭。Theatricalは名牝ヒシアマゾン(1991.3.26)の父として名高く、Theatricalの半弟タイキブリザードはそのクビの低い走法が忘れ難く、パラダイスクリークは1994年のジャパンカップ(GI)におけるマーベラスクラウン(1990.3.19)との壮絶な叩き合いが印象に残っています。

春は体調が今ひとつの感もあったナカヤマフェスタ。中山の重賞を制して挑む次の舞台は淀の坂越え3000mでしょう。母父がRibot系ということだけで「怖いなぁ」と思うのはあながち間違いでもないはず。皐月賞(JpnI)やダービーで先着を許した馬たちに対してのリベンジが果たせるか否か。本番を楽しみに待ちましょう。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

おまけ。「ダービー4着馬!!」と繰り返し叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第23回セントウルS(GII)の勝ち馬。

アルティマトゥーレ 牝 鹿毛 2004.4.14生 千歳・社台ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 美浦・奥平雅士厩舎

アルティマトゥーレ(2004.4.14)の4代血統表
フジキセキ[A]
青鹿毛 1992.4.15
種付け時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ミルレーサー
鹿毛 1983.5.20
Le Fabuleux
鹿毛 1961
Wild Risk 1940
Anguar 1950
Marston's Mill
黒鹿毛 1975.5.31
In Reality 1964.3.1
Millicent 1969
エアトゥーレ
芦毛 1997.3.10
仔受胎時活性値:1.50
トニービン[A]
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:1.25
カンパラ
黒鹿毛 1976.2.19
Kalamoun 1970.4.30
State Pension 1967
Severn Bridge
栗毛 1965
Hornbeam 1953
Priddy Fair 1956
スキーパラダイス
芦毛 1990.5.12
仔受胎時活性値:1.50
Lyphard[A]
鹿毛 1969
種付け時活性値:1.00
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Ski Goggle
芦毛 1980.5.25
仔受胎時活性値:0.25
ロイヤルスキー[A]
栗毛 1974.5.24
種付け時活性値:1.25
Mississippi Siren
芦毛 1973.4.10
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:なし>

アルティマトゥーレ(2004.4.14)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
トニービン 4.75 半弟キャプテントゥーレ
(No.3-L)
初仔
第23回セントウルS(GII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 16 アルティマトゥーレ 牝5 55 松岡正海 1:07.8    33.9 486
[-2]
奥平雅士 5
2 8 スリープレスナイト 牝5 57 上村洋行 1:08.2 2 1/2 34.1 514
[+22]
橋口弘次郎 1
3 15 (外)コスモベル 牝5 55 佐藤哲三 1:08.3 3/4 34.5 470
[+6]
西園正都 11
4 6 カノヤザクラ 牝5 56 小牧太 1:08.3 アタマ 33.9 510
[+2]
橋口弘次郎 2
5 12 マルカフェニックス 牡5 58 福永祐一 1:08.4 3/4 33.9 524
[-8]
松永昌博 8
第23回セントウルS(GII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.2-10.7-10.9-11.2-11.1-11.7
上り 4F 44.9-3F 34.0

「同一牝系馬の連動する活躍」はまま見られますが、今回は姉弟によるもの。弟が土曜日に朝日チャレンジカップ(GIII)、姉が日曜日のセントウルSと共に阪神重賞を制しました。このキャプテントゥーレ(2005.4.5)、アルティマトゥーレの例を受けて、それより前の1日違いのきょうだい重賞制覇で思い付いたのは……、1994年の京都記念(GII)のビワハヤヒデ(1990.3.10)と、共同通信杯4歳S(現共同通信杯、GIII)のナリタブライアン(1991.5.3)でした。うぉ、もはや15年前の記憶。ホントは兄弟同日重賞制覇になろうかというところが、降雪による東京競馬の延期により、1日違いとなったのでした。

閑話休題。アルティマトゥーレは自信満々に先行3番手、2番手とレースを進め、馬場中央を堂々と抜け出して阪神芝1200mを1分7秒8で乗り切り、2馬身半差の完勝でした。後に続いたのは、2着スリープレスナイト(2004.2.7)、3着コスモベル(2004.3.3)、4着カノヤザクラ(2004.3.31)……。そろいも揃った5歳牝馬たち。これほど豊かな才媛たちが並ぶ世代に出逢うことは、もしかしたら、もう無いかも知れません。

その所以の一端は、10分後に行われた京成杯AH(GIII)で唯1頭の出走だった5歳牝馬ザレマ(2004.3.21)の勝利でも示されました。2004年生まれ世代の牝馬、恐るべし。

では、以下にアルティマトゥーレのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Ski Goggle 1980.5.25 米5勝 エイコーンS(GI) レイルバードS(GIII)
|Ski Champ 1986.5.29 亜米5勝 5月25日大賞典(亜GI) アメリカ賞(亜GII)
|Ski Chief 1988.2.1 仏2勝 プティクヴェール賞(GIII)
|スキーパラダイス 1990.5.12 仏米英日6勝 ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI) 京王杯SC(GII)含む重賞4勝
||アグネスショコラ 1996.2.26 中央2勝
|||ゴールデンチケット 2006.3.2 現役 兵庫CS(JpnII) 毎日杯(GIII)2着ほか
||エアトゥーレ 1997.3.10 日仏英星6勝 阪神牝馬S(GII) モーリストゲスト賞(仏GI)2着
|||アルティマトゥーレ 2004.4.14 (本馬) セントウルS(GII) アイビスサマーダッシュ(GIII)3着
|||キャプテントゥーレ 2005.4.5 現役 皐月賞(JpnI) デイリー杯2歳S(JpnII) 朝日CC(GIII)
||アスピリンスノー 2002.5.10 中央2勝+地方1勝 フローラS(現JpnII)3着
|スキーキャプテン 1992.4.24 日米3勝 きさらぎ賞(現JpnIII) 朝日杯3歳S(現朝日杯FS、JpnI)2着
|バーボンカントリー 1994.5.17 中央3勝 すみれS(OP)

母がGII勝ち馬で、祖母が仏GI勝ち馬、曾祖母が米GI勝ち馬、さらにこのセントウルSの前日に弟が1年5ヶ月ぶりの重賞制覇を遂げました。活力がある牝系です。曾祖母Ski Goggleは社台さんがアメリカで開かれていたフォンテンブローファームの生産馬で、エイコーンSでは後の第1回ブリーダーズC・ディスタフ(米GI)の勝ち馬で米国競馬の殿堂入りするPrincess Rooney(1980.3.22)を6馬身千切っての圧勝でした。詳しくは月刊「優駿」、2009年3月号のP50~P51の記事に譲りますが、社台ファーム総帥・吉田照哉氏のお気に入りの牝系のひとつのようです。

……って、まったく同じ内容の文章を使い回ししなさんな、オオハシさん(^_^;)

一昨年がアストンマーチャン(2004.3.5)、昨年がスリープレスナイトと2004年生まれ世代の牝馬が連勝を果たしているスプリンターズS(GI)。この前哨戦の結果を受けて、同一世代の3連覇の可能性が高くなったように思います。「世界の果て(Ultima Thule)」という意味の馬名が付けられた、アルティマトゥーレ。今回で1200m戦5戦4勝、2着1回。スプリント戦で見せるその能力の際限がどこにあるのか。次の大一番、刮目して見守りたいものです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

おまけ。「キャプテントゥーレのお姉ちゃん!!」と叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

第54回京成杯AH(GIII)の勝ち馬。

ザレマ 牝 栗毛 2004.3.21生 千歳・社台ファーム生産 馬主・吉田照哉氏 栗東・音無秀孝厩舎

ザレマ(2004.3.21)の4代血統表
ダンスインザダーク[A]
鹿毛 1993.6.5
種付け時活性値:0.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ダンシングキイ
鹿毛 1983.5.21
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24 ♀
Key Partner
鹿毛 1976.3.26
Key to the Mint 1969.3.9
Native Partner 1966.4.5
シェンク
鹿毛 1996.5.2
仔受胎時活性値:1.75
Zafonic[x]
鹿毛 1990.4.1
種付け時活性値:1.25
Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Zaizafon
栗毛 1982.1.18
The Minstrel 1974.3.11
Mofida 1974.3.21
Buckwig
黒鹿毛 1984.5.3
仔受胎時活性値:0.75
Buckfinder[y]
黒鹿毛 1974.4.9
種付け時活性値:0.25
Buckpasser 1963.4.28
Shenanigans 1963.3.17
Dickie Ludwig
鹿毛 1976.4.14
仔受胎時活性値:1.75
T.V. Commercial[A]
栗毛 1965.3.2
種付け時活性値:0.50
Coppahaunk
鹿毛 1959.4.10
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5、Raise a Native5×5>

ザレマ(2004.3.21)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Zafonic
(Zaizafon)
6.25 or 4.25 半兄マルカシェンク
(No.4-M)
4番仔
(4連産目)
第54回京成杯AH(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3 ザレマ 牝5 54 内田博幸 1:32.1    35.2 526
[-12]
音無秀孝 2
2 7 アップドラフト せん7 53 吉田豊 1:32.3 1 1/2 35.1 488
[-12]
安田隆行 14
3 14 マイネルスケルツィ 牡6 56 石橋脩 1:32.4 1/2 35.5 516
[-6]
稲葉隆一 3
4 1 ケイアイライジン 牡3 54 柴田善臣 1:32.4 クビ 34.5 488
[-2]
尾形充弘 4
5 10 サイレントプライド 牡6 58 横山典弘 1:32.4 ハナ 35.5 482
[-10]
国枝栄 7
第54回京成杯AH(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.7-10.5-10.9-11.2-11.5-11.6-11.8-11.9
上り 4F 46.8-3F 35.3

デビュー当時から期待されていた良血の素質馬が満5歳の秋にようやく初の重賞制覇を遂げました。ザレマ、出走16頭中唯1頭の出走となった5歳牝馬。レースの10分前に行われたセントウルS(GII)の結果と併せて、2004年生まれ世代の牝馬の強力さを改めてアピールする1分32秒1の快時計勝ちでした。

では、以下にザレマのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、図中の重賞格付けはいずれも各馬が出走した当時のものです。

Dickie Ludwig 1976.4.14 米1勝
|Buckwig 1984.5.3 伊10勝 バグッタ賞(GIII) ブオンタレンタ賞(GIII)
||シェンク 1996.5.2 伊仏3勝 伊1000ギニー(GII)
|||マルカシェンク 2003.3.19 現役 デイリー杯2歳S(GII) 関屋記念(GIII)ほか
|||ザレマ 2004.3.21 (本馬) 京成杯AH(GIII) ターコイズS(OP) 忘れな草賞(OP)ほか

半兄マルカシェンク、母がイタリアのクラシックホース、祖母がイタリアのGIII勝ち馬と筋が通った牝系です。イタリアの馬場での活躍馬を導入される社台さんの慧眼を思います。

開花は遅れましたけれど、もしかしたら、ザレマの舞台はこれからが本番なのかも知れません。ターフに映える美しい栗毛と「黄、黒縦縞、赤袖」の勝負服。さらなるステップが踏めるのか、2009年の秋。重賞勝ち馬となって挑む5歳牝馬ザレマの走りに注目したいと思います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月16日 (水)

第60回朝日チャレンジカップ(GIII)の勝ち馬。

キャプテントゥーレ 牡 芦毛 2005.4.5生 千歳・社台ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 栗東・森秀行厩舎

キャプテントゥーレ(2005.4.5)の4代血統表
アグネスタキオン[A]
栗毛 1998.4.13
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アグネスフローラ
鹿毛 1987.6.18
ロイヤルスキー
栗毛 1974.5.24
Raja Baba 1968.4.5
Coz o'Nijinsky 1969.4.27
アグネスレディー
鹿毛 1976.3.25
リマンド 1965.2.16
イコマエイカン 1967.5.18
エアトゥーレ
芦毛 1997.3.10
仔受胎時活性値:1.75
トニービン[A]
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:1.25
カンパラ
黒鹿毛 1976.2.19
Kalamoun 1970.4.30
State Pension 1967
Severn Bridge
栗毛 1965
Hornbeam 1953
Priddy Fair 1956
スキーパラダイス
芦毛 1990.5.12
仔受胎時活性値:1.50
Lyphard[A]
鹿毛 1969
種付け時活性値:1.00
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Ski Goggle
芦毛 1980.5.25
仔受胎時活性値:0.25
ロイヤルスキー[A]
栗毛 1974.5.24
種付け時活性値:1.25
Mississippi Siren
芦毛 1973.4.10
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:ロイヤルスキー3×4>

キャプテントゥーレ(2005.4.5)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
アグネスタキオン 5.00 母がGII勝ち馬
(No.3-L)
2番仔
(2連産目)
第60回朝日チャレンジカップ(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 6 キャプテントゥーレ 牡4 56 川田将雅 2:00.0    34.0 456
[-6]
森秀行 1
2 11 (外)ブレイクランアウト 牡3 53 藤田伸二 2:00.0 クビ 33.7 444
[-4]
戸田博文 4
3 8 トーホウアラン 牡6 57 鮫島良太 2:00.3 1 3/4 34.1 504
[+8]
藤原英昭 6
4 15 テイエムアンコール 牡5 56 福永祐一 2:00.3 クビ 33.8 460
[+6]
柴田政見 11
5 16 サンライズベガ 牡5 56 池添謙一 2:00.4 クビ 34.7 496
[+2]
音無秀孝 2
第60回朝日チャレンジカップ(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.6-10.7-12.3-12.8-12.6-12.3-12.2-11.6-11.2-11.7
上り 4F 46.7-3F 34.5

秋競馬の開幕を飾る伝統の重賞、朝日チャレンジカップ(以下、朝日CC)。雨中の決戦となった今年2009年は、最後の直線で2頭が火の出るような叩き合い。内が赤白の染め分け帽子に「黄、黒縦縞、袖青一本輪」の勝負服、芦毛がほんの少し白さを増してキャプテントゥーレ。外が緑の帽子に「緑、白二本輪、白袖赤一本輪」の勝負服、鹿毛に白いブリンカーが揺れてブレイクランアウト。斤量56kgの4歳馬と斤量53kgの3歳馬。追い上げる脚勢からはブレイクランアウトが優勢かと思われました。けれど、並び掛けられ、いったん前に出られたかと見えてからが、サスガに皐月賞(JpnI)馬の底力。「3歳馬には負けん!!」とばかりにグイと伸びたキャプテントゥーレ、最後はクビだけ振り切って、昨年2008年の皐月賞以来となる1年5ヶ月ぶりの重賞制覇となりました。

では、以下にキャプテントゥーレのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Ski Goggle 1980.5.25 米5勝 エイコーンS(GI) レイルバードS(GIII)
|Ski Champ 1986.5.29 亜米5勝 5月25日大賞典(亜GI) アメリカ賞(亜GII)
|Ski Chief 1988.2.1 仏2勝 プティクヴェール賞(GIII)
|スキーパラダイス 1990.5.12 仏米英日6勝 ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI) 京王杯SC(GII)含む重賞4勝
||アグネスショコラ 1996.2.26 中央2勝
|||ゴールデンチケット 2006.3.2 現役 兵庫CS(JpnII) 毎日杯(GIII)2着ほか
||エアトゥーレ 1997.3.10 日仏英星6勝 阪神牝馬S(GII) モーリストゲスト賞(仏GI)2着
|||アルティマトゥーレ 2004.4.14 現役 セントウルS(GII) アイビスサマーダッシュ(GIII)3着
|||キャプテントゥーレ 2005.4.5 (本馬) 皐月賞(JpnI) デイリー杯2歳S(JpnII) 朝日CC(GIII)
||アスピリンスノー 2002.5.10 中央2勝+地方1勝 フローラS(現JpnII)3着
|スキーキャプテン 1992.4.24 日米3勝 きさらぎ賞(現JpnIII) 朝日杯3歳S(現朝日杯FS、JpnI)2着
|バーボンカントリー 1994.5.17 中央3勝 すみれS(OP)

母がGII勝ち馬で、祖母が仏GI勝ち馬、曾祖母が米GI勝ち馬、さらにこの朝日CCの翌日に姉もGII勝ち馬となりました。活力がある牝系です。曾祖母Ski Goggleは社台さんがアメリカで開かれていたフォンテンブローファームの生産馬で、エイコーンSでは後の第1回ブリーダーズC・ディスタフ(米GI)の勝ち馬で米国競馬の殿堂入りするPrincess Rooney(1980.3.22)を6馬身千切っての圧勝でした。詳しくは月刊「優駿」、2009年3月号のP50~P51の記事に譲りますが、社台ファーム総帥・吉田照哉氏のお気に入りの牝系のひとつのようです。

復活を遂げた皐月賞馬の今秋は、果たして、いかなるものになるのでしょうか。賞金加算によって天皇賞・秋(GI)への視界も開けつつあります。クラシックホースの底力、GIの大舞台でも発揮されることを祈りましょう。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

おまけ。「皐月賞馬の底力!!」と叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

第29回小倉2歳S(JpnIII)の勝ち馬。

ジュエルオブナイル 牝 鹿毛 2007.1.25生 千歳・社台ファーム生産 馬主・(株)グリーンファーム 栗東・荒川義之厩舎

ジュエルオブナイル(2007.1.25)の4代血統表
デュランダル[A]
栗毛 1999.5.25
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
サワヤカプリンセス
栗毛 1986.6.5
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
スコッチプリンセス
栗毛 1970.3.19
Creme dela Creme 1963.4.12
Meadow Saffron 1964
レディオブチャド
黒鹿毛 1997.2.18
仔受胎時活性値:0.25
ラストタイクーン[A]
黒鹿毛 1983.5.9
種付け時活性値:1.25
トライマイベスト
鹿毛 1975.4.28
Northern Dancer 1961.5.27
Sex Appeal 1970.5.12
Mill Princess
鹿毛 1977.5.21
Mill Reef 1968.2.23
Irish Lass 1962
Sahara Breeze
鹿毛(?) 1986.5.5
仔受胎時活性値:0.50
Ela-Mana-Mou[A]
鹿毛 1976.2.28
種付け時活性値:0.25
ピットカーン 1971.3.20
Rose Bertin 1970
Diamond Land
黒鹿毛 1978.5.8
仔受胎時活性値:1.75
Sparkler[C]
鹿毛 1968
種付け時活性値:0.25
Canaan
黒鹿毛(?) 1966
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4>

ジュエルオブナイル(2007.1.25)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
デュランダル
(サワヤカプリンセス)
3.25 母がマルセルブサック賞の勝ち馬
(No.1-M)
5番仔以降の仔
(4連産目)
第29回小倉2歳S(JpnIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 13 ジュエルオブナイル 牝2 54 鮫島良太 1:09.0    35.1 442
[+8]
荒川義之 2
2 14 ダッシャーゴーゴー 牡2 54 佐藤哲三 1:09.0 クビ 34.9 514
[+12]
安田隆行 5
3 2 オレンジティアラ 牝2 54 小牧太 1:09.4 2 1/2 35.6 430
[+2]
鶴留明雄 4
4 10 パリスドール 牝2 54 浜中俊 1:09.5 3/4 35.2 456
[0]
川村禎彦 9
4 11 サリエル 牝2 54 福永祐一 1:09.5 同着 35.2 470
[-2]
松永幹夫 1
第29回小倉2歳S(JpnIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.1-10.4-11.3-11.5-11.8-11.9
上り 4F 46.5-3F 35.2

父が見せた「名刀の切れ味」とはまたひと味違ったレースぶり。ジュエルオブナイル、逃げた同じ勝負服のオレンジティアラ(2007.3.18)の番手から、馬場の中央外目を抜け出し、追いかけて来たダッシャーゴーゴー(2007.3.22)をクビだけ振り切っての勝利でした。種牡馬デュランダルの初年度産駒として、初めてのJRA重賞制覇が成された瞬間でした。

では、以下にジュエルオブナイルの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、図中の重賞格付けはいずれも各馬が出走した当時のものです。

Diamond Land 1978.5.8 英1勝
|Pretoria 1985.4.15 英独伊2勝 ノイスシュトゥッテン賞(独GIII)2着
||Nassma 1990.2.25 英仏2勝
|||Bahama Mama 2004.3.5 現役 フライングチルダースS(英GII)2着 独1000ギニー(GII)3着ほか
|Sahara Breeze 1986.5.5 英0勝
||Alcazar 1995.5.11 仏英愛12勝 ロイヤルオーク賞(仏GI) ケルゴルレイ賞(仏GII) サガロS(英GIII)2回ほか
||レディオブチャド 1997.2.18 仏英4勝 マルセルブサック賞(GI) アスタルテ賞(GII)
|||ジュエルオブナイル 2007.1.25 (本馬) 小倉2歳S(JpnIII)
||Pelagia 1998.3.15 英0勝
|||Upper Hand 2003.2.12 現役 リッチモンドS(英GII)2着
|Lyndonville 1988.5.16 愛1勝
||ツクバシンフォニー 1993.1.22 中央4勝 エプソムC(GIII) NHKマイルC(GI)2着ほか
||Solskjaer 2000.4.13 英愛3勝 ロイヤルウィップS(英GII)ほか
||Yeats 2001.4.23 現役 アスコットゴールドC(英GI)4連覇含むGI7勝ほかGII3勝GIII1勝
|Ivanka 1990.3.5 英2勝 フィリーズマイル(GI) レーシングポストトロフィー(GI)2着ほか

これは豪華。ジュエルオブナイルの母レディオブチャドはマルセルブサック賞とアスタルテ賞(現ロートシルト賞、仏GI)を制しており、伯父Alcazarは欧州の長距離重賞4勝の活躍馬。近親にも活躍馬が多数見えますね。中でも白眉は、今年2009年のロイヤルアスコット開催で史上初のアスコットゴールドC4連覇の大偉業を達成したYeatsでしょうか。ツクバシンフォニーの半弟、3歳クラシックを棒に振った後、4歳で復帰してコロネーションC(仏GI)を制した頃は、まさか超長距離砲として大成するとは思いもよりませんでした。そんなYeatsをエイダン・オブライエン厩舎で調教助手として担当されているのは日本人の本木剛介さん。月刊「優駿」、2009年8月号P2~P3における、アスコットゴールドC後の、Yeatsを中心とした大写しの写真の笑顔と4本指が素敵です。

良家のお嬢様が向かう次の舞台は果たしてどこになりますでしょうか。夏の小倉に輝いたナイルの宝石がさらに輝く姿、今から楽しみにして待っています。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

第29回新潟2歳S(JpnIII)の勝ち馬。

シンメイフジ 牝 鹿毛 2007.2.12生 新ひだか・ケイアイファーム生産 馬主・織田芳一氏 栗東・安田隆行厩舎

シンメイフジ(2007.2.12)の4代血統表
フジキセキ[A]
青鹿毛 1992.4.15
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ミルレーサー
鹿毛 1983.5.20
Le Fabuleux
鹿毛 1961
Wild Risk 1940
Anguar 1950
Marston's Mill
黒鹿毛 1975.5.31
In Reality 1964.3.1
Millicent 1969
レディミューズ
栗毛 1997.4.24
仔受胎時活性値:0.25
ティンバーカントリー[x]
栗毛 1992.4.14
種付け時活性値:1.00
★Woodman
栗毛 1983.2.17
Mr. Prospector 1970.1.28
プレイメイト 1975.4.12
Fall Aspen
栗毛 1976.3.9
Pretense 1963.4.19
Change Water 1969.4.7
シンコウラブリイ
鹿毛 1989.2.2
仔受胎時活性値:1.75
★Caerleon[A]
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:0.00
Nijinsky 1967.2.21
Foreseer 1969.4.12
ハッピートレイルズ
鹿毛 1984.5.29
仔受胎時活性値:1.00
ポツセ[C]
栗毛 1977.5.15
種付け時活性値:1.50
ロイコン
鹿毛 1975.3.4
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:なし>

シンメイフジ(2007.2.12)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
フジキセキ 5.00 祖母が最優秀古馬牝馬
(No.4-D)
4番仔
(4連産目)
第29回新潟2歳S(JpnIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 6 シンメイフジ 牝2 54 岩田康誠 1:34.4    32.9 452
[0]
安田隆行 1
2 15 フローライゼ 牡2 54 後藤浩輝 1:34.5 3/4 33.5 478
[+4]
岩戸孝樹 15
3 8 クロフォード 牝2 54 内田博幸 1:34.9 2 1/2 33.9 446
[-6]
二ノ宮敬宇 2
4 16 ギュンター 牡2 54 丹内祐次 1:34.9 ハナ 33.8 454
[+6]
畠山重則 6
5 17 スプリングサンダー 牝2 54 上村洋行 1:34.9 クビ 33.9 434
[0]
昆貢 12
第29回新潟2歳S(JpnIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.6-10.5-12.0-12.7-12.8-11.6-10.4-11.8
上り 4F 46.6-3F 33.8

道中は終始最後方。直線も大外ブン回しという豪快なレースを見せたのは1番人気に推されたシンメイフジ。出走馬中唯1頭となる上がり3ハロン32台、32秒9の豪脚を以てして、先に抜け出したフローライゼ(2007.2.1)を4分の3馬身交わして勝利を収めました。

では、以下にシンメイフジのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ハッピートレイルズ 1984.5.29 愛0勝
|シンコウラブリイ 1989.2.2 中央10勝 マイルCS(GI) 毎日王冠(GII)含む重賞6勝 最優秀古馬牝馬
||ロードクロノス 1995.3.27 中央8勝 中京記念(GIII) 七夕賞(GIII)2着
||レディミューズ 1997.4.24 中央3勝 チューリップ賞(現JpnIII)2着
|||シンメイフジ 2007.2.12 (本馬) 新潟2歳S(JpnIII)
||トレジャー 1998.4.28 中央4勝 都大路S(OP) 目黒記念(GII)2着 セントライト記念(現JpnII)2着ほか
|タイキマーシャル 1992.3.21 中央8勝 エプソムC(GIII) 京成杯AH(GIII)2着ほか
|シンコウビューティ 1993.3.31 不出走
||ハッピールック 1998.3.22 中央5勝 札幌日経OP(OP) アルゼンチン共和国杯(GII)2着ほか
|サンタフェトレイル 1994.6.16 中央5勝
||キングストレイル 2002.2.17 現役 セントライト記念(現JpnII) 京成杯AH オールカマー(GII)2着ほか
||サンタフェソレイユ 2004.2.18 中央1勝 フェアリーS(現JpnIII)2着
|ハッピーパス 1998.6.3 中央5勝 京都牝馬S(GIII) 阪神牝馬S(GII)2着ほか

なじみの深い馬たちが立ち並びます。見れば、↑図に現れる日本で走ったシンメイフジの近親は、すべて藤沢和雄厩舎の所属馬ですね(^_^;)

祖母シンコウラブリイは思い出深い牝馬です。オールドファンにとっての目千両はタマミ(1967.5.8)でしょうけれど、私にとっての目千両はシンコウラブリイでした。その鹿毛の立ち居振る舞い、ピンと立った耳、顔に薄く伸びた流星。ホントに可愛い牝馬でしたねぇ。そしてまた、走っている姿は、名牝そのもの。現年齢表記4歳秋、不良馬場となった引退レースのマイルCSも見事でしたし、1分45秒5のレコードを叩き出した毎日王冠も見事でした。通算15戦10勝、2着2回、3着2回、着外1回。当代の名伯楽・藤沢和雄調教師に初の重賞制覇と初のGI制覇をプレゼントした馬、シンコウラブリイ。私にとっても忘れがたい馬です。

おばあちゃんの話ばかりでは、お母さんに怒られますか。母レディミューズ。実はオークス3勝騎手の岡部幸雄騎手に操られて、スローペースに落として逃げた2000年のオークス(現JpnI)4着は印象に残るレースでした。とても良い感じで逃げていたのですが、最後の最後でシルクプリマドンナ(1997.4.22)とチアズグレイス(1997.3.30)の山内研二厩舎丼にやられてしまいました。そのオークスの勝ち時計は2分30秒2でしたが、私の競馬者としてのキャリアの中で、府中芝2400mのジーワンにおける初めての2分30秒台の決着となったレースでした。

ある意味若駒らしい、荒削りなレースぶりで重賞制覇を遂げたシンメイフジ。それだけにこれからの「伸び代」を思うところ。シンコウラブリイの孫のさらなる活躍を見守り続けたいものです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

第44回札幌2歳S(JpnIII)の勝ち馬。

サンディエゴシチー 牡 黒鹿毛 2007.4.28生 浦河・アイオイファーム生産 馬主・(株)友駿ホースクラブ 栗東・作田誠二厩舎

サンディエゴシチー(2007.4.28)の4代血統表

マンハッタンカフェ[A]
青鹿毛 1998.3.5
種付け時活性値:0.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
Law Society
黒鹿毛 1982.2.16
Alleged 1974.5.4
Bold Bikini 1969.4.11
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
★Luciano 1964
Suleika 1954
ジェニーソング
栗毛 2001.2.16
仔受胎時活性値:1.25
Rahy[A●]
栗毛 1985.2.18
種付け時活性値:1.75
Blushing Groom
栗毛 1974
Red God 1954.2.15
Runaway Bride 1962
Glorious Song
鹿毛 1976.4.22
Halo 1969.2.7
Ballade 1972.3.10
ビューティフルジェム
鹿毛 1991.2.28
仔受胎時活性値:0.25
Mr. Prospector[x]
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:1.00
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Jeanne Jones
鹿毛 1985.1.24
仔受胎時活性値:1.25
Nijinsky[A]
鹿毛 1967.2.21
種付け時活性値:0.25
Beautiful Glass
鹿毛 1979.3.6
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Halo3×4>

サンディエゴシチー(2007.4.28)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Rahy
(Vanille)
4.00 曾祖母が米GI勝ち馬
(No.1-C)
2番仔
(2連産目)
第44回札幌2歳S(JpnIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3 サンディエゴシチー 牡2 54 藤岡佑介 1:49.7    35.1 488
[-6]
作田誠二 3
2 11 モズ 牡2 54 吉田稔 1:49.9 1 1/2 35.6 466
[-4]
矢作芳人 4
3 9 アーバンウィナー 牡2 54 田中勝春 1:49.9 クビ 34.7 460
[+2]
宗像義忠 6
4 13 ダノンパッション 牡2 54 武豊 1:50.0 クビ 35.2 468
[+8]
池江泰郎 1
5 14 [地]ポップコーン 牡2 54 五十嵐冬樹 1:50.4 2 1/2 35.8 434
[0]
成田春男 11
第44回札幌2歳S(JpnIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4-11.6-12.2-12.6-12.9-12.6-12.1-11.7-11.6
上り 4F 48.0-3F 35.4

新馬、クローバー賞(OP)、そして札幌2歳Sとデビュー3連勝を決めました、サンディエゴシチー。いかに経済コースを通ったとはいえ、この勝ち時計は立派ですし、ゴール後も余裕を感じました。……しかし、友駿ホースクラブの持ち馬で、その父マンハッタンカフェの0交配馬ですか(^_^;)

では、以下にサンディエゴシチーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Jeanne Jones 1985.1.24 米5勝 ファンタジーS(GI) ケンタッキーオークス(GI)2着含むGI2着3回ほかGI3着1回GIII3着1回
|ビューティフルジェム 1991.2.28 米4勝
||ジェニーソング 2001.2.16 地方0勝
|||サンディエゴシチー 2007.4.28 (本馬) 札幌2歳S(JpnIII) クローバー賞(OP)
|Hot Match 1993.2.16 不出走
||Belle of Perintown 2000.1.10 米3勝 シルヴァーブリットデイS(GII)ほかGII3着1回
|マイネルエーテル 1994.2.16 中央1勝 (ラフィアンの1億円募集馬)

曾祖母Jeanne Jonesは米5勝でファンタジーSを勝ち、ケンタッキーオークスとBCジュベナイルフィリーズ(GI)とサンタアニタオークス(GI)で2着、ハリウッドスターレットS(GI)3着、ハニムーンH(GIII)3着という活躍馬です。また、4代母Beautiful Glassは米6勝でエルエンシノS(GIII)の勝ち馬です。血統の筋は通っています。

あと、チラッとマイネルエーテルを近親牝系図に示しているのは、ご愛敬ということで。Seattle Slew(1974.2.15)の仔、デビュー前には騒がれました。

札幌2歳Sは芝1800mとなってからは「名馬の登竜門」という感もあります。サンディエゴシチー、そこを無敗で通過したからには、いやがおうにも期待が高まります。ええ、作田誠二調教師と藤岡佑介騎手という師弟コンビにとっても、「ジーワン初勝利を」という意識もあるでしょう。サンディエゴシチーという若駒を中心として、馬人共に躍進を期待します。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回キーンランドC(GIII)の勝ち馬。

ビービーガルダン 牡 青鹿毛 2004.3.10生 平取・坂東牧場生産 馬主・坂東牧場 栗東・領家政蔵厩舎

ビービーガルダン(2004.3.10)の4代血統表
チーフベアハート[A]
栗毛 1993.2.1
種付け時活性値:0.50
Chief's Crown
鹿毛 1982.4.7
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Six Crowns
栗毛 1976.4.21
Secretariat 1970.3.30
Chris Evert 1971.2.14
Amelia Bearhart
栗毛 1983.5.17
Bold Hour
黒鹿毛 1964
Bold Ruler 1954.4.6
Seven Thirty 1958.5.14
Myrtlewood Lass
鹿毛 1972.3.7
Ribot 1952.2.27
Gold Digger 1962.5.28
オールザチャット
鹿毛 1994.10.20
仔受胎時活性値:0.125
Westminster[A]
青毛 1984.11.11
種付け時活性値:0.25
Grosvenor
鹿毛 1979.9.22
Sir Tristram 1971.2.28
My Tricia 1974.10.9
Apple Blossom
青毛 1976
Bismark 1967
Mary Poppins 1963
Rory's Helen
鹿毛 1987.9.19
仔受胎時活性値:1.50
Rory's Jester[A]
栗毛 1982.11.17
種付け時活性値:1.00
Crown Jester 1978.10.18
Rory's Rocket 1973.4.27
Helen's Love
芦毛 1978.8.29
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Karayar[D]
芦毛 1968
種付け時活性値:0.375
Helen of Troy
芦毛 1967
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Bold Ruler5×4(父方)>

ビービーガルダン(2004.3.10)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Rory's Jester
(Rory's Helen)
4.125 or 2.125 母が豪GIIIの勝ち馬
(No.1-N)
4番仔
(2年連続不受胎後)
第4回キーンランドC(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 11 ビービーガルダン 牡5 56 安藤勝己 1:08.4    34.2 502
[+2]
領家政蔵 2
2 12 (外)ドラゴンウェルズ 牡6 56 武幸四郎 1:08.8 1 3/4
+1/2
33.9 480
[+4]
藤原英昭 13
3 4 グランプリエンゼル 牝3 51 熊沢重文 1:08.9 1/2 34.5 436
[+4]
矢作芳人 1
4 14 プレミアムボックス 牡6 56 鮫島良太 1:08.9 ハナ 33.7 534
[0]
上原博之 10
5 1 トレノジュビリー 牡6 56 岩田康誠 1:08.9 ハナ 34.5 464
[+8]
藤原英昭 3
第4回キーンランドC(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.1-10.5-11.2-11.6-11.4-11.6
上り 4F 45.8-3F 34.6

やはり、敬愛する競馬者であるblandfordさんがおっしゃるところの

馬は自分の好きなコースに戻ると喜んで走る

ということなのでしょうか。それを裏付けるかのように、デイリースポーツOnlineの記事でも鞍上を務められた安藤勝己騎手が、

馬も喜んで走っていたよね

とコメントを寄せられていました。元コースレコードホルダーでもあるビービーガルダン。4ヶ月ぶりの出走もなんのその、これで札幌芝1200mでは4戦3勝、2着1回の成績となりました。

では、以下にビービーガルダンのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Helen's Love 1978.8.29 豪0勝
|Rory's Helen 1987.9.19 新1勝
||オールザチャット 1994.10.20 豪新2勝 スイートエンブレスS(豪GIII)ほか新GIII2着1回
|||ビービーガルダン 2004.3.10 (本馬) 阪急杯(GIII) キーンランドC(GIII)
||Wahid 2002.11.7 新10勝 新ダービー(GI) レビンクラシック(GI)ほかGII2勝GIII1勝

母がGIII勝ち馬で叔父が新ダービーの勝ち馬ということでカッチリした良血です。母オールザチャットが輸入されたのは1998年ということで、当然Wahidが活躍する以前のことです。この血統をオセアニアから導入された方の慧眼を思います。

#今春の阪急杯を勝利した折の牝系図は甘い内容でした。あいすみません。

春の高松宮記念(GI)では初めての左回りに戸惑ったのか大敗を喫してしまいました。けれど、秋のスプリンターズS(GI)は昨年3着の好成績がある舞台です。果たして、父チーフベアハートに「天皇賞・春の勝ち馬も出せば、スプリンターズSの勝ち馬も出せる」という、さらなる金看板をプレゼントすることができるでしょうか。ビービーガルダン、10月4日に行われる大一番の走りに期待します。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

第45回新潟記念(GIII)の勝ち馬。

ホッコーパドゥシャ 牡 黒鹿毛 2002.6.8生 鵡川・片山幹雄氏生産 馬主・矢部幸一氏 栗東・村山明厩舎

ホッコーパドゥシャ(2002.6.8)の4代血統表
マヤノトップガン[A]
栗毛 1992.3.24
種付け時活性値:0.25
ブライアンズタイム
黒鹿毛 1985.5.28
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Kelley's Day
鹿毛 1977.5.11
Graustark 1963.4.7
Golden Trail 1958.3.5
アルプミープリーズ
栗毛 1981.1.26
Blushing Groom
栗毛 1974
Red God 1954.2.15
Runaway Bride 1962
Swiss
栗毛 1974.4.7
★Vaguely Noble 1965.5.15
Gala Host 1962.2.28
ネスカベミューズ
鹿毛 1991.2.26
仔受胎時活性値:0.50
ヤマニンスキー[A]
栗毛 1975.4.28
種付け時活性値:1.75
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
アンメンシヨナブル
鹿毛 1970.3.25
Buckpasser 1963.4.28
Petticoat 1961.5.11
ニツソウブラツク
鹿毛 1982.3.15
仔受胎時活性値:2.00
[ネスカベミューズは5連産目の5番仔]
トウシヨウボーイ[A●]
鹿毛 1973.4.15
種付け時活性値:0.00
テスコボーイ 1963
ソシアルバターフライ 1957.4.13
エリモゼツト
青毛 1968.5.14
仔受胎時活性値:1.25
★ザラズーストラ[F]
青毛 1951
種付け時活性値:0.00
タイゼツト
黒鹿毛 1962.3.25
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:My Host(♂)=Your Host(♂)5×5>

ホッコーパドゥシャ(2002.6.8)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ヤマニンスキー
(Lady Angela)
5.00
(No.13-C フォルカー系)
4番仔
(流産後)
第45回新潟記念(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 5 ホッコーパドゥシャ 牡7 56.5 江田照男 1:59.6    33.0 476
[-6]
村山明 5
2 6 サンライズベガ 牡5 54 池添謙一 1:59.6 クビ 33.3 494
[+6]
音無秀孝 6
3 8 メイショウレガーロ 牡5 55 村田一誠 1:59.7 1/2 33.6 464
[+4]
小島太 12
4 16 エアシェイディ 牡8 58 後藤浩輝 1:59.7 アタマ 32.7 492
[-4]
伊藤正徳 3
5 11 アルコセニョーラ 牝5 54 武士沢友治 1:59.7 アタマ 33.0 432
[+10]
畠山重則 1
第45回新潟記念(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
13.1-11.4-12.1-12.2-13.0-12.6-11.7-10.9-10.4-12.2
上り 4F 45.2-3F 33.5

0秒9差に1着から18着まですべて収まるという大混戦を制したのは、七夕賞(GIII)を2番人気3着、小倉記念(GIII)を1番人気2着と来て、この新潟記念を5番人気で臨んでいたホッコーパドゥシャ。石橋脩騎手の落馬負傷により代打騎乗となった江田照男騎手が、競馬学校第6期の同期生である村山明調教師にJRA重賞の初勝利をプレゼントしました。そしてまた、サマー2000シリーズで堅実な走りを見せ続けたホッコーパドゥシャは、自身の初重賞制覇を自ら祝うかのように、見事に2009年度のチャンピオンに輝きました。

では、以下にホッコーパドゥシャのごくごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

エリモゼツト 1968.5.14 不出走
|ニツソウブラツク 1982.3.15 中央2勝
||ホクトベルビュー 1989.4.13 中央5勝+地方1勝
||ネスカベミューズ 1991.2.26 中央0勝
|||ホッコーパドゥシャ 2002.6.8 (本馬) 新潟記念(GIII) 小倉記念(GIII)2着ほか

曾祖母からの分枝でブラックタイプに載るのはホッコーパドゥシャが初めてのようです。地味に継承されている印象もありますが、サスガに平坦得意のフォルカー系というところでしょうか。福島芝2000m、小倉芝2000m、そして新潟芝2000mと渡り歩いた、今夏の一連の活躍もうなずけます。

また、ブラックタイプではありませんが、伯父ホクトベルビュー。同馬は中央5勝のうち4勝を江田照男騎手で挙げたのでした。特に中央最終勝利となった1994年の迎春S(準OP)は、中山芝2500mを10頭立て10番人気でぶっこ抜くという、まさに穴男の面目躍如たるレースでした。江田騎手、見ればこの牝系に縁のある騎手でもあったんですね。

村山師のレース後のコメントを見ると、この後は天皇賞・秋(GI)を目指す模様。左回りで生きるヤマニンスキーの血、果たせるかな左回りの新潟で開花したホッコーパドゥシャが、サマー2000シリーズのチャンピオンとしてどのようなレースを見せてくれるのか。それはまた、1996年の天皇賞・秋でバブルガムフェロー(1993.4.11)の2着に敗れた父マヤノトップガンの雪辱を果たす舞台でもあります。気鋭の村山師と共に挑むGIレース、楽しみにしたいと思います。ええ、その時の鞍上が穴男ならば、さらに怖い存在かなとも思います(^_^;)

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第45回札幌記念(GII)の勝ち馬。

ヤマニンキングリー 牡 栗毛 2005.5.16生 新冠・錦岡牧場生産 馬主・土井肇氏 栗東・河内洋厩舎

ヤマニンキングリー(2005.5.16)の4代血統表
アグネスデジタル[x]
栗毛 1997.5.15
種付け時活性値:1.75
Crafty Prospector
栗毛 1979.4.7
★Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Real Crafty Lady
栗毛 1975.4.2
In Reality 1964.3.1
Princess Roycraft 1967.1.25
Chancey Squaw
鹿毛 1991.4.9
★Chief's Crown
鹿毛 1982.4.7
Danzig 1977.2.12
Six Crowns 1976.4.21
Allicance
鹿毛 1980.4.1
Alleged 1974.5.4
Runaway Bride 1962
ヤマニンアリーナ
鹿毛 1992.4.14
仔受胎時活性値:1.00
サンデーサイレンス[A]
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ティファニーラス
黒鹿毛 1983.2.28
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Bold Forbes[A]
黒鹿毛 1973.3.31
種付け時活性値:0.25
Irish Castle 1967.5.11
Comely Nell 1962.2.8
Sally Stark
鹿毛 1970
仔受胎時活性値:1.00
Graustark[B]
栗毛 1963.4.7
種付け時活性値:1.50
Sally Ship
青鹿毛 1960.5.17
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Turn-to5×5(母方)>

ヤマニンキングリー(2005.5.16)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
アグネスデジタル 4.25 or 2.25 半姉ヤマニンメルベイユ
(No.3-C)
7番仔
(4連産目)
第45回札幌記念(GII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3 ヤマニンキングリー 牡4 57 柴山雄一 2:00.7    35.8 472
[-20]
河内洋 7
2 11 ブエナビスタ 牝3 52 安藤勝己 2:00.7 クビ 35.1 454
[+8]
松田博資 1
3 4 サクラオリオン 牡7 57 秋山真一郎 2:00.8 3/4 35.3 474
[-2]
池江泰郎 4
4 6 マンハッタンスカイ 牡5 57 吉田稔 2:00.8 アタマ 36.1 532
[+4]
浅見秀一 10
5 12 トーセンキャプテン 牡5 57 藤岡佑介 2:00.9 クビ 35.1 500
[+2]
角居勝彦 13
第45回札幌記念(GII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5-11.1-12.0-12.4-12.2-12.2-12.1-11.9-11.8-12.5
上り 4F 48.3-3F 36.2

「この姉弟(きょうだい)に合うのか」。ゴール後、思わずつぶやいてしまったのは私ことオオハシでございます。

単勝1.5倍の圧倒的1番人気を背負った、今春クラシック2冠の3歳牝馬ブエナビスタ(2006.3.14)。最後の直線、いつもと同じように大外に回し鋭脚で追い込んで来ました。けれど、これまでの同世代の牝馬ではなく、今回のライバルは歴戦の古馬揃い。1頭また1頭と追い抜いたものの、ゴール時、クビだけ届かなかった相手がいました。ここをステップに凱旋門賞(仏GI)へ向かうという3歳牝馬の大望を打ち砕いたのは、夏の王位を戴かんとした4歳牡馬。ヤマニンキングリー。時に「大物食い」を見せるのは、父アグネスデジタル同様、この父仔の特徴なのでしょうか。けれど、仔ヤマニンキングリーが見せたレースぶりは、その馬名のとおり、終始先行3、4番手で抜け出しを図るという王者の競馬。5ヶ月ぶりの出走、マイナス20kgの馬体重、2着馬との定量斤量差5kgもなんのその、重賞3走連続2着のうっぷんを晴らす見事な勝利でした。

では、以下にヤマニンキングリーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Sally Stark 1970 不出走
|Valdez 1976.3.9 米8勝 スワップスS(GI)含む重賞5勝
|Assurgent 1978.2.15 米1勝
||Touch of Love 1990.3.13 米6勝 テンプティドS(GIII)3着
|||Alyzig 1997.3.22 米仏3勝 サンカルロスH(米GI)2着ほか
|バッフドオレンジ 1982.3.15 米0勝
||メローフルーツ 1991.4.18 中央2勝 札幌3歳S(現札幌2歳S、JpnIII)
||オレンジピール 1994.3.15 中央4勝 4歳牝馬特別(現フローラS、JpnII)含む重賞3勝
|||ブラックコンドル 2001.2.24 中央5勝 春待月S(OP) 中京2歳S(OP) 平安S(GIII)2着
|||ラピッドオレンジ 2003.3.5 中央4勝+地方1勝 TCK女王盃(JpnIII) マリーンC(JpnIII)2着
|ティファニーラス 1983.2.28 米8勝 ケンタッキーオークス(GI)含む重賞3勝
||ヤマニンジュエリー 1991.1.29 不出走
|||ヤマニンシュクル 2001.4.1 中央4勝 阪神JF(現JpnI) 中山牝馬S(GIII)
||ヤマニンアリーナ 1992.4.14 中央2勝 クローバー賞(OP)
|||ヤマニンメルベイユ 2002.2.18 現役 中山牝馬S クイーンS(JpnIII)ほか
|||ヤマニンキングリー 2005.5.16 (本馬) 札幌記念(GII) 中日新聞杯(GIII)ほか
||ヤマニンイデアル 1999.5.9 中央2勝 ききょうS(OP)

祖母がケンタッキーオークス馬のティファニーラス、従姉に阪神JFの勝ち馬ヤマニンシュクル、そして半姉ヤマニンメルベイユと来れば、これは活力のある血統です。

金星を挙げたと思っていたら、実際ただただ強かっただけ。成長の過渡期にあるサラブレッドではよくよく見られる事柄です。ヤマニンキングリー、後で振り返ってみたら金星でも何でもなかったと思わせるくらいに、今秋も頑張ってほしいもの。目指すところは、さらなる強敵の待ち構える中距離路線の頂点、天皇賞・秋(GI)でしょうか。そうなれば、アグネスデジタルとの父仔制覇、そして管理される河内洋調教師が騎手時代に遂げられなかった天皇賞・秋制覇をトレーナーとして……、ということが期待されますね。

果たして、GIの王位を得ることが出来るか否か。ヤマニンキングリーのこれからを楽しみにしたいと思います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

おまけ。上で述べたとおり「この姉弟(きょうだい)に合うのか」とつぶやくオオハシ。もちろん、鞍上の柴山雄一騎手に対してのコメントです。そんな柴山騎手とも同学年のオオハシです(^^;)

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

第1回レパードSの勝ち馬。

トランセンド 牡 鹿毛 2006.3.9生 新冠・ノースヒルズマネジメント生産 馬主・前田幸治氏 栗東・安田隆行厩舎

トランセンド(2006.3.9)の4代血統表
ワイルドラッシュ[A]
鹿毛 1994.4.15
種付け時活性値:0.75
Wild Again
黒鹿毛 1980.5.22
Icecapade
芦毛 1969.4.4
Nearctic 1954.2.11
Shenanigans 1963.3.17
Bushel-n-Peck
黒鹿毛 1958.3.21
Khaled 1943
Dama 1950
Rose Park
鹿毛 1986.2.7
★Plugged Nickle
鹿毛 1977.3.1
Key to the Mint 1969.3.9
Toll Booth 1971.5.17
Hardship
芦毛 1977.4.26
Drone 1966.4.1
Hard and Fast 1968.4.30
シネマスコープ
栗毛 1993.5.2
仔受胎時活性値:1.00
トニービン[A]
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:0.25
カンパラ
黒鹿毛 1976.2.19
Kalamoun 1970.4.30
State Pension 1967
Severn Bridge
栗毛 1965
Hornbeam 1953
Priddy Fair 1956
ブルーハワイ
鹿毛 1989.5.31
仔受胎時活性値:0.75
[シネマスコープは初仔]
スリルショー[A]
鹿毛 1983.1.27
種付け時活性値:1.25
Northern Baby 1976.4.1
Splendid Girl 1976.3.18
サニースワップス
鹿毛 1975.4.27
仔受胎時活性値:1.25
[ブルーハワイは2連産目の6番仔以降の仔]
Hawaii[A]
鹿毛 1964
種付け時活性値:0.50
アイアンエイジ
黒鹿毛 1962.6.17
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Khaled4×5、Hyperion5×5>

トランセンド(2006.3.9)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
スリルショー
(ブルーハワイ)
4.00 半姉サンドリオン
(No.A4)
6番仔
(空胎後)
第1回レパードSの結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 10 トランセンド 牡3 56 松岡正海 1:49.5    37.2 510
[-2]
安田隆行 1
2 4 (外)スーニ 牡3 56 川田将雅 1:50.0 3 37.6 468
[-5]
吉田直弘 3
3 6 スタッドジェルラン 牡3 56 佐藤哲三 1:50.1 3/4 37.7 478
[-2]
安田隆行 7
4 1 アドバンスウェイ 牡3 56 後藤浩輝 1:50.3 1 1/2 38.2 486
[-4]
武藤善則 4
5 13 ワンダーアキュート 牡3 56 小牧太 1:51.9 ハナ
+10
38.7 502
[+11]
佐藤正雄 8
第1回レパードSのラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5-11.1-12.1-12.0-12.0-12.4-12.4-11.6-13.4
上り 4F 49.8-3F 37.4

新設となったオースミレパードS、もといレパードS。栄えある第1回の主役は、戦前までダート3戦3勝の負けなし、そして前走稍重の麒麟山特別で古馬相手に新潟ダート1800mを1分49秒5のレコードでぶっちぎったトランセンド。レースでも「超越する」という意味の「トランセンド(Transcend)」そのままに、同い年の馬たちの中では力が1枚上手であることを見せつけました。これでダート4戦4勝、しかも今回は良馬場で前回計時した新潟ダート1800mのレコードと同タイムで駆けました。これは強い。

では、以下にトランセンドのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

サニースワップス 1975.4.27 不出走
|ダイナスワップス 1979.6.13 中央3勝
||ダンディコマンド 1993.4.12 中央5勝 北九州記念(GIII) クロッカスS(OP)
|サクラサニーオー 1982.4.5 中央6勝 アルゼンチン共和国杯(GII) 京成杯(現JpnIII)ほか
|ブルーハワイ 1989.5.31 不出走
||シネマスコープ 1993.5.2 中央4勝
|||サンドリオン 2003.5.15 中央3勝 紫苑S(OP)
|||トランセンド 2006.3.9 (本馬) レパードS
||パルスビート 1994.6.12 中央3勝 白百合S(OP) 京都新聞杯(現JpnII)2着 北九州記念2着ほか
||ゲヴァルト 2000.3.5 中央4勝 ラジオたんぱ杯2歳S(現ラジオNIKKEI杯2歳S、JpnIII)3着

叔父にパルスビート、ゲヴァルトという重賞好戦馬、大伯父にサクラサニーオー、近親にダンディコマンドという重賞勝ち馬が見えるアメリカンファミリーの4号族。改めて振り返れば、1997年の北九州記念は1着ダンディコマンド、2着パルスビートという「いとこ決着」だったんですね。また、5代母Iron Reward(1946)の仔に世界レコード5回の快足馬Swaps(1952.3.1)がいます。そのためか↑の図に現れる馬名にスワップスが見えますね。

今回のレパードSで2着だったスーニ(2006.2.10)に騎乗されていた川田将雅騎手。川田騎手はトランセンドのデビュー戦に騎乗されて1番人気2着でした。そんな川田騎手、機会があれば、またトランセンドに騎乗されたいのではないかと思います。叔父ゲヴァルトとのエピソードは他に譲りますけれど、師匠の管理馬でもありますし、ね。まま、師匠の管理馬ということでは、3着のスタッドジェルラン(2006.3.7)もそうですが(^^;)

CX系列のテレビ中継で井崎脩五郎センセイが「絶妙な時期に設定したなぁ」とおっしゃっていましたが、確かに、秋の飛躍を期する3歳馬たちにとっては、既存勢力と新興勢力の力比べの良い舞台と思いました。重賞の乱発は時に辟易するところもありますけれど、路線の拡充は大切なことと考えます。まずは、新しいレースの第1回を見られたという幸せを胸に、トランセンドを始めとする出走馬たちのこれからを祈りたいと思います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第44回北九州記念(GIII)の勝ち馬。

サンダルフォン 牡 鹿毛 2003.3.25生 門別・滝本健二氏生産 馬主・(有)ノースヒルズマネジメント 栗東・松永幹夫厩舎

サンダルフォン(2003.3.25)の4代血統表
サクラバクシンオー[A●]
鹿毛 1989.4.14
種付け時活性値:1.25
サクラユタカオー
栗毛 1982.4.29
テスコボーイ
黒鹿毛 1963
Princely Gift 1951
Suncourt 1952
アンジェリカ
黒鹿毛 1970.3.29
ネヴァービート 1960
スターハイネス 1964.3.10
サクラハゴロモ
鹿毛 1984.4.13
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
クリアアンバー
黒鹿毛 1967.5.8
★Ambiopoise 1958.5.6
One Clear Call 1960.5.21
コウユーラヴ
鹿毛 1997.3.26
仔受胎時活性値:1.25
ジェイドロバリー[x]
黒鹿毛 1987.3.14
種付け時活性値:0.25
★Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Number
鹿毛 1979.5.5
Nijinsky 1967.2.21
Special 1969.3.28
チャームトウショウ
鹿毛 1988.5.8
仔受胎時活性値:2.00
[コウユーラブは2連産目の3番仔]
コインドシルバー[C]
黒鹿毛 1974.4.19
種付け時活性値:1.25
Herbager 1956
Silver Coin 1965.3.10
ガールトウショウ
栗毛 1975.4.21
仔受胎時活性値:1.00
[チャームトウショウは3連産目の6番仔以降の仔]
チャイナロック[C]
栃栗毛 1953
種付け時活性値:1.25
ソシアルバターフライ
鹿毛 1957.4.13
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5>

サンダルフォン(2003.3.25)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
サクラバクシンオー 4.50 半弟ダイシングロウ
(No.1-W ソシアルバターフライ系)
初仔
第44回北九州記念(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 9 サンダルフォン 牡6 54 酒井学 1:07.5    34.3 542
[+8]
松永幹夫 8
2 13 レディルージュ 牝3 50 鮫島良太 1:07.7 1 1/4 34.6 438
[+8]
安田隆行 2
3 4 カノヤザクラ 牝5 56 小牧太 1:07.8 3/4 34.7 508
[+2]
橋口弘次郎 1
4 14 ウイントリガー 牡4 52 和田竜二 1:07.9 クビ 34.3 470
[0]
山内研二 12
5 6 メリッサ 牝5 52 武豊 1:08.0 1/2 34.3 486
[+4]
佐山優 3
第44回北九州記念(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
11.8-10.3-10.6-11.3-11.4-12.1
上り 4F 45.4-3F 34.8

2009年8月16日は、もしかしたら、古川吉洋騎手のお手馬(?)デーだったのかも知れません。ピエナビーナス(2004.3.18)と古川騎手のクイーンS(GIII)勝利からおよそ10分後、サンダルフォンが北九州記念を制したのでした。今回は道中は中段位置で折り合い、直線は馬場中央を堂々と抜け出すという、前走から手綱を取る酒井学騎手の見事なレース運びが光りました。けれど、今回を含めた全30戦のうち17戦は古川騎手によるもので、全6勝のうち4勝は古川騎手で挙げたものでした。なお、ピエナビーナスは全5勝を古川騎手とともに北海道シリーズで収めています。むぅ、なかなか無い、レアケースな日でした(^^;)

酒井学騎手の名前が出ましたので、触れておきます。酒井騎手の重賞勝ちは2001年のカブトヤマ記念(旧GIII)以来、7年10ヶ月ぶりの2勝目でした。懐かしいですねぇ、父内国産限定のカブトヤマ記念。代替開催となった秋の新潟、タフネススター(1997.3.16)を最軽量48kgのハンデで駆り、1番人気だった54kgのトウカイポイント(1996.5.18)を抑えての勝利でした。酒井騎手にとっては出身地が新潟ということもあり、嬉しい初重賞制覇だったでしょう。また、グッドラックスター(1991.5.1)、タフネススターの全姉妹は割合に応援していたように思います。「ラグビーボール×リードワンダー牝馬」という、なんともはや、ハンデキャップホースの匂いが漂う配合の姉妹でした。しかし、もはや隔世の感もある組み合わせですね(^_^;)

最後に松永幹夫厩舎。小倉記念(GIII)を16番人気のダンスアジョイ(2001.4.12)で制したのに続き、北九州記念を8番人気のサンダルフォンで制するという、大暴れの夏となりました。松永調教師は騎手時代は小倉で重賞勝ちを収められなかったものの、「サスガに九州の熊本出身」というところを調教師として見せられていますね。

では、以下にサンダルフォンのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ガールトウショウ 1975.4.21 中央7勝
|カメリアトウショウ 1982.5.1 不出走
||トウショウファルコ 1986.5.16 中央8勝 AJCC(GII) 金杯(現中山金杯、GIII)ほか
||オーロラトウショウ 1994.3.10 中央0勝
|||トウショウヴォイス 2002.5.8 現役 新潟記念(GIII)2着
|リバーストウショウ 1984.6.5 不出走
||トウショウフリート 1988.4.27 中央7勝 パラダイスS(OP)
|チャームトウショウ 1988.5.8 中央1勝
||コウユーラヴ 1997.3.26 中央2勝
|||サンダルフォン 2003.3.25 (本馬) 北九州記念(GIII)
|||ダイシングロウ 2004.4.1 現役 小倉記念(現GIII、当時JpnIII)2着

言わずと知れたソシアルバターフライ系。曾祖母ガールトウショウからの分枝には渋い活躍馬が揃っています。しかし、サンダルフォンはダイシングロウのお兄ちゃんだったんですね。今になって気付きました。

夏の牡牝混合の古馬重賞戦線で活躍すると、積み重ねによっては「サマー●●チャンピオン」の称号が得られます。次走は今週末のセントウルS(GII)を予定しているサンダルフォン、果たしてサマースプリントチャンピオンに手が届きますでしょうか。楽しみにしたいものです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

第57回クイーンS(GIII)の勝ち馬。

ピエナビーナス 牝 青鹿毛 2004.3.18生 浦河・岡本牧場生産 馬主・本谷兼三氏 栗東・南井克巳厩舎

ピエナビーナス(2004.3.18)の4代血統表
フジキセキ[A]
青鹿毛 1992.4.15
種付け時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ミルレーサー
鹿毛 1983.5.20
Le Fabuleux
鹿毛 1961
Wild Risk 1940
Anguar 1950
Marston's Mill
黒鹿毛 1975.5.31
In Reality 1964.3.1
Millicent 1969
オープニングタイトル
黒鹿毛 1995.4.1
仔受胎時活性値:2.00
Caerleon[A]
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:1.50
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Foreseer
黒鹿毛 1969.4.12
Round Table 1954.4.6
Regal Gleam 1964.3.17
Maiden Concert
栗毛 1981.4.8
仔受胎時活性値:1.25
★Condorcet[E]
鹿毛 1972.2.19
種付け時活性値:0.00
Luthier 1965.3.22
Pan American 1962.2.27
Merdemain
鹿毛 1960
仔受胎時活性値:1.00
Tamerlane[F]
鹿毛 1952
種付け時活性値:1.75
Damians
栗毛 1942
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×5>

ピエナビーナス(2004.3.18)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Tamerlane 4.50 伯父が伊2000ギニー馬
(No.19)
3番仔以降の仔
(流産後)
第57回クイーンS(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3 ピエナビーナス 牝5 55 古川吉洋 1:48.2    34.9 460
[-2]
南井克巳 11
2 6 ザレマ 牝5 55 安藤勝己 1:48.4 1 35.6 538
[+6]
音無秀孝 1
3 8 アメジストリング 牝5 55 池添謙一 1:48.4 クビ 35.1 486
[+4]
浅見秀一 6
4 14 ムードインディゴ 牝4 55 藤岡佑介 1:48.5 クビ 35.4 462
[-4]
友道康夫 4
5 1 マイネカンナ 牝5 55 三浦皇成 1:48.5 アタマ 35.5 438
[+16]
国枝栄 8
第57回クイーンS(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5-11.4-11.6-12.4-12.2-12.2-11.9-11.9-12.1
上り 4F 48.1-3F 35.9

古川吉洋騎手、11年9ヶ月ぶりの重賞勝利。人気薄で勝利を収める馬のお手本のような「最短距離をロスなく通る」という好騎乗により、ピエナビーナスを重賞勝ち馬に導きました。

今夏JRA200勝を達成された古川騎手は、私ことオオハシと同い年で、この9月26日で32歳になられます。比較的地味な存在の騎手ではありますが、その騎乗技術はデビュー当初から先輩騎手にも認められていたのです。一部を引用すると、

「古川も馬に乗る技術だけなら、もうボクも負けているかもしれない。新人がインコースでチョロチョロとしていると邪魔くさくて仕方ないものだけど、古川は違う。人に迷惑をかけずに馬群を鋭く捌くワザを持っているのは大したものだよ」

月刊「優駿」、1998年3月号P12において、佐藤哲三騎手がそう述べられていました。佐藤騎手の言のとおり、今回もインコースから馬群を鋭く捌いての勝利でした。

そしてまた「競馬学校花の12期生」のひとりとしても知られる古川騎手。デビュー初年の1996年は同期生10人の中でもっとも遅い初勝利を挙げた彼ですが、実はジーワン勝ちは同期生10人の中で最も早かったのです。1997年の阪神3歳牝馬S(現阪神JF、JpnI)。「内からもういっぺん、内からアインブライド!!」と関西テレビの馬場鉄志アナウンサーが叫ばれた、あのレース。白い帽子に「紫、赤うろこ、紫袖」の勝負服、やはり内をロスなく抜け出して来たアインブライド(1995.4.14)と古川騎手。ゴール後は2着キュンティア(1995.3.22)に騎乗していた同期生の高橋亮騎手とハイタッチされていました。

干支が一回りする星霜を経て、2度目の重賞勝ちとなった古川騎手。今回のピエナビーナスを管理される南井克巳調教師が、3場開催時には主戦のように起用されることからも分かるように、その腕は確か。この重賞勝利を契機として、もういっぺん、ジーワンで勝利を収める姿を見てみたいものです。

ええ、コメントに気合が入っているでしょう。そりゃ、私が応援している騎手は一に角田晃一、二に上村洋行、三に古川吉洋ですから。同い年の奮起、私も負けられないですね。

では、以下にピエナビーナスのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、図中の重賞格付けはいずれも各馬が出走した当時のものです。

Merdemain 1960 海外2勝
|Demare 1967 海外0勝
||More So 1975.5.1 海外6勝 愛1000ギニー(GI) デズモンドS(愛GIII)ほか
|Trusted Maiden 1972 海外0勝
||Obeah 1985.2.12 海外2勝 キャンデラブラS(英GIII)
|||Morgana 1991.3.20 海外6勝 パロマーH(米GII) ロマナH(米GI)2着ほか
|||Panama City 1994.5.16 海外5勝 W.L.マクナイトH(米GII) チェスターヴァーズ(英GIII)ほか
|Maiden Concert 1981.4.8 海外0勝
||Candy Glen 1987.3.25 伊仏6勝 伊2000ギニー(GI) 伊グランクリテリウム(GI)ほか
||Ashley Park 1994.3.23 愛英3勝 愛ダービートライアル(GIII)
||That'll Be The Day 1989.4.26 海外4勝 ピサ賞(伊GIII)2着
|||That's The Way 1995.3.3 海外4勝 プリミパッシ賞(伊GIII)2着
|||Hiddendale 1999.4.4 海外1勝 ネルグウィンS(英GIII)3着
||Imco Charmer 1990.4.30 海外3勝 バグッタ賞(伊GIII)2着
||オープニングタイトル 1995.4.1 不出走
|||ピエナビーナス 2004.3.18 (本馬) クイーンS(GIII)

思わず騎手に注力してしまいましたが、ピエナビーナス自身の血統もしっかりしたものです。伯父に伊2000ギニー馬や愛ダービートライアルの勝ち馬が見え、近親に愛1000ギニー馬がいるのですから、活力があります。

古川吉洋騎手の11年9ヶ月ぶりの重賞勝利を祝うかのように、騎乗経験のある馬が、いえ主戦のように騎乗していた馬が、クイーンSのおよそ10分後、北九州記念(GIII)において勝利を収めることになります。それは次回の講釈にて(by 西遊記)。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第41回函館2歳S(JpnIII)の勝ち馬。

ステラリード 牝 栗毛 2007.3.3生 浦川・(有)ビクトリーファーム生産 馬主・広尾レース(株) 栗東・森秀行厩舎

ステラリード(2007.3.3)の4代血統表
スペシャルウィーク[A]
黒鹿毛 1995.5.2
種付け時活性値:0.75

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
Nijinsky 1967.2.21
シル 1970.4.22
レディーシラオキ
鹿毛 1978.4.3
セントクレスピン 1956
ミスアシヤガワ 1964.5.24
ウェルシュステラ
栗毛 1999.2.10
仔受胎時活性値:1.75

Zafonic[x]
鹿毛 1990.4.1
種付け時活性値:0.00
Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Zaizafon
栗毛 1982.1.18
The Minstrel 1974.3.11
Mofida 1974.3.21
カタリスト
鹿毛 1993.3.6
仔受胎時活性値:1.25
Sadler's Wells[A●]
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:0.75
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Welsh Love
鹿毛 1986.4.6
仔受胎時活性値:1.50
Ela-Mana-Mou[A]
鹿毛 1976.2.28
種付け時活性値:0.25
Welsh Flame
鹿毛 1973
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×4>

ステラリード(2007.3.3)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
スペシャルウィーク 5.50 近親Second Empire
(No.2-F)
初仔
第41回函館2歳S(JpnIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 1 ステラリード 牝2 54 岩田康誠 1:09.7    34.9 442
[+6]
森秀行 1
2 16 キョウエイアシュラ 牡2 54 藤田伸二 1:09.7 アタマ 34.7 454
[+2]
矢作芳人 2
3 14 ソムニア 牝2 54 安藤勝己 1:09.9 1 34.8 416
[+4]
松元茂樹 6
4 8 エステーラブ 牝2 54 武幸四郎 1:09.9 クビ 34.8 430
[0]
中野栄治 14
5 11 インテグラルヘッド 牡2 54 的場勇人 1:10.0 1/2 35.6 476
[-2]
的場均 10
第41回函館2歳S(JpnIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.2-10.6-11.5-11.8-11.9-11.7
上り 4F 46.9-3F 35.4

2007年生まれ世代の先陣を切ってJRA重賞勝ちを収めたのは森秀行厩舎所属で岩田康誠騎手騎乗のステラリードでした。函館競馬場の改修により札幌競馬場で代替開催となった今年2009年。このレースの1番人気馬の勝利は、馬場改修により函館ダート1000mで行われた1994年のダンツダンサー(1992.6.4)以来15年ぶりのことでした。また、このステラリードの勝利により、管理される森調教師はJRA10場すべての競馬場で重賞勝ちを収められたとのこと。馬、人共におめでとうございます。

では、以下にステラリードのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Welsh Love 1986.4.6 愛1勝
|カタリスト 1993.3.6 愛1勝
||ウェルシュステラ 1999.2.10 中央3勝
|||ステラリード 2007.3.3 (本馬) 函館2歳S(JpnIII)
|Second Empire 1995.4.29 仏愛英米4勝 グランクリテリウム(現ジャン・リュック・ラガルデール賞、仏GI)ほか
|Ajhiba 1996.4.14 英2勝
||Belenus 2002.3.22 英3勝 ソヴリンS(GIII)
|Balestrini 2000.5.11 愛米英仏2勝 バリーサックスS(愛GIII)

近親に欧米の活躍馬が見える2号族。上図では示さなかった4代母Welsh Flameからの別分枝には、Welsh Flameの仔にアーティアス(1974.2.26)の代表産駒でもあるFlame of Tara(1980.4.20)。同牝馬は愛英米8勝でコロネーションS(現英GI、当時GII)、プリティポリーS(現愛GI、当時GII)、アサシS(愛GIII)と重賞3勝。Flame of Taraの真価は繁殖牝馬として発揮され、その仔Salsabil(1987.1.18)は英愛仏7勝で愛ダービー(GI)、英オークス(GI)、英1000ギニー(GI)、ヴェルメイユ賞(仏GI)、マルセルブサック賞(仏GI)、フレッドダーリンS(英GIII)と重賞6勝の名牝。同じく仔Marju(1988.3.12)は英3勝でセントジェームズパレスS(GI)、クレイヴァンS(GIII)を勝ち英ダービー(GI)2着があります。ほかにもWelsh Flameの孫にドンカスターC(現英GII、当時GIII)とジョッキークラブC(英GIII)を制したKneller(1985.5.4)、同じくドンカスターCとジョッキークラブCを制したGreat Marquess(1987.5.18)、BCターフ(米GI)馬Northern Spur(1991.4.16)兄弟がいます。なお、Northern Spurの元々のオーナーは故・和田共弘氏でした。

馬名の「ステラリード(Stellar Lead)」の意味は「主演スター」とありました。後にも現れるであろう同世代のキラ星のごとき駿馬たちを引っ張る存在として、まずは世代最初のJRA重賞を制したステラリード。主演スターの座を堅持すべく、牝馬に傑作が出る印象もある父スペシャルウィークの、さらなる代表産駒になれるように期待しています。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

第44回関屋記念(GIII)の勝ち馬。

スマイルジャック 牡 黒鹿毛 2005.3.8生 鵡川町・上水牧場生産 馬主・齊藤四方司氏 美浦・小桧山悟厩舎

スマイルジャック(2005.3.8)の4代血統表
タニノギムレット
鹿毛 1999.5.4
種付け時活性値:1.25
ブライアンズタイム
黒鹿毛 1985.5.28
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Kelley's Day
鹿毛 1977.5.11
Graustark 1963.4.7
Golden Trail 1958.3.5
タニノクリスタル
栗毛 1988.4.4
クリスタルパレス
芦毛 1974.3.25
Caro 1967.4.11
Hermieres 1958.4.10
タニノシーバード
栗毛 1972.4.27
Sea-Bird 1962.3.8
Flaxen 1968.5.15
シーセモア
鹿毛 1998.5.2
仔受胎時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.75
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
カイウンテンシ
鹿毛 1987.4.18
仔受胎時活性値:0.50
[シーセモアは空胎後の4番仔]
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
種付け時活性値:1.00
Nijinsky 1967.2.21
シル 1970.4.22
ロマンギャル
鹿毛 1979.6.27
仔受胎時活性値:1.75
[カイウンテンシは5連産目の5番仔]
セントクレスピン
栗毛 1956
種付け時活性値:1.50
サンオーアズサ
鹿毛 1973.4.12
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×4、Graustark4×5(父方)>

スマイルジャック(2005.3.8)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
セントクレスピン
(シーセモア)
5.00 大伯父アエロプラーヌ
(No.15-A)
2番仔
(2連産目)
第44回関屋記念(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 13 スマイルジャック 牡4 56 三浦皇成 1:32.7    32.5 484
[+8]
小桧山悟 2
2 12 ヒカルオオゾラ 牡5 56 武豊 1:32.9 1 32.7 512
[0]
池江泰寿 1
3 14 マイネルスケルツィ 牡6 56 石橋脩 1:33.2 1 3/4 34.0 522
[0]
稲葉隆一 13
4 17 キャプテントゥーレ 牡4 56 川田将雅 1:33.2 クビ 33.8 462
[+16]
森秀行 4
5 15 キャプテンベガ 牡6 56 吉田豊 1:33.3 クビ 33.5 454
[+4]
松田博資 7
第44回関屋記念(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.2-10.8-11.6-12.3-12.1-11.3-10.7-11.7
上り 4F 45.8-3F 33.7

デビュー2年目も変わらぬ活躍を見せる三浦皇成騎手。その重賞2勝目のお相手は昨年2008年の日本ダービー(JpnI)2着馬、スマイルジャックでした。スマイルジャック自身も昨年のスプリングS(JpnII)以来となる重賞2勝目。レースは、直線残り200mの辺りから馬場中央外側を伸び、内のトーホウレーサー(2004.3.6)を併せ馬の相手として気合いを駆り立て、抜け出してからは外から迫ったヒカルオオゾラ(2004.2.6)を押さえました。ゴール後、右の拳でムチを握って力強くガッツポーズ。三浦皇成、19歳の夏のきらめきを見ました。

では、以下にスマイルジャックのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ロマンギャル 1979.6.27 地方0勝
|アエロプラーヌ 1985.4.3 地方11勝 川崎記念(現JpnI) ダービーグランプリ(旧JpnI)ほか
|カイウンテンシ 1987.4.18 中央4勝
||シーセモア 1998.5.2 中央1勝
|||スマイルジャック 2005.3.8 (本馬) スプリングS(JpnII) 関屋記念(GIII)ほか

スマイルジャックは珍しい15号族の重賞勝ち馬です。15号族から輩出された馬では、ここ15年のJRA重賞勝ち馬では唯1頭と思います。15号族の馬でほかにオープンクラスで思い付いたのは「ほら、あの、アンバーシャダイの仔で、韓国馬事会杯を勝った……」と、父と勝ったレースは思い出せたジェラ須貝、もといジェラスガイ(1992.4.22)くらいでした。

なお、スマイルジャックの牝系をさかのぼれば、6代母Mabel(1962)は英5勝でヨークシャーオークス(現英GI)の勝ち馬、さらにMabelの仔May Hill(1972)は英仏4勝でやはり母と同じくヨークシャーオークスを制しています。

#余談。スマイルジャックの母シーセモアは、交配されている種牡馬が「サンデーサイレンス×マルゼンスキー×セントクレスピン」ということでスペシャルウィーク(1995.5.2)と同じ累代となっていますが、実は誕生日も同じ5月2日でした(^_^.)

デビューのコースでもある新潟芝1600mで復権を果たしたスマイルジャック。果たして、さらなる大舞台で笑顔を独り占めできるでしょうか。三浦騎手と共に今秋のGI戦線での活躍を楽しみに待ちたいと思います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第45回小倉記念(GIII)の勝ち馬。

(地)ダンスアジョイ 牡 黒鹿毛 2001.4.12生 門別・白瀬明氏生産 馬主・加藤泰章氏 栗東・松永幹夫厩舎

ダンスアジョイ(2001.4.12)の4代血統表
ダンスインザダーク[A]
鹿毛 1993.6.5
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ダンシングキイ
鹿毛 1983.5.21
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Key Partner
鹿毛 1976.3.26
Key to the Mint 1969.3.9
Native Partner 1966.4.5
ナイルスター
鹿毛 1992.4.6
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

トニービン[A]
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:0.00
カンパラ
黒鹿毛 1976.2.19
Kalamoun 1970.4.30
State Pension 1967
Severn Bridge
栗毛 1965
Hornbeam 1953
Priddy Fair 1956
ハルツーム
鹿毛 1986.4.5
仔受胎時活性値:1.25
[ナイルスターは2連産目の2番仔(生後直死含む)]
ターゴワイス[B]
黒鹿毛 1970.4.10
種付け時活性値:1.75
Round Table 1954.4.6
Matriarch 1964.3.3
シヤダイナイル
黒鹿毛 1972.6.4
仔受胎時活性値:1.25
[ハルツームは5連産目以降の5番仔以降の仔]
マリーノ[B]
栗毛 1956.3.6
種付け時活性値:1.75
リリーオブザナイル
黒鹿毛 1966.4.13
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:なし>

ダンスアジョイ(2001.4.12)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ダンスインザダーク 5.75 or 3.75 アスワンと同牝系
(No.10-A)
4番仔
(4連産目)
第45回小倉記念(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 5 (地)ダンスアジョイ 牡8 55 角田晃一 1:58.3    35.2 516
[+4]
松永幹夫 16
2 9 ホッコーパドゥシャ 牡7 56 武豊 1:58.3 ハナ 35.2 482
[0]
村山明 1
3 14 クラウンプリンセス 牝5 53 太宰啓介 1:58.3 クビ 35.4 484
[-4]
橋口弘次郎 9
4 13 エーティーボス 牡5 54 幸英明 1:58.3 ハナ 35.3 488
[+6]
湯窪幸雄 10
5 4 エリモハリアー せん9 57 佐藤哲三 1:58.4 クビ 34.8 454
[+10]
田所秀孝 17
第45回小倉記念(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.2-10.9-11.6-12.4-12.1-11.6-11.7-11.6-11.8-12.4
上り 4F 47.5-3F 35.8

1着から13着までが0秒4差に収まるという大混戦を制したのは、内を突いた16番人気馬ダンスアジョイ。角田晃一騎手が松永幹夫厩舎に初めての重賞制覇をもたらしました。思えば「文テキ一門」のいとこ弟子どうし。「徒弟制度」などと口に出してしまえば時代遅れな感もあるかもしれませんけれど、共に騎手として厩舎に所属されていた時分は、渡辺栄厩舎、山本正司厩舎からフリーになることは無かったのでした。そんな、かつてはシスタートウショウ(1988.5.25)イソノルーブル(1988.3.13)の主戦としてクラシックの舞台でしのぎを削った両者が、手と手を合わせての勝利。それにしても、角田晃一38歳、松永幹夫42歳。ご両名の年齢を改めて確認すると、共にその容姿はなんという若々しさでしょう(^_^.)

また、今回1番人気に推されたホッコーパドゥシャ(2002.6.8)を管理されている村山明調教師。ダンスアジョイの戦歴をたどれば、そのデビュー戦の鞍上が当時の村山明騎手でした。そして、ダンスアジョイにJRA初勝利をプレゼントしたのが当時の松永幹夫騎手、JRA2勝目の折の鞍上が角田騎手。ついで、今回のホッコーパドゥシャに騎乗していた武豊騎手もダンスアジョイに騎乗されたことがあります。

見れば第45回小倉記念は、ダンスアジョイに騎乗し勝利を収めたことがある調教師と騎手のコンビが1着、ダンスアジョイに騎乗したことがある調教師と騎手のコンビが2着という結果でした。

では、以下にダンスアジョイのごくごくごく簡単な近親牝系図を示します。

シャダイナイル 1972.6.4 中央2勝
|ハルツーム 1986.4.5 中央0勝
||ナイルスター 1992.4.6 地方3勝
|||ダンスアジョイ 2001.4.12 (本馬) 小倉記念(GIII)

曾祖母の代からの分枝ではダンスアジョイが初めてのブラックタイプとなるようです。さかのぼれば、4代母リリーオブザナイルの仔にアスワン(1979.5.14)がいます。同馬は中央3勝でNHK杯(旧GII)、京成杯(現JpnIII)の勝ち馬。従兄に仏2000ギニー(GI)馬にして名種牡馬のRiverman(1969)がいる良血ということも手伝い、現役引退後はノーザンテースト(1971.3.15)の後継種牡馬として活躍しました。また、アスワンは当時の社台ファーム生産馬にして吉田善哉さんの持ち馬としては珍しい冠名の付かない馬として知られています。「ナイルの百合」の仔で「アスワン」というのが洒落ています。

最近は高齢馬の重賞制覇にそう驚かなくなったものの、それでも満8歳の夏でのGIII勝利はただただ立派でした。ちょっとクビの高い走法で詰めの甘さを感じられたこともありましたが、齢重ねて、見事に跳ね返しました。ダンスアジョイ、これからも松永調教師、角田騎手と共に頑張って欲しいものです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

余談。まったくもって個人的に振り返ると、ダンスアジョイは「マルブツシルヴァー&イントゥザグルーヴ&ダンスアジョイ」の組み合わせで決着した2007年2月24日の千里山特別において、1点で3連複を取らせてもらったことを今でも思い出します(^_^.)。何にも考えずに応援したい馬と人を組み合わせたら当たったという幸運でした。まま、2年以上前の古い馬券の記憶を覚えているということは、それだけ、近来に当たった記憶が無いということの証左でもあります(大笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »