« 第4回キーンランドC(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第29回新潟2歳S(JpnIII)の勝ち馬。 »

2009年9月11日 (金)

第44回札幌2歳S(JpnIII)の勝ち馬。

サンディエゴシチー 牡 黒鹿毛 2007.4.28生 浦河・アイオイファーム生産 馬主・(株)友駿ホースクラブ 栗東・作田誠二厩舎

サンディエゴシチー(2007.4.28)の4代血統表

マンハッタンカフェ[A]
青鹿毛 1998.3.5
種付け時活性値:0.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
Law Society
黒鹿毛 1982.2.16
Alleged 1974.5.4
Bold Bikini 1969.4.11
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
★Luciano 1964
Suleika 1954
ジェニーソング
栗毛 2001.2.16
仔受胎時活性値:1.25
Rahy[A●]
栗毛 1985.2.18
種付け時活性値:1.75
Blushing Groom
栗毛 1974
Red God 1954.2.15
Runaway Bride 1962
Glorious Song
鹿毛 1976.4.22
Halo 1969.2.7
Ballade 1972.3.10
ビューティフルジェム
鹿毛 1991.2.28
仔受胎時活性値:0.25
Mr. Prospector[x]
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:1.00
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Jeanne Jones
鹿毛 1985.1.24
仔受胎時活性値:1.25
Nijinsky[A]
鹿毛 1967.2.21
種付け時活性値:0.25
Beautiful Glass
鹿毛 1979.3.6
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Halo3×4>

サンディエゴシチー(2007.4.28)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Rahy
(Vanille)
4.00 曾祖母が米GI勝ち馬
(No.1-C)
2番仔
(2連産目)
第44回札幌2歳S(JpnIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3 サンディエゴシチー 牡2 54 藤岡佑介 1:49.7    35.1 488
[-6]
作田誠二 3
2 11 モズ 牡2 54 吉田稔 1:49.9 1 1/2 35.6 466
[-4]
矢作芳人 4
3 9 アーバンウィナー 牡2 54 田中勝春 1:49.9 クビ 34.7 460
[+2]
宗像義忠 6
4 13 ダノンパッション 牡2 54 武豊 1:50.0 クビ 35.2 468
[+8]
池江泰郎 1
5 14 [地]ポップコーン 牡2 54 五十嵐冬樹 1:50.4 2 1/2 35.8 434
[0]
成田春男 11
第44回札幌2歳S(JpnIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4-11.6-12.2-12.6-12.9-12.6-12.1-11.7-11.6
上り 4F 48.0-3F 35.4

新馬、クローバー賞(OP)、そして札幌2歳Sとデビュー3連勝を決めました、サンディエゴシチー。いかに経済コースを通ったとはいえ、この勝ち時計は立派ですし、ゴール後も余裕を感じました。……しかし、友駿ホースクラブの持ち馬で、その父マンハッタンカフェの0交配馬ですか(^_^;)

では、以下にサンディエゴシチーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Jeanne Jones 1985.1.24 米5勝 ファンタジーS(GI) ケンタッキーオークス(GI)2着含むGI2着3回ほかGI3着1回GIII3着1回
|ビューティフルジェム 1991.2.28 米4勝
||ジェニーソング 2001.2.16 地方0勝
|||サンディエゴシチー 2007.4.28 (本馬) 札幌2歳S(JpnIII) クローバー賞(OP)
|Hot Match 1993.2.16 不出走
||Belle of Perintown 2000.1.10 米3勝 シルヴァーブリットデイS(GII)ほかGII3着1回
|マイネルエーテル 1994.2.16 中央1勝 (ラフィアンの1億円募集馬)

曾祖母Jeanne Jonesは米5勝でファンタジーSを勝ち、ケンタッキーオークスとBCジュベナイルフィリーズ(GI)とサンタアニタオークス(GI)で2着、ハリウッドスターレットS(GI)3着、ハニムーンH(GIII)3着という活躍馬です。また、4代母Beautiful Glassは米6勝でエルエンシノS(GIII)の勝ち馬です。血統の筋は通っています。

あと、チラッとマイネルエーテルを近親牝系図に示しているのは、ご愛敬ということで。Seattle Slew(1974.2.15)の仔、デビュー前には騒がれました。

札幌2歳Sは芝1800mとなってからは「名馬の登竜門」という感もあります。サンディエゴシチー、そこを無敗で通過したからには、いやがおうにも期待が高まります。ええ、作田誠二調教師と藤岡佑介騎手という師弟コンビにとっても、「ジーワン初勝利を」という意識もあるでしょう。サンディエゴシチーという若駒を中心として、馬人共に躍進を期待します。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第4回キーンランドC(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第29回新潟2歳S(JpnIII)の勝ち馬。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/46176326

この記事へのトラックバック一覧です: 第44回札幌2歳S(JpnIII)の勝ち馬。:

« 第4回キーンランドC(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第29回新潟2歳S(JpnIII)の勝ち馬。 »