« 第45回新潟記念(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第44回札幌2歳S(JpnIII)の勝ち馬。 »

2009年9月11日 (金)

第4回キーンランドC(GIII)の勝ち馬。

ビービーガルダン 牡 青鹿毛 2004.3.10生 平取・坂東牧場生産 馬主・坂東牧場 栗東・領家政蔵厩舎

ビービーガルダン(2004.3.10)の4代血統表
チーフベアハート[A]
栗毛 1993.2.1
種付け時活性値:0.50
Chief's Crown
鹿毛 1982.4.7
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Six Crowns
栗毛 1976.4.21
Secretariat 1970.3.30
Chris Evert 1971.2.14
Amelia Bearhart
栗毛 1983.5.17
Bold Hour
黒鹿毛 1964
Bold Ruler 1954.4.6
Seven Thirty 1958.5.14
Myrtlewood Lass
鹿毛 1972.3.7
Ribot 1952.2.27
Gold Digger 1962.5.28
オールザチャット
鹿毛 1994.10.20
仔受胎時活性値:0.125
Westminster[A]
青毛 1984.11.11
種付け時活性値:0.25
Grosvenor
鹿毛 1979.9.22
Sir Tristram 1971.2.28
My Tricia 1974.10.9
Apple Blossom
青毛 1976
Bismark 1967
Mary Poppins 1963
Rory's Helen
鹿毛 1987.9.19
仔受胎時活性値:1.50
Rory's Jester[A]
栗毛 1982.11.17
種付け時活性値:1.00
Crown Jester 1978.10.18
Rory's Rocket 1973.4.27
Helen's Love
芦毛 1978.8.29
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Karayar[D]
芦毛 1968
種付け時活性値:0.375
Helen of Troy
芦毛 1967
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Bold Ruler5×4(父方)>

ビービーガルダン(2004.3.10)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Rory's Jester
(Rory's Helen)
4.125 or 2.125 母が豪GIIIの勝ち馬
(No.1-N)
4番仔
(2年連続不受胎後)
第4回キーンランドC(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 11 ビービーガルダン 牡5 56 安藤勝己 1:08.4    34.2 502
[+2]
領家政蔵 2
2 12 (外)ドラゴンウェルズ 牡6 56 武幸四郎 1:08.8 1 3/4
+1/2
33.9 480
[+4]
藤原英昭 13
3 4 グランプリエンゼル 牝3 51 熊沢重文 1:08.9 1/2 34.5 436
[+4]
矢作芳人 1
4 14 プレミアムボックス 牡6 56 鮫島良太 1:08.9 ハナ 33.7 534
[0]
上原博之 10
5 1 トレノジュビリー 牡6 56 岩田康誠 1:08.9 ハナ 34.5 464
[+8]
藤原英昭 3
第4回キーンランドC(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.1-10.5-11.2-11.6-11.4-11.6
上り 4F 45.8-3F 34.6

やはり、敬愛する競馬者であるblandfordさんがおっしゃるところの

馬は自分の好きなコースに戻ると喜んで走る

ということなのでしょうか。それを裏付けるかのように、デイリースポーツOnlineの記事でも鞍上を務められた安藤勝己騎手が、

馬も喜んで走っていたよね

とコメントを寄せられていました。元コースレコードホルダーでもあるビービーガルダン。4ヶ月ぶりの出走もなんのその、これで札幌芝1200mでは4戦3勝、2着1回の成績となりました。

では、以下にビービーガルダンのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Helen's Love 1978.8.29 豪0勝
|Rory's Helen 1987.9.19 新1勝
||オールザチャット 1994.10.20 豪新2勝 スイートエンブレスS(豪GIII)ほか新GIII2着1回
|||ビービーガルダン 2004.3.10 (本馬) 阪急杯(GIII) キーンランドC(GIII)
||Wahid 2002.11.7 新10勝 新ダービー(GI) レビンクラシック(GI)ほかGII2勝GIII1勝

母がGIII勝ち馬で叔父が新ダービーの勝ち馬ということでカッチリした良血です。母オールザチャットが輸入されたのは1998年ということで、当然Wahidが活躍する以前のことです。この血統をオセアニアから導入された方の慧眼を思います。

#今春の阪急杯を勝利した折の牝系図は甘い内容でした。あいすみません。

春の高松宮記念(GI)では初めての左回りに戸惑ったのか大敗を喫してしまいました。けれど、秋のスプリンターズS(GI)は昨年3着の好成績がある舞台です。果たして、父チーフベアハートに「天皇賞・春の勝ち馬も出せば、スプリンターズSの勝ち馬も出せる」という、さらなる金看板をプレゼントすることができるでしょうか。ビービーガルダン、10月4日に行われる大一番の走りに期待します。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第45回新潟記念(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第44回札幌2歳S(JpnIII)の勝ち馬。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/46168241

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回キーンランドC(GIII)の勝ち馬。:

« 第45回新潟記念(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第44回札幌2歳S(JpnIII)の勝ち馬。 »