« エリモエクセル(1995.5.18)。 | トップページ | 第54回京王杯SC(GII)の勝ち馬。 »

2009年5月19日 (火)

第4回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。

ウオッカ 牝 黒鹿毛 2004.4.4生 静内・カントリー牧場生産 馬主・谷水雄三氏 栗東・角居勝彦厩舎

ウオッカ(2004.4.4)の4代血統表
タニノギムレット[A]
鹿毛 1999.5.4
種付け時活性値:1.00
ブライアンズタイム
黒鹿毛 1985.5.28
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Kelley's Day
鹿毛 1977.5.11
Graustark 1963.4.7
Golden Trail 1958.3.5
タニノクリスタル
栗毛 1988.4.4
クリスタルパレス
芦毛 1974.3.25
Caro 1967.4.11
Hermieres 1958.4.10
タニノシーバード
栗毛 1972.4.27
Sea-Bird 1962.3.8
Flaxen 1968.5.15
タニノシスター
栗毛 1993.3.22
仔受胎時活性値:0.50
ルション[A]
黒鹿毛 1981.4.10
種付け時活性値:0.75
Riverman
鹿毛 1969
★Never Bend 1960.3.15
River Lady 1963.5.17
ベルドリーヌ
黒鹿毛 1977.3.15
★Marshua's Dancer 1968.4.15
Palsy Walsy 1960
エナジートウショウ
鹿毛 1987.4.22
仔受胎時活性値:1.25
トウショウボーイ[A●]
鹿毛 1973.4.15
種付け時活性値:1.25
テスコボーイ 1963
ソシアルバターフライ 1957.4.13
コーニストウショウ
栗毛 1977.6.12
仔受胎時活性値:0.25
ダンディルート[E]
鹿毛 1972.5.10
種付け時活性値:1.00
ローズトウショウ
鹿毛 1965.4.13
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Graustark4×5(父方)>

ウオッカ(2004.4.4)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
トウショウボーイ
(タニノシスター)
2.75 叔父スリーアヴェニュー
(No.3-L フロリースカップ系)
4番仔
(2連産目)
第4回ヴィクトリアマイル(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 6 ウオッカ 牝5 55 武豊 1:32.4    33.4 494
[計測不可]
角居勝彦 1
2 2 ブラボーデイジー 牝4 55 生野賢一 1:33.6 7 34.6 528
[+6]
音無秀孝 11
3 1 ショウナンラノビア 牝6 55 柴田善臣 1:33.8 1 35.2 500
[-2]
岡田稲男 7
4 5 ザレマ 牝5 55 安藤勝己 1:33.8 ハナ 34.2 526
[-2]
音無秀孝 4
5 12 ジョリーダンス 牝8 55 四位洋文 1:33.8 アタマ 34.3 476
[0]
堀宣行 6
第4回ヴィクトリアマイル(GI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.2-10.8-11.7-12.0-11.9-11.2-10.8-11.8
上り 4F 45.7-3F 33.8

雨も、直線の強い向かい風も、一緒に走った17頭も、まるで関係なし。なんという才媛ウオッカ。恐れ入谷の鬼子母神でした。

では、以下にウオッカのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、図中の重賞格付けはいずれも各馬が出走した当時のものです。

コーニストウショウ 1977.6.12 中央0勝
|クララトウショウ 1985.4.25 中央3勝 コスモス賞(OP)
|エナジートウショウ 1987.4.22 不出走
||タニノシスター 1993.3.22 中央5勝
|||ウオッカ 2004.4.4 (本馬) 日本ダービー(JpnI) 天皇賞・秋(GI) 安田記念(GI) ヴィクトリアマイル(GI) 阪神JF(JpnI)ほか
||スカイアンドリュウ 1997.4.7 中央4勝 京王杯SC(GII)2着
||スリーアベニュー 2002.5.13 現役 ガーネットS(GIII) 同2着
||マイネルダイナモ 2004.4.28 現役 みなみ北海道S(OP)3着
|シスタートウショウ 1988.5.25 中央4勝 桜花賞(GI) オークス(GI)2着 中山記念(GII)2着
|トウショウオリオン 1993.3.29 中央6勝 北九州記念(GIII)
|ジェーントウショウ 1996.4.1 中央0勝
||シーイズトウショウ 2000.4.2 中央7勝 セントウルS(GII)含む重賞5勝
|ロゼトウショウ 1997.6.10 中央1勝
||トウショウカレッジ 2002.6.8 現役 米子S(OP)含むオープン特別3勝

近親のトウショウカレッジも前日の京王杯SC(GII)で2着に頑張りました。そして、京王杯SC2着といえば、叔父のスカイアンドリュウ。定年解散となった二分久男厩舎から角居厩舎に転厩してきた彼こそが、角居調教師にJRA初勝利をプレゼントした馬でした-2001年3月24日に阪神芝1600mで行われた山陽特別-。

そんなスカイアンドリュウの姪がウオッカであるということ。角居調教師にとっても感慨深いところがおありでしょう。そしてまた、日本のホースマンの皆様は、先人から連綿と受け継いで来た小岩井牝系の積み重ねという己が仕事を、もっともっと、誇りに思って良いはず。

そして、ウオッカという21世紀の名牝を新たな基点として、フロリースカップ(1904)系が世界に還っていくことを願いたいものです。

レースレコードタイムの更新、レース史上における2着との最大着差の更新、4年連続ジーワン勝利、牝馬の賞金獲得額の記録更新、そして鞍上の武豊騎手に22年連続GI勝ちとJRA牝馬限定ジーワン6レースの完全制覇をプレゼント。

様々な記録を打ち立てたレースの後に挑む舞台は、やはり、同じ府中のマイル戦でしょうか。となると、「グレード制施行後初となる牝馬による安田記念連覇」と「史上初の牝馬によるJRAジーワン6勝」と「史上初の牝馬による獲得賞金10億円突破」の期待がかかります。

さらっと書いてしまいましたが、どれも、ものすごい偉業。けれど、強いウオッカならば、遂げてくれるように思います。3週間後を改めて楽しみにしましょうね、皆様。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

おまけ。「東京はフレンチデピュティの血統か」と最後につぶやくオオハシ。1週遅れやねん、直父系Deputy Minister(1979.5.17)系が府中のマイル戦で頑張るのが(^_^.)

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

|

« エリモエクセル(1995.5.18)。 | トップページ | 第54回京王杯SC(GII)の勝ち馬。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/45049221

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回ヴィクトリアマイル(GI)の勝ち馬。:

« エリモエクセル(1995.5.18)。 | トップページ | 第54回京王杯SC(GII)の勝ち馬。 »