« 第16回青葉賞(JpnII)の勝ち馬。 | トップページ | 第135回ケンタッキーダービー(米GI)-17番人気馬のアップセット-。 »

2009年5月 6日 (水)

第135回ケンタッキーオークス(米GI)-20と4分の1馬身差勝ち-。

たまには海外のクラシックレースも回顧しておきます。誰ですか「黄金週間だから時間があるんだろう」と憶測されているのは(^_^.)

Rachel Alexandra 牝 鹿毛 2006.1.29生 米国・D.C.モリソン氏生産 馬主・L&Mパートナーズ社 米国・H.R.ウィギンス厩舎

Rachel Alexandra(2006.1.29)の4代血統表
Medaglia d'Oro[A●]
黒鹿毛 1999.4.11
種付け時活性値:1.50
El Prado
芦毛 1989.2.3
Sadler's Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Lady Capulet
芦毛 1974.4.3
Sir Ivor 1965.5.5
Cap And Bells 1958.5.21
Cappucino Bay
鹿毛 1989.2.12
Bailjumper
鹿毛 1974.3.28
Damascus 1964.4.14
Court Circuit 1964.4.11
Dubbed In
栗毛 1973.5.31
Silent Screen 1967.4.23
Society Singer 1968.4.24
Lotta Kim
鹿毛 2001.3.15
仔受胎時活性値:1.00
Roar[x]
鹿毛 1993.1.25
種付け時活性値:1.75
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr.Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Wild Applause
鹿毛 1981.5.4
Northern Dancer 1961.5.27
Glowing Tribute 1973.3.15
Kims Blues
鹿毛 1993.4.3
仔受胎時活性値:1.75
Cure the Blues[A]
鹿毛 1978.4.27
種付け時活性値:1.50
Stop the Music 1970.3.23
Quick Cure 1971.1.27
Early Decision
黒鹿毛 1985.5.11
仔受胎時活性値:1.75
Lord Gaylord[A]
黒鹿毛 1970.4.21
種付け時活性値:1.50
Biscayne Missy
黒鹿毛 1975.5.24
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4、Sir Gaylord5×5>

Rachel Alexandra(2006.1.29)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Roar
(Lotta Kim)
4.75
(No.1-O)
初仔?

まま、とにかく動画をご覧くださいな(^_^.)

鞍上のC.ボレル騎手、直線に入ってから左右を確認するも、「後ろからは何にも来ない」(by 杉本清アナによるテスコガビーの桜花賞)。

では、以下にRachel Alexandraのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Early Decision 1985.5.11 北米7勝
|Kim's Blues 1993.4.3 北米4勝
||Lotta Rhythm 1999.3.23 北米6勝 ゴールデンロッドS(米GII)3着
||Lotta Kim 2001.3.15 北米1勝 ゴールデンロッドS2着
|||Rachel Alexandra 2006.1.29 (本馬) ケンタッキーオークス(米GI)ほか米GII3勝

↑の図では「ほか米GII3勝」としましたけれど、伯母Lotta RhythmがゴールデンロッドS3着、母Lotta KimがゴールデンロッドS2着と来て、Rachel AlexandraがゴールデンロッドS1着となりました。戦歴をたどるとゴールデンロッドSがRachel Alexandraの重賞初勝利ですね。ケンタッキーオークスと同じチャーチルダウンズ競馬場で行われる8.5Fの2歳牝馬重賞です。

これだけのレースを見せられると「牡馬との対戦を」と思うところですけれど、トレーナーの思惑は「次走は(ベルモントSと同日の)エイコーンS」のようです。改めてRachel Alexandraがどのような走りを見せてくれるのか楽しみにしたいものです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

|

« 第16回青葉賞(JpnII)の勝ち馬。 | トップページ | 第135回ケンタッキーダービー(米GI)-17番人気馬のアップセット-。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/44896182

この記事へのトラックバック一覧です: 第135回ケンタッキーオークス(米GI)-20と4分の1馬身差勝ち-。:

« 第16回青葉賞(JpnII)の勝ち馬。 | トップページ | 第135回ケンタッキーダービー(米GI)-17番人気馬のアップセット-。 »