« 第196回英1000ギニー(GI)-ディープインパクトの近親-。 | トップページ | 第14回NHKマイルC(GI)出走予定馬について。 »

2009年5月 8日 (金)

過去10年のNHKマイルC(GI)連対馬について。

過去10年のNHKマイルC(GI)連対馬について

馬名(上が1着、下が2着)
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
1
9
9
9
シンボリインディ
(1996.1.20)
[5-F]
初仔 A.P. Indy Danzig Exceller Damascus
ザカリヤ
(1996.2.26)
[3-N]
2番仔+
(2連産目+)
Zafonic Sadler's Wells Diesis Petingo
2
0
0
0
イーグルカフェ
(1997.2.10)
[7]
3番仔
(不受胎後)
Gulch Nureyev Damascus Le Fabuleux
トーヨーデヘア
(1997.2.20)
[4-R]
8番仔+
(3連産目+)
デヒア Cyane ★Restless Native Lovely Night
2
0
0
1
クロフネ
(1998.3.31)
[2-R]
3番仔
(流産後)
フレンチデピュティ Classic Go Go Icecapade ★Roberto
グラスエイコウオー
(1998.3.27)
[2-N]
4番仔+
(2連産目+)
フレンチデピュティ Explodent Tobin Bronze Restless Wind
2
0
0
2
テレグノシス
(1999.5.11)
[5-H]
8番仔
(8連産目)
トニービン ノーザンテースト Secretariat Dunce
アグネスソニック
(1999.1.30)
[4-R]
6番仔+ Unbridled's Song ★Nureyev Key to the Mint Crozier
2
0
0
3
ウインクリューガー
(2000.2.13)
[2-F]
9番仔
(4連産目)
タイキシャトル Be My Guest Busted Queen's Hussar
エイシンツルギザン
(2000.3.10)
[3-D]
4番仔+
(2連産目+)
サクラバクシンオー Fappiano Caucasus T.V. Commercial
2
0
0
4
キングカメハメハ
(2001.3.20)
[22-D]
4番仔
(3連産目)
Kingmambo ラストタイクーン Blakeney Green Dancer
コスモサンビーム
(2001.3.28)
[1-H]
6番仔
(6連産目)
ザグレブ Rainbow Quest ★Be My Guest トンピオン
2
0
0
5
ラインクラフト
(2002.4.4)
[9-F]
4番仔
(3連産目)
エンドスウィープ サンデーサイレンス ノーザンテースト ヒッティングアウェー
デアリングハート
(2002.3.9)
[1-L]
6番仔
(不受胎後)
サンデーサイレンス Danzig Briartic Hasty Road
2
0
0
6
ロジック
(2003.3.17)
[2-E スイートヘレン系]
7番仔
(2連産目)
アグネスタキオン サクラユタカオー シンザン トサミドリ
ファイングレイン
(2003.3.7)
[14-A]
初仔 フジキセキ Polish Precedent ★Mill Reef High Line
2
0
0
7
ピンクカメオ
(2004.4.24)
[5-G]
12番仔
(8連産目)
フレンチデピュティ Silver Hawk Chieftain Mahmoud
ローレルゲレイロ
(2004.5.3)
[1-B セレタ系]
初仔 ★キングヘイロー テンビー カコイーシーズ マルゼンスキー
2
0
0
8
ディープスカイ
(2005.4.24)
[23-B]
4番仔
(不受胎後)
アグネスタキオン Chief's Crown Key to the Mint Cornish Prince
ブラックシェル
(2005.1.31)
[3-L フロリースカップ系]
3番仔
(不受胎後)
クロフネ ウイニングチケット トウショウボーイ タリヤートス

という訳で、簡単ではありますけれど、過去10年のNHKマイルCの連対馬を確認してみました。

黒字に黄褐色の背景で示しましたDeputy Minister(1979.5.17)系が割合に目立つような感じです。同父系を持つ過去10年における連対馬はいずれも直父系に持っていますけれど、今年2009年の人気馬は母父にフレンチデピュティ(1992.1.30)が配されていますね。

また、黒字に薄い黄色の背景で示したのはDanzig(1977.2.12)系。母父に持ち合わせた馬がここ4年で3回連対を果たしています。

あとは、やはり母が前年産駒なし後の仔でしょうか。なんだ言いながら、空胎後に名馬あり。この表中では、古くはシンボリインディ、イーグルカフェ、クロフネという勝ち馬、そして近4年はどの年も連対を果たしています。特に昨年は母が不受胎後の仔のワンツーでした。

また明日、今年の出走予定馬を確認してみようと思います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

|

« 第196回英1000ギニー(GI)-ディープインパクトの近親-。 | トップページ | 第14回NHKマイルC(GI)出走予定馬について。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/44937141

この記事へのトラックバック一覧です: 過去10年のNHKマイルC(GI)連対馬について。:

» NHKスペシャル [今日の芸能界衝撃ニュース速報]
【nhkマイルc】サンカルロ満点の走り! 20 美浦トレセン(撮影・北野浩之)【フォト】 nhkマイルcの追い切りが6日、東西トレセンで行われた。美浦では共同通信杯優勝以来3カ月ぶりとなるブレイクランアウトがポリトラックコースで追い切られ、馬なりで5ハロン66秒0、終い11秒9。サンケイスポーツ記者の採点は15点 ...(続きを読む) スパーダの走り父の面影/nhkマイルc 1 ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金) 02時03分

« 第196回英1000ギニー(GI)-ディープインパクトの近親-。 | トップページ | 第14回NHKマイルC(GI)出走予定馬について。 »