« 第44回札幌2歳S(JpnIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第29回小倉2歳S(JpnIII)の勝ち馬。 »

2009年9月14日 (月)

第29回新潟2歳S(JpnIII)の勝ち馬。

シンメイフジ 牝 鹿毛 2007.2.12生 新ひだか・ケイアイファーム生産 馬主・織田芳一氏 栗東・安田隆行厩舎

シンメイフジ(2007.2.12)の4代血統表
フジキセキ[A]
青鹿毛 1992.4.15
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ミルレーサー
鹿毛 1983.5.20
Le Fabuleux
鹿毛 1961
Wild Risk 1940
Anguar 1950
Marston's Mill
黒鹿毛 1975.5.31
In Reality 1964.3.1
Millicent 1969
レディミューズ
栗毛 1997.4.24
仔受胎時活性値:0.25
ティンバーカントリー[x]
栗毛 1992.4.14
種付け時活性値:1.00
★Woodman
栗毛 1983.2.17
Mr. Prospector 1970.1.28
プレイメイト 1975.4.12
Fall Aspen
栗毛 1976.3.9
Pretense 1963.4.19
Change Water 1969.4.7
シンコウラブリイ
鹿毛 1989.2.2
仔受胎時活性値:1.75
★Caerleon[A]
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:0.00
Nijinsky 1967.2.21
Foreseer 1969.4.12
ハッピートレイルズ
鹿毛 1984.5.29
仔受胎時活性値:1.00
ポツセ[C]
栗毛 1977.5.15
種付け時活性値:1.50
ロイコン
鹿毛 1975.3.4
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:なし>

シンメイフジ(2007.2.12)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
フジキセキ 5.00 祖母が最優秀古馬牝馬
(No.4-D)
4番仔
(4連産目)
第29回新潟2歳S(JpnIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 6 シンメイフジ 牝2 54 岩田康誠 1:34.4    32.9 452
[0]
安田隆行 1
2 15 フローライゼ 牡2 54 後藤浩輝 1:34.5 3/4 33.5 478
[+4]
岩戸孝樹 15
3 8 クロフォード 牝2 54 内田博幸 1:34.9 2 1/2 33.9 446
[-6]
二ノ宮敬宇 2
4 16 ギュンター 牡2 54 丹内祐次 1:34.9 ハナ 33.8 454
[+6]
畠山重則 6
5 17 スプリングサンダー 牝2 54 上村洋行 1:34.9 クビ 33.9 434
[0]
昆貢 12
第29回新潟2歳S(JpnIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.6-10.5-12.0-12.7-12.8-11.6-10.4-11.8
上り 4F 46.6-3F 33.8

道中は終始最後方。直線も大外ブン回しという豪快なレースを見せたのは1番人気に推されたシンメイフジ。出走馬中唯1頭となる上がり3ハロン32台、32秒9の豪脚を以てして、先に抜け出したフローライゼ(2007.2.1)を4分の3馬身交わして勝利を収めました。

では、以下にシンメイフジのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ハッピートレイルズ 1984.5.29 愛0勝
|シンコウラブリイ 1989.2.2 中央10勝 マイルCS(GI) 毎日王冠(GII)含む重賞6勝 最優秀古馬牝馬
||ロードクロノス 1995.3.27 中央8勝 中京記念(GIII) 七夕賞(GIII)2着
||レディミューズ 1997.4.24 中央3勝 チューリップ賞(現JpnIII)2着
|||シンメイフジ 2007.2.12 (本馬) 新潟2歳S(JpnIII)
||トレジャー 1998.4.28 中央4勝 都大路S(OP) 目黒記念(GII)2着 セントライト記念(現JpnII)2着ほか
|タイキマーシャル 1992.3.21 中央8勝 エプソムC(GIII) 京成杯AH(GIII)2着ほか
|シンコウビューティ 1993.3.31 不出走
||ハッピールック 1998.3.22 中央5勝 札幌日経OP(OP) アルゼンチン共和国杯(GII)2着ほか
|サンタフェトレイル 1994.6.16 中央5勝
||キングストレイル 2002.2.17 現役 セントライト記念(現JpnII) 京成杯AH オールカマー(GII)2着ほか
||サンタフェソレイユ 2004.2.18 中央1勝 フェアリーS(現JpnIII)2着
|ハッピーパス 1998.6.3 中央5勝 京都牝馬S(GIII) 阪神牝馬S(GII)2着ほか

なじみの深い馬たちが立ち並びます。見れば、↑図に現れる日本で走ったシンメイフジの近親は、すべて藤沢和雄厩舎の所属馬ですね(^_^;)

祖母シンコウラブリイは思い出深い牝馬です。オールドファンにとっての目千両はタマミ(1967.5.8)でしょうけれど、私にとっての目千両はシンコウラブリイでした。その鹿毛の立ち居振る舞い、ピンと立った耳、顔に薄く伸びた流星。ホントに可愛い牝馬でしたねぇ。そしてまた、走っている姿は、名牝そのもの。現年齢表記4歳秋、不良馬場となった引退レースのマイルCSも見事でしたし、1分45秒5のレコードを叩き出した毎日王冠も見事でした。通算15戦10勝、2着2回、3着2回、着外1回。当代の名伯楽・藤沢和雄調教師に初の重賞制覇と初のGI制覇をプレゼントした馬、シンコウラブリイ。私にとっても忘れがたい馬です。

おばあちゃんの話ばかりでは、お母さんに怒られますか。母レディミューズ。実はオークス3勝騎手の岡部幸雄騎手に操られて、スローペースに落として逃げた2000年のオークス(現JpnI)4着は印象に残るレースでした。とても良い感じで逃げていたのですが、最後の最後でシルクプリマドンナ(1997.4.22)とチアズグレイス(1997.3.30)の山内研二厩舎丼にやられてしまいました。そのオークスの勝ち時計は2分30秒2でしたが、私の競馬者としてのキャリアの中で、府中芝2400mのジーワンにおける初めての2分30秒台の決着となったレースでした。

ある意味若駒らしい、荒削りなレースぶりで重賞制覇を遂げたシンメイフジ。それだけにこれからの「伸び代」を思うところ。シンコウラブリイの孫のさらなる活躍を見守り続けたいものです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第44回札幌2歳S(JpnIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第29回小倉2歳S(JpnIII)の勝ち馬。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/46190920

この記事へのトラックバック一覧です: 第29回新潟2歳S(JpnIII)の勝ち馬。:

« 第44回札幌2歳S(JpnIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第29回小倉2歳S(JpnIII)の勝ち馬。 »