« 第23回セントウルS(GII)の勝ち馬。 | トップページ | 第27回ローズS(GII)の勝ち馬。 »

2009年9月24日 (木)

第63回セントライト記念(JpnII)の勝ち馬。

ナカヤマフェスタ 牡 鹿毛 2006.4.5生 むかわ・新井牧場生産 馬主・和泉信子氏 美浦・二ノ宮敬宇厩舎

ナカヤマフェスタ(2006.4.5)の4代血統表
ステイゴールド[A]
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
ディクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサッシュ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサッシュ 1966
ディアウィンク
鹿毛 1998.5.27
仔受胎時活性値:1.75
タイトスポット[B]
鹿毛 1987.2.24
種付け時活性値:0.50
His Majesty
鹿毛 1968.4.15
Ribot 1952.2.27
Flower Bowl 1952
Premium Win
鹿毛 1981.4.26
Lyphard 1969.5.10
Classic Perfection 1972.4.22
セイレイ
鹿毛 1991.4.14
仔受胎時活性値:1.50
デインヒル[A]
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:1.00
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
センスオブリズム
鹿毛 1984.4.17
仔受胎時活性値:1.50
Cure the Blues[A]
鹿毛 1978.4.27
種付け時活性値:1.25
Sensibility
鹿毛 1971
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×5、Northern Dancer5×5×5、His Majesty5×3(母方)>

ナカヤマフェスタ(2006.4.5)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Cure the Blues
(セイレイ)
5.75 Theatricalと同牝系
(No.3-H)
3番仔
(3連産目)
第63回セントライト記念(JpnII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 17 ナカヤマフェスタ 牡3 56 蛯名正義 2:12.0    35.0 452
[-6]
二ノ宮敬宇 2
2 11 セイクリッドバレー 牡3 56 松岡正海 2:12.1 1/2 35.0 470
[+2]
高橋裕 4
3 14 フォゲッタブル 牡3 56 吉田隼人 2:12.1 クビ 34.9 482
[-4]
池江泰郎 7
4 12 アドマイヤメジャー 牡3 56 安藤勝己 2:12.2 クビ 34.8 444
[0]
友道康夫 1
5 3 ヒカルマイステージ 牡3 56 横山典弘 2:12.5 1 3/4 36.3 496
[-6]
勢司和浩 3
第63回セントライト記念(JpnII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.3-11.5-11.9-12.7-12.5-11.9-11.5-11.8-11.7-12.0-12.2
上り 4F 47.7-3F 35.9

メンバー中唯一のJRA重賞勝ち馬の実力、そしてクラシックで掲示板に載った底力をまざまざと見せ付けました、日本ダービー(JpnI)4着馬ナカヤマフェスタ。道中は馬群外側8番手辺りを進み、3コーナーから4コーナーにかけて押しながら前との差を詰めて、直線。内から伸びて来たセイクリッドバレー(2006.4.29)、外から鋭脚を見せたエアグルーヴ(1993.4.6)の息子フォゲッタブル(2006.4.3)の追撃もなんのその、最後にはキレイに2分の1馬身差を付けての快勝でした。

では、以下にナカヤマフェスタのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Sensibility 1971 愛仏1勝
|ツリーオブノレッジ 1977.3.2 愛1勝
||Theatrical 1982.3.13 愛米英独10勝 米GI6勝ほか米GII1勝
||North of Eden 1983.6.11 愛0勝
|||パラダイスクリーク 1989.2.4 米日14勝 米GI4勝ほか米GII4勝米GIII1勝
|||Wild Event 1993.2.1 米10勝 GI1勝ほかGII2勝GIII3勝
|||Paradise River 1994.4.19 米0勝
||||デビッドジュニア 2002.4.18 英UAE米7勝 英GI2勝UAEGI1勝ほか英GIII1勝
|||Forbidden Apple 1995.5.31 米8勝 GI1勝ほかGII3勝
||タイキブリザード 1991.3.12 日米6勝 安田記念(GI)ほかGII2勝
|Lake Champlain 1983.3.18 愛米6勝 愛1000ギニー(GI)2着
||Saranac Lake 1999.5.4 愛米4勝 デビュータントS(愛GIII)
|センスオブリズム 1984.4.17 愛0勝
||セイレイ 1991.4.14 中央3勝
|||ディアウィンク 1998.5.27 中央1勝
||||ナカヤマフェスタ 2006.4.5 (本馬) セントライト記念(JpnII) 東京スポーツ杯2歳S(JpnIII)
|Beyond the Lake 1986.4.21 愛米仏9勝 ロイヤルホイップS(愛GIII)ほか米GII3着1回

4代母までさかのぼると、サスガに活躍馬が見えます。中でもTheatrical、タイキブリザード、パラダイスクリークの3頭。Theatricalは名牝ヒシアマゾン(1991.3.26)の父として名高く、Theatricalの半弟タイキブリザードはそのクビの低い走法が忘れ難く、パラダイスクリークは1994年のジャパンカップ(GI)におけるマーベラスクラウン(1990.3.19)との壮絶な叩き合いが印象に残っています。

春は体調が今ひとつの感もあったナカヤマフェスタ。中山の重賞を制して挑む次の舞台は淀の坂越え3000mでしょう。母父がRibot系ということだけで「怖いなぁ」と思うのはあながち間違いでもないはず。皐月賞(JpnI)やダービーで先着を許した馬たちに対してのリベンジが果たせるか否か。本番を楽しみに待ちましょう。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

おまけ。「ダービー4着馬!!」と繰り返し叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

|

« 第23回セントウルS(GII)の勝ち馬。 | トップページ | 第27回ローズS(GII)の勝ち馬。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/46288143

この記事へのトラックバック一覧です: 第63回セントライト記念(JpnII)の勝ち馬。:

« 第23回セントウルS(GII)の勝ち馬。 | トップページ | 第27回ローズS(GII)の勝ち馬。 »