« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

第76回日本ダービー(JpnI)の出走予定馬について。

第76回日本ダービー(JpnI)の出走予定馬について

馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1 ロジユニヴァース
(2006.3.11)
[B3]
2番仔
(2連産目)
ネオユニヴァース Cape Cross ★Machiavellian Nureyev
2 アプレザンレーヴ
(2006.3.13)
[1-P]
4番仔
(2連産目)
シンボリクリスエス Highest Honor バイアモン ★Green Dancer
3 フィフスペトル
(2006.5.22)
[19-B]
4番仔+
(不受胎後)
キングカメハメハ Bahri ★Roberto Nijinsky
4 トップカミング
(2006.4.10)
[1-N]
初仔 ゴールドアリュール ★サクラバクシンオー マルゼンスキー ヴェンチア
5 マッハヴェロシティ
(2006.4.22)
[10]
2番仔
(2連産目)
マンハッタンカフェ タイキシャトル Storm Cat Search Tradition
6 ケイアイライジン
(2006.4.20)
[1-N]
6番仔?
(6連産目?)
Came Home A.P. Indy Roberto Nijinsky
7 ナカヤマフェスタ
(2006.4.5)
[3-H]
3番仔
(3連産目)
ステイゴールド タイトスポット デインヒル Cure the Blues
8 ブレイクランアウト
(2006.4.27)
[1-T]
2番仔
(不受胎後)
Smart Strike フレンチデピュティ Baldski What a Pleasure
9 ジョーカプチーノ
(2006.4.11)
[2-F スピンドル系]
初仔 マンハッタンカフェ フサイチコンコルド トウショウボーイ フォルティノ
10 アントニオバローズ
(2006.4.24)
[2-D]
2番仔
(2連産目)
マンハッタンカフェ Kingmambo Tentam Native Dancer
11 セイウンワンダー
(2006.4.30)
[3-L フロリースカップ系]
4番仔
(4連産目)
グラスワンダー サンデーサイレンス ★リアルシャダイ テスコボーイ
12 リーチザクラウン
(2006.2.5)
[23-B]
4番仔
(3連産目)
スペシャルウィーク Seattle Slew Mr. Prospector Secretariat
13 シェーンヴァルト
(2006.3.9)
[4-N]
2番仔
(2連産目)
ジャングルポケット エリシオ Caro More So
14 ゴールデンチケット
(2006.3.2)
[3-L]
5番仔
(3連産目)
キングカメハメハ サンデーサイレンス Lyphard ロイヤルスキー
15 アーリーロブスト
(2006.4.27)
[3-F]
初仔 バブルガムフェロー Mazel Trick ディアブロ Affirmed
15 トライアンフマーチ
(2006.4.11)
[7-D シュリリー系]
3番仔
(2年連続
不受胎後)
スペシャルウィーク ダンシングブレーヴ ブレイヴェストローマン スティンティノ
17 アイアンルック
(2006.2.7)
[19-B]
6番仔
(6連産目)
アドマイヤボス ヘクタープロテクター ナイスダンサー ★Stop the Music
18 アンライバルド
(2006.4.13)
[1-L]
13番仔
(5連産目)
ネオユニヴァース Sadler's Wells ★イングリッシュプリンス Val de Loir

親子制覇と兄弟制覇。皐月賞(JpnI)の1着、2着馬には共にその記録の達成に期待がかかりますね。アンライバルドは父ネオユニヴァース(2000.5.21)、半兄フサイチコンコルド(1993.2.11)。トライアンフマーチは父スペシャルウィーク(1995.5.2)で、鞍上の武幸四郎騎手が父武邦彦、兄武豊ですからね。

フサイチコンコルドの名前が出ましたが、そのフサイチコンコルドを母父に持つのがジョーカプチーノ。メンバー中3頭しかいないジーワン勝ち馬、侮りがたし。

ここ2年のダービーは母父サンデーサイレンス(1986.3.25)の馬が2着に入っています。今回の出走メンバーのうち、母父に同馬を持つのはセイウンワンダーとゴールデンチケットの2頭。ならば、皐月賞3着のセイウンワンダー。さらに絞れた2歳王者、不良馬場だった新潟2歳S(JpnI)の大外一気の追い込みを思い出します。

青葉賞(JpnII)勝ち馬アプレザンレーヴ。Kris S.(1977.4.25)の血は秋冬に真価を発揮する感じですけれど、父を超えるべく、大一番に挑みます。

あとは、角田晃一騎手のアントニオバローズ。文テキ一門、徒弟制度の名残が勝利という形で21世紀になされるのも、また良し。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

過去10年の日本ダービー(JpnI)連対馬の4代血統構成について。

表題の件について簡単に確認してみます。

過去10年の日本ダービー(JpnI)連対馬の4代血統構成について


馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1
9
9
9
1 アドマイヤベガ
(1996.3.12)
[9-F]
初仔 サンデーサイレンス トニービン Northern Dancer Tom Fool
2 ナリタトップロード
(1996.4.4)
[18]
6番仔
(6連産目)
サッカーボーイ Affirmed Never Bend Double Jay
2
0
0
0
1 アグネスフライト
(1997.3.2)
[1-L ヘザーランズ系]
4番仔
(3連産目)
サンデーサイレンス ロイヤルスキー リマンド Sallymount
2 エアシャカール
(1997.2.26)
[4-R]
3番仔
(不受胎後)
サンデーサイレンス ★Well Decorated Gleaming Ribot
2
0
0
1
1 ジャングルポケット
(1998.5.7)
[11-G]
4番仔
(4連産目)
トニービン Nureyev Nodouble Daryl's Joy
2 ダンツフレーム
(1998.4.19)
[21-A マリアドロ系]
3番仔
(3連産目)
ブライアンズタイム サンキリコ ネヴァービート ロムルス
2
0
0
2
1 タニノギムレット
(1999.5.4)
[9-C]
4番仔
(4連産目)
ブライアンズタイム クリスタルパレス Sea-Bird Graustark
2 シンボリクリスエス
(1999.1.21)
[8-H]
2番仔
(不受胎後)
Kris S. ★Gold Meridian Tri Jet Francis S.
2
0
0
3
1 ネオユニヴァース
(2000.5.21)
[1-L]
10番仔
(3連産目)
サンデーサイレンス Kris Shantung Pall Mall
2 ゼンノロブロイ
(2000.3.27)
[2-B]
5番仔
(5連産目)
サンデーサイレンス マイニング Clever Trick Pia Star
2
0
0
4
1 キングカメハメハ
(2001.3.20)
[22-D]
4番仔
(3連産目)
Kingmambo ラストタイクーン Blakeney Green Dancer
2 ハーツクライ
(2001.4.15)
[6-A]
5番仔
(5連産目)
サンデーサイレンス トニービン Lyphard Bupers
2
0
0
5
1 ディープインパクト
(2002.3.25)
[2-F]
7番仔
(7連産目)
サンデーサイレンス Alzao Busted Queen's Hussar
2 インティライミ
(2002.4.6)
[19]
10番仔
(4連産目)
スペシャルウィーク ノーザンテースト ガーサント Red God
2
0
0
6
1 メイショウサムソン
(2003.3.7)
[3-L フロリースカップ系]
初仔
(流産後)
オペラハウス ダンシングブレーヴ サンプリンス フォルティノ
2 アドマイヤメイン
(2003.3.13)
[13-A]
3番仔
(3連産目)
サンデーサイレンス ヘクタープロテクター Assert Mount Hagen
2
0
0
7
1 ウオッカ
(2004.4.4)
[3-L フロリースカップ系]
4番仔
(2連産目)
タニノギムレット ルション トウショウボーイ ダンディルート
2 アサクサキングス
(2004.3.23)
[4-G]
2番仔
(2連産目)
ホワイトマズル サンデーサイレンス What Luck Tentam
2
0
0
8
1 ディープスカイ
(2005.4.24)
[23-B]
4番仔
(不受胎後)
アグネスタキオン Chief's Crown Key to the Mint Cornish Prince
2 スマイルジャック
(2005.3.8)
[15-A]
2番仔
(2連産目)
タニノギムレット サンデーサイレンス マルゼンスキー セントクレスピン

府中芝2400mは、なんだ言いながら、底力を要求されるコース。同系統を4回重ねるという一本調子の配合ではなかなかに難しいことが見て取れます。

という訳で、上表を踏まえて、次のエントリでは今年の出走予定馬18頭を改めて見てみます。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

第26回東海S(GII)の勝ち馬。

ワンダースピード 牡 黒鹿毛 2002.3.15生 三石・フクダファーム生産 馬主・山本信行氏 栗東・羽月友彦厩舎

ワンダースピード(2002.3.15)の4代血統表
キンググローリアス[x]
黒鹿毛 1986.2.6
種付け時活性値:1.75
Naevus
栗毛 1980.1.29
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.18
Mudville
鹿毛 1968.2.12
ボールドラツドUSA 1962.4.23
Batter Up 1959.4.13
Glorious Natalie
黒鹿毛 1980.1.10
Reflected Glory
黒鹿毛 1964.4.8
★Jester 1955.4.1
Lysistrata 1954.5.12
Blue Eyed Blonde
栗毛 1964.4.23
The Pie King 1951
Blue-Eyed Barbie 1959.6.14
ワンダーヘリテージ
黒鹿毛 1995.1.29
仔受胎時活性値:1.50
Pleasant Tap[B]
鹿毛 1987.5.8
種付け時活性値:1.75
★Pleasant Colony
黒鹿毛 1978.5.4
His Majesty 1968.4.15
Sun Colony 1968.2.25
Never Knock
黒鹿毛 1979.5.10
Stage Door Johnny 1965
Never Hula 1969.4.21
Casa Petrone
鹿毛 1984.2.8
仔受胎時活性値:0.50
Petrone[B]
鹿毛 1964
種付け時活性値:0.75
Prince Taj 1954
Wild Miss 1952
Grand Tania
鹿毛 1978.4.1
仔受胎時活性値:1.25
★Grand Central[G]
鹿毛 1961.3.12
種付け時活性値:0.00
Good Hart
黒鹿毛 1974
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Tom Fool5×5(父方)>

ワンダースピード(2002.3.15)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
キンググローリアス 4.00
(No.1-A)
3番仔
(3連産目)
第26回東海S(GII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14 ワンダースピード 牡7 58 小牧太 2:23.7    36.8 480
[-4]
羽月友彦 2
2 16 アロンダイト 牡6 58 和田竜二 2:23.9 1 1/4 37.2 564
[0]
石坂正 3
3 4 ボランタス 牡5 57 池添謙一 2:24.0 クビ 36.7 530
[+2]
角居勝彦 4
4 15 マコトスパルビエロ 牡5 57 安部幸夫 2:24.2 1 1/2 37.5 514
[-4]
鮫島一歩 8
5 8 エスケーカントリー 牡5 57 秋山真一郎 2:24.5 2 36.9 512
[-4]
武市康男 7
第26回東海S(GII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
7.1-10.8-12.3-13.4-12.8-12.0-13.7-12.3-12.3-12.4-12.1-12.5
上り 4F 49.3-3F 37.0

一昨年は11番人気2着、昨年は1番人気4着と惜しいところで勝利を逃していたワンダースピード。今年2009年、2番人気で挑んだレースで「三度目の正直」を果たしました。

では、以下にワンダースピードのごくごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Grand Tania 1978.4.1 北米0勝
|Casa Petrone 1984.2.8 北米14勝
||ワンダーヘリテージ 1995.1.29 中央0勝
|||ワンダースピード 2002.3.15 (本馬) 東海S(GII) 名古屋GP(JpnII) 平安S(GIII) アンタレスS(GIII)

齢重ねて衰えるどころか「老いてますますさかん」というところを見せ付け続ける古豪ワンダースピード。今の彼ならば、遠出をしても、強い相手でも、そうそう引けを取ることは無いでしょう。黒鹿毛の馬体よろしく、若々しい末脚。これからも強いワンダースピードでいて欲しいものですね。

ではでは、今回はこのへんで♪

おまけ。「偉いな、古豪」と呟くオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

ようやくPed Net復活。

Ped Netさんが復活したというご報告を、ブログ閲覧者の三年寝太郎様から頂きました。ありがとうございました。

http://pednet.k-ba.com/ped/index.html

存分にご確認ください、血統ファンの皆様。

 

fellowsのページは……、あ、そのままですね(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

第70回オークス(JpnI)の勝ち馬。

どうも。今日5月26日で0交配の年回りを迎えたオオハシでございます(笑)

ブエナビスタ 牝 鹿毛 2006.3.14生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・松田博資厩舎

ブエナビスタ(2006.3.14)の4代血統表
スペシャルウィーク[A]
黒鹿毛 1995.5.2
種付け時活性値:0.50

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
Nijinsky 1967.2.21
シル 1970.4.22
レディーシラオキ
鹿毛 1978.4.3
セントクレスピン 1956
ミスアシヤガワ 1964.5.24
ビワハイジ
青鹿毛 1993.3.7
仔受胎時活性値:1.00
Caerleon[A]
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:1.00
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Foreseer
黒鹿毛 1969.4.12
Round Table 1954.4.6
Regal Gleam 1964.3.17
アグサン
青毛 1985.3.23
仔受胎時活性値:1.75
Lord Gayle[A]
黒鹿毛 1965
種付け時活性値:0.75
Sir Gaylord 1959.2.12
Sticky Case 1958
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
仔受胎時活性値:0.75
★Luciano[C]
黒鹿毛 1964
種付け時活性値:0.00
Suleika
黒鹿毛 1954
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Nijinsky4×3、Hail to Reason4×5、Turn-to5×5>

ブエナビスタ(2006.3.14)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Caerleon 4.00 母仔2代の2歳牝馬王者
(No.16-C)
6番仔
(3連産目)
第70回オークス(JpnI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 7 ブエナビスタ 牝3 55 安藤勝己 2:26.1    33.6 446
[-8]
松田博資 1
2 3 レッドディザイア 牝3 55 四位洋文 2:26.1 ハナ 34.2 484
[+6]
松永幹夫 2
3 14 ジェルミナル 牝3 55 福永祐一 2:26.6 3 34.4 462
[+6]
藤原英昭 4
4 13 ブロードストリート 牝3 55 藤田伸二 2:26.9 1 3/4 34.7 446
[0]
藤原英昭 6
5 8 ディアジーナ 牝3 55 内田博幸 2:27.1 1 1/2 35.5 486
[+2]
田村康仁 3
第70回オークス(JpnI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4-11.3-12.3-12.5-12.5-12.5-12.6-12.6-12.6-11.7-11.1-12.0
上り 4F 47.4-3F 34.8

では、以下にブエナビスタのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Santa Luciana 1973 独1勝
|アグサン 1985.3.23 英0勝
||ジョーンズギフト 1990.2.1 英0勝
|||Tomori 1999.1.9 独伊1勝 独1000ギニー(GII)2着 独ダービー(GI)3着ほか伊GII3着1回独GIII3着1回
||ビワハイジ 1993.3.7 中央4勝 阪神3歳牝馬S(現阪神JF、JpnI)含む重賞3勝
|||アドマイヤジャパン 2002.4.16 中央2勝 京成杯(GIII) 菊花賞(現JpnI)2着
|||アドマイヤオーラ 2004.2.19 現役 京都記念(GII)含む重賞3勝
|||ブエナビスタ 2006.3.14 (本馬) オークス(JpnI) 桜花賞(JpnI) 阪神JF チューリップ賞(JpnIII)
|サトルチェンジ 1988.4.2 英愛4勝
||エアスマップ 1995.4.4 中央7勝 オールカマー(GII)ほかGIII2着2回
||マンハッタンカフェ 1998.3.5 中央6勝 天皇賞・春(GI) 有馬記念(GI) 菊花賞(現JpnI)

府中芝2400mにはなかなか縁が向かなかった母、兄たちの無念を晴らす結果にもなりました。そこはやはり父が府中のスペシャリストだけに、ね。

ついで、意識的にマンハッタンカフェを明示する為に、ちょこっとだけ追加しました。ええ、レッドディザイア(2006.4.19)の父がマンハッタンカフェですね(^_^.) 

第70回オークスの結果を受けて、「歴史は繰り返すのか」と思ってしまいました。16年前、1993年に松田博資厩舎の先輩牝馬ベガ(1990.3.8)が2冠を達成した際と同じく、桜花賞1~3着馬が、そのままオークスでも1~3着を占め、そして4着にスイートピーS(OP)の勝ち馬が入るという結末。ベガ、ユキノビジン(1990.3.10)、マックスジョリー(1990.4.26)、デンコウセッカ(1990.6.16)……。おお、我が青春。ブエナビスタ、レッドディザイア、ジェルミナル(2006.3.10)、ブロードストリート(2006.3.28)という新しい駿馬たちが、懐かしくなった馬たちを思い起こさせてくれました。

しかし、それにしても、ブエナビスタが記録した上がり3ハロン33秒6という末脚の強烈さ。「外は伸びない」と一様に言われている現在の東京の馬場。4コーナーを回った時、安藤勝己騎手がご自身で回顧されたとおり、「内を突くか外を回るか迷った」故に一瞬進路を失ったよう見えたにも拘らず、最後の最後で交わしてしまった、あの苛烈な追い上げの姿。マイナス8kgの馬体細化は気になったものの、そこはスペシャルウィークの仔。思えば、父が天皇賞・秋(GI)を追い込んで制した時は前走からマイナス16kgで挑んだのでした。ブエナビスタについて言えば、テレビ中継を見ていると、馬場に出て来た時、立ち止まってボロをしていたように思います。自らを追い込むかのように、ギリギリまで絞られた時。その時、見ている側が驚くような強さを見せる父仔なのかも知れません。そして、自分が良しと思わなければ動こうとしない、泰然自若ぶり。あんなに落ち着き払った3歳春の牝馬はそうそういないでしょう。天才少女が産みだした6番目の仔は、とんでもない才媛でした。

その一方で、レッドディザイア。勝ちパターンに持って行ったにも拘らず、惜しくもハナ差及ばず。四位洋文騎手は、ここぞという勝負の時にインベタの競馬を見せて、「普段からそれをしてくれよ」と、我々ファンをやきもきさせられます(笑)。古い話になりますけれど、イシノサンデー(1993.5.29)の皐月賞(現JpnI)の斜行が、その後の彼に影響を与えたのかなと、今でも思ってしまいます。それはさておき、レッドディザイア。「ブエナビスタがいなければ」という「タラレバ」になってしまいますけれど、これはもう相手が悪かったとしか言えません。ただ、彼女も相当に強い。捲土重来は秋に期待しましょう。

果たして、血は呼応するものなのでしょうか。ブエナビスタの直牝系に流れ、そしてレッドディザイアの父マンハッタンカフェの直牝系に流れる、ドイツのシュレンダーハン牧場の16号族C分枝のSライン。そして、共に「SS2世種牡馬×Caerleon牝馬」という組み合わせ。似通った血を持つ馬2頭が、能力の確かさをまざまざと見せ付けた、第70回オークスでした。

更なる高みを目指す才媛が、次に夢見る絶景の舞台は、府中の杜から、遥かフランスのブローニュの森でしょうか。

ブエナビスタの3歳秋、ただただ、楽しみにしたいと思います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

おまけ。「どうよ、どうよ」と繰り返し叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

シスタートウショウ(1988.5.25)。

シスタートウショウ 牝 栗毛 1988.5.25生 静内・トウショウ牧場生産 馬主・トウショウ産業(株) 栗東・鶴留明雄厩舎

シスタートウショウ(1988.5.25)の4代血統表
トウショウボーイ[A●]
鹿毛 1973.4.15
種付け時活性値:1.50
テスコボーイ
黒鹿毛 1963
Princely Gift
鹿毛 1951
Nasrullah 1940.3.2
Blue Gem 1943
Suncourt
黒鹿毛 1952
Hyperion 1930.4.18
Inquisition 1936
ソシアルバターフライ
鹿毛 1957.4.13
Your Host
栗毛 1947
★Alibhai 1938
Boudoir 1938
Wisteria
鹿毛 1948
★Easton 1931
Blue Cyprus 1941
コーニストウショウ
栗毛 1977.6.12
仔受胎時活性値:0.50
ダンディルート[E]
鹿毛 1972.5.10
種付け時活性値:1.00
Luthier
黒鹿毛 1965
Klairon 1952
Flute Enchantee 1950
Dentrelic
栗毛 1965
Prudent 1959
Relict 1958
ローズトウショウ
鹿毛 1965.4.13
仔受胎時活性値:0.75
テューダーペリオッド[C]
栃栗毛 1957
種付け時活性値:1.75
Owen Tudor 1938
Cornice 1944
ワカシラオキ
鹿毛 1960.4.15
仔受胎時活性値:1.00
ソロナウェー[A]
鹿毛 1946
種付け時活性値:1.25
シラオキ
栗毛 1946.4.7
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Hyperion4×5×5>

シスタートウショウ(1988.5.25)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
テューダーペリオッド
(コーニストウショウ)
3.50
(No.3-L フロリースカップ系)
6番仔
(2連産目)
第51回桜花賞(現JpnI)の結果(上位5頭。年齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 馬体重
[前走比]
調教師
1 15 シスタートウショウ 牝3 55 角田晃一 1:33.8    460
[-6]
鶴留明雄 4
2 12 ヤマノカサブランカ 牝3 55 柴田善臣 1:34.1 2 436
[0]
中村好夫 13
3 18 ノーザンドライバー 牝3 55 岡潤一郎 1:34.3 1 1/2 430
[-14]
鶴留明雄 2
4 2 スカーレットブーケ 牝3 55 武豊 1:34.8 3 440
[-6]
伊藤雄二 3
5 7 イソノルーブル 牝3 55 松永幹夫 1:35.2 2 1/2 434
[+4]
清水久雄 1
第51回桜花賞(現JpnI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.2-10.6-11.2-11.8-11.8-11.6-12.2-12.4
上り 4F 48.0-3F 36.2

シスタートウショウ、その栗毛の流星、なんという美しさよ。私にとって、牡馬のグッドルッキングホースの1番がトウカイテイオー(1988.4.20)ならば、牝馬のグッドルッキングホースの1番はシスタートウショウのまま。1988年生まれの同級生に超絶の美男と美女がよくぞ揃ったものです。

ただ、悲しいかな、私が出会った1993年の中山記念(GII)以降のシスタートウショウは、すでに本来のシスタートウショウでは無かったのかも知れません。彼女が制した↑の第51回桜花賞や、2着に敗れはしたものの鬼気迫る追い込みを見せた第52回オークス(現JpnI)のVTRを見ると、その思いを強くします。

その天賦の才は、屈腱炎という病魔により、残念ながら、削がれていたのでした。けれど、それでも彼女は健気に走りました。ムービースター(1986.4.9)のレコード駆けに負けじと2着に頑張った中山記念、外国馬開放初年度で牡牝混合の強豪ひしめく中の小差4着となった安田記念(GI)。まぶたを閉じれば、一瞬。

栗毛が揺れて、「海老、黄ダイヤモンド、紫袖」の勝負服、当時22歳の角田晃一騎手と共に駆けた姿。私の競馬者人生の最初期に出会った美しい牝馬、シスタートウショウ。ずっと大好きな馬です。

では、以下にシスタートウショウの簡単な近親牝系図を示しておきます。

ローズトウショウ 1965.4.13 中央0勝
|トウショウロック 1971.3.30 中央7勝+地方7勝 ステイヤーズS(現GII) ダイヤモンドS(現GIII)
|グレイトウショウ 1974.3.27 中央3勝
||アテナトウショウ 1981.4.1 中央2勝 クイーンC(GIII)3着
|||アサクサキャノン 1987.4.3 中央3勝 セントライト記念(現JpnII)2着
|||マチカネフクキタル 1994.5.22 中央6勝 菊花賞(現JpnI) 京都新聞杯(GII) 神戸新聞杯(現JpnII)
|コーニストウショウ 1977.6.12 中央0勝
||クララトウショウ 1985.4.25 中央3勝 コスモス賞(OP)
||エナジートウショウ 1987.4.22 不出走
|||タニノシスター 1993.3.22 中央5勝
||||ウオッカ 2004.4.4 現役 日本ダービー(JpnI) 天皇賞・秋(GI) 安田記念(GI) ヴィクトリアマイル(GI) 阪神JF(現JpnI)ほか
|||スカイアンドリュウ 1997.4.7 中央4勝 京王杯SC(GII)2着
|||スリーアベニュー 2002.5.13 現役 ガーネットS(GIII)
||シスタートウショウ 1988.5.25 (本馬) 中央4勝 桜花賞(現JpnI) オークス(現JpnI)2着 中山記念(GII)2着
||トウショウオリオン 1993.3.29 中央6勝 北九州記念(GIII)
||ジェーントウショウ 1996.4.1 中央0勝
|||シーイズトウショウ 2000.4.2 中央7勝+海外0勝 セントウルS(GII)含む重賞5勝
||ロゼトウショウ 1997.6.10 中央1勝
|||トウショウカレッジ 2002.6.8 現役 OP特別3勝 京王杯SC(GII)2着 函館SS(GIII)2着

小岩井の3号族フロリースカップ(1904)系。ローズトウショウからの分枝はトウショウ牧場さんの基幹牝系のひとつとして知られています。現在ではほかの牧場の生産馬からもローズトウショウの子孫馬の活躍が見えます。その白眉は言わずと知れたウオッカですね。

トウショウ牧場さんのブログの過去ログによると、シスタートウショウは、すでに繁殖牝馬を引退の状態となっているようです。直仔はトウショウパワーズ(2002.5.12)がオープンクラスに上り詰めたくらいでしたけれど、血をつないでくれる娘たちも残っています。

明治から連綿と続く小岩井の3号族フロリースカップ系。100年続いて来た分枝の未来に、どうかシスタートウショウの名前が連ねられますように。孫やひ孫に活躍馬が出ることを切に願って止みません。

そして、シスタートウショウがこれからも息災に過ごしてくれることを、ただただ、祈りたいと思います。

毎週月曜日に綴って来たその日に誕生日を迎える馬の紹介。2009年はシスタートウショウを以って幕引きと致します。また来年の春シーズンを楽しみにして。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

第70回オークス(JpnI)の出走予定馬について。

第70回オークス(JpnI)の出走予定馬について

馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1 マイティースルー
(2006.5.8)
[8-H]
6番仔+
(6連産目+)
クロフネ Seattle Slew Mr. Prospector El Tigre Grande
2 パドブレ
(2006.4.18)
[3-D]
4番仔
(3連産目)
ホワイトマズル ヘクタープロテクター Naskra Hail to Reason
3 レッドディザイア
(2006.4.19)
[16-B]
4番仔
(4連産目)
マンハッタンカフェ Caerleon Sadler's Wells Top Ville
4 ヴィーヴァヴォドカ
(2006.1.27)
[7-E マイリー系]
3番仔
(3連産目)
ダンスインザダーク トウカイテイオー マグニテュード ★アークティックヴェイル
5 ダノンベルベール
(2006.1.26)
[3-N]
5番仔+
(不受胎後)
アグネスタキオン Bering African Song ディクタス
6 フミノイマージン
(2006.3.14)
[7]
4番仔
(4連産目+)
マンハッタンカフェ ★Dixieland Band Raise a Man Northfields
7 ブエナビスタ
(2006.3.14)
[16-C]
6番仔
(3連産目)
スペシャルウィーク Caerleon Lord Gayle Luciano
8 ディアジーナ
(2006.6.2)
[13-C フォルカー系]
12番仔
(4連産目)
メジロマックイーン ビショップボブ ハンターコム ガーサント
9 ルージュバンブー
(2006.5.7)
[9-F]
2番仔
(2連産目)
★マリエンバード サンデーサイレンス Kris S. Donut King
10 ツーデイズノーチス
(2006.2.27)
[4-D]
5番仔
(2年連続
不受胎後)
ヘクタープロテクター ダンシングブレーヴ Sovereign Edition Le Filou
11 (地)イナズマアマリリス
(2006.4.25)
[2-I ウオーターミユージツク系]
2番仔
(2連産目)
スエヒロコマンダー ラムタラ シービークロス セダン
12 ダイアナバローズ
(2006.3.12)
[1-K]
6番仔+
(3連産目)
シンボリクリスエス Shirley Heights El Gran Senor Mill Reef
13 ブロードストリート
(2006.3.28)
[6-B]
9番仔+
(9連産目+)
アグネスタキオン Cozzene ★Lyphard Gyr
14 ジェルミナル
(2006.3.10)
[7-E]
2番仔
(2連産目)
アグネスタキオン Double Bed Rainbow Quest Home Guard
15 ハシッテホシーノ
(2006.3.2)
[5-E]
7番仔+
(3連産目)
アグネスタキオン ★Highest Honor Kashmir Nasram
16 ワイドサファイア
(2006.4.9)
[12]
8番仔
(8連産目)
アグネスタキオン ノーザンテースト Dike Pass
17 デリキットピース
(2006.3.11)
[14-C]
3番仔
(不受胎後)
ホワイトマズル サンデーサイレンス Big Spruce Dr. Fager
18 サクラローズマリー
(2006.3.18)
[13-C]
10番仔
(6連産目)
サクラプレジデント ★サクラユタカオー ノーザンテースト Quadrangle

「SS2世種牡馬×Caerleon牝馬」の組み合わせの桜花賞1着馬と2着馬が1、2番人気。彼女らには敵わないと思いながら、3番手あたりに「Caerleon2世種牡馬×SS牝馬」という逆の組み合わせを持つ桜花賞5着馬が突っ込んでくると、現在の人気的には面白いのではないでしょうか。ルージュバンブー、中島理論的にもその父マリエンバード(1997.5.26)が満8歳時の0交配というところがポイントですね。

オークスに縁のある牝系といえば、惑星デリキットピース。社台さんはやっぱり14号族C分枝のPretty Polly(1901)系。伯母が1992年のオークス馬アドラーブル(1989.3.28)です。デリキットピース、雨も滴るイイ女だった伯母に続くことができるでしょうか。

あとは、4代血統内にTourbillon(1928)系を持つ重賞勝ち馬。ディアジーナ、ヴィーヴァヴォドカ、そしてイナズマアマリリスの3頭。イナズマアマリリスは父の母の父がトウショウペガサス(1979.5.16)です(^_^.)

というところが気になるオオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

過去10年のオークス(JpnI)連対馬について。

過去10年のオークス(JpnI)連対馬の4代血統構成について


馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1
9
9
9
1 ウメノファイバー
(1996.5.5)
[1-B フラストレート系]
4番仔
(4連産目)
サクラユタカオー ノーザンディクテイター シルバーシャーク セダン
2 トゥザヴィクトリー
(1996.2.22)
[9-F]
初仔 サンデーサイレンス Nureyev ★Sharpen Up ★Terrible Tiger
2
0
0
0
1 シルクプリマドンナ
(1997.4.22)
[13-C]
6番仔
(4連産目)
ブライアンズタイム ★Northern Dancer In Reality Dedicate
2 チアズグレイス
(1997.3.30)
[21-A]
3番仔
(3連産目)
サンデーサイレンス Al Nasr Northfields Kashimir
2
0
0
1
1 レディパステル
(1998.4.26)
[1-L]
5番仔
(5連産目)
トニービン Blushing Groom Dr.Fager Nearco
2 ローズバド
(1998.4.29)
[1-W]
初仔 サンデーサイレンス Shirley Heights Lyphard Secretariat
2
0
0
2
1 スマイルトゥモロー
(1999.4.20)
[4-C ウエルシュティットビット系]
5番仔
(5連産目)
★ホワイトマズル サウスアトランティック パーソロン ヴェンチア
2 チャペルコンサート
(1999.1.31)
[1-L]
初仔
(流産後)
サンデーサイレンス Sharpo Known Fact ★ソーブレスト
2
0
0
3
1 スティルインラブ
(2000.5.2)
[10-D]
10番仔
(10連産目)
サンデーサイレンス ★Roberto Northern Dancer Creme Dela Creme
2 チューニー
(2000.3.18)
[4-M]
4番仔
(2連産目)
サンデーサイレンス Kris Seattle Slew Northern Dancer
2
0
0
4
1 ダイワエルシエーロ
(2001.5.11)
[22-B]
2番仔
(2連産目)
サンデーサイレンス ドクターデヴィアス Danzig Damascus
2 スイープトウショウ
(2001.5.9)
[5-J セヴァイン系]
3番仔
(3連産目)
エンドスウィープ ダンシングブレーヴ トウショウボーイ ダンディルート
2
0
0
5
1 シーザリオ
(2002.3.31)
[16-A]
7番仔
(6連産目)
スペシャルウィーク Sadler's Wells ★Habitat Le Fabuleux
2 エアメサイア
(2002.2.4)
[4-R]
2番仔
(2連産目)
サンデーサイレンス ノーザンテースト ★Well Decorated Gleaming
2
0
0
6
1 カワカミプリンセス
(2003.6.5)
[4-M]
3番仔
(3連産目)
キングヘイロー Seattle Slew Secretariat Key to the Mint
2 フサイチパンドラ
(2003.2.27)
[8-F]
6番仔
(3連産目)
サンデーサイレンス Nureyev Buckpasser Traffic Judge
2
0
0
7
1 ローブデコルテ
(2004.4.28)
[10-D]
4番仔
(4連産目)
Cozzene Seeking the Gold Northern Dancer Creme Dela Creme
2 ベッラレイア
(2004.2.27)
[3-O]
8番仔
(8連産目)
ナリタトップロード ★Baldski Argument Round Table
2
0
0
8
1 トールポピー
(2005.1.30)
[1-P]
5番仔
(4連産目)
ジャングルポケット サンデーサイレンス El Gran Senor Caro
2 エフティマイア
(2005.2.14)
[4-K]
3番仔
(3連産目)
フジキセキ ニホンピロウイナー ノーザンテースト Cipol

府中芝2400mはごまかしのきかない舞台。血統構成がモノをいう時が多いと考えます。それだけに、昨年2008年の字面上Phalaris(1913)系4代累代馬の上位独占は「オヨヨ」となってしまったものです(笑)

果たして、今年の出走18頭はいかなる血統構成の持ち主なのか。それは次回の講釈にて(by 西遊記)。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

第54回京王杯SC(GII)の勝ち馬。

スズカコーズウェイ 牡 栗毛 2004.3.22生 静内・グランド牧場生産 馬主・永井啓弍氏 栗東・橋田満厩舎

スズカコーズウェイ(2004.3.22)の4代血統表
Giant's Causeway[A]
栗毛 1997.2.14
種付け時活性値:1.50
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird
鹿毛 1978.4.19
Northern Dancer 1961.5.27
South Ocean 1967.4.8
Terlingua
栗毛 1976.2.7
Secretariat 1970.3.30
Crimson Saint 1969.3.15
Mariah's Storm
鹿毛 1991.4.1
Rahy
栗毛 1985.2.18
Blushing Groom 1974.4.8
Glorious Song 1976.4.22
イメンス
黒鹿毛 1979.3.17
Roberto 1969.3.16
Imsodear 1967.3.16
フレンチリヴィエラ
栗毛 1999.3.23
種付け時活性値:1.00
フレンチデピュティ[A]
栗毛 1992.1.30
種付け時活性値:1.50
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Mitterand
鹿毛 1981.1.29
Hold Your Peace 1969.1.24
Laredo Lass 1971.3.19
Actinella
鹿毛 1990.5.28
種付け時活性値:2.00
Seattle Slew[A]
黒鹿毛 1974.2.15
種付け時活性値:1.75
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Aerturas
栗毛 1981.5.4
種付け時活性値:2.00(0.00)
マナード[A]
黒鹿毛 1973.2.26
種付け時活性値:1.75
Amiel
鹿毛 1976.3.12
種付け時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5、Bold Ruler5×5>

スズカコーズウェイ(2004.3.22)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Seattle Slew
(フレンチリヴィエラ)
6.00 or 4.00 母が米GIIIの勝ち馬
(No.16-H)
初仔
第54回京王杯SC(GII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 11 スズカコーズウェイ 牡5 57 後藤浩輝 1:20.6    33.7 478
[0]
橋田満 8
2 2 トウショウカレッジ 牡7 57 内田博幸 1:20.6 クビ 33.5 546
[-12]
池添兼雄 3
3 4 (外)ファリダット 牡4 57 武豊 1:20.7 クビ 33.4 466
[-2]
松元茂樹 2
4 15 タマモホットプレイ 牡8 57 武士沢友治 1:20.8 3/4 34.2 480
[+12]
南井克巳 18
5 1 タケミカヅチ 牡4 57 柴田善臣 1:20.9 クビ 33.3 510
[0]
大江原哲 5
第54回京王杯SC(GII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.8-11.2-11.1-11.3-11.0-11.3-11.9
上り 4F 45.5-3F 34.2

では、以下にスズカコーズウェイのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、図中の重賞格付けはいずれも各馬が出走した当時のものです。

Aerturas 1981.5.4 米4勝 バーバラフリッチーH(GIII)2着ほか
|Cargo 1989.6.4 米5勝 アグリームH(GII)2着 サンタアニタBCH(GIII)2着
||Red Bullet 1997.4.13 米6勝 プリークネスS(GI) ゴーサムS(GIII)
|Actinella 1990.5.28 米英0勝
||フレンチリヴィエラ 1999.3.23 米4勝 サラブレッドクラブオヴアメリカS(GIII)
|||スズカコーズウェイ 2004.3.22 (本馬) 京王杯SC(GII)

母はGIII勝ち馬、近親にプリークネスSの勝ち馬など活力充分。筋の通った牝系です。

「アイアンホース」の異名をとったGiant's Causeway産駒として初めてのJRA重賞勝ち馬となったスズカコーズウェイ。早くから期待された素質馬がようやく花開いた印象もあります。

「なんだ言いながら牡馬も頑張っているなぁ」と思わせる現5歳の2004年生まれ世代。スズカコーズウェイ、果たして、短距離戦線の主役候補になれるかどうか。

なかなかに高い壁も待ち構えていますけれど、重賞勝ち馬となった今、胸を張ってGIの舞台に臨んでほしいものです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

第4回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。

ウオッカ 牝 黒鹿毛 2004.4.4生 静内・カントリー牧場生産 馬主・谷水雄三氏 栗東・角居勝彦厩舎

ウオッカ(2004.4.4)の4代血統表
タニノギムレット[A]
鹿毛 1999.5.4
種付け時活性値:1.00
ブライアンズタイム
黒鹿毛 1985.5.28
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Kelley's Day
鹿毛 1977.5.11
Graustark 1963.4.7
Golden Trail 1958.3.5
タニノクリスタル
栗毛 1988.4.4
クリスタルパレス
芦毛 1974.3.25
Caro 1967.4.11
Hermieres 1958.4.10
タニノシーバード
栗毛 1972.4.27
Sea-Bird 1962.3.8
Flaxen 1968.5.15
タニノシスター
栗毛 1993.3.22
仔受胎時活性値:0.50
ルション[A]
黒鹿毛 1981.4.10
種付け時活性値:0.75
Riverman
鹿毛 1969
★Never Bend 1960.3.15
River Lady 1963.5.17
ベルドリーヌ
黒鹿毛 1977.3.15
★Marshua's Dancer 1968.4.15
Palsy Walsy 1960
エナジートウショウ
鹿毛 1987.4.22
仔受胎時活性値:1.25
トウショウボーイ[A●]
鹿毛 1973.4.15
種付け時活性値:1.25
テスコボーイ 1963
ソシアルバターフライ 1957.4.13
コーニストウショウ
栗毛 1977.6.12
仔受胎時活性値:0.25
ダンディルート[E]
鹿毛 1972.5.10
種付け時活性値:1.00
ローズトウショウ
鹿毛 1965.4.13
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Graustark4×5(父方)>

ウオッカ(2004.4.4)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
トウショウボーイ
(タニノシスター)
2.75 叔父スリーアヴェニュー
(No.3-L フロリースカップ系)
4番仔
(2連産目)
第4回ヴィクトリアマイル(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 6 ウオッカ 牝5 55 武豊 1:32.4    33.4 494
[計測不可]
角居勝彦 1
2 2 ブラボーデイジー 牝4 55 生野賢一 1:33.6 7 34.6 528
[+6]
音無秀孝 11
3 1 ショウナンラノビア 牝6 55 柴田善臣 1:33.8 1 35.2 500
[-2]
岡田稲男 7
4 5 ザレマ 牝5 55 安藤勝己 1:33.8 ハナ 34.2 526
[-2]
音無秀孝 4
5 12 ジョリーダンス 牝8 55 四位洋文 1:33.8 アタマ 34.3 476
[0]
堀宣行 6
第4回ヴィクトリアマイル(GI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.2-10.8-11.7-12.0-11.9-11.2-10.8-11.8
上り 4F 45.7-3F 33.8

雨も、直線の強い向かい風も、一緒に走った17頭も、まるで関係なし。なんという才媛ウオッカ。恐れ入谷の鬼子母神でした。

では、以下にウオッカのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、図中の重賞格付けはいずれも各馬が出走した当時のものです。

コーニストウショウ 1977.6.12 中央0勝
|クララトウショウ 1985.4.25 中央3勝 コスモス賞(OP)
|エナジートウショウ 1987.4.22 不出走
||タニノシスター 1993.3.22 中央5勝
|||ウオッカ 2004.4.4 (本馬) 日本ダービー(JpnI) 天皇賞・秋(GI) 安田記念(GI) ヴィクトリアマイル(GI) 阪神JF(JpnI)ほか
||スカイアンドリュウ 1997.4.7 中央4勝 京王杯SC(GII)2着
||スリーアベニュー 2002.5.13 現役 ガーネットS(GIII) 同2着
||マイネルダイナモ 2004.4.28 現役 みなみ北海道S(OP)3着
|シスタートウショウ 1988.5.25 中央4勝 桜花賞(GI) オークス(GI)2着 中山記念(GII)2着
|トウショウオリオン 1993.3.29 中央6勝 北九州記念(GIII)
|ジェーントウショウ 1996.4.1 中央0勝
||シーイズトウショウ 2000.4.2 中央7勝 セントウルS(GII)含む重賞5勝
|ロゼトウショウ 1997.6.10 中央1勝
||トウショウカレッジ 2002.6.8 現役 米子S(OP)含むオープン特別3勝

近親のトウショウカレッジも前日の京王杯SC(GII)で2着に頑張りました。そして、京王杯SC2着といえば、叔父のスカイアンドリュウ。定年解散となった二分久男厩舎から角居厩舎に転厩してきた彼こそが、角居調教師にJRA初勝利をプレゼントした馬でした-2001年3月24日に阪神芝1600mで行われた山陽特別-。

そんなスカイアンドリュウの姪がウオッカであるということ。角居調教師にとっても感慨深いところがおありでしょう。そしてまた、日本のホースマンの皆様は、先人から連綿と受け継いで来た小岩井牝系の積み重ねという己が仕事を、もっともっと、誇りに思って良いはず。

そして、ウオッカという21世紀の名牝を新たな基点として、フロリースカップ(1904)系が世界に還っていくことを願いたいものです。

レースレコードタイムの更新、レース史上における2着との最大着差の更新、4年連続ジーワン勝利、牝馬の賞金獲得額の記録更新、そして鞍上の武豊騎手に22年連続GI勝ちとJRA牝馬限定ジーワン6レースの完全制覇をプレゼント。

様々な記録を打ち立てたレースの後に挑む舞台は、やはり、同じ府中のマイル戦でしょうか。となると、「グレード制施行後初となる牝馬による安田記念連覇」と「史上初の牝馬によるJRAジーワン6勝」と「史上初の牝馬による獲得賞金10億円突破」の期待がかかります。

さらっと書いてしまいましたが、どれも、ものすごい偉業。けれど、強いウオッカならば、遂げてくれるように思います。3週間後を改めて楽しみにしましょうね、皆様。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

おまけ。「東京はフレンチデピュティの血統か」と最後につぶやくオオハシ。1週遅れやねん、直父系Deputy Minister(1979.5.17)系が府中のマイル戦で頑張るのが(^_^.)

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

エリモエクセル(1995.5.18)。

エリモエクセル 牝 栗毛 1995.5.18生 えりも・えりも農場生産 馬主・山本慎一氏 栗東・加藤敬二厩舎

エリモエクセル(1995.5.18)の4代血統表
ロドリゴデトリアーノ
栗毛 1989.5.27
種付け時活性値:1.25
El Gran Senor
鹿毛 1981.4.21
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Sex Appeal
栗毛 1970.5.12
Buckpasser 1963.4.28
Best in Show 1965.4.29
Hot Princess
栗毛 1980.4.9
ホットスパーク
栗毛 1972.2.22
Habitat 1966.5.4
Garvey Girl 1960
Aspara
栗毛 1972
Crimson Satan 1959.5.4
Courtside 1965.3.27
エリモファンタジー
栗毛 1986.4.28
種付け時活性値:2.00(0.00)

Riverman
鹿毛 1969
種付け時活性値:0.00
Never Bend
鹿毛 1960.3.15
Nasrullah 1940.3.2
Lalun 1952
River Lady
鹿毛 1963.5.17
Prince John 1953.4.6
Nile Lily 1954.3.23
Share the Fantasy
栗毛 1980.5.4
種付け時活性値:1.25
Exclusive Native
栗毛 1965.4.17
種付け時活性値:1.50
Raise a Native 1961.4.18
Exclusive 1953.4.12
Misukaw
栗毛 1973.3.16
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
種付け時活性値:0.75
Dihela
栗毛 1966
種付け時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×4、Nearco5×5、Native Dancer5×5>

エリモエクセル(1995.5.18)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Exclusive Native
(エリモファンタジー)
6.25 or 4.25 祖母が米GI勝ち馬
(No.1-K)
4番仔
(空胎後)
第59回オークス(現JpnI)の結果(上位5頭。年齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 6 エリモエクセル 牝3 55 的場均 2:28.1    34.6 422
[+10]
加藤敬二 7
2 14 エアデジャヴー 牝3 55 横山典弘 2:28.3 1 1/4 34.6 436
[+12]
伊藤正徳 2
3 16 ファレノプシス 牝3 55 武豊 2:28.4 1/2 34.8 430
[+6]
浜田光正 1
4 12 ラティール 牝3 55 藤田伸二 2:28.6 1 1/2 35.6 476
[-6]
加藤敬二 5
5 11 ナオミシャイン 牝3 55 岡部幸雄 2:28.7 1/2 35.4 436
[0]
清水利章 6
第59回オークス(現JpnI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.9-12.0-12.4-12.7-12.8-12.7-12.8-12.6-12.1-12.2-10.9-12.0
上り 4F 47.2-3F 35.1

オークス(JpnI)ウィークにお届けするのは、やはりオークス馬。すでに11年前ということに今更ながら驚きを覚えますけれど、1998年の勝ち馬であるエリモエクセルを。

第59回オークス。薫風かおる府中の杜、最後の直線で馬場中央を軽やかに駆けてきたのは、忘れな草賞1着からやって来たエリモエクセル。赤の帽子に「水色、赤袖、黄二本輪」の勝負服をまとった的場均騎手(現調教師)が追うと、栗毛が緑の芝の上を跳ねるように伸びました。

素質の高い馬が揃っていた感もある1995年生まれ世代の牝馬たち。オークスは、桜花賞(現JpnI)を阪神競馬場において行われた同レースのレコード1分34秒0で制したファレノプシス(1995.4.4)を始めとする、桜花賞上位組の再戦になるかと思われていました。けれど、桜花賞と同日に走っていた別路線組にも強い馬が隠れていたのでした。

まさにホゲットミーノット(1986.5.16)、もといForget me not。「私を忘れないで」と、422kgの小さな身体が、府中芝2400mの大舞台で、その存在を多くの人間に印象付けました。

では、以下にエリモエクセルのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、図中の重賞格付けはいずれも各馬が出走した当時のものです。

Share the Fantasy 1980.5.4 米3勝 スピナウェイS(GI)ほか
|エリモパッション 1992.5.17 中央0勝
|||エリモブライアン 1997.4.2 中央4勝 ステイヤーズS(GII)ほか
|||エリモシャルマン 1999.3.26 中央4勝 ステイヤーズS2着ほか
|エリモファンタジー 1986.4.28 仏0勝
||エリモエクセル 1995.5.18 (本馬) 中央6勝 オークス(GI)含む重賞4勝
|Wesaam 1989.2.16 米英4勝 ローレルターフC(米GIII)2着ほか
|Lismore Lady 1991.3.10 米0勝
||Lismore Knight 2000.1.28 北米4勝 アーリントンクラシックS(米GII) サマーS(加GII)

2歳夏の牝馬限定6ハロンGI勝ち馬の子孫が12ハロン超の重賞でバンバン活躍するあたりに血統の奥深さを思います。

栗毛のたてがみに赤いボンボンがキレイに結われていた姿。鼻梁にうっすらと見える白い流星。そこかしこから気品を感じたエリモエクセル。お母さんとしてはオークスで2着に抑えたエアデジャヴー(1995.3.27)に先んじられています。まだ14歳、ターフを沸かせる産駒をどんどん送り込んでほしいものです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

第4回ヴィクトリアマイル(GI)の出走予定馬について。

第4回ヴィクトリアマイル(GI)の出走予定馬について

馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1 ショウナンラノビア
(2003.5.19)
[7-C アストニシメント系]
3番仔
(2連産目)
フレンチデピュティ ヘクタープロテクター ウオロー  ネヴァービート
2 ブラボーデイジー
(2005.3.28)
[1-N]
3番仔
(3連産目)
クロフネ サンデーサイレンス Woodman Cyane
3 マイネレーツェル
(2005.4.4)
[9-C ダイアンケー系]
4番仔
(4連産目)
ステイゴールド サクラユタカオー ★マルゼンスキー ヴェンチア
4 ブーケフレグランス
(2005.5.20)
[4-D]
11番仔
(5連産目)
ダンスインザダーク ★ノーザンテースト Crimson Satan Beau Max
5 ザレマ
(2004.3.21)
[4-M]
4番仔
(4連産目)
ダンスインザダーク Zafonic Buckfinder T.V. Commercial
6 ウオッカ
(2004.4.4)
[3-L フロリースカップ系]
4番仔
(2連産目)
タニノギムレット ルション トウショウボーイ ダンディルート
7 レッドアゲート
(2005.3.14)
[3-L フロリースカップ系]
4番仔
(4連産目)
マンハッタンカフェ ★スキャン シーホーク ネヴァービート
8 チェレブリタ
(2005.4.23)
[11-C ミスハワイ系]
2番仔
(2連産目)
ブラックホーク アンバーシャダイ ★クリスタルパレス ヴェンチア
9 セラフィックロンプ
(2004.4.12)
[4-R]
10番仔
(3連産目)
マンハッタンカフェ ロイヤルスキー ラディガ Buckpasser
10 ムードインディゴ
(2005.1.19)
[1-L]
7番仔
(7連産目)
ダンスインザダーク Sharpo Known Fact ★ソーブレスド
11 ヤマニンメルベイユ
(2002.2.18)
[3-C]
4番仔
(不受胎後)
メジロマックイーン サンデーサイレンス Bold Forbes Graustark
12 ジョリーダンス
(2001.4.22)
[4-R]
5番仔+
(2連産目)
ダンスインザダーク ★Peterhof Drone ミシシッピアン
13 リトルアマポーラ
(2005.1.24)
[9-E コランディア系]
3番仔
(不受胎後)
アグネスタキオン コマンダーインチーフ ヴァリィフォージュ ダイアトム
14 カワカミプリンセス
(2003.6.5)
[4-M]
3番仔
(3連産目)
キングヘイロー Seattle Slew Secretariat Key to the Mint
15 サワヤカラスカル
(2005.4.20)
[7-C アストニシメント系]
初仔 ★ラスカルスズカ サクラバクシンオー ミスターシービー ダンシングキャップ
16 アルコセニョーラ
(2004.3.17)
[22-B]
4番仔
(3連産目)
ステイゴールド モガンボ Caerleon Riverman
17 レジネッタ
(2005.5.11)
[4-M]
4番仔
(4連産目)
フレンチデピュティ サンデーサイレンス ブラッシングジョン Northern Dancer
18 ヤマニンエマイユ
(2003.5.18)
[10-D]
3番仔
(流産後)
ホワイトマズル トニービン ★Danzig Creme Dela Creme

ひとつ前のログで過去3回のヴィクトリアマイルの結果より、

  1. 直父系SS系の天下
  2. 母の2連産目の仔が3年連続連対

というところを確認致しました。

まず1点目について見ると、

  • ダンスインザダーク産駒 4頭(ブーケフレグランス、ザレマ、ムードインディゴ、ジョリーダンス)
  • ステイゴールド産駒 2頭(マイネレーツェル、アルコセニョーラ)
  • マンハッタンカフェ産駒 2頭(レッドアゲート、セラフィックロンプ)
  • アグネスタキオン産駒 1頭(リトルアマポーラ)

と直父系SS系が18頭中9頭確認できました。この中ではやはりリトルアマポーラのGI勝ちと府中芝マイル重賞勝ちの実績が光ります。

続いて2点目について見ると、

  1. ショウナンラノビア
  2. ウオッカ
  3. チェレブリタ
  4. ジョリーダンス

言わずもがなのウオッカ。昨年の2着時、私は以下のように叫んでいました。

2008年のJRA年度代表馬にそう簡単に負けてもらっては困ります。ぜひ昨年のリベンジを。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過去3年のヴィクトリアマイル(GI)複勝圏馬について。

過去3年のヴィクトリアマイル(GI)複勝圏馬について

馬名(上から1、2、3着)
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
2
0
0
6
ダンスインザムード
(2001.4.10)
[7]
12番仔
(2連産目)
サンデーサイレンス Nijinsky Key to the Mint Raise a Native
エアメサイア
(2002.2.4)
[4-R]
2番仔
(2連産目)
サンデーサイレンス ノーザンテースト ★Well Decorated Gleaming
ディアデラノビア
(2002.1.28)
[2-U]
初仔 サンデーサイレンス Potrillazo Banner Sport Right of Way
2
0
0
7
コイウタ
(2003.2.24)
[4-R]
2番仔
(2連産目)
フジキセキ ドクターデヴィアス ★Mr. Prospector Bold Reason
アサヒライジング
(2003.2.9)
[1-P]
8番仔
(8連産目)
ロイヤルタッチ ミナガワマンナ ボンモー タマナー
デアリングハート
(2002.3.9)
[1-L]
6番仔
(不受胎後)
サンデーサイレンス Danzig Briartic Hasty Road
2
0
0
8
エイジアンウインズ
(2004.3.28)
[5-H]
3番仔
(3連産目)
フジキセキ デインヒル フォーティナイナー ★Nijinsky
ウオッカ
(2004.4.4)
[3-L フロリースカップ系]
4番仔
(2連産目)
タニノギムレット ルション トウショウボーイ ダンディルート
ブルーメンブラット
(2003.2.20)
[4-M]
9番仔+
(5連産目)
アドマイヤベガ Topsider Sir Gaylord Jet Pilot

という訳で、簡単ではありますけれど、過去3年のヴィクトリアマイルの複勝圏馬を確認してみました。

まま、ご覧の通り、直父系SS系の天下、ということですね(^_^.)

あとは、地味に母の2連産目の仔が3年連続で連対を果たしています。

今年の出走馬については、7時間7分後にアップしたいと思います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

第31回新潟大賞典(GIII)の勝ち馬。

シンゲン 牡 黒鹿毛 2003.2.20生 千歳・社台ファーム生産 馬主・花木照人氏 美浦・戸田博文厩舎

シンゲン(2003.2.20)の4代血統表
ホワイトマズル[A]
鹿毛 1990.3.21
種付け時活性値:1.00
ダンシングブレーヴ
鹿毛 1983.5.11
Lyphard
鹿毛 1969
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Navajo Princess
鹿毛 1974.3.31
Drone 1966.4.1
Olmec 1966
Fair of the Furze
鹿毛 1982.6.15
Ela-Mana-Mou
黒鹿毛 1976.2.28
ピットカーン 1971.3.20
Rose Bertin 1970
Autocratic
鹿毛 1974.4.22
Tyrant 1966.3.23
Flight Table 1965.2.13
ニフティハート
栗毛 1997.5.10
仔受胎時活性値:1.25
サンデーサイレンス[A]
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.50
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニフティニース
鹿毛 1987.5.25
仔受胎時活性値:0.25
Raise a Native[x]
栗毛 1961.4.18
種付け時活性値:0.25
Native Dancer 1950.3.27
Raise You 1946
ニフテイアンドニート
鹿毛 1981.4.8
仔受胎時活性値:1.25
Vigors[C]
芦毛 1973
種付け時活性値:1.75
Haleallah
鹿毛 1971.3.28
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:なし>

シンゲン(2003.2.20)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Vigors
(ニフテイアンドニート)
3.00 祖母が重賞2勝
(No.16-G)
初仔
第31回新潟大賞典(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 9 シンゲン 牡6 56 藤田伸二 1:56.9    33.6 494
[-6]
戸田博文 5
2 6 ニホンピロレガーロ 牡6 55 酒井学 1:57.4 3 33.7 512
[+4]
服部利之 16
3 8 オペラブラーボ 牡5 56 蛯名正義 1:57.5 1/2 34.0 434
[-6]
久保田貴士 2
4 2 アドマイヤフジ 牡7 58.5 川田将雅 1:57.6 3/4 34.5 534
[-2]
橋田満 3
5 13 アーネストリー 牡4 55 佐藤哲三 1:57.7 クビ 34.7 518
[+4]
佐々木晶三 4
第31回新潟大賞典(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.9-11.0-11.0-11.3-12.0-12.3-12.1-11.8-11.0-11.5
上り 4F 46.4-3F 34.3

祖母が得意とした新潟の舞台で重賞初制覇を遂げましたシンゲン。その馬名の意味・由来を日本軽種馬登録協会で調べると、「武田信玄より(馬主が武田家の末裔なので)」とありました。ほほ、末裔の持ち馬が越後を制しましたか(^_^.)

では、以下にシンゲンのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、図中の重賞格付けはいずれも各馬が出走した当時のものです。

ニフティアンドニート 1981.4.8 米4勝
|ニフティニース 1987.5.25 中央7勝 セントウルS(GIII) 関屋記念(GIII)
||ニフティハート 1997.5.10 中央0勝
|||シンゲン 2003.2.20 (本馬) 新潟大賞典(GIII)
|ニフティダンサー 1988.5.28 中央7勝 七夕賞(GIII)

祖母ニフティニースは快速で鳴らした活躍馬ですね。その通算成績は12戦7勝、2着1回、3着1回。新潟コースでは芝、ダート併せて5戦4勝、2着1回。回り方は変わりましたけれど、新潟得意の血筋は孫の代に隔世遺伝したようです。

果たして、現代のシンゲンが挑む、次の戦いの場やいかに。遅れてやってきた実力馬が、競走馬のお館様となれるかどうか。その戦ぶりを見守りましょう。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

第57回京都新聞杯(GII)の勝ち馬。

ベストメンバー 牡 黒鹿毛 2006.4.14生 新冠・(有)ノースヒルズマネジメント生産 馬主・前田晋二氏 栗東・宮本博厩舎

ベストメンバー(2006.4.14)の4代血統表
マンハッタンカフェ[A]
青鹿毛 1998.3.5
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
Law Society
黒鹿毛 1982.2.16
Alleged 1974.5.4
Bold Bikini 1969.4.11
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
★Luciano 1964
Suleika 1954
グレートキャティ
栗毛 1996.6.13
仔受胎時活性値:0.25
サクラユタカオー[A●]
栗毛 1982.4.29
種付け時活性値:1.25
テスコボーイ
黒鹿毛 1963
Princely Gift 1951
Suncourt 1952
アンジェリカ
黒鹿毛 1970.3.29
ネヴァービート 1960
スターハイネス 1964.3.10
ルーシームーン
鹿毛 1988.2.9
仔受胎時活性値:1.75
Blushing Groom[A●]
栗毛 1974
種付け時活性値:1.25
Red God 1954.2.15
Runaway Bride 1962
Chic Belle
黒鹿毛 1980.2.4
仔受胎時活性値:1.75
Mr. Prospector[x]
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:0.25
Sleek Belle
鹿毛 1972.3.11
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Nasrullah5×5(母方)>

ベストメンバー(2006.4.14)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
マンハッタンカフェ
(サトルチェンジ)
5.50 チョウカイキャロルと同牝系
(No.9-F)
5番仔
(5連産目)
第57回京都新聞杯(GII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 8 ベストメンバー 牡3 56 四位洋文 2:13.0    34.4 500
[+4]
宮本博 1
2 5 デルフォイ 牡3 56 武豊 2:13.1 1/2 34.2 458
[+4]
長浜博之 3
3 6 (外)ロードロックスター 牡3 56 幸英明 2:13.3 1 34.9 484
[-8]
池江泰郎 4
4 14 メイショウドンタク 牡3 56 小牧太 2:14.0 4 35.5 490
[0]
武田博 9
5 10 リクエストソング 牡3 56 後藤浩輝 2:14.1 1/2 35.1 482
[0]
石坂正 2
第57回京都新聞杯(GII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.6-11.2-12.3-12.5-12.4-13.0-12.6-11.8-11.3-11.5-11.8
上り 4F 46.4-3F 34.6

では、以下にベストメンバーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、図中の重賞格付けはいずれも各馬が出走した当時のものです。

Chic Belle 1980.2.4 米12勝 テストS(GII)3着
|Rudjig 1986.2.1 海外8勝+ ジョンポーターS(英GIII)3着
|Society Bride 1987 愛0勝
||Society Dream 1994 米仏3勝 ヒルズボローH(米GIII)3着
|ルーシームーン 1988.2.9 英0勝
||グレートキャティ 1996.6.13 中央2勝
|||ベストメンバー 2006.4.14 (本馬) 京都新聞杯(GII) 若葉S(OP)

↑の図では省きましたけれど、高祖母Sleek Belleの孫にチョウカイキャロル(1991.3.26)がいます。同牝馬は中央4勝でオークス(現JpnI)、中京記念(GIII)と重賞2勝を挙げました。また、同じ誕生日のヒシアマゾン(1991.3.26)に「ハナ」だけ差されたものの、エリザベス女王杯(GI)2着も印象に残るレースでした。

先週の土日の3歳限定重賞は共にマンハッタンカフェの仔が制しました。同じ青鹿毛、顔に流れる流星などから「容姿がSSと良く似ている」という評価を得ることもある、マンハッタンカフェ。似ているのは姿形だけ?いえいえ、2009年5月現在、JRAの首位種牡馬の座をシンボリクリスエス(1999.1.21)と争っているように、その繁殖能力の確かさも、ちゃんと受け継いでいるようです。

ベストメンバー、果たして、父に更なるジーワンタイトルをプレゼントできるでしょうか。府中芝2400mは近親のチョウカイキャロルがオークスを制した舞台でもあります。3週間後の第76回日本ダービー(JpnI)を楽しみにしたいですね♪

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

第14回NHKマイルC(GI)の勝ち馬。

ジョーカプチーノ 牡 芦毛 2006.4.11生 浦河・ハッピーネモファーム生産 馬主・上田けい子氏 栗東・中竹和也厩舎

ジョーカプチーノ(2006.4.11)の4代血統表
マンハッタンカフェ[A]
青鹿毛 1998.3.5
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
Law Society
黒鹿毛 1982.2.16
Alleged 1974.5.4
Bold Bikini 1969.4.11
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
★Luciano 1964
Suleika 1954
ジョープシケ
芦毛 2000.2.11
仔受胎時活性値:1.25
フサイチコンコルド[A]
鹿毛 1993.2.11
種付け時活性値:1.50
Caerleon
鹿毛 1980.3.27
Nijinsky 1967.2.21
Foreseer 1969.4.12
バレークイーン
鹿毛 1988.4.16
Sadler's Wells 1981.4.11
Sun Princess 1980.5.18
ジョーユーチャリス
芦毛 1988.5.15
仔受胎時活性値:0.75
(ジョープシケは流産後の5番仔)
トウショウボーイ[A●]
鹿毛 1973.4.15
種付け時活性値:1.50
テスコボーイ 1963
ソシアルバターフライ 1957.4.13
ジョーバブーン
芦毛 1977.4.17
仔受胎時活性値:0.50
(ジョーユーチャリスは4連産目の4番仔)
フォルティノ[A]
芦毛 1959.4.19
種付け時活性値:0.25
ハードゲイ
栃栗毛 1968.3.30
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5(母方)>

ジョーカプチーノ(2006.4.11)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
マンハッタンカフェ 4.50 or 2.50 曾祖母が活躍馬
(No.2-F スピンドル系)
初仔
第14回NHKマイルC(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3 ジョーカプチーノ 牡3 57 藤岡康太 1:32.4    34.7 490
[+2]
中竹和也 10
2 13 レッドスパーダ 牡3 57 横山典弘 1:32.7 2 33.7 510
[+2]
藤沢和雄 5
3 10 グランプリエンゼル 牝3 55 内田博幸 1:33.0 2 34.1 432
[+4]
矢作芳人 13
4 9 マイネルエルフ 牡3 57 松岡正海 1:33.1 クビ 33.9 494
[0]
鹿戸雄一 11
5 18 フィフスペトル 牡3 57 安藤勝己 1:33.3 1 1/4 34.2 452
[+4]
加藤征弘 4
第14回NHKマイルC(GI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.2-10.8-11.3-11.2-11.7-11.5-11.7-12.0
上り 4F 46.9-3F 35.2

先行2番手からキレイに抜け出して最後まで頑張り通しました、ジョーカプチーノ。パンパンの良馬場で掲示された走破時計は1分32秒4のレースレコードタイム。人気薄とて2着に2馬身差の完勝。その実力には紛れなどまったくありませんでした。

では、以下にジョーカプチーノのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ハードゲイ 1968.3.30 中央0勝
|ジョーバブーン 1977.4.17 中央7勝 京阪杯(現GIII)2着 阪神牝馬特別(現阪神牝馬S、GII)3着
||ジョーユーチャリス 1988.5.15 中央1勝
|||ジョープシケ 2000.2.11 中央1勝
||||ジョーカプチーノ 2006.4.11 (本馬) NHKマイルC(GI) ファルコンS(GIII)
|ナスティターン 1987.4.7 地方7勝 しもつけ菊花賞

高祖母のハードゲイが気になったあなた、それは致し方ありません(^_^.)。ハードゲイの父はかつての名種牡馬ゲイタイム(1949)です。

ジョーカプチーノは3月のファルコンSで生産者、調教師、騎手に初重賞制覇をプレゼントしました。そして、2ヶ月経ったNHKマイルCでは生産者、馬主、調教師、騎手に初GI制覇をプレゼントしました。ついで申し上げれば、マンハッタンカフェ産駒も初めてのGI制覇でした。

ジョーカプチーノはハッピーネモファームさんにとって初めての生産馬ということ。初めての生産馬がGI勝ち馬となったのですから、これはスゴイ。詳しくは生産者さんのブログに譲りますけれど、ただただ、おめでとうございます。

いかな馬場状態が良かったとは言え、ダテや酔狂で府中芝1600mを1分32秒4で乗り切れるものではありません。強い3歳マイル王の誕生と考えたいものです。ジョーカプチーノ、これからもぜひぜひ頑張ってくださいね♪

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

おまけ。「ハッピーネモファーム、行ったわ、コレ!!」と叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

<Web Resource>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月11日 (月)

トーホウエンペラー(1996.5.11)。

トーホウエンペラー 牡 青毛 1996.5.11生 門別・千葉飯田牧場生産 馬主・東豊物産(株) 水沢・千葉四美厩舎

トーホウエンペラー(1996.5.11)の4代血統表
ブライアンズタイム
黒鹿毛 1985.5.28
種付け時活性値:0.50
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Bramalea
黒鹿毛 1959.4.12
Nashua 1952.4.14
Rarelea 1949
Kelley's Day
鹿毛 1977.5.11
Graustark
栗毛 1963.4.7
Ribot 1952.2.27
Flower Bowl 1952
Golden Trail
黒鹿毛 1958.3.5
Hasty Road 1951
Sunny Vale 1946
レインボーブルー
栃栗毛 1988.3.27
仔受胎時活性値:1.75
ノーリュート
黒鹿毛 1978.3.21
種付け時活性値:0.25
Luthier
黒鹿毛 1965
Klairon 1952
Flute Enchantee 1950
Prudent Miss
鹿毛 1967
Prudent 1959
Miss Glasso 1961
イーデンブルース
栗毛 1974.4.26
仔受胎時活性値:1.25
マッチウォン
栗毛 1964
種付け時活性値:0.25
Match 1958
Edwina 1955
スズブエ
栗毛 1958.5.10
仔受胎時活性値:1.75
ハロウェー
黒鹿毛 1940
種付け時活性値:0.25
キユウシユウ
栗毛 1947.5.15
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:なし>

トーホウエンペラー(1996.5.11)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ブライアンズタイム 5.25 伯父レインボーアンバー
(No.4-D プロポンチス系)
3番仔
(3連産目)
第15回マイルCS南部杯(現JpnI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 馬体重
[前走比]
調教師
1 10 トーホウエンペラー 牡6 56 菅原勲 1:38.7    496
[-7]
千葉四美 2
2 9 バンケーティング 牡4 56 畠山信一 1:38.9 3/4 505
[-3]
平沢芳三 13
3 8 マキバスナイパー 牡7 56 左海誠二 1:39.5 4 504
[-9]
岡林光浩 5
4 7 ノボトゥルー 牡6 56 武豊 1:39.6 クビ 454
[+1]
森秀行 3
5 12 トーヨーリンカーン 牡4 56 関本浩司 1:39.7 3/4 510
[-6]
小西重征 10

東北に立った皇帝、トーホウエンペラー。その最後の勝利となった2002年のマイルCS南部杯。地元岩手勢の威信にかけて、負けられない。アグネスデジタル(1997.5.15)ノボトゥルー(1996.3.27)ゴールドティアラ(1996.4.25)ウイングアロー(1995.3.25)らに伍して戦った前年2着からの巻き返しは、バンケーティング(1998.2.26)を引き連れての水沢勢のワンツーフィニッシュでした。

では、以下にトーホウエンペラーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

スズブエ 1958.5.10 中央4勝+地方6勝
|サキノオー 1967 中央6勝 福島記念(現GIII)3着
|ダイセンプー 1968 中央6勝 京王杯SH(現京王杯SC、GII)ほか現GII2着1回3着1回
|イーデンアロー 1972 中央6勝 京成杯3歳S(現京王杯2歳S、JpnII)2着
|イーデンブルース 1974.4.26 中央1勝
||レインボーアンバー 1986.3.17 中央3勝 弥生賞(現JpnII) 菊花賞(現JpnI)2着ほか現JpnIII2着1回
||レインボーブルー 1988.3.27 中央1勝
|||トーホウエンペラー 1996.5.11 (本馬) 地方20勝 東京大賞典(現JpnI) マイルCS南部杯(現JpnI)ほか

伯父に「競馬界のマット・ビオンディ」ことレインボーアンバーがいますね。1989年、水田のような馬場になった弥生賞を先行2番手から抜け出して「大差」で勝利を収めました。 今さっきレースの動画を見てみたのですけれど、確かにスゴイ馬場でした。ほかにも祖母イーデンブルースの兄たち3頭が重賞3着までに入っている活躍を見せています。

思えば小岩井農場の4号族、プロポンチス(1897)系。その末えいが「岩手の雄」となったのは、ある意味で必然だったのかも知れませんね。

トーホウエンペラーは2002年のフェブラリーS(GI)に出走した際に本命に押したことを懐かしく思い出します。

◎はトーホウエンペラー。頑張れ、岩手競馬の雄。その4代血統構成は『ブライアンズタイム×ノーリュート×マッチウォン×ハロウェー』で、Northern Dancer&Native Dancer Freeのチャンピオン血統馬です。牝系は、日本古来の4号族プロポンチス(1897)系。伯父に不良馬場の弥生賞(GII)を制して『競馬界のマット・ビオンディ』と呼ばれたレインボーアンバー(1986.3.1)がいます。また、マイル戦は9戦6勝、2着3回で100%連対なのも心強いです。左回りを不安視する向きもあるようですが、陣営は「ハミ替え」を敢行してここに臨むようです。

↑の引用中に「Northern Dancer & Native Dancer Free」と記していますけれど、その血統構成から、多くの繁殖牝馬に配合のしやすい種牡馬として、現在はアロースタッドにて繋養されています。「初年度は種付け料無料」という関係者の努力が実り、産駒が2歳を迎えた2006年にはNARの初年度種牡馬の首位に輝きました。

現役時代に見た黒光りする青毛の馬体はとても美しかったトーホウエンペラー。そのベルベットのような肌つやを、これからも伝え続けてほしいものです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

第14回NHKマイルC(GI)出走予定馬について。

第14回NHKマイルカップ(GI)出走予定馬について

馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
母父 祖母父 曾祖母父
1 ゲットフルマークス
(2006.2.27)
[8-G]
7番仔
(不受胎後)
マイネルラヴ Danzig Seattle Slew No Robbery
2 ミッキーパンプキン
(2006.3.2)
[8-H]
2番仔+
(2連産目+)
ダンスインザダーク Alzao Diesis Cloudy Dawn
3 ジョーカプチーノ
(2006.4.11)
[2-F スピンドル系]
初仔 マンハッタンカフェ フサイチコンコルド トウショウボーイ フォルティノ
4 サンカルロ
(2006.2.5)
[23-B]
2番仔
(不受胎後)
シンボリクリスエス Crafty Prospector セクレト Olden Times
5 ツクバホクトオー
(2006.4.4)
[22]
5番仔
(5連産目)
フジキセキ アーミジャー Lyphard Buckpasser
6 アイアンルック
(2006.2.7)
[19-B]
6番仔
(6連産目)
アドマイヤボス ヘクタープロテクター ナイスダンサー ★Stop the Music
7 ワンカラット
(2006.4.3)
[1-N]
2番仔
(空胎後)
ファルブラヴ Pistolet Bleu Tourangeau Cadmus
8 スガノメダリスト
(2006.3.8)
[8-F]
11番仔+
(5連産目)
キングカメハメハ Gone West Northern Dancer Victoria Park
9 マイネルエルフ
(2006.3.25)
[20-A]
2番仔
(2連産目)
シンボリクリスエス Rahy ノーザンテースト ボールドアンドエイブル
10 グランプリエンゼル
(2006.3.16)
[22-B]
6番仔
(2年連続
不受胎後)
★アグネスデジタル サンデーサイレンス ノーザンテースト パーソロン
11 ダイワプリベール
(2006.1.29)
[12-B]
初仔 Empire Maker Efisio Dancing Dissident Alzao
12 ラインブラッド
(2006.3.9)
[3]
9番仔+
(2連産目)
タイキシャトル Trempolino Mr. Prospector Your Alibhai
13 レッドスパーダ
(2006.5.21)
[19-C]
2番仔+
(2連産目)
タイキシャトル Storm Cat Bates Motel Wise Exchange
14 タイガーストーン
(2006.3.8)
[7]
3番仔+
(3連産目+)
アフリート Rainbow Quest Nijinsky Key to the Mint
15 ティアップゴールド
(2006.3.7)
[5-H]
6番仔+
(6連産目+)
クロフネ Machiavellian Shirley Heights ★Nijinsky
16 ブレイクランアウト
(2006.4.27)
[1-T]
2番仔
(不受胎後)
Smart Strike フレンチデピュティ Baldski What a Pleasure
17 アドバンスヘイロー
(2006.5.4)
[13-B]
8番仔+
(8連産目+)
キングヘイロー Devil's Bag Nijinsky Raise a Native
18 フィフスペトル
(2006.5.22)
[19-B]
4番仔+
(不受胎後)
キングカメハメハ Bahri ★Roberto Nijinsky

調べるうち、何も考えずに「重賞勝ち馬を狙う」というアプローチで良い様な気がしてきました。

昨日のエントリで確認したのは、

  1. 直父系Deputy Minister系
  2. 母父Danzig系
  3. 母が前年産駒なし後の仔

という要素を持つ馬の活躍が割合に目立つというところでした。それぞれについて、今年の出走馬を内枠から確認してみます。

1点目のDeputy Minister系。直父系に持つのはティアップゴールド1頭、他には母父系に持つブレイクランアウト1頭。

2点目のDanzig系。母父に持つゲットフルマークス1頭のみ。

3点目の母が前年産駒なし後の仔。ゲットフルマークス、ジョーカプチーノ、サンカルロ、ワンカラット、グランプリエンゼル、ダイワプリベール、ブレイクランアウト、フィフスペトルという8頭。

やはり最後の3点目については「空胎後に名馬あり」ということでしょうか。ここに臨む重賞勝ち馬7頭のうち6頭が当てはまっています。初仔よりもむしろ目立つのは不受胎後の仔ですね。まま、18頭中8頭いれば、どの馬かが連対を果たしてくれるでしょう(^_^.)

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

過去10年のNHKマイルC(GI)連対馬について。

過去10年のNHKマイルC(GI)連対馬について

馬名(上が1着、下が2着)
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1
9
9
9
シンボリインディ
(1996.1.20)
[5-F]
初仔 A.P. Indy Danzig Exceller Damascus
ザカリヤ
(1996.2.26)
[3-N]
2番仔+
(2連産目+)
Zafonic Sadler's Wells Diesis Petingo
2
0
0
0
イーグルカフェ
(1997.2.10)
[7]
3番仔
(不受胎後)
Gulch Nureyev Damascus Le Fabuleux
トーヨーデヘア
(1997.2.20)
[4-R]
8番仔+
(3連産目+)
デヒア Cyane ★Restless Native Lovely Night
2
0
0
1
クロフネ
(1998.3.31)
[2-R]
3番仔
(流産後)
フレンチデピュティ Classic Go Go Icecapade ★Roberto
グラスエイコウオー
(1998.3.27)
[2-N]
4番仔+
(2連産目+)
フレンチデピュティ Explodent Tobin Bronze Restless Wind
2
0
0
2
テレグノシス
(1999.5.11)
[5-H]
8番仔
(8連産目)
トニービン ノーザンテースト Secretariat Dunce
アグネスソニック
(1999.1.30)
[4-R]
6番仔+ Unbridled's Song ★Nureyev Key to the Mint Crozier
2
0
0
3
ウインクリューガー
(2000.2.13)
[2-F]
9番仔
(4連産目)
タイキシャトル Be My Guest Busted Queen's Hussar
エイシンツルギザン
(2000.3.10)
[3-D]
4番仔+
(2連産目+)
サクラバクシンオー Fappiano Caucasus T.V. Commercial
2
0
0
4
キングカメハメハ
(2001.3.20)
[22-D]
4番仔
(3連産目)
Kingmambo ラストタイクーン Blakeney Green Dancer
コスモサンビーム
(2001.3.28)
[1-H]
6番仔
(6連産目)
ザグレブ Rainbow Quest ★Be My Guest トンピオン
2
0
0
5
ラインクラフト
(2002.4.4)
[9-F]
4番仔
(3連産目)
エンドスウィープ サンデーサイレンス ノーザンテースト ヒッティングアウェー
デアリングハート
(2002.3.9)
[1-L]
6番仔
(不受胎後)
サンデーサイレンス Danzig Briartic Hasty Road
2
0
0
6
ロジック
(2003.3.17)
[2-E スイートヘレン系]
7番仔
(2連産目)
アグネスタキオン サクラユタカオー シンザン トサミドリ
ファイングレイン
(2003.3.7)
[14-A]
初仔 フジキセキ Polish Precedent ★Mill Reef High Line
2
0
0
7
ピンクカメオ
(2004.4.24)
[5-G]
12番仔
(8連産目)
フレンチデピュティ Silver Hawk Chieftain Mahmoud
ローレルゲレイロ
(2004.5.3)
[1-B セレタ系]
初仔 ★キングヘイロー テンビー カコイーシーズ マルゼンスキー
2
0
0
8
ディープスカイ
(2005.4.24)
[23-B]
4番仔
(不受胎後)
アグネスタキオン Chief's Crown Key to the Mint Cornish Prince
ブラックシェル
(2005.1.31)
[3-L フロリースカップ系]
3番仔
(不受胎後)
クロフネ ウイニングチケット トウショウボーイ タリヤートス

という訳で、簡単ではありますけれど、過去10年のNHKマイルCの連対馬を確認してみました。

黒字に黄褐色の背景で示しましたDeputy Minister(1979.5.17)系が割合に目立つような感じです。同父系を持つ過去10年における連対馬はいずれも直父系に持っていますけれど、今年2009年の人気馬は母父にフレンチデピュティ(1992.1.30)が配されていますね。

また、黒字に薄い黄色の背景で示したのはDanzig(1977.2.12)系。母父に持ち合わせた馬がここ4年で3回連対を果たしています。

あとは、やはり母が前年産駒なし後の仔でしょうか。なんだ言いながら、空胎後に名馬あり。この表中では、古くはシンボリインディ、イーグルカフェ、クロフネという勝ち馬、そして近4年はどの年も連対を果たしています。特に昨年は母が不受胎後の仔のワンツーでした。

また明日、今年の出走予定馬を確認してみようと思います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 7日 (木)

第196回英1000ギニー(GI)-ディープインパクトの近親-。

Ghanaati 牝 鹿毛 2006.3.28生 米国・シャドウェルファーム社生産 馬主・シェイク・ハムダン・アル・マクトゥーム 英国・B.W.ヒルズ厩舎

Ghanaati(2006.3.28)の4代血統表

Giant's Causeway[A]
栗毛 1997.2.14
種付け時活性値:0.00
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird
鹿毛 1978.4.19
Northern Dancer 1961.5.27
South Ocean 1967.4.8
Terlingua
栗毛 1976.2.7
Secretariat 1970.3.30
Crimson Saint 1969.3.15
Mariah's Storm
鹿毛 1991.4.1
Rahy
栗毛 1985.2.18
Blushing Groom 1974.4.8
Glorious Song 1976.4.22
イメンス
鹿毛 1979.3.17
Roberto 1969.3.16
Imsodear 1967.3.16
Sarayir
鹿毛 1994.4.7
仔受胎時活性値:0.75
Mr.Prospector[x]
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:1.75
★Raise a Native
栗毛 1961.4.18
Native Dancer 1950.3.27
Raise You 1946
Gold Digger
鹿毛 1962.5.28
Nashua 1952.4.14
Sequence 1946
Height of Fashion
鹿毛 1979.4.14
仔受胎時活性値:1.50
Bustino[F]
鹿毛 1971
種付け時活性値:1.75
Busted 1963
Ship Yard 1963
Highclere
鹿毛 1971
仔受胎時活性値:1.75
Queen's Hussar[A]
鹿毛 1960
種付け時活性値:0.50
Highlight
鹿毛 1958
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:なし>

Ghanaati(2006.3.28)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Mr.Prospector
(Contessina)
5.00 伯父Nashwan
(No.2-F)
7番仔?
(3連産目以降の仔)

前日の英2000ギニー(GI)を昨年9月以来の6番人気馬Sea The Stars(2006.4.6)が制したと思ったところ、翌日の英1000ギニー(GI)も昨年10月以来となる7番人気馬Ghanaatiが制しました。久々でも何でもしっかり走る馬が多いところに海外の競馬の奥深さを思います。

では、以下にGhanaatiのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、図中の重賞格付けはいずれも各馬が出走した当時のものです。

Highclere 1971 英仏3勝 英1000ギニー(GI) 仏オークス(GI)
|ミルフォード 1976.4.29 英3勝 プリンセスオブウェールズS(GII)など重賞3勝
|Burghclere 1977.4.26 英3勝
||Capo di Monte 1982.4.18 英米仏5勝 ヴィンランドH(米GIII)
||インヴァイト 1986.2.4 英2勝
|||ウインクリューガー 2000.2.13 中央5勝 NHKマイルC(GI) アーリントンC(GIII)
||ウインドインハーヘア 1991.2.20 英愛独3勝 アラルポカル(独GI)
|||Veil of Avalon 1997.3.31 米英仏7勝 デラローズH(米GIII)
|||レディブロンド 1998.3.20 中央5勝
|||ブラックタイド 2001.3.29 中央3勝 スプリングS(GII) きさらぎ賞(GIII)2着ほか
|||ディープインパクト 2002.3.25 中央12勝+仏0勝 ジャパンカップ(GI)含むGI7勝ほか
|||オンファイア 2003.3.26 中央1勝 東京スポーツ杯2歳S(GIII)3着
|||ニュービギニング 2004.3.19 現役 ホープフルS(OP) 毎日杯(GIII)3着
|Height of Fashion 1979.4.14 英5勝 プリンセスオブウェールズS(GII)など重賞3勝
||Alwasmi 1984.2.19 海外3勝 ジョンポーターS(英GIII)
||Unfuwain 1985.3.5 英仏6勝 プリンセスオブウェールズS(GII)など重賞4勝
||Nashwan 1986.3.1 英仏6勝 英ダービー(GI) 英2000ギニー(GI) "キング・ジョージ"(GI) エクリプスS(英GI)
||Sarayir 1994.4.7 英3勝
|||Ghanaati 2006.3.28 (本馬) 英1000ギニー(GI)
||Nayef 1998.5.1 英UAE愛9勝 英チャンピオンS(GI) 英インターナショナルS(GI) ドバイシーマクラシック(GI)
|Highbrow 1985.4.25 英1勝
||Blueprint 1995.4.3 英米仏9勝 サンセットH(米GII)など重賞3勝

女王陛下のHighclereから連なる牝系。英2000ギニーの勝ち馬Sea The Starsに負けず劣らず豪華な近親たちが居並びます。近親に見えるウインドインハーヘアは今となってはもちろん「ディープインパクトの母」ですけれど、 私が初めて意識したのは1995年に彼女がアラルポカル(現ラインラントポカル)を制した際、そのお腹にアラジ(1989.3.4)の仔を受胎しているという記事を当時の月刊「優駿」で目にした時でした。

戦歴を見るとGhanaatiは昨年の2歳戦はケンプトン競馬場のオールウェザーコースしか走っていなかったのですね。つまり芝の初出走が英1000ギニーで、ましてや久々を意に介さず勝ち切ったのですから、能力は相当なのでしょう。

レースコースの選択肢が広がったことにより、ローテーションがさらに多岐に渡るようになっていくことでしょう。芝、ダート、そしてオールウェザー。21世紀も10年経とうとしている今、競馬も新たな時代に差し掛かったようです。

Ghanaati、時代に先べんを付けた女王として、これからも頑張ってほしいものです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第201回英2000ギニー(GI)-有無を言わさぬ超良血馬-。

Sea The Stars 牡 鹿毛 2006.4.6生 愛国・サンダーランドホールディングス社生産 馬主・C.ツイ氏 愛国・J.M.オックス厩舎

Sea The Stars(2006.4.6)の4代血統表
Cape Cross[A]
黒鹿毛 1994.3.13
種付け時活性値:0.75
Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Foreign Courier
鹿毛 1979.4.11
Sir Ivor 1965.5.5
Courtly Dee 1968.3.8
Park Appeal
黒鹿毛 1982.4.9
Ahonoora
栗毛 1975.4.12
Lorenzaccio 1965
Helen Nichols 1966
Balidaress
芦毛 1973.4.22
Balidar 1966
Innocence 1968
アーバンシー
栗毛 1989.2.18
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Miswaki[x]
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:0.50
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Hopespringseternal
栗毛 1971.5.27
Buckpasser 1963.4.28
Rose Bower 1958.3.24
Allegretta
栗毛 1978.3.10
仔受胎時活性値:0.50
Lombard[G]
栗毛 1967
種付け時活性値:0.50
Agio 1955
Promised Lady 1961
Anatevka
栗毛 1969
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Espresso[F]
栗毛 1958
種付け時活性値:0.50
Almyra
鹿毛 1962
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:なし>

Sea The Stars(2006.4.6)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Cape Cross 6.00 or 4.00 or 2.00 母が凱旋門賞馬&兄姉にGI馬3頭
(No.9-H)
10番仔?
(少なくとも3連産目以降の仔)

昨年9月以来となった英2000ギニー(GI)を制したのは6番人気だったSea The Stars。もはや何も言いますまい。言わずもがなの超良血。

では、以下にSea The Starsのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Allegretta 1978.3.10 2勝 英オークストライアル(GIII)2着
|Anzille 1986.3.8 0勝
||Anzillero 1997.4.26 3勝 ドイチュランド賞(独GI)
|アーバンシー 1989.2.18 8勝 凱旋門賞(仏GI)ほか仏GII1勝仏GIII2勝
||Urban Ocean 1996.2.15 4勝 ガリニュールS(英GIII)
||Melikah 1997.3.17 1勝 愛オークス(GI)2着 英オークス(GI)3着
||Galileo 1998.3.30 6勝 英ダービー(GI) 愛ダービー(GI) "キング・ジョージ"(英GI) ダービートライアルS(愛GIII)
||Black Sam Bellamy 1999.4.21 4勝 タタソールズGC(愛GI) ジョッキークラブ大賞(伊GI)
||All Too Beautiful 2001.4.30 3勝 ミドルトンS(英GIII) 英オークス2着
||My Typhoon 2002.5.7 9勝 ダイアナS(米GI)ほかGII4勝GIII1勝
||Cherry Hinton 2004.1.25 0勝 ブルーウインドS(愛GIII)2着
||Sea The Stars 2006.4.6 (本馬) 英2000ギニー(GI) ベレスフォードS(愛GII)
|Turbaine 1990.3.29 2勝
||Tertullian 1995.3.28 12勝 ポルトマイヨ賞(仏GIII)ほか伊GIII2勝独GIII2勝
|Allez Les Trois 1991.4.26 3勝 フロール賞(仏GIII)
||Al Ishq 1997.4.30 1勝
|||Tamayuz 2005.3.1 5勝 ジャック・ル・マロワ賞(仏GI) ジャンプラ賞(仏GI) フォンテンブロー賞(仏GIII)
||Anabaa Blue 1998.4.12 4勝 仏ダービー(GI) ノアイユ賞(仏GII) シャンティ賞(仏GII)
|King's Best 1997.1.24 3勝 英2000ギニー(GI)

もうどこの国で走ったかまでは調べる元気がありませんでした。とりあえず「アーバンシーの仔は走りまくり」ということですね(^^;)

さて、今回のSea The Starsの英2000ギニー勝利により、アーバンシーは繁殖牝馬として4頭目のGI勝ち馬を送り込んだことになります。恐るべしはアーバンシー。自身も凱旋門賞馬にして、そしてなお、史上に残る名繁殖牝馬となりました。

記事が止まっていて恐縮ですが、「北半球に居を構えた繁殖牝馬のうち、4頭のGI勝ち馬を輩出したのは4頭だけ」ということで、「4頭のGI勝ち馬を輩出した母-其の壱-。」で紹介したDahlia(1970.3.25)、「4頭のGI勝ち馬を輩出した母-其の弐-。」で紹介したFall Aspen(1976.3.9)、後に残るToussaud(1989.5.6)、そして私がボヤッとしている間に「5頭のGI勝ち馬の母」となったHasili(1991.3.12)という4頭の先達に続いて、アーバンシーが5頭目の「北半球に居を構えた繁殖牝馬のうち、4頭以上のGI勝ち馬を輩出した繁殖牝馬」と相成りました。

5頭の偉大な母馬たち、いずれ劣らぬ名牝です。その中でも競走成績と繁殖成績を併せて見ると、「Dahliaかアーバンシーか」というところに行き着くのではないでしょうか。かたやGI10勝で現在のところ牝馬として唯一の"キング・ジョージ"(英GI)連覇を果たした馬であるDahlia、こなた20世紀最後の牝馬の凱旋門賞勝ち馬アーバンシー。Dahliaは自身の競走成績が凄すぎて仔どもたちが可哀相ではありますが、アーバンシーは21世紀最初のワンダーホースとも思えたGalileoを輩出したところが凄いですね。

思えば、1993年のジャパンカップ(GI)に来日した際、動く栗毛をテレビを通じてライブで見られたことは幸運だったのでしょう。残念ながらアーバンシーは今年の3月2日に亡くなってしまいましたけれど、残された仔たちの更なる活躍に期待したいと思います。

果たして、Sea The Starsの次なる目標やいかに。今年、日本では兄弟ダービー制覇の期待がかかっていますけれど、英国でも同様でしょうか。洋の東西を問わず、名血がジーワンを制するとその後が本当に楽しみになるものです。皆様、期待して見守りましょう。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

第135回ケンタッキーダービー(米GI)-17番人気馬のアップセット-。

Mine That Bird せん 鹿毛 2006.5.10生 米国・L,ブラックバーン&ニードハム/ベッツ サラブレッズ生産 馬主・ダブルイーグルランチほか 米国・B.W.ウーリーJr.厩舎

Mine That Bird(2006.5.10)の4代血統表
Birdstone[A]
鹿毛 2001.5.16
種付け時活性値:1.00
Grindstone
黒鹿毛 1993.1.23
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Buzz My Bell
黒鹿毛 1981.4.13
Drone 1966.4.1
Chateaupavia 1966.5.24
Dear Birdie
栗毛 1987.3.19
★Storm Bird
鹿毛 1978.4.19
Northern Dancer 1961.5.27
South Ocean 1967.4.8
Hush Dear
栗毛 1978.3.6
Silent Screen 1967.4.23
You All 1968.3.26
Mining My Own
栗毛 2001.2.9
仔受胎時活性値:1.00

Smart Strike[x]
鹿毛 1992.5.21
種付け時活性値:0.00(2.00)
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Classy 'n Smart
鹿毛 1981.5.20
Smarten 1976.4.17
No Class 1974.3.30
Aspenelle
栗毛 1990.3.16
仔受胎時活性値:0.50
Vice Regent[A]
栗毛 1967.4.29
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961.5.27
Victoria Regina 1958.5.18
Little to Do
栗毛 1980.3.8
仔受胎時活性値:0.25
Dynastic[A]
黒鹿毛 1968.2.21
種付け時活性値:0.75
Tribal to Do
栗毛 1974.4.20
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Mr.Prospector5×3、Northern Dancer4×4、Nashua5×5>

Mine That Bird(2006.5.10)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Vice Regent
(Aspenelle)
3.00
(No.23-B)
初仔?

19頭立て17番人気馬のアップセットもビックリですけれど、その走りぶりもかなりビックリ。黒い帽子と服地は黒を基調にした白い袖の勝負服にご注目を。

↑の静止画であれば1番右端の馬ですよ、勝ち馬は(笑)。道中はポツンと1頭だけ最後方から進み、4コーナー手前で加速するとウマく最内を突いたC.ボレル騎手の好騎乗もあり、あっという間に抜け出して6と4分の3馬身差。ひと昔前ならば「ミスターシービーしちゃった」、最近であれば「飛びましたね」と言いたくなる様なレースぶりでした。

前日のケンタッキーオークス(米GI)を1番人気のRachel Alexandraで20と4分の1馬身差勝ち、そして翌日のケンタッキーダービーを17番人気のMine That Birdで6と4分の3馬身差勝ち。チャーチルダウンズの競馬の神様がカルビン・ボレル騎手に微笑みかけたのでしょう。

では、以下にMine That Birdのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Little to Do 1980.3.8 北米5勝
|Joy's Countess 1989.2.23 北米9勝
||Blackjack Boy 2000.1.19 北米11勝 ケンタッキーBCS(米GIII)3着
|Aspenelle 1990.3.16 北米2勝 カナディアンオークス2着
||Mining My Own 2001.2.9 不出走
|||Mine That Bird 2006.5.10 (本馬) ケンタッキーダービー(米GI)ほか

近親馬の成績を見ると主にカナダで活躍している牝系のようです。Mine That Bird自身もカナダのウッドバイン競馬場で行われたグレイS(GIII)という2歳重賞を制しています。

Mine That Birdは、調子如何によっては、プリークネスS(米GI)をスキップしてベルモントS(米GI)で父Birdstoneとの父仔制覇を狙う模様。果たして番狂わせを演じたせん馬が次に走る舞台やいかに。こちらも楽しみですね。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第135回ケンタッキーオークス(米GI)-20と4分の1馬身差勝ち-。

たまには海外のクラシックレースも回顧しておきます。誰ですか「黄金週間だから時間があるんだろう」と憶測されているのは(^_^.)

Rachel Alexandra 牝 鹿毛 2006.1.29生 米国・D.C.モリソン氏生産 馬主・L&Mパートナーズ社 米国・H.R.ウィギンス厩舎

Rachel Alexandra(2006.1.29)の4代血統表
Medaglia d'Oro[A●]
黒鹿毛 1999.4.11
種付け時活性値:1.50
El Prado
芦毛 1989.2.3
Sadler's Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Lady Capulet
芦毛 1974.4.3
Sir Ivor 1965.5.5
Cap And Bells 1958.5.21
Cappucino Bay
鹿毛 1989.2.12
Bailjumper
鹿毛 1974.3.28
Damascus 1964.4.14
Court Circuit 1964.4.11
Dubbed In
栗毛 1973.5.31
Silent Screen 1967.4.23
Society Singer 1968.4.24
Lotta Kim
鹿毛 2001.3.15
仔受胎時活性値:1.00
Roar[x]
鹿毛 1993.1.25
種付け時活性値:1.75
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr.Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Wild Applause
鹿毛 1981.5.4
Northern Dancer 1961.5.27
Glowing Tribute 1973.3.15
Kims Blues
鹿毛 1993.4.3
仔受胎時活性値:1.75
Cure the Blues[A]
鹿毛 1978.4.27
種付け時活性値:1.50
Stop the Music 1970.3.23
Quick Cure 1971.1.27
Early Decision
黒鹿毛 1985.5.11
仔受胎時活性値:1.75
Lord Gaylord[A]
黒鹿毛 1970.4.21
種付け時活性値:1.50
Biscayne Missy
黒鹿毛 1975.5.24
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4、Sir Gaylord5×5>

Rachel Alexandra(2006.1.29)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Roar
(Lotta Kim)
4.75
(No.1-O)
初仔?

まま、とにかく動画をご覧くださいな(^_^.)

鞍上のC.ボレル騎手、直線に入ってから左右を確認するも、「後ろからは何にも来ない」(by 杉本清アナによるテスコガビーの桜花賞)。

では、以下にRachel Alexandraのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Early Decision 1985.5.11 北米7勝
|Kim's Blues 1993.4.3 北米4勝
||Lotta Rhythm 1999.3.23 北米6勝 ゴールデンロッドS(米GII)3着
||Lotta Kim 2001.3.15 北米1勝 ゴールデンロッドS2着
|||Rachel Alexandra 2006.1.29 (本馬) ケンタッキーオークス(米GI)ほか米GII3勝

↑の図では「ほか米GII3勝」としましたけれど、伯母Lotta RhythmがゴールデンロッドS3着、母Lotta KimがゴールデンロッドS2着と来て、Rachel AlexandraがゴールデンロッドS1着となりました。戦歴をたどるとゴールデンロッドSがRachel Alexandraの重賞初勝利ですね。ケンタッキーオークスと同じチャーチルダウンズ競馬場で行われる8.5Fの2歳牝馬重賞です。

これだけのレースを見せられると「牡馬との対戦を」と思うところですけれど、トレーナーの思惑は「次走は(ベルモントSと同日の)エイコーンS」のようです。改めてRachel Alexandraがどのような走りを見せてくれるのか楽しみにしたいものです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

第16回青葉賞(JpnII)の勝ち馬。

アプレザンレーヴ 牡 芦毛 2006.3.13生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰郎厩舎

アプレザンレーヴ(2006.3.13)の4代血統表
シンボリクリスエス[A]
黒鹿毛 1999.1.21
種付け時活性値:1.50
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Sharp Queen
鹿毛 1965.4.19
Princequillo 1940
Bridgework 1955.3.23
Tee Kay
黒鹿毛 1991.2.9
★Gold Meridian
黒鹿毛 1982.4.14
Seattle Slew 1974.2.15
Queen Louie 1968.4.9
Tri Argo
黒鹿毛 1982.5.18
Tri Jet 1969.4.3
Hail Proudly 1969.3.5
レーヴドスカー
芦毛 1997.4.24
仔受胎時活性値:2.00
Highest Honor[A]
芦毛 1983.6.15
種付け時活性値:1.25
Kenmare
芦毛 1975.5.5
Kalamoun 1970.4.30
Belle of Ireland 1964
High River
鹿毛 1978.5.12
★Riverman 1969
Hairbrush 1970.4.3
Numidie
鹿毛 1988.4.8
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
バイアモン[A●]
鹿毛 1982.5.19
種付け時活性値:1.25
Blushing Groom 1974.4.8
Lodeve 1972
Yamuna
鹿毛 1981.3.5
仔受胎時活性値:1.50
★Green Dancer[A]
鹿毛 1972.4.14
種付け時活性値:0.00
Yeovil
鹿毛 1974.3.15
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Sir Gaylord5×5(母方)>

アプレザンレーヴ(2006.3.13)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
シンボリクリスエス 7.00 or 5.00 半兄ナイアガラ
(No.1-P)
4番仔
(2連産目)
第16回青葉賞(JpnII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 17 アプレザンレーヴ 牡3 56 内田博幸 2:26.2    34.2 526
[+2]
池江泰郎 1
2 2 マッハヴェロシティ 牡3 56 柴田善臣 2:26.4 1 1/4 34.6 508
[+8]
武藤善則 7
3 16 トップカミング 牡3 56 幸英明 2:26.5 1/2 34.3 444
[-8]
境直行 6
4 13 ピサノカルティエ 牡3 56 福永祐一 2:26.5 クビ 34.2 470
[-10]
堀宣行 3
5 10 イネオレオ 牡3 56 岩田康誠 2:26.5 ハナ 34.2 496
[0]
池江泰郎 4
第16回青葉賞(JpnII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4-11.3-11.8-12.8-12.7-12.6-12.9-12.4-12.3-11.6-11.4-12.0
上り 4F 47.3-3F 35.0

父シンボリクリスエス譲り黒鹿毛かと思いきや、よく見れば尻尾の先が白みがかっていて芦毛の片鱗が伺えます、アプレザンレーヴ。抜け出す時のギアチェンジに時間がかかる感じもしますけれど、それも未完成の魅力につながるのでしょう。青葉賞ではトップカミング(2006.4.10)に外から被されたところで勝負根性を発揮しました。

では、以下にアプレザンレーヴのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Yamuna 1981.3.5 仏2勝
|Numidie 1988.4.8 仏2勝
|レーヴドスカー 1997.4.24 仏伊日1勝 サンタラリ賞(仏GI)ほか
||ナイアガラ 2003.3.29 現役 すみれS(OP)
||レーヴダムール 2005.1.28 中央1勝 阪神JF(JpnI)2着
||アプレザンレーヴ 2006.3.13 (本馬) 青葉賞(JpnII)
|Numide 2003.6.2 仏3勝 オカール賞(GII)

母レーヴドスカー(Reve d'Oscar)は仏伊日で10戦1勝2着6回3着1回。唯一の勝ち鞍がサンタラリ賞でした。ほかにヴェルメイユ賞(仏GI)2着、オペラ賞(仏GI)2着、ジョッキークラブ大賞(伊GI)2着、ペネロープ賞(仏GIII)2着、ノネット賞3着(仏GIII)など。2000年のジャパンカップ(GI)にも出走してテイエムオペラオー(1996.3.13)から0秒5差の7着でした。

レーヴドスカーの2番仔ナイアガラの父はファンタスティックライト(1996.2.13)ですから、2000年のジャパンカップで一緒に走ったカク外馬どうしの配合ですね。また、不受胎後の3番仔レーヴダムール。「愛の夢(Reve d'Amour)」、満4歳を迎える直前に生涯を閉じてしまったのは残念でした。

ついで、余談となりますけれど、曾祖母Yamunaの仔に仏4勝のYamamoto(1993.4.21)という馬がいます。病むな、ヤマモト?

「夢の後で(Apres un Reve)」見るのは、ただ現実のみ。父仔2代の青葉賞制覇を遂げた後は、日本ダービー(現JpnI)では2着だった父の無念を晴らすだけでしょう。大器アプレザンレーヴが再び府中芝2400mで見せる末脚に改めて期待しましょう。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第139回天皇賞・春(GI)の勝ち馬。

マイネルキッツ 牡 栗毛 2003.3.18生 新冠・ビッグレッドファーム生産 馬主・(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン 美浦・国枝栄厩舎

マイネルキッツ(2003.3.18)の4代血統表
チーフベアハート[A]
栗毛 1993.2.1
種付け時活性値:0.25

Chief's Crown
鹿毛 1982.4.7
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Six Crowns
栗毛 1976.4.21
Secretariat 1970.3.30
Chris Evert 1971.2.14
Amelia Bearhart
栗毛 1983.5.17
▲Bold Hour
黒鹿毛 1964
Bold Ruler 1954.4.6
Seven Thirty 1958.5.14
Myrtlewood Lass
鹿毛 1972.3.7
Ribot 1952.2.27
Gold Digger 1962.5.28
タカラカンナ
栗毛 1993.4.30
仔受胎時活性値:0.25
サッカーボーイ[C]
栃栗毛 1985.4.28
種付け時活性値:1.75
ディクタス
栗毛 1967.411
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサッシュ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサッシュ 1966
クリムゾンラトラー
栗毛 1979.5.20
仔受胎時活性値:1.25
Crimson Satan[z]
栗毛 1959.5.4
種付け時活性値:0.75
Spy Song 1943
Papila 1943
Falina's Dancer
黒鹿毛 1972.4.19
仔受胎時活性値:1.50
Rattle Dancer[x]
栗毛 1959.4.11
種付け時活性値:1.00
Falina
青鹿毛 1959
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5、Bold Ruler5×4(父方)>

マイネルキッツ(2003.3.18)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
サッカーボーイ
(Lady Angela)
4.00 半妹マイネカンナ
(No.10-E)
初仔
(不受胎後)
第139回天皇賞・春(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 2 マイネルキッツ 牡6 58 松岡正海 3:14.4    34.9 494
[-8]
国枝栄 12
2 4 アルナスライン 牡5 58 蛯名正義 3:14.4 クビ 34.8 542
[-4]
松元茂樹 4
3 12 ドリームジャーニー 牡5 58 池添謙一 3:14.7 1 3/4 34.9 426
[-2]
池江泰寿 5
4 1 サンライズマックス 牡5 58 福永祐一 3:14.7 ハナ 34.6 444
[-10]
増本豊 10
5 3 ジャガーメイル 牡5 58 安藤勝己 3:14.8 1/2 34.5 478
[+8]
堀宣行 6
第139回天皇賞・春(GI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
13.3-11.7-11.4-12.2-11.6-11.9-11.9-13.0-13.0-12.7-12.7-12.2-11.7-11.8-11.3-12.0
上り 4F 46.8-3F 35.1

ここまで重賞2着3回はあったものの、なかなか勝ち切れなかったマイネルキッツ。初めてのGI出走、そして初めてのオープンクラス勝ちがなんと天皇賞・春と相成りました。道中は10番手あたりに位置していたマイネルキッツ、2回目の坂の下りをウマく利して3、4番手で直線。馬場中央のアサクサキングス(2004.3.23)、アルナスライン(2004.2.18)の競り合いを尻目に最内を突き、クビだけ先着したところがゴール。黒い浅めのブリンカーを付けた栗毛が、風薫る京都の緑の芝を、子鹿のような軽やかさを持って駆けました。

母が前年産駒なし後の仔、サンデーサイレンス(1986.3.25)を持たない馬。前2年の勝ち馬と同様にマイネルキッツはこの2つを持ち合わせた馬でした。そして、淀の長距離はHampton(1872)系。4代血統構成を見た時、密かに青字に薄い青の背景色で注意していたものの……、いやサッカーボーイはスゴイ種牡馬です。

また2007年メイショウサムソン(2003.3.7)、2008年アドマイヤジュピタ(2003.3.1)に続いて、2009年マイネルキッツということで、3年連続で2003年生まれ世代の牡馬が天皇賞・春を制しました。なんだ言いながら「世代の層の厚さ」が無ければ別々の馬たちで淀芝3200mのGIを勝つことなどできません。マイネルキッツの後に続いた2004年生まれ世代の牡馬たちも、なんとか一矢報いたかったでしょうけれど。

#余談。見れば3着ドリームジャーニー(2004.2.24)、4着サンライズマックス(2004.4.23)。この2頭の父はステイゴールド(1994.3.24)。ステイゴールドの母ゴールデンサッシュ(1988.4.23)はサッカーボーイの全妹ですね。今年の出走馬18頭中「ディクタス×ダイナサッシュ」の血を持った馬は3頭。つまりは全馬掲示板に乗る活躍ぶりでした。

では、以下にマイネルキッツのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Falina 1959 米1勝
|Crimson Falcon 1970.3.19 米14勝 プレジデンツC(GIII)ほか
|Falina's Dancer 1972.4.19 米3勝
||クリムゾンラトラー 1979.5.20 米2勝
|||タカラカンナ 1993.4.30 中央5勝+地方2勝
||||マイネルキッツ 2003.3.18 (本馬) 天皇賞・春(GI)
||||マイネカンナ 2004.3.13 現役 福島牝馬S(GIII)

半妹マイネカンナも重賞勝ち馬。母タカラカンナは初仔、2番仔と続けて重賞勝ち馬を産んだ賢母ですね。

低人気でGI勝ちを収めると「フロック」と見られるのが常です。けれど、マイネルキッツが刻んだ3分14秒4の勝ち時計は1997年のマヤノトップガン(1992.3.24)と並ぶ史上3位の好時計でした。淀の長距離ジーワンの勝ち馬にフロックなし。地道に積み重ねてき来た力がついに発揮されたと見たいと思います。

天皇賞馬となっていざ行かん宝塚記念(GI)。マイネルキッツ、関東古馬の大将格としてこれからも頑張ってほしいものです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

おまけ。「チーフベアハートォ、初仔っ!!」と叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年5月 4日 (月)

タニノギムレット(1999.5.4)。

タニノギムレット 牡 鹿毛 1999.5.4生 静内・カントリー牧場生産 馬主・谷水雄三氏 栗東・松田国英厩舎

タニノギムレット(1999.5.4)の4代血統表
ブライアンズタイム[A]
黒鹿毛 1985.5.28
種付け時活性値:1.25
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Bramalea
黒鹿毛 1959.4.12
Nashua 1952.4.14
Rarelea 1949
Kelley's Day
鹿毛 1977.5.11
Graustark
栗毛 1963.4.7
Ribot 1952.2.27
Flower Bowl 1952
Golden Trail
黒鹿毛 1958.3.5
Hasty Road 1951
Sunny Vale 1946
タニノクリスタル
栗毛 1988.4.4
仔受胎時活性値:0.50
クリスタルパレス[A]
芦毛 1974.3.25
種付け時活性値:1.25
Caro
芦毛 1967.4.11
フォルティノ 1959.4.19
Chambord 1955
Hermieres
栗毛 1958.4.10
Sicambre 1948
Vieille Pierre 1951
タニノシーバード
栗毛 1972.4.27
仔受胎時活性値:1.75
Sea-Bird[x]
栗毛 1962.3.8
種付け時活性値:0.25
Dan Cupid 1956.2.14
Sicalade 1956
Flaxen
栗毛 1968.5.15
仔受胎時活性値:0.75
Graustark[B]
栗毛 1963.4.7
種付け時活性値:1.00
Flavia
鹿毛 1958.3.13
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Graustark3×4、Roman5×5、Sicambre4×5(母方)>

タニノギムレット(1999.5.4)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ブライアンズタイム 3.25 母がオープン特別勝ち馬
(No.9-C)
4番仔
(4連産目)
第69回日本ダービー(現JpnI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3 タニノギムレット 牡3 57 武豊 2:26.2    34.7 482
[+2]
松田国英 1
2 11 シンボリクリスエス 牡3 57 岡部幸雄 2:26.4 1 35.2 520
[-6]
藤沢和雄 3
3 8 マチカネアカツキ 牡3 57 K.デザーモ 2:26.4 アタマ 35.6 512
[-4]
藤沢和雄 6
4 10 メガスターダム 牡3 57 松永幹夫 2:26.4 アタマ 35.2 490
[-2]
山本正司 9
5 18 ゴールドアリュール 牡3 57 上村洋行 2:26.5 クビ 35.8 498
[-4]
池江泰郎 13
第69回日本ダービー(現JpnI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.8-11.3-12.6-12.6-12.4-12.3-12.4-12.0-12.2-11.7-11.6-12.3
上り 4F 47.8-3F 35.6

5月の最終週の日曜日に生まれ日が巡る人は幸せである」と我ながらに思うことがあります。今年2009年はウマいことカレンダーが巡り、4月6日生まれのエアグルーヴ、4月20日生まれのトウカイテイオー、そして5月4日生まれのタニノギムレットと、 各々が今年の生まれ日を迎えた月曜日ごとに、私の誕生日である5月26日にクラシック制覇を遂げてくれた馬たちを紹介できました。

では、以下にタニノギムレットのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、図内の重賞格付けはいずれも各馬が出走した当時のものです。

Flavia 1958.3.13 海外6勝
|Flaxen 1968.5.15 海外0勝
||タニノシーバード 1972.4.27 海外2勝
|||タニノスイセイ 1983.6.23 中央7勝 北九州記念(GIII) 朝日CC(GIII)
|||タニノクリスタル 1988.4.4 中央3勝 アネモネS(OP) サファイアS(GIII)3着
||||タニノギムレット 1999.5.4 (本馬) 日本ダービー(GI)ほかGII1勝GIII2勝
|||タニノビッグネーム 1990.3.24 中央5勝
||||タニノエタニティ 1998.5.7 中央9勝(平地6勝+障害3勝) ダイヤモンドS(GIII)3着ほか
||King Post 1985.4.26 米3勝 ジムビームS(GII) ベルモントS(GI)2着
|Infuriator 1970.5.7 米8勝 ホブソンH(GII)

お母さんのタニノクリスタル。私が競馬を見始めた頃、関西の条件級でよくよく見かけたものです。美しい栗毛馬でした。

ちょっと話題が逸れますけれど、月刊「優駿」の2009年5月号のサラブレッド・ヒロイン列伝において取り上げられていたのはイソノルーブル(1988.3.13)でした。靴を忘れたシンデレラ、1991年の第52回オークス(現JpnI)の逃走は見事でしたね。そのオークスにはタニノクリスタルも出走して6着だったのですが、まあ、ほかにも揃いも揃って名牝がずらり。

2着の桜花賞(現JpnI)馬シスタートウショウ(1988.5.25)、4着の最優秀3歳-現年齢表記2歳-牝馬ノーザンドライバー(1988.4.16)という鶴留明雄厩舎の2頭。そして5着のスカーレットブーケ(1988.4.11)は自身重賞4勝でダイワメジャー(2001.4.8)ダイワスカーレット(2004.5.13)兄妹という2頭のスーパーホースの母となりました。

また、桜花賞とエリザベス女王杯(GI)で2着したヤマノカサブランカ、重賞2勝のランフォザドリーム(1994.4.3)の母で自身も重賞2勝のミルフォードスルー(1988.3.18)、そして2冠馬サニーブライアン(1994.4.23)の母となったサニースイフト(1988.4.27)もいました。

恐るべしは1988年生まれ世代のオークス出走馬たち。詳しくはサラブレッド・ヒロイン列伝に譲りますが、ほかにも同世代の牝馬は自身あるいは子孫に活躍馬が多く輩出されています。

閑話休題。タニノギムレット、短いけれど、太く雄々しい競走馬生活でした。「この馬はよっぽど」と思ったのはスプリングS(現JpnII)でしたね。今もレースレコードとして残っていますけれど、3歳3月に中山芝1800mを大外ぶん回しで1分46秒9という快時計で制したのですから、大したもの。

彼の実力が確かなものであったのは、結果的に自身のラストランとなった競馬の祭典で見事に示されました。その勝利により、武豊騎手に「史上初の日本ダービー3勝騎手」の称号と、谷水雄三オーナーに「父子2代のダービーオーナー」を贈ったのでした。

そして、彼の物語は1代で潰えることなく「史上初の父娘2代の日本ダービー制覇」という快挙をはじめとして、現在も続いています。2枠3番、黒い帽子に「黄、水色襷」の勝負服、当日の馬体重482kgまで同じ。父が駆けたダービーロード、愛娘ウオッカ(2004.4.4)は3馬身差の圧勝をもって64年ぶりの牝馬制覇を遂げました。

本当は彼自身が娘が進んでいる道を歩みたかったのでしょう。果たせなかった3歳秋以降、娘が少しでも取り戻してくれて、彼も溜飲を下げたのではないでしょうか。

タニノギムレット、これからもウオッカに負けないような強い仔どもたちを送り込んでほしいもの。ただただ期待しています。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

第139回天皇賞・春(GI)出走予定馬について。

第139回天皇賞・春(GI)出走予定馬について

馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
母父 祖母父 曾祖母父
1 サンライズマックス
(2004.4.23)
[5-H 種正系]
初仔 ステイゴールド ダンシングブレーヴ ダンサーズイメージ ★テスコボーイ
2 マイネルキッツ
(2003.3.18)
[10-E]
初仔
(不受胎後)
チーフベアハート サッカーボーイ Crimson Satan Rattle Dancer
3 ジャガーメイル
(2004.5.8)
[1-W]
7番仔
(4連産目)
ジャングルポケット サンデーサイレンス ノーザンテースト ★First Landing
4 アルナスライン
(2004.2.18)
[9-C]
8番仔+
(2連産目)
アドマイヤベガ ★El Gran Senor Graustark Raise a Native
5 シルクフェイマス
(1999.4.8)
[5-G]
初仔 マーベラスサンデー Caerleon Roberto Vaguely Noble
6 テイエムプリキュア
(2003.4.8)
[1-S]
3番仔
(3連産目)
パラダイスクリーク ステートリードン Caro Icecapade
7 ポップロック
(2001.3.19)
[7-C]
3番仔
(3連産目)
エリシオ サンデーサイレンス Secretariat ★Icecapade
8 トウカイトリック
(2002.2.26)
[5-G]
5番仔
(5連産目)
エルコンドルパサー Silver Hawk イクスプロウデント Bolero
9 ホクトスルタン
(2004.5.11)
[9-F]
3番仔
(3連産目)
メジロマックイーン サンデーサイレンス リアルシャダイ ノーザンテースト
10 ゼンノグッドウッド
(2003.3.23)
[5-H]
初仔 エアジハード ホワイトマズル ノーザンテースト Secretariat
11 ネヴァブション
(2003.2.19)
[14-F]
9番仔
(不受胎後)
マーベラスサンデー ★Mill Reef Vaguely Noble ガンボウ
12 ドリームジャーニー
(2004.2.24)
[8-C]
初仔 ステイゴールド メジロマックイーン ノーザンテースト Lt. Stevens
13 デルタブルース
(2001.5.3)
[3-D]
7番仔
(7連産目)
ダンスインザダーク Dixieland Band Alleged Sir Ivor
14 コスモバルク
(2001.2.10)
[5-D サンニーモード系]
4番仔
(3連産目)
ザグレブ トウショウボーイ ★ビッグディザイアー キタノカチドキ
15 モンテクリスエス
(2005.2.21)
[10-A]
9番仔
(9連産目)
シンボリクリスエス ラストタイクーン Auction Ring Prince John
16 スクリーンヒーロー
(2004.4.18)
[1-S]
5番仔
(3連産目)
グラスワンダー サンデーサイレンス ノーザンテースト モデルフール
17 アサクサキングス
(2004.3.23)
[4-G]
2番仔
(2連産目)
ホワイトマズル サンデーサイレンス What Luck Tentam
18 ヒカルカザブエ
(2005.4.22)
[11-F]
2番仔
(流産後)
ジャングルポケット サンデーサイレンス Argument ヴァイスリーガル

ひとつ前のログで近3年の結果から、

  1. 母が前年産駒なし後の仔
  2. 母父Lyphard系
  3. Sadler's Wells系にも注目
  4. 忘れちゃいけないRoberto系
  5. 近2年はSSを持たない馬が連対を果たしている

というところに注目してみました。これらの項目に照らし合わせて今年の出走各馬を見てみます。名前を挙げる際にはいずれも内枠から順番に。

1点目の母が前年産駒なし後の仔。サンライズマックス、マイネルキッツ、シルクフェイマス、ゼンノグッドウッド、ネヴァブション、ドリームジャーニー、ヒカルカザブエの7頭。

2点目のLyphard(1969.5.10)系。母父系に持つサンライズマックス、ゼンノグッドウッド、そして直父系に持つアサクサキングスの3頭。

3点目のSadler's Wells(1981.4.11)系。今年の出走馬の4代血統構成に持つ馬はいませんでした(^_^.)。敢えて見出すとしたら、Sadler's Wellsの全弟Fairy King(1982.3.4)を直祖父に持つポップロック1頭。

4点目のRoberto(1969.3.16)系。祖母父に持つシルクフェイマス、母父に持つトウカイトリック、祖母父に持つホクトスルタン、そして直父系に持つモンテクリスエスとスクリーンヒーローの5頭。

5点目のSSを持たない馬。マイネルキッツ、テイエムプリキュア、トウカイトリック、ゼンノグッドウッド、コスモバルク、モンテクリスエスの6頭です。

まとまりなく名前を挙げました。この中で注目したいのは……、モンテクリスエスですね。シンボリクリスエス(1999.1.21)の仔、今年は勢いがあります。今日の青葉賞(JpnII)はシンボリクリスエス産駒のアプレザンレーヴ(2006.3.13)が父仔制覇を遂げました。不意に出ましたけれど「父仔制覇」ということでいえば、春秋の違いはあれど、天皇賞も父仔制覇の期待がかかります。

また、nikkansports.comの記事でも取り上げられていたように、冠名「モンテ」といえば毛利オーナー。こちらも先代の喜八オーナーの持ち馬であったモンテプリンス(1977.4.1)、モンテファスト(1978.5.31)兄弟以来、喜昭オーナーのモンテクリスエスで父子制覇の期待がかかります。

ついで、上で示したとおり、モンテクリスエスはその血統構成にサンデーサイレンス(1986.3.25)を持っていません。当世の一大主流となったSS系を持たないことはボス馬としての資質向上につながると考えます。これは先に挙げたアプレザンレーヴにも共通するところですし、前2年の天皇賞・春の連対馬とも共通しています。

あと、結局はここに行き着くのですが、モンテクリスエスはケイウーマン(1990.2.13)の息子です。私の競馬者としての最初期に出会った鹿毛の牝馬の仔が、母が重賞を制した淀の舞台でGI出走となれば、応援せずにはいられよか、という感じです。思えば、母が京都4歳特別(旧GIII)を逃げ切った時の鞍上も武豊騎手でした。淀の魔術師・武豊、天皇賞・春7度目の制覇となりますでしょうか。その手腕にも期待します。

目移りするメンバーの勝負。そうなれば自分が見た馬の仔を応援したくなるのが心情。モンテクリスエス、頑張ってほしいものです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 1日 (金)

過去10年の天皇賞・春(GI)連対馬について。

過去10年の天皇賞・春(GI)連対馬について

馬名(上が1着、下が2着)
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1
9
9
9
スペシャルウィーク
(1995.5.2)

[3-L フロリースカップ系]
5番仔
(5連産目)
サンデーサイレンス マルゼンスキー セントクレスピン ヒンドスタン
メジロブライト
(1994.4.19)

[4-R ソネラ系]
6番仔
(3連産目)
メジロライアン マルゼンスキー ラディガ アドミラルバード
2
0
0
0
テイエムオペラオー
(1996.3.13)

[4-M]
7番仔
(不受胎後)
オペラハウス Blushing Groom Key to the Kingdom Drone
ラスカルスズカ
(1996.4.17)
[9-A]
4番仔
(4連産目)
コマンダーインチーフ ★Miswaki Ack Ack Never Bend
2
0
0
1
テイエムオペラオー
(1996.3.13)

[4-M]
7番仔
(不受胎後)
オペラハウス Blushing Groom Key to the Kingdom Drone
メイショウドトウ
(1996.3.25)

[4-P]
8番仔
(3連産目)
Big Stone ★Affirmed Nijinsky First Landing
2
0
0
2
マンハッタンカフェ
(1998.3.5)

[16-C]
5番仔
(流産後)
サンデーサイレンス Law Society Luciano Ticino
ジャングルポケット
(1998.5.7)

[11-G]
4番仔
(4連産目)
トニービン Nureyev Nodouble Daryl's Joy
2
0
0
3
ヒシミラクル
(1999.3.31)

[16-C ヘレンサーフ系]
3番仔
(3連産目)
サッカーボーイ シェイディハイツ ラナーク フィダルゴ
サンライズジェガー
(1998.5.19)
[12-F]
2番仔
(不受胎後)
リアルシャダイ トウショウボーイ ノーザンテースト エルセンタウロ
2
0
0
4
イングランディーレ
(1999.5.21)

[4-R クヰックランチ系]
7番仔
(5連産目)
★ホワイトマズル リアルシャダイ ノーザンテースト ガーサント
ゼンノロブロイ
(2000.3.27)

[2-B]
5番仔
(5連産目)
サンデーサイレンス マイニング Clever Trick Pia Star
2
0
0
5
スズカマンボ
(2001.4.28)

[7]
3番仔
(3連産目)
サンデーサイレンス Kingmambo Nijinsky Key to the Mint
ビッグゴールド
(1998.3.21)
[23-B]
4番仔+
(4連産目+)
ブライアンズタイム Mr.Prospector Raise a Cup Tim Tam
2
0
0
6
ディープインパクト
(2002.3.25)

[2-F]
7番仔
(7連産目)
サンデーサイレンス Alzao Busted Queen's Hussar
リンカーン
(2000.3.18)

[1-L]
初仔 サンデーサイレンス トニービン Sadler's Wells ★イングリッシュプリンス
2
0
0
7
メイショウサムソン
(2003.3.7)

[3-L フロリースカップ系]
初仔
(流産後)
オペラハウス ダンシングブレーヴ サンプリンス フォルティノ
エリモエクスパイア
(2003.5.12)
[4-C]
初仔 スキャターザゴールド コマンダーインチーフ Blushing Groom Hatchet Man
2
0
0
8
アドマイヤジュピタ
(2003.3.1)
[13-A]
3番仔
(不受胎後)
フレンチデピュティ リアルシャダイ Assert Mount Hagen
メイショウサムソン
(2003.3.7)

[3-L フロリースカップ系]
初仔
(流産後)
オペラハウス ダンシングブレーヴ サンプリンス フォルティノ

近3年くらいの結果から読み取れるのは、

  1. 母が前年産駒なし後の仔
  2. 母父Lyphard系
  3. Sadler's Wells系にも注目
  4. 忘れちゃいけないRoberto系

というところでしょうか。

1点目の母が前年産駒なし後の仔。頂上のスピードおよびスタミナ決着となった時、馬のタフさが問われるように思います。母の健康さをバックボーンにした仔の活躍は見事です。

2点目の母父Lyphard(1969.5.10)系。近3年の勝ち時計を見ると、3分13秒4、3分14秒1、3分15秒1といずれも速いタイムが刻まれています。開幕2週目の高速決着に対応できる素地は、硬質なスピードを基調とするLyphardの血にあるのではないでしょうか。

3点目のSadler's Wells(1981.4.11)系。リンカーンは祖母父、メイショウサムソンは直祖父に持っています。現代のスタミナ血脈にもやはり要注目というところでしょう。

4点目のRoberto(1969.3.16)系。なんだ言いながら、淀の長距離戦はRobertoの血。そして特に注目はリアルシャダイ(1979.5.27)ですね。

また、ついで述べておくと、ここ2年はサンデーサイレンス(1986.3.25)の血を持たない馬が連対を果たしています。併せて、数多いるSS2世種牡馬の仔は、まだ連対圏に絡んでいません。

また明日、今年の天皇賞・春の出走予定馬を確認してみようと思います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »