« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

第14回アンタレスS(GIII)の勝ち馬。

ウォータクティクス 牡 黒鹿毛 2005.2.6生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰寿厩舎

ウォータクティクス(2005.2.6)の4代血統表
ウォーエンブレム[x]
青鹿毛 1999.2.20
種付け時活性値:1.25
Our Emblem
黒鹿毛 1991.3.7
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Personal Ensign
鹿毛 1984.4.27
Private Account 1976.4.26
Grecian Banner 1974.4.26
Sweetest Lady
鹿毛 1990.2.8
Lord at War
栗毛 1980.10.1
General 1974
Luna de Miel 1974
Sweetest Roman
鹿毛 1977.4.4
The Pruner 1967.4.12
I Also 1969.5.21
アドマイヤハッピー
鹿毛 1998.6.1
仔受胎時活性値:1.50
トニービン[A]
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:1.50
カンパラ
黒鹿毛 1976.2.19
Kalamoun 1970.4.30
State Pension 1967
Severn Bridge
栗毛 1965
Hornbeam 1953
Priddy Fair 1956
カーリーエンジェル
栗毛 1990.6.1
仔受胎時活性値:1.75
ジャッジアンジェルーチ[A]
栗毛 1983.2.22
種付け時活性値:1.50
Honest Pleasure 1973.3.28
Victorian Queen 1971.3.24
ダイナカール
鹿毛 1980.5.10
仔受胎時活性値:0.25
ノーザンテースト[A]
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:0.00
シャダイフェザー
鹿毛 1973.2.20
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:なし>

ウォータクティクス(2005.2.6)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
トニービン
(アドマイヤハッピー)
5.00 叔父オレハマッテルゼ
(No.8-F パロクサイド系)
初仔
第14回アンタレスS(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 4 ウォータクティクス 牡4 56 川田将雅 1:47.8 レコード 36.3 470
[-4]
池江泰寿 2
2 5 ワンダースピード 牡7 58 小牧太 1:48.1 2 36.2 484
[0]
羽月友彦 1
3 1 ボランタス 牡5 56 池添謙一 1:48.1 ハナ 36.0 528
[+4]
角居勝彦 11
4 6 マコトスパルビエロ 牡5 56 福永祐一 1:48.1 クビ 36.4 518
[+4]
鮫島一歩 7
5 2 ダイショウジェット 牡6 56 柴山雄一 1:48.2 1/2 36.4 556
[+8]
大根田裕之 9
第14回アンタレスS(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4-11.0-12.0-12.3-12.1-11.7-11.8-12.0-12.5
上り 4F 48.0-3F 36.3

では、以下にウォータクティクスの簡単な近親牝系図を示しておきます。

パロクサイド 1959 英5勝
|シャダイカール 1969.2.11 中央6勝 4歳牝馬特別(現フローラS、JpnII)3着
|シャダイフェザー 1973.2.20 中央3勝
||ダイナフェザー 1979.4.2 中央5勝
|||フェザーマイハット 1987.5.13 中央5勝 BSN杯(OP)
||ダイナカール 1980.5.10 中央5勝 オークス(現GI)
|||カーリーエンジェル 1990.6.1 中央0勝
||||エガオヲミセテ 1995.5.27 中央4勝 マイラーズカップ(GII) 阪神牝馬特別(GII)
||||アドマイヤハッピー 1998.6.1 中央4勝
|||||ウォータクティクス (本馬) 2005.2.6 アンタレスS(GIII) アルデバランS(OP)
||||オレハマッテルゼ 2000.1.16 中央9勝 高松宮記念(GI) 京王杯SC(GII)
||||トゥリオンファーレ 2006.2.22 現役 ラジオNIKKEI杯2歳S(JpnIII)3着
|||エアグルーヴ 1993.4.6 中央9勝 天皇賞・秋(GI) オークス(現JpnI)含む重賞7勝
||||アドマイヤグルーヴ 2000.4.30 中央8勝 エリザベス女王杯(GI)2回含む重賞5勝
||||ポルトフィーノ 2005.3.14 現役 エルフィンS(OP)
|||カーリーパッション 1994.5.23 中央1勝
||||フラムドパシオン 2003.5.6 中央5勝+海外0勝 UAEダービー(GII)3着
|||モノポライザー 1999.4.4 中央5勝+地方9勝 ポートアイランドS(OP) 若駒S(OP)
||ダイナソレイユ 1982.3.28 2勝 京成杯3歳S(GII)3着
||ハイフェザー 1987.3.28 5勝 福島民報杯(OP)
|ヨドセローナ 1976.2.24 中央0勝
||マックホープ 1983.5.29 中央5勝
|||マッチポイント 1990.4.23 中央0勝
||||トウカイポイント 1996.5.18 中央6勝+地方1勝+海外0勝 マイルCS(GI) 中山記念(GII)ほか
||||パープルエビス 1997.5.8 中央4勝 スプリングS(現JpnII)2着 アーリントンC(GIII)2着
|||ボンヌシャンス 1992.5.19 中央1勝
||||インテレット 2003.3.24 中央2勝 AJCC(GII)2着 毎日杯(GIII)2着
||リアルバースデー 1986.5.29 中央2勝 日本ダービー(GI)2着
|ヒカリサイド 1977.3.2 中央0勝
||ダンディアポロ 1986.3.25 中央平地2勝+障害3勝 小倉3歳S(GIII) 小倉障害S(OP) フェニックス賞(OP)

言わずもがなで豪華な近親牝系図です。

↓で思わず叫んでいますが、ついにJRA重賞でもダート1800mのレコードタイムが1分47秒台に突入しました。1分47秒8の走破時計は昨年2008年の日本テレビ盃(JpnII)でボンネビルレコード(2002.3.12)が記録した日本レコードとタイ記録です。ましてや自身で逃げて作り出したタイムだけに価値が高まります。

これでウォータクティクスはダートでは6戦6勝の負けなしとなりました。異能の種牡馬ウォーエンブレムが送り出した偉才の馬、ウォータクティクス。強いダート馬が揃う2005年生まれ世代の新星として、これからも重賞戦線で活躍してほしいものですね。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

おまけ。「1分47秒8、速い!」と叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

第44回フローラS(JpnII)の勝ち馬。

ディアジーナ 牝 芦毛 2006.6.2生 浦河・南部功氏生産 馬主・ディアレスト 美浦・田村康仁厩舎

ディアジーナ(2006.6.2)の4代血統表
メジロマックイーン[E]
芦毛 1987.4.3
種付け時活性値:0.50

メジロティターン
芦毛 1978.3.22
メジロアサマ
芦毛 1966.2.23
パーソロン 1960
スヰート 1951
シエリル
鹿毛 1971.5.15
スノッブ 1959.1.31
Chanel 1961.4.29
メジロオーロラ
栗毛 1978.3.8
リマンド
栗毛 1965.2.16
▲Alcide 1955
Admonish 1958
メジロアイリス
黒鹿毛 1964.4.8
▲ヒンドスタン 1946
アサマユリ 1959.3.17
アイネスターキン
鹿毛 1990.5.30
仔受胎時活性値:1.75
ビショップボブ[A]
黒鹿毛 1983.5.25
種付け時活性値:1.50
Clever Trick
黒鹿毛 1976.3.10
Icecapade 1969.4.4
Kankakee Miss 1967.4.16
Screen Shot
鹿毛 1974.4.6
Silent Screen 1967.4.23
Ship's Channel 1967.2.15
ジュウジターキン
鹿毛 1980.4.8
仔受胎時活性値:0.25
ハンターコム[A]
黒鹿毛 1967
種付け時活性値:1.00
Derring-Do 1961
Ergina 1957
シヤダイターキン
鹿毛 1966.3.16
仔受胎時活性値:1.25
★ガーサント[G]
鹿毛 1949.4.5
種付け時活性値:0.00
ブラックターキン
黒鹿毛 1954.5.19
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:なし>

ディアジーナ(2006.6.2)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ビショップボブ
(Ship's Channel)
4.00 曾祖母がオークス馬
(No.13-C フォルカー系)
12番仔
(4連産目)
第44回フローラS(JpnII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 16 ディアジーナ 牝3 54 内田博幸 2:02.2    35.8 484
[+4]
田村康仁 2
2 12 ワイドサファイア 牝3 54 岩田康誠 2:02.5 2 35.8 470
[-4]
藤原英昭 3
3 15 ハシッテホシーノ 牝3 54 松岡正海 2:02.5 ハナ 35.9 444
[-4]
手塚貴久 4
4 3 アイアムネオ 牝3 54 戸崎圭太 2:02.7 1 1/4 36.1 476
[+6]
奥平雅士 6
5 4 エオリアンハープ 牝3 54 田中勝春 2:02.8 クビ 35.4 422
[-10]
宗像義忠 12
第44回フローラS(JpnII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.6-11.6-11.8-12.1-12.5-12.6-12.7-12.1-11.7-12.5
上り 4F 49.0-3F 36.3

では、以下にディアジーナのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

シャダイターキン 1966.3.16 中央5勝 オークス(現JpnI)
|キラースポート 1972.6.11 不出走
||ダイナビーナス 1979.3.30 中央3勝
|||ブラウンビートル 1987.2.26 中央7勝 新潟記念(GIII)
|ダイナターキン 1979.4.8 中央1勝
||レッツゴーターキン 1987.4.26 中央7勝 天皇賞・秋(GI)含む重賞3勝
|ジュウジターキン 1980.4.8 中央2勝
||アイネスターキン 1990.5.30 不出走
|||コスモラブシック 1999.5.15 中央6勝
|||ディアジーナ 2006.6.2 (本馬) フローラS(JpnII) クイーンC(GIII)
||ジュウジホウセキ 1992.4.1 中央1勝
|||トラストジュゲム 2002.5.5 現役 門松S(OP)
|ダイナアルテミス 1984.3.30 中央5勝 牝馬東京タイムズ杯(現府中牝馬S、GIII)

府中はコース改修をしてから「それほど底力を問われなくなった」と言われることもあります。さりとて、ディアジーナ、なんだ言いながら坂のある府中の直線525.9mをしっかりと乗り切り重賞を2勝しているのですから、その能力の確かさを思います。本番でも近親のレッツゴーターキンばりに大物食いを見せてくれると痛快ではあります。が、相手は手強いですね(^_^.)

裏街道を歩み表舞台に立つのは府中芝2400m。父がまともに走って唯一複勝圏を外したコースが府中芝2400mでしたけれど、娘には仕返しを敢行してほしいところです。

ええ、府中芝2000mでリベンジを果たしたのですから、出来ないことはないでしょう。

頑張って、ディアジーナ。ただただ、応援しています。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。 

おまけ。「マックイーンの娘、強い!」と叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第6回福島牝馬S(GIII)の勝ち馬。

ブラボーデイジー 牝 芦毛 2005.3.28生 門別・ヤナガワ牧場生産 馬主・松岡隆雄氏 栗東・音無秀孝厩舎

ブラボーデイジー(2005.3.28)の4代血統表
クロフネ[A]
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:1.50
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace 1969.1.24
Laredo Lass 1971.3.19
ブルーアヴェニュー
芦毛 1990.2.25
Classic Go Go
鹿毛 1978.2.11
Pago Pago 1960
Classic Perfection 1972.4.22
Eliza Blue
芦毛 1983.4.11
Icecapade 1969.4.4
コレラ 1978.2.18
ブラボーサンライズ
栗毛 1998.3.17
仔受胎時活性値:1.50
サンデーサイレンス[A]
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.75
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ヴィジットマン
鹿毛 1990.3.19
仔受胎時活性値:1.75
Woodman[x]
栗毛 1983.2.17
種付け時活性値:1.50
Mr. Prospector 1970.1.28
プレイメイト 1975.4.12
Visiting Nurse
黒鹿毛 1974.5.29
仔受胎時活性値:1.75
Cyane[A]
鹿毛 1959.4.12
種付け時活性値:1.50
Native Nurse
黒鹿毛 1970.3.4
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Turn-to5×5(母方)>

ブラボーデイジー(2005.3.28)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
クロフネ 5.75 4代母の仔にGI馬2頭
(No.1-N)
3番仔
(3連産目)
第6回福島牝馬S(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 8 ブラボーデイジー 牝4 54 生野賢一 1:53.7    37.1 522
[+2]
音無秀孝 7
2 2 アルコセニョーラ 牝5 56 武士沢友治 1:54.0 2 36.2 430
[+2]
畠山重則 11
3 13 ヤマニンメルベイユ 牝7 58 柴山雄一 1:54.1 1/2 37.6 474
[+2]
栗田博憲 13
4 15 ピンクカメオ 牝5 56 後藤浩輝 1:54.2 クビ 37.5 484
[-4]
国枝栄 2
5 1 カレイジャスミン 牝4 54 木幡初広 1:54.5 2 37.6 500
[-2]
宗像義忠 9
第6回福島牝馬S(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.9-12.1-13.0-13.6-12.6-12.3-12.1-12.1-13.0
上り 4F 49.5-3F 37.2

では、以下にブラボーデイジーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、図内の重賞格付けはいずれも各馬が出走した当時のものです。

Native Nurse 1970.3.4 米0勝
|Visiting Nurse 1974.5.29 不出走
||ヴィジットマン 1990.3.19 伊1勝
|||ブラボーサンライズ 1998.3.17 中央0勝
||||ブラボーデイジー 2005.3.28 (本馬) 福島牝馬S(GIII)
|Love Sign 1977.4.19 米16勝 ベルデイムS(GI)2回 アラバマS(GI)ほか
|Fatih 1980.3.22 米英10勝 アルカディアH(米GII) ゴールデンゲートH(米GII)
|Melodist 1985.3.5 愛伊英仏3勝 愛オークス(GI) 伊オークス(GI)
|Ayah 1988.5.23 英0勝
||Aylesbury 1993.4.3 愛首4勝 キラヴランS(愛GIII)

4代母Native NurseはMelodist、Love Sign、Fatihと3頭の重賞勝ち馬を送り込んだ名繁殖牝馬です。

降りしきる雨の中でなされた逃げ切り勝ちはブラボーデイジー、生野賢一騎手ともに初となる重賞制覇でした。

生野騎手は所属の音無秀孝厩舎の馬による勝利でしたから、格別の味わいではないかと思います。また、騎手時代に苦労された音無調教師も弟子による重賞勝ちは嬉しいものだったでしょう。

みちのくで結実した師弟愛、舞台を改めてもなされることを期待したいものです。ええ、もちろん、雨中に咲いた芦毛のヒナギクとともに。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

クラシック初戦の2着馬。

共に重賞勝ち実績はありませんけれど、紹介しておくのが賢明かと思います。という訳で、今年2009年の桜花賞(JpnI)2着馬から。

レッドディザイア 牝 鹿毛 2006.4.19生 千歳・社台ファーム生産 馬主・東京ホースレーシング 栗東・松永幹夫厩舎

レッドディザイア(2006.4.19)の4代血統表
マンハッタンカフェ[A]
青鹿毛 1998.3.5
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
Law Society
黒鹿毛 1982.2.16
Alleged 1974.5.4
Bold Bikini 1969.4.11
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
★Luciano 1964
Suleika 1954
グレイトサンライズ
鹿毛 1998.4.19
仔受胎時活性値:1.75
Caerleon[A]
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:0.25
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Foreseer
黒鹿毛 1969.4.12
Round Table 1954.4.6
Regal Gleam 1964.3.17
グレースアンドグローリー
黒鹿毛 1993.3.24
仔受胎時活性値:1.00
Sadler's Wells[A●]
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:0.75
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Grace Note
黒鹿毛 1982.2.22
仔受胎時活性値:0.50
Top Ville[A]
鹿毛 1976.4.5
種付け時活性値:1.25
Val de Grace
鹿毛 1969.4.8
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×5、Northern Dancer4×4(母方)>

レッドディザイア(2006.4.19)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
マンハッタンカフェ
(サトルチェンジ)
4.25
(No.16-B)
4番仔
(4連産目)

気が付けば今年の桜花賞の1、2着馬は、

  1. 父がSS直仔の天皇賞・春の勝ち馬
  2. 母父Caerleon
  3. 直牝系が16号族

という共通点を持ち合わせていたのですね。

では、以下にレッドディザイアのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Grace Note 1982.2.22 英1勝 オークストライアルS(GIII)2着
|ベルメッツ 1987.1.11 英愛仏日5勝 "キング・ジョージ"(英GI)ほか
|Dowland 1988.2.5 愛英5勝 ベレスフォードS(GII)3着
|グレースアンドグローリー 1993.3.24 不出走
||グレイトサンライズ 1998.4.19 中央1勝
|||レッドディザイア 2006.4.19 (本馬) エルフィンS(OP) 桜花賞(JpnI)2着
|Opera Comique 2001.3.16 愛英1勝 パークS(愛GIII)3着

曾祖母Grace Noteの仔に1990年のジャパンカップ(GI)に来日し1番人気7着だったベルメッツがいますね。また、母グレイトサンライズは歌手やしきたかじんさんの持ち馬でした。グレイトサンライズの阪神3歳牝馬S(現阪神JF、JpnI)が、たかじんさんの持ち馬による初めてのジーワン出走だったと思います。まま、余談はさておき、レッドディザイアの牝系は筋が通ったものです。

果たして、赤い欲望が満たされる時は府中芝2400mが舞台となるのでしょうか。ブエナビスタを追い詰めたその姿は迫力満点。レッドディザイアの巻き返しを楽しみにしたいと思います。

続いて紹介するのは父母共に日本のクラシックの勝ち馬という豪華配合の皐月賞(JpnI)2着馬を。

トライアンフマーチ 牡 鹿毛 2006.4.11生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・角居勝彦厩舎

トライアンフマーチ(2006.4.11)の4代血統表
スペシャルウィーク[A]
黒鹿毛 1995.5.2
種付け時活性値:0.50

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
Nijinsky 1967.2.21
シル 1970.4.22
レディーシラオキ
鹿毛 1978.4.3
セントクレスピン 1956
ミスアシヤガワ 1964.5.24
キョウエイマーチ
鹿毛 1994.4.19
仔受胎時活性値:0.75
ダンシングブレーヴ[A]
鹿毛 1983.5.11
種付け時活性値:0.50
Lyphard
鹿毛 1969
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Navajo Princess
鹿毛 1974.3.31
Drone 1966
Olmec 1966
インターシャルマン
鹿毛 1987.3.12
仔受胎時活性値:1.50
ブレイヴェストローマン[A]
鹿毛 1972.5.19
種付け時活性値:1.50
Never Bend 1960.3.15
Roman Song 1955
トキノシュリリー
栗毛 1978.4.21
仔受胎時活性値:2.00
スティンティノ[D]
鹿毛 1967
種付け時活性値:0.50
トミニシキ
栗毛 1967.2.21
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4>

トライアンフマーチ(2006.4.11)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ブレイヴェストローマン
(Roman Song)
4.75 母が桜花賞馬
(No.7-D)
3番仔
(2年連続不受胎後)

スペシャルウィークの仔は牝馬がクラシックを勝つと、翌週、引っ張られるように牡馬が2着に来るのでしょうか。皐月賞のレース前は父と同じく大外18番枠から発走となったリーチザクラウン(2006.2.5)に期待がかかっていたものの、ふたを開ければ、トライアンフマーチが強烈な追い込みで2着に入りました。

では、以下にトライアンフマーチのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

トキノシュリリー 1978.4.21 不出走
|インターシャルマン 1987.3.12 中央4勝
||キョウエイマーチ 1994.4.19 中央8勝 桜花賞(現JpnI)含む重賞5勝 マイルCS(GI)2着 秋華賞(GI)2着
|||トライアンフマーチ 2006.4.11 (本馬) 皐月賞(JpnI)2着 若葉S(OP)2着

下河辺孫一氏がオーストラリアから輸入されたシュリリー(1925)を基礎繁殖牝馬とする7号族。地道に継承されてきた土着牝系から輩出されたクラシック勝ち馬が、母キョウエイマーチでした。表舞台に立った4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、JpnII)の7馬身差勝ちを皮切りとして、関西テレビの馬場鉄志アナウンサーがおっしゃったところの「18番枠ものかは」で逃げ切った雨の桜花賞、2000mの距離を克服したローズS(GII)、スプリント能力の確かさを見せた阪急杯(GIII)、そして最後の重賞勝ちとなった満6歳の京都金杯(GIII)における5馬身差の逃げ切り。彼女のきっぷの良い逃げ先行策には花があったように思います。いずれの勝利もただただ見事でした。

果たして、凱旋行進曲が響く時は府中芝2400mの舞台となるのでしょうか。ダテや酔狂で上がり3ハロン34秒4の最速ラップを刻めるものではありません。トライアンフマーチ、父が最も得意とした府中芝2400mで、母の雪辱も一緒に果たしてほしいものです。

最後に。レッドディザイア、トライアンフマーチ両頭の血統表や戦績を確認して、不意に気付いたところを申し上げると、レッドディザイアは

  1. 4月19日生まれ(ついで言うならば母グレイトサンライズも4月19日生まれ)
  2. 松永幹夫さん
  3. エルフィンS(OP)の勝ち馬
  4. 桜花賞で大外18番枠

と、キョウエイマーチに共通するところがあったんですね。

そしてキョウエイマーチの息子トライアンフマーチは、母が存命であれば満15歳の誕生日であった2009年4月19日に皐月賞2着と頑張りました。

時は巡り、不思議な縁も巡ります。願わくはレッドディザイア、トライアンフマーチ両頭のさらなる活躍を。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニホンピロウイナー(1980.4.27)。

ニホンピロウイナー 牡 黒鹿毛 1980.4.27生 門別・佐々木節哉氏生産 馬主・小林百太郎氏 栗東・服部正利厩舎

ニホンピロウイナー(1980.4.27)の4代血統表
スティールハート[A]
黒鹿毛 1972.3.25
種付け時活性値:1.75
Habitat
鹿毛 1966.5.4
Sir Gaylord
鹿毛 1959.2.12
Turn-to 1951
Somethingroyal 1952
Little Hut
鹿毛 1952
Occupy 1941
Savage Beauty 1934
A. 1.
芦毛 1963
★Abernant
芦毛 1946
Owen Tudor 1938
Rustom Mahal 1934
Asti Spumante
栗毛 1947
Dante 1942
Blanco 1932
ニホンピロエバート
鹿毛 1974.3.17
仔受胎時活性値:1.25
チャイナロック[C]
栃栗毛 1953
種付け時活性値:1.00
Rockefella
黒鹿毛 1941
Hyperion 1930.4.18
Rockfel 1935
May Wong
栗毛 1934
Rustom Pasha 1927
Wezzan 1924
ライトフレーム
黒鹿毛 1959.3.15
仔受胎時活性値:1.50
ライジングフレーム[A]
黒鹿毛 1947
種付け時活性値:0.75
The Phoenix 1940
Admirable 1942
グリンライト
栗毛 1947.4.6
仔受胎時活性値:0.75
ダイオライト[A]
黒鹿毛 1927
種付け時活性値:0.75
栄幟
鹿毛 1938
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Hyperion5×4、Rustom Pasha5×4、Nearco5×5>

ニホンピロウイナー(1980.4.27)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
スティールハート
(Little Hut)
5.50 or 3.50 伯父キタノカチドキ
(No.3-L フロリースカップ系)
3番仔
(3連産目)
第2回マイルCS(GI)の結果(上位5頭。年齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 馬体重 調教師
1 3 ニホンピロウイナー 牡5 57 河内洋 1:35.3    480 服部正利 1
2 2 トウショウペガサス 牡6 57 田原成貴 1:35.8 3 516 奥平真治 4
3 8 エーコーフレンチ 牡4 57 田島信行 1:35.8 クビ 460 安田伊佐夫 5
4 1 ドウカンテスコ 牡3 55 大塚栄三郎  1:35.9 ハナ 502 田中朋次郎 10
5 14 ウエスタンファイブ 牝3 53 東信二 1:36.2 2 452 境勝太郎 2
第2回マイルCS(GI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4-10.9-11.4-11.9-11.8-11.9-12.2-12.8
上り 4F 48.7-3F 36.9

20世紀最高の内国産マイラー、ニホンピロウイナー。通算26戦16勝、2着3回、3着1回。こと1600m以下ならば18戦14勝、2着3回。ただ1回の着外となった、現年齢表記3歳6月に挑んだ古馬相手の阪急杯(現GIII)9着も、落鉄の影響があったということ。お、恐るべしは、その短距離における才能。

豊かなスピードは代を経ても受け継がれ、ヤマニンゼファー(1988.5.27)フラワーパーク(1992.5.8)の2頭のGI勝ち馬をはじめ、重賞勝ち馬を数多く輩出しました。いま述べた代表産駒2頭はもちろん印象深いのですけれど、晩年に送り込んだ「鬼っ子」メガスターダム(1999.4.2)には驚かされましたね。まま、メガスターダムも初勝利となった2歳未勝利戦の淀芝1400mで1分21秒4の快時計勝ちを収めた時はニホンピロウイナーらしさを見せていたのですが(^_^.)

なお「淀芝1400mで1分21秒4の快時計勝ち」というと、ニホンピロウイナーが最も強い競馬をしたと言われる1984年のスワンS(GII)が、まさにその走破時計で当時のレコードタイムでした。どんなコースでも強さを見せたニホンピロウイナーですけれど、こと淀について言うならば、7戦7勝。短距離王者の威厳が遺憾なく発揮されたコースだったのでした。

では、以下にニホンピロウイナーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ライトフレーム 1959.3.15 不出走
|キタノカチドキ 1971.3.27 中央11勝 皐月賞(現JpnI) 菊花賞(現JpnI)を含む重賞9勝
|ニホンピロエバート 1974.3.17 中央1勝
||ニホンピロウイナー 1980.4.27 (本馬) 中央16勝 GI3勝を含む重賞10勝
||ニホンピロピュアー 1985.3.15 中央2勝
|||ニホンピロスワン 1997.4.29 中央3勝 ローズS(GII)
||テイエムメデル 1991.4.21 中央2勝
|||テイエムサウスポー 1998.5.14 中央2勝 京王杯3歳S(現京王杯2歳S、JpnII)ほか
|リードスワロー 1975.2.20 中央5勝 エリザベス女王杯(現GI) 阪急杯(現GIII)

私が初めて購入した月刊「優駿」は1993年7月号でした。その号ではスティールハート、ニホンピロウイナー、ヤマニンゼファーと3代続いた短距離GI勝ち父仔の特集が組まれていたのですけれど、文中でニホンピロウイナーの祖母ライトフレームについてのエピソードが紹介されていました。ライトフレームは受胎しにくい体質だったそうで、生産者の佐々木節哉さんが苦慮した結果、厳冬期の山中で放し飼いをされた末に発情がやって来たそうです。その後に生産されたのが、キタノカチドキ、ニホンピロエバート、リードスワローという「賢兄賢妹」のきょうだい馬たちでした。

ニホンピロウイナーが現在を以って語り続けられるのは、短距離というカテゴリーの王者でありながら、その地位に甘んずることなく「挑戦者」だったからなのでしょう。距離不適、そして絶対皇帝と共に走ることを承知で挑んだ府中芝2000m、満5歳秋の天皇賞(GI)。「あっと驚く」ギャロップダイナ(1980.4.25)の1分58秒7のレコード駆けから惜しくも0秒2差、同着3着だったとは言え、短距離王の矜持は見せました。

そんなゼネラリストを目指したニホンピロウイナー。自身はGIでは遂げられませんでしたけれど、息子ヤマニンゼファーが見事にその精神を受け継いで、成就しました。息子が満5歳秋に天皇賞を制した折の勝ち時計は1分58秒9。父が8年前に走破した際と同じタイムで、雪辱を果たしたのでした。

果たして、内国産馬で彼ほどに長きに渡り信頼を置かれる短距離馬がこれから出て来るでしょうか。JRAの競馬番組改革に合わせるかのようにして現れた「時代の申し子」ニホンピロウイナー、真に不世出の名馬でした。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

第40回マイラーズC(GII)の勝ち馬。

スーパーホーネット 牡 鹿毛 2003.3.20生 浦河・ガーベラパークスタッド生産 馬主・田島政光氏 栗東・矢作芳人厩舎

スーパーホーネット(2003.3.20)の4代血統表
ロドリゴデトリアーノ[A]
栗毛 1989.5.27
種付け時活性値:1.25
El Gran Senor
鹿毛 1981.4.21
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Sex Appeal
栗毛 1970.5.12
Buckpasser 1963.4.28
Best in Show 1965.4.29
Hot Princess
栗毛 1980.4.9
ホットスパーク
栗毛 1972.2.22
Habitat 1966.5.4
Garvey Girl 1960
Aspara
栗毛 1972
Crimson Satan 1959.5.4
Courtside 1965.3.27
ユウサンポリッシュ
鹿毛 1997.5.25
仔受胎時活性値:1.25
エルセニョール[x]
芦毛 1984.3.31
種付け時活性値:1.00
Valdez
栗毛 1976.3.9
Exclusive Native 1965.4.17
Sally Stark 1970
Sunrise Sue
芦毛 1975.3.29
Grey Dawn 1962.3.13
Sophistry 1961.5.8
エルゼビアー
鹿毛 1984.4.13
仔受胎時活性値:1.00
Elocutionist[B]
鹿毛 1973.3.4
種付け時活性値:0.50
Gallant Romeo 1961.5.20
Strictly Speaking 1967.3.20
Friendly Relations
栗毛 1966.4.15
仔受胎時活性値:0.25
Nearctic[A]
黒鹿毛 1954.2.11
種付け時活性値:0.75
Flaring Top
鹿毛 1947
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Nearctic4×4>

スーパーホーネット(2003.3.20)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ロドリゴデトリアーノ 3.00 伯父に豪GI馬
(No.8-F)
2番仔
(2連産目)
第40回マイラーズC(GII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3 スーパーホーネット 牡6 58 藤岡佑介 1:33.9    33.0 474
[+9]
矢作芳人 1
2 5 カンパニー 牡8 58 横山典弘 1:33.9 クビ 33.0 470
[+10]
音無秀孝 3
3 10 スマイルジャック 牡4 57 岩田康誠 1:33.9 ハナ 33.4 476
[-2]
小桧山悟 9
4 4 オースミグラスワン 牡7 57 川田将雅 1:34.0 クビ 32.6 542
[+6]
荒川義之 7
5 2 アブソリュート 牡5 57 田中勝春 1:34.2 1 1/4 33.5 456
[-14]
宗像義忠 5
第40回マイラーズC(GII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
13.0-11.8-11.4-12.1-11.9-11.0-11.0-11.7
上り 4F 45.6-3F 33.7

では、以下にスーパーホーネットのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、図内の重賞格付けはいずれも各馬が出走した当時のものです。

Friendly Relations 1966.4.15 北米1勝
|Timely Affair 1971.3.20 北米0勝
||モーニングフローリック 1975.4.10 北米11勝 カナディアンターフH(GIII)
||Icy Time 1980.4.14 北米7勝 セリマS(GI)2着
|||Be Cool 1988.4.5 北米5勝 ハニービーS(GIII)
|||Biding Time 1994.4.10 北米7勝 ターフウェイパークH(GII)ほかGIII1勝
|エルゼビアー 1984.4.13 北米0勝
||Bellzevir 1990.9.11 豪12勝 SAJCグッドウッドH(GI) カンタスC(GII)
||ユウサンポリッシュ 1997.5.25 中央0勝
|||スーパーホーネット 2003.3.20 (本馬) 毎日王冠(GII) マイラーズC(GII) 京王杯SC(GII) スワンS(GII)

2歳時からコンスタントに走り、積み重ねて10勝目。非根幹距離重賞の鬼がついに1600mの重賞を制覇しました。

徐々に階段を上るスーパーホーネット。これまでマイルジーワン2着3回。たとえ相手が強くとも、もう銀メダルはいらない。

目指すは皆のジーワン初勝利。生産場、オーナー、調教師、騎手、そしてスーパーホーネット自身。今の彼ならば、なせるはず。

その名のとおり刺すような末脚を、大舞台でも発揮してくれることを楽しみにしましょう♪

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そして競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

第11回中山グランドジャンプ(J・GI)の勝ち馬。

スプリングゲント 牡 鹿毛 2000.4.30生 様似・堀弘康氏生産 馬主・加藤春夫氏 栗東・野村彰彦厩舎

スプリングゲント(2000.4.30)の4代血統表
オペラハウス[A●]
鹿毛 1988.2.24
種付け時活性値:0.75
Sadler's Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Colorspin
鹿毛 1983.3.16
High Top
黒鹿毛 1969
Derring-Do 1961
Camenae 1961
Reprocolor
栗毛 1976.5.14
Jimmy Reppin 1965
Blue Queen 1967
スプリングマドンナ
鹿毛 1994.4.23
仔受胎時活性値:1.25
ニッポーテイオー[A]
鹿毛 1983.4.21
種付け時活性値:0.50
リィフォー
黒鹿毛 1975.4.1
Lyphard 1969.5.10
Klaizia 1965.5.17
チヨダマサコ
鹿毛 1977.4.3
ラバージョン 1971.2.23
ミスオーハヤブサ 1973.3.11
ハイランドファンタジー
鹿毛 1989.1.14
仔受胎時活性値:1.00
Alleged[B]
鹿毛 1974.5.4
種付け時活性値:1.50
Hoist the Flag 1968.3.31
Princess Pout 1966.3.29
シアーファンタジー
鹿毛 1978.3.1
仔受胎時活性値:0.50
Damascus[G]
鹿毛 1964.4.14
種付け時活性値:1.25
Bold Bikini
鹿毛 1969.4.11
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×5、Damascus5×4(母方)>

スプリングゲント(2000.4.30)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Alleged 4.75 Law Societyと同牝系
(No.5-E)
2番仔
(2連産目)
第11回中山グランドジャンプ(J・GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 1F
平均
馬体重
[前走比]
調教師
1 13 スプリングゲント 牡9 63.5 白浜雄造 4:49.1    13.6 510
[-6]
野村彰彦 2
2 10 キングジョイ 牡7 63.5 高田潤 4:49.1 クビ 13.6 508
[0]
増本豊 1
3 8 オープンガーデン 牡5 63.5 江田勇亮 4:51.9 大差 13.7 484
[-2]
郷原洋行 8
4 14 クルワザード 牡7 63.5 北沢伸也 4:53.4 9 13.8 460
[+4]
作田誠二 12
5 7 (地)ドールリヴィエール 牡5 63.5 黒岩悠 4:53.6 1 1/4 13.8 490
[-2]
吉岡八郎 9

では、以下にスプリングゲントの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、図内の重賞格付けはいずれも各馬が出走した当時のものです。

Bold Bikini 1969.4.11 米6勝
|Strike Your Colors 1976.3.16 米3勝 ブリーダーズフューチュリティS(GII)ほか
|Cerada Ridge 1977.2.21 米7勝 アシュランドS(GII)2着
|シアーファンタジー 1978.3.1 米4勝
||Fantasy Cat 1984.4.20 米5勝
|||Leave a Legacy 1995.3.14 米8勝 アークラテックスH(GIII)2着
||Ashshama 1985.3.27 英1勝
|||Subya 1992.1.22 英愛独5勝 ロックフェルS(英GIII)2着
||ハイランドファンタジー 1989.1.14 英0勝
|||スプリングマドンナ 1994.4.23 中央2勝
||||スプリングゲント 2000.4.30 (本馬) 中山グランドジャンプ(J・GI)ほか
||Shine Share 1990.3.15 独2勝 独GIII3着2回
|Instinctive Move 1981.1.30 米1勝
||Feminine Wiles 1989.4.29 英米仏伊2勝 サンチャリオットS(英GII)2着ほか
|Law Society 1982.2.16 愛英5勝 愛ダービー(GI) 愛ナショナルS(GII)ほか
|Alfarazdq 1983.2.16 豪英3勝 VRCクイーンエリザベスS(豪GII)2着
|Legal Bid 1984.1.29 英3勝 ダービートライアルS(GIII)ほか
|ショーガール 1992.5.2 不出走
||ショコット 1997.3.31 中央5勝 ターコイズS(OP)ほかGIII3着2回

4代母がBold Bikiniということで、近親にLaw Societyがいますね。中長距離重賞の活躍馬が見えるのはサスガ。

2番人気の9歳馬と1番人気の7歳馬の一騎打ち。びっちり叩き合った結果は、わずかに内、スプリングゲントがクビだけ粘り切ったところがゴールでした。今回は音声はありませんけれど、私ことオオハシ、ゴール前は確かに叫んでおりました(^_^.)

2006年にジャンプレース6連勝を飾りながら屈腱炎を発症して休養を余儀なくされたスプリングゲント。実に2年5ヶ月ぶりとなった勝利は、自身初のJ・GI制覇、そして鞍上の白浜雄造騎手にジャンプ重賞16勝目というJRA新記録をプレゼントしました。尊ぶべきはスプリングゲント自身の肉体と精神、敬うべきは彼の力を信じて復活にこぎつけたオーナーと厩舎陣営。ただただ、おめでとうございました。

また、1、2着両馬の叩き合いが見事ならば、中山芝4250mの難コースにおいて、出走15頭が1頭の落馬もなく完走したところも見事でした。見応えのある素晴らしい一戦、馬と騎手の懸命さが真に見えたのか、テレビから場内の皆さんの心からの拍手が聞こえてきたように思いました。

良いものを見させて頂きました。本当にありがとうございました。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そして競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

第69回皐月賞(JpnI)の勝ち馬。

アンライバルド 牡 鹿毛 2006.4.13生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・友道康夫厩舎

アンライバルド(2006.4.13)の4代血統表
ネオユニヴァース[A]
鹿毛 2000.5.21
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ポインテッドパス
栗毛 1984.4.27
Kris
栗毛 1976.3.23
Sharpen Up 1969.3.17
Doubly Sure 1971.5.3
Silken Way
栗毛 1973
★Shantung 1956.1.25
Boulevard 1968
バレークイーン
鹿毛 1988.4.16
仔受胎時活性値:0.25
Sadler's Wells[A●]
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Sun Princess
鹿毛 1980.5.18
仔受胎時活性値:1.75
★イングリッシュプリンス[A]
鹿毛 1971.5.8
種付け時活性値:0.00
Petingo 1965
English Miss 1955
Sunny Valley
鹿毛 1972.3.16
仔受胎時活性値:1.75
Val de Loir[F]
鹿毛 1959
種付け時活性値:1.00
Sunland
栗毛 1965
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×5、Almahmoud(♀)5×5>

アンライバルド(2006.4.13)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Sadler's Wells
(バレークイーン)
5.25 半兄フサイチコンコルド
(No.1-L)
13番仔
(5連産目)
第69回皐月賞(JpnI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 16 アンライバルド 牡3 57 岩田康誠 1:58.7    34.6 478
[0]
友道康夫 3
2 4 トライアンフマーチ 牡3 57 武幸四郎 1:58.9 1 1/2 34.4 474
[-4]
角居勝彦 8
3 15 セイウンワンダー 牡3 57 内田博幸 1:59.0 1/2 34.7 516
[-10]
領家政蔵 4
4 17 シェーンヴァルト 牡3 57 北村友一 1:59.4 2 1/2 34.9 470
[+6]
岡田稲男 15
5 6 ベストメンバー 牡3 57 四位洋文 1:59.6 1 1/2 35.8 496
[+2]
宮本博 5
第69回皐月賞(JpnI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.1-10.8-11.9-12.1-12.2-12.1-11.9-11.8-11.7-12.1
上り 4F 47.5-3F 35.6

では、以下にアンライバルドのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Sun Princess 1980.5.18 英仏3勝 英オークス(GI) 英セントレジャー(GI) ヨークシャー・オークス(英GI)
|Prince of Dance 1986.4.21 英4勝 デューハーストS(GI) シャンペンS(GII)
|バレークイーン 1988.4.16 不出走
||フサイチコンコルド 1993.2.11 3勝 日本ダービー(現JpnI) すみれS(OP)
||グレースアドマイヤ 1994.2.20 5勝 府中牝馬S(GIII)2着
|||リンカーン 2000.3.18 中央6勝 阪神大賞典(GII) 京都大賞典(GII) 日経賞(GII)ほかOP特別2勝
|||グローリアスデイズ 2001.3.19 中央1勝 ローズS(GII)2着 フローラS(現JpnII)2着
|||ヴィクトリー 2004.4.3 現役 皐月賞(JpnI) 若葉S(OP) ラジオNIKKEI杯2歳S(現JpnIII)2着
||ミラクルアドマイヤ 1995.3.3 中央1勝 カンパニーの父
||フサイチミニヨン 1996.4.25 中央0勝
|||アンブロワーズ 2002.3.8 中央4勝 函館2歳S(現JpnIII) 阪神JF(現JpnI)2着
||ボーンキング 1998.5.13 中央2勝 京成杯(GIII) 弥生賞(現JpnII)2着
||アンライバルド 2006.4.13 (本馬) 皐月賞(JpnI) スプリングS(JpnII) 若駒S(OP)

13歳差の兄弟牡馬クラシック勝ち馬とは、恐れ入りました。これは賢母バレークイーンを褒め称える他ありません。素晴らしい。

抜群の瞬発力で抜け出して2着のトライアンフマーチ(2006.4.11)に1馬身2分の1差。1分58秒7の勝ち時計は史上3位の好時計。伝説のメイクデビューの勝ち馬、まずは自身の伝説の第1章を完遂させました。

そして、伝説の第2章は日本ダービーへ。ドラマティックにも程がありますが、史上3組目の兄弟ダービー制覇がなされるのか否か。そして父仔2代による春の牡馬2冠がなされるのか否か。

ただただ、楽しみは募るばかり。いやがうえにも刮目の一戦となる、76回目を迎える競馬の祭典は、2009年5月31日日曜日、15時40分の発走予定です。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そして競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年4月20日 (月)

トウカイテイオー(1988.4.20)。

トウカイテイオー 牡 鹿毛 1988.4.20生 新冠・長浜牧場生産 馬主・内村正則氏 栗東・松元省一厩舎

トウカイテイオー(1988.4.20)の4代血統表
シンボリルドルフ
鹿毛 1981.3.13
種付け時活性値:1.50
パーソロン
鹿毛 1960
Milesian
鹿毛 1953
My Babu 1945
Oatflake 1942
Paleo
鹿毛 1953
Pharis 1936
Calonice 1940
スイートルナ
栗毛 1972.5.4
スピードシンボリ
黒鹿毛 1963.5.3
ロイヤルチャレンヂャー 1951
スイートイン 1958
ダンスタイム
鹿毛 1957
Palestine 1947
Samaritaine 1949
トウカイナチュラル
鹿毛 1982.5.20
仔受胎時活性値:1.25
ナイスダンサー
鹿毛 1969.3.6
種付け時活性値:1.00
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Nice Princess
栗毛 1964
Le Beau Prince 1952
Happy Night 1957
トウカイミドリ
鹿毛 1977.3.20
仔受胎時活性値:1.00
ファバージ
鹿毛 1961.4.19
種付け時活性値:1.75
Princely Gift 1951
Spring Offensive 1943
トウカイクイン
鹿毛 1966.4.17
仔受胎時活性値:0.50
アトランティス
鹿毛 1959
種付け時活性値:1.50
トツプリュウ
黒鹿毛 1959.4.1
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Milesian3×5>

トウカイテイオー(1988.4.20)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ファバージ
(トウカイナチュラル)
4.25 伯母トウカイローマン
(No.19-B 星友系)
2番仔
(2連産目)
第38回有馬記念(GI)の結果(上位5頭。年齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 4 トウカイテイオー 牡5 56 田原成貴 2:30.9    35.0 474
[+14]
松元省一 4
2 13 ビワハヤヒデ 牡3 55 岡部幸雄 2:31.0 1/2 35.3 482
[+2]
浜田光正 1
3 12 ナイスネイチャ 牡5 56 松永昌博 2:31.6 3 1/2 35.5 496
[-4]
松永善晴 10
4 8 マチカネタンホイザ 牡4 57 柴田善臣 2:31.6 アタマ 34.9 486
[-4]
伊藤雄二 13
5 9 レガシーワールド セ4 57 河内洋 2:31.7 クビ 35.9 496
[0]
森秀行 2
第38回有馬記念(GI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
7.0-11.2-11.9-11.4-11.7-12.4-13.3-12.4-12.1-12.2-12.0-11.5-11.8
上り 4F 47.5-3F 35.3

競馬を見て大泣きした初めてのレースでした、1993年の第38回有馬記念。鹿毛の流星、両前脚が高く上がり、中山のオーバーシードを蹴る度に、芦毛の新王者との差を詰めて、最後は2分の1馬身先着していました。前年の有馬記念を1番人気11着と凡走して以来、中363日の長期休養明けをものともしない、見事な勝利でした。

恐らく、私の競馬者人生の中で、1番のグッドルッキンキングホースはずっと彼のままでしょう。あれだけ美しく、強く、そしてドラマチックな馬にはもう出会えないのではないかと思います。

ただ、悲しいかな、私が出会った1992年のジャパンカップ(GI)以降のトウカイテイオーは、すでに本来のトウカイテイオーでは無かったのかも知れません。 彼が制した第58回日本ダービー(現JpnI)のVTRを見ると、そう思いを強くします。競馬のケの字も知らなかった私ことオオハシの、14回目の誕生日と同日になされた勝利は、日本ダービー史上に残る大楽勝でした。

その天賦の才は、自身の強烈な蹴りにより、残念ながら、削がれていったのでした。才を見せれば見せる程に、彼自身の脚を傷付けていったのでした。けれど、それでも、不屈の闘志は微塵も衰えず。熱血系の美男子、トウカイテイオー。ずっと大好きな馬です。

では、以下にトウカイテイオーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

トウカイミドリ 1977.3.20 中央1勝
|トウカイローマン 1981.5.19 中央5勝 オークス(現JpnI) 京都大賞典(GII)
|トウカイナチュラル 1982.5.20 不出走
||トウカイテイオー 1988.4.20 (本馬) 中央9勝 ジャパンカップ(GI)含むジーワン4勝重賞計5勝
||トウカイオーザ 1997.5.31 中央8勝 アルゼンチン共和国杯(GII) 大阪-ハンブルクC(OP)2回
||トウカイエリート 2000.5.2 現役 日経新春杯(GII)2着 ステイヤーズS(GII)3着

御料の19号族星友(1923)系の末えいたち、21世紀の今も頑張って走っていますね。なお、伯母トウカイローマンは岡冨俊一元騎手に唯一の平地ジーワン勝ちをプレゼントした馬で、かつ、「平成の天才」武豊騎手に重賞初制覇をプレゼントした馬ですね。満6歳春の新潟大賞典(GIII)2着が、いろんな意味での分水嶺となったのでした。

#余談となりますけれど、岡冨さんが騎手を引退されたのは2003年4月20日。6年前の今日、トウカイテイオーが満15歳の誕生日を迎えた日でした。

気が付けばトウカイテイオーも満21歳。一生青春を地で行くであろう美男子も、そろそろ、老境の域が近づいて参りました。時の流れの速さを思うとともに、息災に過ごしてほしいと心から願うばかりです。

彼のような馬にもう一度出会えるかな?

いえ、彼は、彼だからこそ、トウカイテイオーなのですね。

唯一無二のドラマティックホースでした。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そして競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

気になるメジロ勢。

気持ちも新たに1001件目の投稿は個人的な趣味に走ったログを残しておきます。

メジロルマン 牡 鹿毛 2006.4.28生 洞爺湖・メジロ牧場生産 馬主・(有)メジロ牧場 美浦・菊川正達厩舎

メジロルマン(2006.4.28)の4代血統表
メジロマックイーン[E]
芦毛 1987.4.3
種付け時活性値:0.50

メジロティターン
芦毛 1978.3.22
メジロアサマ
芦毛 1966.2.23
パーソロン 1960
スヰート 1951
シエリル
鹿毛 1971.5.15
スノッブ 1959.1.31
Chanel 1961.4.29
メジロオーロラ
栗毛 1978.3.8
リマンド
栗毛 1965.2.16
▲Alcide 1955
Admonish 1958
メジロアイリス
黒鹿毛 1964.4.8
▲ヒンドスタン 1946
アサマユリ 1959.3.17
メジロタイム
鹿毛 1998.4.13
仔受胎時活性値:1.75
ダンスインザダーク[A]
鹿毛 1993.6.5
種付け時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ダンシングキイ
鹿毛 1983.5.21
Nijinsky 1967.2.21
Key Partner 1976.4.5
メジロエバート
黒鹿毛 1987.5.11
仔受胎時活性値:0.50
(メジロタイムは4連産目の5番仔)
モガミ[A]
青鹿毛 1976.5.18
種付け時活性値:0.50
Lyphard 1969.5.10
ノーラック 1968.4.25
メジロエニフ
鹿毛 1979.4.14
仔受胎時活性値:1.75
(メジロエバートは3連産目の3番仔)
フィディオン[G]
鹿毛 1972.5.26
種付け時活性値:1.50
シエリル
鹿毛 1971.5.15
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:シェリル(♀)3×4、Northern Dancer5×5(母方)>

メジロルマン(2006.4.28)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
フィディオン 5.75 メジロティターンと同牝系
(No.8-C)
2番仔
(空胎後)
第2回中山8日5R 3歳未勝利戦(芝1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 8 メジロルマン 牡3 56 蛯名正義 1:49.3    35.4 494
[-2]
菊川正達 2
2 6 マツリダガッツ 牡3 56 三浦皇成 1:49.9 3 1/2 35.6 472
[0]
国枝栄 1
3 12 タイセイダンサー 牡3 56 柴田善臣 1:49.9 クビ 35.8 442
[-6]
二ノ宮敬宇 6
4 10 マイネルアウストロ 牡3 56 松岡正海 1:50.1 1 1/4 36.3 484
[0]
田中清隆 3
5 5 ファーストタッチ 牝3 54 武士沢友治 1:50.5 2 1/2 35.8 416
[0]
小桧山悟 9
第2回中山8日5R 3歳未勝利戦のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5-11.3-12.3-12.5-12.5-12.5-12.3-11.7-11.7
上り 4F 48.2-3F 35.7

むぅ。ひと昔前のメジロらしさが漂う累代のなされた馬が勝ち上がりました。「メジロマックイーン×ダンスインザダーク×モガミ×フィディオン」という長距離志向の4代血統構成、最優性先祖が曾祖母父フィディオン、名牝シエリル3×4の牝馬クロス、合わせて母メジロタイムが空胎後の仔。メジロルマン、これはかなり気になる存在です。

なお、2006年産のメジロマックイーン産駒は、メジロマックイーンの2005年の種付け数14頭に対して10頭の産駒しかいません。10頭の中からディアジーナ(2006.6.2)、メジロルマンが輩出されたのでした。「少数精鋭」とはこのことですね。

果たして、メジロマックイーンの息子がダービー戦線に乗ることができるのか。まずは明日4月18日の山藤賞で期待しましょう♪

続いてご紹介するのは、やはりシエリルの牝系から出た牝馬を。

メジロフォーナ 牝 栗毛 2005.3.6生 洞爺・メジロ牧場生産 馬主・(有)メジロ牧場 美浦・栗田博憲厩舎

メジロフォーナ(2005.3.6)の4代血統表

ナリタトップロード[C]
栗毛 1996.4.4
種付け時活性値:0.00
サッカーボーイ
栃栗毛 1985.4.28
ディクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサッシュ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサッシュ 1966
フローラルマジック
黒鹿毛 1985.4.20
Affirmed
栗毛 1975.2.21
Exclusive Native 1965.4.17
Won't Tell You 1962
Rare Lady
黒鹿毛 1974.2.20
Never Bend 1960.3.15
Double Agent 1959.4.30
メジロナターシャ
鹿毛 1997.6.11
仔受胎時活性値:1.75

フレイズ[A]
鹿毛 1988.4.13
種付け時活性値:0.00
ストロベリーロード
鹿毛 1979.9.28
Whiskey Road 1972.2.19
Giftisa 1974.11.2
Zalataia
栗毛 1979.2.10
ディクタス 1967.4.11
Tapioquerie 1968.3.6
メジロチェイサー
鹿毛 1977.3.2
仔受胎時活性値:0.75
(メジロナターシャは空胎後の12番仔)
メジロサンマン[B]
鹿毛 1963.3.26
種付け時活性値:1.25
Charlottesville 1957
パラデイシア 1957
シエリル
鹿毛 1971.5.15
仔受胎時活性値:1.25
スノッブ[F]
鹿毛 1959.1.31
種付け時活性値:0.75
Chanel
黒鹿毛 1961.4.29
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:ディクタス3×4>

メジロフォーナ(2005.3.6)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
メジロサンマン
(Aureole)
4.00 伯父メジロライアン
(No.8-C)
3番仔
(2連産目)
第3回中山5日9R 野島崎特別(中山芝1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 7 メジロフォーナ 牝4 55 三浦皇成 1:48.0    34.6 508
[0]
栗田博憲 2
2 5 ダイワジャンヌ 牝4 55 武士沢友治 1:48.1 3/4 34.5 436
[-4]
的場均 6
3 9 シングライクバード 牝4 55 福永祐一 1:48.1 クビ 34.4 444
[-10]
友道康夫 1
4 13 サマーアクトレス 牝4 55 内田博幸 1:48.2 クビ 35.3 470
[-2]
宗像義忠 4
5 12 ホクレレ 牝5 55 柴山雄一 1:48.2 ハナ 34.7 466
[-2]
後藤由之 3
第3回中山5日9R 野島崎特別(中山芝1800m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.2-11.5-11.6-12.1-12.3-12.7-11.8-11.8-12.0
上り 4F 48.3-3F 35.6

むぅ。「ナリタトップロード×フレイズ×メジロサンマン×スノツブ」という4代血統構成、父と母父が満8歳時の0交配、最優性先祖が祖母父メジロサンマン、ディクタス3×4のクロス、そして伯父にメジロライアン(1987.4.11)、伯母にメジロフルマー(1984.5.3)とメジロアニタ(1986.4.17)。メジロフォーナ、これはかなり気になる存在です。

という訳で、実は以前に書いておいたメジロルマンに関する下書きを生かしたログでした(^_^.)

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そして競馬を見る人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1000件目の投稿。

見ればこの記事にて1000件目の投稿になるようで。

いつも零細の辺境ブログをごらん頂き、誠にありがとうございます。これからも地道に細々と続けて参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

なお1000件目の記事の区切りと致しまして、昨年から各記事に頂いておりましたコメントに対する返答が出来ておりませんでしたので、今更ながら、皆々様から頂きましたコメントに対してお返しを行っております。

分かっていながらお返しが出来ておらず、本当に申し訳ありませんでした。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そして競馬を見る人すべてが幸せでありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第69回皐月賞(JpnI)出走予定馬について。

第69回皐月賞(JpnI)出走予定馬について

馬名
(生年月日)[F No.]
母の
何番仔?
母父 祖母父 曾祖母父
1 ロジユニヴァース
(2006.3.11)[B3]
2番仔
(2連産目)
ネオユニヴァース Cape Cross ★Machiavellian Nureyev
2 リクエストソング
(2006.3.26)[12]
3番仔
(3連産目)
シンボリクリスエス トニービン Dike Pass
3 サトノロマネ
(2006.2.23)[12]
6番仔
(2連産目)
クロフネ サンデーサイレンス ラバージョン パーソロン
4 トライアンフマーチ
(2006.4.11)[7-D]
3番仔
(2年連続
不受胎後)
スペシャルウィーク ダンシングブレーヴ ブレイヴェストローマン スティンティノ
5 ミッキーペトラ
(2006.2.7)[2-F]
5番仔
(不受胎後)
シンボリクリスエス ヘクタープロテクター Lomond Busted
6 ベストメンバー
(2006.4.14)[9-F]
5番仔
(5連産目)
マンハッタンカフェ サクラユタカオー Blushing Groom Mr. Prospector
7 ナカヤマフェスタ
(2006.4.5)[3-H]
3番仔
(3連産目)
ステイゴールド タイトスポット デインヒル Cure the Blues
8 メイショウドンタク
(2006.2.28)[10-A]
4番仔
(2連産目)
マンハッタンカフェ Machiavellian Shareef Dancer Majestic Prince
9 イグゼキュティヴ
(2006.4.20)[7-C]
13番仔
(不受胎後)
チーフベアハート アスワン トライバルチーフ ファラモンド
10 ゴールデンチケット
(2006.3.2)[3-L]
5番仔
(3連産目)
キングカメハメハ サンデーサイレンス Lyphard ロイヤルスキー
11 アーリーロブスト
(2006.4.27)[3-F]
初仔 バブルガムフェロー Mazel Trick ディアブロ Affirmed
12 フィフスペトル
(2006.5.22)[19-B]
4番仔+
(不受胎後)
キングカメハメハ Bahri ★Roberto Nijinsky
13 モエレエキスパート
(2006.5.13)[4-M]
2番仔
(2連産目)
マジックマイルズ エリシオ サンデーサイレンス ノーザンテースト
14 アントニオバローズ
(2006.4.24)[2-D]
2番仔
(2連産目)
マンハッタンカフェ Kingmambo Tentam Native Dancer
15 セイウンワンダー
(2006.4.30)[3-L]
4番仔
(4連産目)
グラスワンダー サンデーサイレンス ★リアルシャダイ テスコボーイ
16 アンライバルド
(2006.4.13)[1-L]
13番仔
(5連産目)
ネオユニヴァース Sadler's Wells ★イングリッシュプリンス Val de Loir
17 シェーンヴァルト
(2006.3.9)[4-N]
2番仔
(2連産目)
ジャングルポケット エリシオ Caro More So
18 リーチザクラウン
(2006.2.5)[23-B]
4番仔
(3連産目)
スペシャルウィーク Seattle Slew Mr. Prospector Secretariat

今年の皐月賞の出走予定馬たちを見ると、上位人気が予想される面々に、字面上Phalaris(1913)4代累代配合馬が多いことが気になりますね。4戦4勝の無敗で挑むロジユニヴァース、2歳王者セイウンワンダー、きさらぎ賞(GIII)勝ちのリーチザクラウン、京成杯(GIII)勝ちのアーリーロブスト、函館2歳S(JpnIII)を勝ち朝日杯FS(JpnI)2着のフィフスペトルなど、いずれもPhalaris系の累代です。

ロジユニヴァース。すでに2000mの距離をこなしているので心配無用と思います。けれど、彼は母系が軽快血統で、母方に累代されている各父も短距離型と見受けますので「2冠の後は果たして」という感じは致します。と、距離に対する不安要素を述べたものの、気の早い私は、横山典弘騎手がダービージョッキーになる瞬間を楽しみにしています。

アンライバルド。上位人気と目される中で、母方のバックボーンがしっかりしているのは彼ですね。すでに伝説のメイクデビューとなりつつある一戦の勝ち馬、半兄フサイチコンコルド(1993.2.11)に続くことができますでしょうか。はてさて、ネオユニヴァース(2000.5.21)産駒の真打ちは果たしてどちらなのでしょうか。

リーチザクラウン。歴史は繰り返すのか、父スペシャルウィーク(1995.5.2)と同じ8枠18番。同じ勝負服、鞍上も同じ武豊騎手。父の皐月賞、グリーンベルトを利して勝ったのは2枠3番から発進した横山典弘騎手のセイウンスカイ(1995.4.26)でしたね。

セイウンワンダー。なんだ言いながら、唯一のジーワンホース。小岩井の3号族フロリースカップ(1904)系の底力は大一番でこそ。ひと叩きされて、絞れて、怖い。

ほかにも多士済々。そんな中、私は角田晃一騎手のアントニオバローズに頑張ってほしいのですが、サスガにハ行後のレースが皐月賞では、ね。あとはトライアンフマーチ。皐月賞当日の4月19日は、母キョウエイマーチ(1994.4.19)が存命だったならば満15歳の誕生日でした。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

第27回ニュージーランドトロフィー(GII)の勝ち馬。

サンカルロ 牡 黒鹿毛 2006.2.5生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(有)社台RH 美浦・大久保洋吉厩舎

サンカルロ(2006.2.5)の4代血統表
シンボリクリスエス[A]
黒鹿毛 1999.1.21
種付け時活性値:1.50
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Sharp Queen
鹿毛 1965.4.19
Princequillo 1940
Bridgework 1955.3.23
Tee Kay
黒鹿毛 1991.2.9
★Gold Meridian
黒鹿毛 1982.4.14
Seattle Slew 1974.2.15
Queen Louie 1968.4.9
Tri Argo
黒鹿毛 1982.5.18
Tri Jet 1969.4.3
Hail Proudly 1969.3.5
ディーバ
栗毛 1997.6.6
仔受胎時活性値:2.00
Crafty Prospector[x]
栗毛 1979.4.7
種付け時活性値:0.25
★Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Real Crafty Lady
栗毛 1975.4.2
▲In Reality 1964.3.1
Princess Roycraft 1967.1.25
ミスセクレト
鹿毛 1986.5.6
仔受胎時活性値:0.50
セクレト[A]
鹿毛 1981.2.12
種付け時活性値:1.00
Northern Dancer 1961.5.27
Betty's Secret 1977.5.4
My First Fling
黒鹿毛 1978.3.22
仔受胎時活性値:1.75
Olden Times[D]
鹿毛 1958.3.6
種付け時活性値:0.75
Hello Theo
鹿毛 1971.5.12
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Nashua5×5>

サンカルロ(2006.2.5)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
シンボリクリスエス
(Kris S.)
5.75 祖母が伊1000ギニー馬
(No.23-B)
2番仔
(不受胎後)
第27回ニュージーランドトロフィー(GII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 5 サンカルロ 牡3 56 吉田豊 1:33.8    34.9 488
[-4]
大久保洋吉 1
2 14 ティアップゴールド 牡3 56 池添謙一 1:34.1 2 35.0 466
[0]
西浦勝一 5
3 3 ジョーカプチーノ 牡3 56 松岡正海 1:34.1 クビ 35.5 488
[0]
中竹和也 3
4 9 マイネルエルフ 牡3 56 蛯名正義 1:34.2 クビ 35.4 494
[-4]
鹿戸雄一 4
5 10 アイアンデューク 牡3 56 石橋脩 1:34.5 2 35.6 452
[-8]
伊藤伸一 11
第27回ニュージーランドトロフィー(GII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5-10.8-11.6-11.3-12.2-11.7-11.9-11.8
上り 4F 47.6-3F 35.4

では、以下にサンカルロのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

My First Fling 1978.3.22 米5勝
|ミスセクレト 1986.5.6 伊英愛米仏4勝 リディアテシオ賞(現GI、当時GII) 伊1000ギニー(現GIII、当時GII)ほか伊GIII1勝
||ディーバ 1997.6.6 中央3勝
|||サンカルロ 2006.2.5 (本馬) ニュージーランドトロフィー(GII) クロッカスS(OP)

サンカルロ、祖母が伊国のクラシック勝ち馬ということで血統の筋は通っています。

これまで「大久保洋吉-吉田豊」の師弟ラインのJRA重賞勝ちは、メジロドーベル(1994.5.6)の阪神3歳牝馬S(現阪神JF、JpnI)に始まり、サイレントハンター(1993.3.22)、ショウナンパントル(2002.2.20)、メジロマントル(1997.5.31)、ユメノシルシ(2002.5.31)等によるものがありましたね。

見れば、この師弟コンビ、メジロドーベル、ショウナンパントルと牝馬ではJRAジーワン勝ちを収めているものの、牡馬はまだJRAジーワン勝ちがありません。

サンカルロ、果たしてこの師弟コンビに牡馬によるJRAジーワン初勝利をプレゼントすることができるでしょうか。そしてまた、父シンボリクリスエスにも芝のJRAジーワン制覇をプレゼントすることができるでしょうか。若駒と師弟コンビのこれからを楽しみにしたいと思います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

第52回阪神牝馬S(GII)の勝ち馬。

ジョリーダンス 牝 芦毛 2001.4.22生 新冠・錦岡牧場生産 馬主・小林薫氏 美浦・堀宣行厩舎

ジョリーダンス(2001.4.22)の4代血統表
ダンスインザダーク[A]
鹿毛 1993.6.5
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ダンシングキイ
鹿毛 1983.5.21
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24 ♀
Key Partner
鹿毛 1976.3.26
Key to the Mint 1969.3.9
Native Partner 1966.4.5
ピーターホフズパティア
芦毛 1988.5.1
仔受胎時活性値:1.00

Peterhof[A]
鹿毛 1979.4.9
種付け時活性値:0.00
The Minstrel
栗毛 1974.3.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fleur 1964.4.1
Millicent
鹿毛 1969
Cornish Prince 1962.3.29
Milan Mill 1962.2.10
Tea At Ten
芦毛 1982.3.23
仔受胎時活性値:1.25
Drone[A]
芦毛 1966.4.1
種付け時活性値:1.75
Sir Gaylord 1959.2.12
Cap and Bells 1958.5.21
Remuneration
栗毛 1976.4.18
仔受胎時活性値:1.25
ミシシッピアン[C]
鹿毛 1971.5.16
種付け時活性値:1.00
House of Cards
栗毛 1969.3.28
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4、Flaming Page(♀)4×5、Turn-to5×5、Promised Land5×5>

ジョリーダンス(2001.4.22)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ダンスインザダーク 5.00 母が北米16勝
(No.4-R)
5番仔以降の仔
(2連産目)
第52回阪神牝馬S(GII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 12 ジョリーダンス 牝8 55 四位洋文 1:21.4    33.6 476
[-2]
堀宣行 7
2 8 ザレマ 牝5 55 安藤勝己 1:21.6 1 1/4 34.2 528
[+2]
音無秀孝 3
3 15 オディール 牝4 55 岩田康誠 1:21.9 1 3/4 34.6 446
[+2]
橋口弘次郎 4
4 5 サワヤカラスカル 牝4 55 浜中俊 1:22.1 1 1/4 34.2 430
[+8]
西橋豊治 10
5 7 レジネッタ 牝4 57 小牧太 1:22.2 1/2 34.5 448
[+12]
浅見秀一 8
第52回阪神牝馬S(GII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4-11.0-11.7-11.7-11.4-11.5-11.7
上り 4F 46.3-3F 34.6

では、以下にジョリーダンスのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

House of Cards 1969.3.28 北米4勝 デルマーオークス(現GI)
|Execution 1975.4.9 不出走
||Possible Mate 1981.4.4 北米14勝 シープスヘッドベイH(米GII)含む米GII2勝米GIII2勝
||Chinese Empress 1989.3.26 北米5勝 ボーゲイH(米GIII)3着
|Remuneration 1976.4.18 北米0勝
||Tea At Ten 1982.3.23 北米3勝
|||ピーターホフズパティア 1988.5.1 北米16勝 ゴールデンポピーH(米GIII)3着含むGIII3着3回
||||ジョリーダンス 2001.4.22 (本馬) 阪神牝馬S(GII)2回 阪神C(GII)2着 安田記念(GI)3着ほか
|Jacksboro 1979.4.28 北米16勝 キングエドワードゴールドCH(加GIII)ほか

敬愛する競馬者であるblandfordさんがおっしゃるところの

馬は自分の好きなコースに戻ると喜んで走る

ということでしょうか。また、一部報道によると、ジョリーダンスはこの一戦が引退レースだったとか。うーむ「牝馬の引退レース」というのが、2009年が明けてからの、ひとつのキーワードなのかもしれませんね(^_^.)

併せて、週始めの週刊競馬ブックによると、この2年間に行われた阪神芝1400mのレースで最も勝利を収めていた種牡馬は、実はダンスインザダークでした。はは(苦笑)

また、ジョリーダンスは新冠の名門、冠名「ヤマニン」でおなじみの錦岡牧場の生産馬です。んがしかし、ジョリーダンスは俳優・小林薫さんの持ち馬ですね。その詳しい経緯は、競走馬のふるさと案内所における、2年前に阪神牝馬Sを制した際のジョリーダンスの記事をご参照ください♪

ジョリーダンス。一部報道の通り、このレースの勝利をもって繁殖牝馬となるのであれば、良いお母さんになってほしいと願います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

第69回桜花賞(JpnI)の勝ち馬。

ブエナビスタ 牝 鹿毛 2006.3.14生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・松田博資厩舎

ブエナビスタ(2006.3.14)の4代血統表
スペシャルウィーク[A]
黒鹿毛 1995.5.2
種付け時活性値:0.50

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
Nijinsky 1967.2.21
シル 1970.4.22
レディーシラオキ
鹿毛 1978.4.3
セントクレスピン 1956
ミスアシヤガワ 1964.5.24
ビワハイジ
青鹿毛 1993.3.7
仔受胎時活性値:1.00
Caerleon[A]
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:1.00
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Foreseer
黒鹿毛 1969.4.12
Round Table 1954.4.6
Regal Gleam 1964.3.17
アグサン
青毛 1985.3.23
仔受胎時活性値:1.75
Lord Gayle[A]
黒鹿毛 1965
種付け時活性値:0.75
Sir Gaylord 1959.2.12
Sticky Case 1958
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
仔受胎時活性値:0.75
★Luciano[C]
黒鹿毛 1964
種付け時活性値:0.00
Suleika
黒鹿毛 1954
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Nijinsky4×3、Hail to Reason4×5、Turn-to5×5>

ブエナビスタ(2006.3.14)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Caerleon 4.00 母仔2代の2歳牝馬王者
(No.16-C)
6番仔
(3連産目)
第69回桜花賞(JpnI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 9 ブエナビスタ 牝3 55 安藤勝己 1:34.0    33.3 454
[+4]
松田博資 1
2 18 レッドディザイア 牝3 55 四位洋文 1:34.1 1/2 33.7 478
[+2]
松永幹夫 2
3 15 ジェルミナル 牝3 55 福永祐一 1:34.3 1 1/2 33.8 456
[-4]
藤原英昭 5
4 6 ワンカラット 牝3 55 藤岡佑介 1:34.4 3/4 34.0 486
[-6]
藤岡健一 6
5 14 ルージュバンブー 牝3 55 小牧太 1:34.4 ハナ 34.2 494
[+6]
佐藤正雄 8
第69回桜花賞(JpnI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4-10.8-11.7-12.0-12.2-11.7-11.6-11.6
上り 4F 47.1-3F 34.9

では、以下にブエナビスタのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

アグサン 1985.3.23 英0勝
|ジョーンズギフト 1990.2.1 英0勝
||Tomori 1999.1.9 独伊1勝 独1000ギニー(GII)2着 独ダービー(GI)3着ほか伊GII3着1回独GIII3着1回
|ビワハイジ 1993.3.7 中央4勝 阪神3歳牝馬S(現阪神JF、JpnI)含む重賞3勝
||アドマイヤジャパン 2002.4.16 中央2勝 京成杯(GIII) 菊花賞(現JpnI)2着
||アドマイヤオーラ 2004.2.19 現役 京都記念(GII)含む重賞3勝
||ブエナビスタ 2006.3.14 (本馬) 桜花賞(JpnI) 阪神JF チューリップ賞(JpnIII)

もはや言わずもがなの良血一家、ついに悲願のクラシック制覇となりました。

母が桜花賞の舞台で一敗地にまみれて早13年。干支が一回りする星霜を重ねて送り込んだ愛娘が見せてくれた景色はまさに絶景でした。

母娘2代の2歳牝馬王者、母の誕生日を祝った重賞勝ち、そして母の無念を晴らした桜花賞。

額に光る星ひとつは、同期生の中で一等星になるべくして生まれた自身の象徴なのでしょうか。

ブエナビスタ、次に目指す舞台は府中芝2400m。……いや、まさか母の後を追って男馬相手は無いですよね(^_^.)。いずれにせよ、この才媛の行く末を見守りたいと思います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

おまけ。「ねじ伏せた、ねじ伏せたぁ!!」と叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

アグネスタキオン(1998.4.13)。

アグネスタキオン 牡 栗毛 1998.4.13生 千歳・社台ファーム生産 馬主・渡辺孝男氏 栗東・長浜博之厩舎

アグネスタキオン(1998.4.13)の4代血統表
サンデーサイレンス[A]
青鹿毛 1986.3.25

Halo
黒鹿毛1969.2.17
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
★Cosmic Bomb 1944
Almahmoud 1947
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding
栗毛 1963.2.17
★Promised Land 1954.3.31
Pretty Ways 1953.3.21
Mountain Flower
鹿毛 1964.3.23
Montparnasse 1956
Edelweiss 1959.2.15
アグネスフローラ
鹿毛 1987.6.18
ロイヤルスキー[A]
栗毛 1974.5.24
Raja Baba
鹿毛 1968.4.5
Bold Ruler 1954.4.6
Missy Baba 1958.5.13
Coz o'Nijinsky
栗毛 1969.4.27
★Involvement 1960.4.12
Gleam 1952
アグネスレディー
鹿毛 1976.3.25
リマンド[F]
栗毛 1965.2.16
▲Alcide 1955
Admonish 1958
イコマエイカン
鹿毛 1967.5.18
Sallymount[C]
栗毛 1956
ヘザーランズ
鹿毛 1957

<5代血統表内のクロス:なし>

アグネスタキオン(1998.4.13)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ロイヤルスキー
(アグネスフローラ)
3.25 全兄アグネスフライト
(No.1-L ヘザーランズ系)
5番仔
(4連産目)

皐月賞(JpnI)ウィークに紹介するのはやはり皐月賞勝ち馬でしょう。その圧倒的な走りがそのまま伝説となったアグネスタキオン。今回は生涯4戦すべての成績を示しておきます。

新馬戦(阪神芝2000m)の結果(上位5頭。年齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重 調教師
1 4 アグネスタキオン 牡2 54 河内洋 2:04.3    33.8 500 長浜博之 3
2 6 リブロードキャスト 牡2 54 松永幹夫 2:04.9 3 1/2 34.6 542 山本正司 2
3 5 メイショウラムセス 牡2 54 J.ベイリー 2:05.2 1 3/4 34.6 440 伊藤雄二 4
4 10 インビジブルタッチ 牡2 54 四位洋文 2:06.2 6 35.0 464 星川薫 6
5 3 ボーンキング 牡2 54 O.ペリエ 2:06.3 1/2 35.4 508 松田国英 1
新馬戦(阪神芝2000m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.9-12.4-13.2-13.3-13.4-13.1-12.0-11.7-11.3-11.0
上り 4F 46.0-3F 34.0

デビュー戦のパドックを生で見ていた私は、大柄な栗毛馬が持つ雰囲気から「サスガに超良血馬」というものを感じました。眼光鋭く周回を重ねた彼と一瞬だけ目が合ったように記憶しています。果たせるかな、まさか中央未勝利で終わると思わなかったロジータ(1986.5.26)の息子や、後の重賞勝ち馬2頭を相手にせず「圧勝」で初勝利を遂げました。

第17回ラジオたんぱ杯3歳S(現ラジオNIKKEI杯2歳S、JpnIII)の結果(上位5頭。年齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 2 アグネスタキオン 牡2 54 河内洋 2:00.8    34.1 500
[0]
長浜博之 2
2 4 ジャングルポケット 牡2 54 角田晃一 2:01.2 2 1/2 34.5 466
[0]
渡辺栄 3
3 5 クロフネ 牡2 54 松永幹夫 2:01.4 1 1/4 34.8 514
[+6]
松田国英 1
4 6 エーピーウィザード 牡2 54 武豊 2:02.2 5 35.2 508
[-4]
佐山優 5
5 1 マイネルエスケープ 牡2 54 幸英明 2:02.2 クビ 35.9 504
[-2]
佐々木晶三 4
第17回ラジオたんぱ杯3歳S(現ラジオNIKKEI杯2歳S、JpnIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.7-11.6-13.0-12.4-12.1-12.1-12.3-12.0-11.2-11.4
上り 4F 46.9-3F 34.6

今にして思えば、なんという豪華なジースリー戦。よくぞ豊かな才能が同じ1998年生まれに集結したものです。そんな中でもアグネスタキオン、後にジーワン2勝を挙げる2頭を相手に楽勝を収めました。2分0秒8はレースレコードタイムでした。

第38回弥生賞(現JpnII)の結果(上位6頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 1 アグネスタキオン 牡3 55 河内洋 2:05.7    38.2 492
[-8]
長浜博之 1
2 3 ボーンキング 牡3 55 武豊 2:06.5 5 39.6 498
[-8]
松田国英 2
3 4 ミスキャスト 牡3 55 横山典弘 2:06.8 2 38.6 488
[-6]
加藤敬二 4
4 7 マンハッタンカフェ 牡3 55 蛯名正義 2:06.8 アタマ 38.4 472
[-20]
小島太 5
5 8 ダイイチダンヒル 牡3 55 柴田善臣 2:07.5 4 38.7 448
[-2]
伊藤雄二 3
6 5 デルマポラリス 牡3 55 村田一誠 2:07.5 クビ 41.0 430
[-2]
前田禎 6
第38回弥生賞(現JpnII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
13.1-11.6-12.5-12.4-12.1-12.2-12.6-13.0-12.2-14.0
上り 4F 51.8-3F 39.2

不良馬場もまったく関係なし。跳ねるように駆けて「モノの違い」をまざまざと見せ付けました。本格化前とはいえやはり後にジーワン3勝を遂げる同期生も下しています。

#余談。このレースだけ6着まで成績を記載していますけれど、もちろんデルマポラリス(1998.5.14)がメジロパーマー(1987.3.21)の仔だからです(笑)。「デルマ(皮膚の意)」の冠名で知られる浅沼廣幸オーナーは非常にシブい血統馬をお持ちになることが多いですね。そんな浅沼オーナーと知己にある女性と、何故か飲み仲間のオオハシです(^_^.)

第61回皐月賞(現JpnI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 7 アグネスタキオン 牡3 57 河内洋 2:00.3    35.5 492
[0]
長浜博之 1
2 14 ダンツフレーム 牡3 57 藤田伸二 2:00.5 1 1/2 35.2 486
[+4]
山内研二 3
3 1 ジャングルポケット 牡3 57 角田晃一 2:00.6 1/2 35.3 474
[0]
渡辺栄 2
4 13 シンコウカリド 牡3 57 田中勝春 2:00.8 1 1/2 35.8 514
[0]
宗像義忠 7
5 2 ダービーレグノ 牡3 57 幸英明 2:00.9 1/2 35.3 450
[+4]
高橋成忠 12
第61回皐月賞(現JpnI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5-11.5-11.8-12.3-11.8-12.2-12.4-12.4-11.5-11.9
上り 4F 48.2-3F 35.8

やはり後にジーワン勝ちを収める同期生を振り切ってジーワン勝ち馬となったアグネスタキオン。超高速粒子のジーワン伝説が幕を開いたかに見えた一戦でした。

けれど、この天賦の才の塊をもってしても「屈腱炎」には勝てず。真の頂点を極める前に、4戦4勝の無敗のままで、わずか5ヶ月あまりの短い競走生活を終えました。

では、以下にアグネスタキオンの本当にごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

アグネスレディー 1976.3.25 中央5勝 オークス(現JpnI)含む重賞3勝
|アグネスフローラ 1986.6.18 中央5勝 桜花賞(現JpnI)
||アグネスフライト 1997.3.2 中央4勝 日本ダービー(現JpnI) 京都新聞杯(現GII。当時GIII)
||アグネスタキオン 1998.4.13 (本馬) 中央4勝 皐月賞(現JpnI)含む重賞3勝

やはりこの4頭だけで充分でっしゃろ(笑)。この牝系から菊花賞(JpnI)を制する馬が出れば「5大クラシック完全制覇」となります。

種牡馬としてもその才を余すところ伝えているアグネスタキオン。SS2世種牡馬として初めてダービー勝ち馬を送り込んだ昨年2008年は、ついにJRAの首位種牡馬に輝きました。内国産馬がJRAの首位種牡馬を獲得したのは1957年のクモハタ(1936.3.4)以来51年ぶりの快挙だったそうです。

ダイワスカーレット(2004.5.13)の突然の引退は残念でしたけれど、ディープスカイ(2005.4.24)やキャプテントゥーレ(2005.4.5)、リトルアマポーラ(2005.1.24)など楽しみな産駒たちが今年もターフを沸かせてくれるでしょう。

アグネスタキオン、これからも良い仔を送り込み続けてくださいね。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

第69回桜花賞(JpnI)出走予定馬について。

第69回桜花賞(JpnI)出走予定馬について

馬名
(生年月日)[F No.]
母の
何番仔?
母父 祖母父 曾祖母父
1 ダノンベルベール
(2006.1.26)[3-N]
5番仔
(不受胎後)
アグネスタキオン Bering African Song ディクタス
2 ツーデイズノーチス
(2006.2.27)[4-D]
5番仔
(2年連続
不受胎後)
ヘクタープロテクター ダンシングブレーヴ Sovereign Edition Le Filou
3 ショウナンカッサイ
(2006.3.20)[7-C]
初仔 ショウナンカンプ サンダーガルチ アイネスフウジン タケシバオー
4 ヴィーヴァヴォドカ
(2006.1.27)[7-E]
3番仔
(3連産目)
ダンスインザダーク トウカイテイオー マグニテュード ★アークティックヴェイル
5 アイアムカミノマゴ
(2006.2.22)[14-A]
7番仔
(不受胎後)
アグネスタキオン Danzig Connection Mr. Prospector Current Concept
6 ワンカラット
(2006.4.3)[1-N]
2番仔+ ファルブラヴ Pistolet Bleu Tourangeau Cadmus
7 サクラミモザ
(2006.5.4)[16-A]
5番仔
(4連産目)
ティンバーカントリー サンデーサイレンス サクラユタカオー パーソロン
8 デグラーティア
(2006.4.4)[4-K]
3番仔
(3連産目)
フジキセキ デヒア Caerleon インデェアンキング
9 ブエナビスタ
(2006.3.14)[16-C]
6番仔
(3連産目)
スペシャルウィーク Caerleon Lord Gayle Luciano
10 コウエイハート
(2006.4.13)[2-H]
3番仔
(3連産目)
バブルガムフェロー アフリート トウショウボーイ ★サウンドトラック
11 レディルージュ
(2006.3.13)[2-P]
2番仔+
(2連産目+)
ブライアンズタイム Kingmambo Halo Coastal
12 (地)イナズマアマリリス
(2006.4.25)[2-I]
2番仔
(2連産目)
スエヒロコマンダー ラムタラ シービークロス セダン
13 カツヨトワイニング
(2006.3.15)[11-C]
6番仔
(流産後)
トワイニング サンデーサイレンス ノーザンテースト パーソロン
14 ルージュバンブー
(2006.5.7)[9-F]
2番仔
(2連産目)
★マリエンバード サンデーサイレンス Kris S. Donut King
15 ジェルミナル
(2006.3.10)[7-E]
2番仔
(2連産目)
アグネスタキオン Double Bed Rainbow Quest Home Guard
16 ルシュクル
(2006.2.25)[4-M]
初仔 ★サクラバクシンオー Unbridled Caro Lucky Mel
17 アンプレショニスト
(2006.4.1)[1-L]
3番仔
(3連産目)
エアジハード Mtoto ★Habitat Mill Reef
18 レッドディザイア
(2006.4.19)[16-B]
4番仔
(4連産目)
マンハッタンカフェ Caerleon Sadler's Wells Top Ville

JRAのサイトによると、18頭立てとなった1987年以降の馬番別成績を見ると、「9番」が過去最高の5回優勝!、ということ。って、9番はブエナビスタですやん(^_^.)

果たして「逆転の目」はあるのか。差し比べで分が悪ければ、やはり前に行く馬の中で、体力がありそうなところを選びたいものですけれど……。

百花繚乱の桜花賞。どのさくら花も咲くも良し、散るもまた良し。女という性の素敵なところは、咲いては散る花になることができて、なおかつ、次代を産み出す木にもなることができるところです。

18輪の花について、その青春の姿を、皆様、しかと見届けましょうね。仁川の決戦は2009年4月12日、15時40分発走です。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

#余談。牝系がチラッと気になったのはツーデイズノーチスとアンプレショニストの2頭ですね。近親に20世紀末のBlandford(1919.5.26)系の活躍馬を見ました。前者の伯父がボーザム(1984.11.16)、後者の伯父がShaamit(1993.2.11)ですね。

GI6勝を挙げた南半球の名馬ボーザム。現代日本では、やはり種牡馬としては難しかったのでしょうか。それでも、1994年当時の月刊「優駿」の新種牡馬紹介記事において、ボーザムの美しい鹿毛の姿がとても印象に残ったことを覚えています。

英ダービー(GI)馬Shaamit。管理されたのはレスター・ピゴットの娘婿であるW.J.ハガス調教師でした。1996年当時「洋の東西を問わず3戦目のダービー制覇なのか」と思ったものです。英ダービーをShaamit、愛ダービー(GI)をザグレブ(1993.5.14)、そして本邦の東京優駿(現JpnI)をフサイチコンコルド(1993.2.11)と、いずれもキャリア3戦目の馬が制しました。あ、Shaamitとフサイチコンコルドは同じ誕生日ですね。

あと、レッドディザイアの母グレイトサンライズ(1998.4.19)はやしきたかじんさんの持ち馬でした。2001年の桜花賞を観戦しに行った私は、グレイトサンライズが出走した忘れな草賞(OP)の下見所で、たかじんさんと社台総帥・吉田照哉さんが握手されたところを目撃した記憶があります(^_^.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

第53回大阪杯(GII)の勝ち馬。

ドリームジャーニー 牡 鹿毛 2004.2.24生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰寿厩舎

ドリームジャーニー(2004.2.24)の4代血統表
ステイゴールド[A]
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:0.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
ディクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサッシュ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサッシュ 1966
オリエンタルアート
栗毛 1997.5.12
仔受胎時活性値:1.50
メジロマックイーン[E]
芦毛 1987.4.3
種付け時活性値:0.25
★メジロティターン
芦毛 1978.3.22
メジロアサマ 1966.2.23
シェリル 1971.5.15
メジロオーロラ
栗毛 1978.3.8
リマンド 1965.2.16
メジロアイリス 1964.4.8
エレクトロアート
栗毛 1986.3.29
仔受胎時活性値:0.50
ノーザンテースト[A]
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
グランマスティーヴンス
栗毛 1977.2.9
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Lt.Stevens[A]
鹿毛 1961.3.14
種付け時活性値:1.75
Dhow
芦毛 1968.3.21
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト4×3>

ドリームジャーニー(2004.2.24)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Lt.Stevens
(Shimmer)
6.00 or 4.00
(No.8-C)
初仔
第53回大阪杯(GII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 8 ドリームジャーニー 牡5 57 池添謙一 1:59.7    34.0 428
[0]
池江泰寿 3
2 11 ディープスカイ 牡4 59 四位洋文 1:59.7 クビ 34.2 510
[-8]
昆貢 1
3 2 カワカミプリンセス 牝6 55 横山典弘 2:00.0 2 33.8 480
[-8]
西浦勝一 4
4 4 アドマイヤフジ 牡7 57 川田将雅 2:00.0 ハナ 34.8 536
[+6]
橋田満 7
5 10 ダイシングロウ 牡5 57 藤岡佑介 2:00.1 クビ 34.1 506
[+4]
松田博資 9
第53回大阪杯(GII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.6-11.5-11.9-11.9-12.1-12.8-12.1-11.9-11.2-11.7
上り 4F 46.9-3F 34.8

では、以下にドリームジャーニーのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

グランマスティーヴンス 1977.2.9 米1勝
|エレクトロアート 1986.3.29 中央4勝
||シュペルノーヴァ 1995.3.11 中央4勝
||オリエンタルアート 1997.5.12 中央3勝
|||ドリームジャーニー 2004.2.24 (本馬) 朝日杯FS(現JpnI) 大阪杯(GII)含む重賞5勝
|||アルスノヴァ 2005.2.9 中央2勝 エリカ賞(500万下)

見れば、エレクトロアートの子孫の代になって、活性化の様相を呈している牝系ですね。伯父シュペルノーヴァは「マックイーン産駒の男馬、頑張れ」と思いながら見ていた馬でした。また、半妹アルスノヴァはエリカ賞を勝って「クラシック候補」と思われたものの、屈腱炎で3歳1月に引退してしまいました。

ドリームジャーニーという馬は単純にエライ馬です。2歳時に1600mの朝日杯FS、3歳時に2400mの神戸新聞杯(JpnII)、4歳時に2000mの小倉記念(現GIII)と朝日CC(GIII)、そして5歳時に2000mの大阪杯と、4年連続で重賞制覇を遂げています。4年連続で重賞に出走するだけでエライのに、なおのこと、勝利を収めているのですから。

黄金旅程の第2幕、輝かしい夢の旅路は壮年の域を迎えても順風満帆。これからも、その小気味良く鋭いピッチ走法でターフを沸かせ続けて欲しいものです。

実はやっぱり強かった2004年生まれ世代の牡馬の旗頭であるドリームジャーニー、その更なる躍進に期待しましょう♪

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

おまけ。「3歳(間違えた)2歳王者!!」と叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

第41回ダービー卿CT(GIII)の勝ち馬。

タケミカヅチ 牡 鹿毛 2005.4.9生 千歳・社台ファーム生産 馬主・(有)社台RH 美浦・大江原哲厩舎

タケミカヅチ(2005.4.9)の4代血統表
ゴールドアリュール[A]
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Reluctant Guest
鹿毛 1986.2.21
Hostage 1979.2.13
Vaguely Royal 1974.3.7
カズミハルコマ
青鹿毛 1984.4.18
仔受胎時活性値:1.00
マルゼンスキー[A]
鹿毛 1974.5.19
種付け時活性値:0.25
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
シル
鹿毛 1970.4.22
Buckpasser 1963.4.28
Quill 1956
センシユータカラ
青鹿毛 1976.3.27
仔受胎時活性値:1.75
ヴェンチア[D]
黒鹿毛 1957
種付け時活性値:0.50
Relic 1945
Rose O'Lynn 1944
シヤダイウイング
黒鹿毛 1968.3.25
仔受胎時活性値:1.75
ゲイタイム[C]
栗毛 1949
種付け時活性値:0.50
ブラックターキン
黒鹿毛 1954.5.19
仔受胎時活性値:1.25 

<5代血統表内のクロス:Nijinsky5×3、Northern Dancer4×4>

タケミカヅチ(2005.4.9)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ゴールドアリュール
(Nureyev)
5.75 甥スプリングソング
(No.13-C フォルカー系)
12番仔
(2連産目)
第41回ダービー卿CT(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 4 タケミカヅチ 牡4 56 柴田善臣 1:33.7    34.7 510
[-4]
大江原哲 1
2 12 マイネルファルケ 牡4 54 津村明秀 1:33.7 クビ 34.8 526
[-8]
萱野浩二 7
3 5 マヤノライジン 牡8 56 藤田伸二 1:33.8 1/2 34.8 474
[+4]
梅内忍 12
4 11 キャプテンベガ 牡6 56 吉田豊 1:33.8 アタマ 34.6 446
[-2]
松田博資 6
5 7 リザーブカード 牡6 56.5 内田博幸 1:33.9 クビ 34.7 500
[+4]
栗田博憲 3
第41回ダービー卿CT(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4-11.3-11.5-11.6-11.9-11.5-11.7-11.8
上り 4F 46.9-3F 35.0

では、以下にタケミカヅチのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

シャダイウイング 1968.3.25 中央0勝
|マリーウイング 1974.4.5 不出走
||マリーテイスティ 1982.4.13 中央0勝
|||ブリリアントロード 1995.5.21 中央7勝 新潟大賞典(GIII) 新潟記念(GIII)
|センシュータカラ 1976.3.27 中央2勝+地方3勝
||カズミハルコマ 1984.4.18 中央4勝
|||スプリングチケット 1997.5.7 中央6勝
||||スプリングソング 2005.2.27 (現役) 橘S(OP) 京洛S(OP)ほか
|||タケミカヅチ 2005.4.9 (本馬) ダービー卿CT(GIII) 皐月賞(JpnI)2着

社台さん伝来の13号族フォルカー(1948.4.2)系。けれど「いったん外に出てから帰って来た」という感じの母系の累代種牡馬ですね。なお、半姉スプリングチケットは角田晃一騎手のJRA通算500勝のパートナーです(^_^.)

「最強の1勝馬」を返上して、ゴールドアリュール産駒初のJRA「芝」重賞勝ち馬となったタケミカヅチ。その重賞勝利は大江原哲調教師にとっても、初のJRA重賞制覇となりました。また、デビュー4年目の1988年から2007年まで20年連続JRA重賞勝ちを収めたものの、2008年はJRA重賞を制することが無かった柴田善臣騎手に、2007年のクイーンS(現GIII)以来の重賞勝ちをプレゼントしました。

タケミカヅチ、その鋭脚に一層の磨きをかけて、3歳春に取り逃がしたジーワンの大魚をもう一度狙ってほしいものです。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

エアグルーヴ(1993.4.6)。

この2ヶ月ほど、週始めの月曜日、その日に誕生日を迎えた馬を紹介したいと思います。 初回を飾るのは大好きな名牝から。

エアグルーヴ 牝 鹿毛 1993.4.6生 早来・社台ファーム生産 馬主・(株)ラッキーフィールド 栗東・伊藤雄二厩舎

エアグルーヴ(1993.4.6)の4代血統表
トニービン
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:0.25
カンパラ
黒鹿毛 1976.2.19
Kalamoun
芦毛 1970.4.30
ゼダーン 1965
Khairunissa 1960
State Pension
鹿毛 1967
オンリーフォアライフ 1960
Lorelei 1950
Severn Bridge
栗毛 1965
Hornbeam
栗毛 1953
Hyperion 1930.4.18
Thicket 1947
Priddy Fair
鹿毛 1956
Preciptic 1942
Campanette 1948
ダイナカール
鹿毛 1980.5.10
仔受胎時活性値:1.00

ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:0.00
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Lady Victoria
黒鹿毛 1962.2.20
Victoria Park 1957.5.10
Lady Angela 1944 ♀
シャダイフェザー
鹿毛 1973.2.20
仔受胎時活性値:1.50
ガーサント
鹿毛 1949.4.5
種付け時活性値:1.75
Bubbles 1925
Montagnana 1937
パロクサイド
栗毛 1959
仔受胎時活性値:1.25
Never Say Die
栗毛 1951
種付け時活性値:1.75
Feather Ball
栗毛 1952
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Hyperion4×5、Nasrullah5×5、Lady Angela(♀)5×4(母方)>

エアグルーヴ(1993.4.6)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ガーサント
(Neil Gow)
5.25 母がオークス馬
(No.8-F パロクサイド系)
4番仔
(2連産目)
第116回天皇賞・秋(GI)の結果(上位5頭。年齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 12 エアグルーヴ 牝4 56 武豊 1:59.0    34.7 478
[+8]
伊藤雄二 2
2 7 バブルガムフェロー 牡4 58 岡部幸雄 1:59.0 クビ 35.1 486
[+6]
藤沢和雄 1
3 1 ジェニュイン 牡5 58 田中勝春 1:59.9 5 35.6 498
[+6]
松山康久 3
4 2 ロイヤルタッチ 牡4 58 蛯名正義 1:59.9 ハナ 35.6 454
[+6]
伊藤雄二 6
5 8 グルメフロンティア 牡5 58 加藤和宏 1:59.9 クビ 35.7 530
[+4]
田中清隆 15
第116回天皇賞・秋(GI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
13.0-10.9-11.2-11.4-12.0-12.1-12.4-12.4-12.0-11.6
上り 4F 48.4-3F 36.0

20世紀末期の女帝、エアグルーヴ。その競走成績のハイライトは、やはり、前年の覇者の外から馬体を併せにかかり、見事に競り落とした1997年の天皇賞・秋でしょう。プリテイキャスト(1975.3.20)以来17年ぶりとなる牝馬による天皇賞・秋制覇が成された瞬間でした。

* 

第57回オークス(現JpnI)の結果(上位5頭年齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 15 エアグルーヴ 牝3 55 武豊 2:29.1    34.8 460
[+8]
伊藤雄二 1
2 1 ファイトガリバー 牝3 55 田原成貴 2:29.3 1 1/2 34.4 474
[+4]
中尾謙太郎 4
3 18 リトルオードリー 牝3 55 佐藤哲三 2:29.4 クビ 34.5 438
[+8]
小林稔 8
4 12 ロゼカラー 牝3 55 藤田伸二 2:29.4 ハナ 34.8 416
[+2]
橋口弘次郎 7
5 7 マックスロゼ 牝3 55 柴田善臣 2:29.7 1/2 35.1 478
[+4]
伊藤雄二 9
第57回オークス(現JpnI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
13.0-11.0-12.8-12.9-13.4-13.0-13.3-12.8-11.9-11.7-11.6-11.7
上り 4F 46.9-3F 35.0

もちろんもちろん、史上2組目となるダイナカールとの母仔2代のオークス勝利も見事でした。チューリップ賞(現JpnI)以来85日ぶりのレースもなんのその、桜花賞(現JpnI)馬ファイトガリバー(1993.3.17)の追撃を1馬身2分の1抑えました。あぁ、もう13年前のことですか。私、エアグルーヴがオークスを制した日が、19歳の誕生日だったんですよ(笑)

では、以下にエアグルーヴの簡単な近親牝系図を示しておきます。

パロクサイド 1959 英5勝
|シャダイカール 1969.2.11 6勝 オークストライアル(現GII)3着
|シャダイフェザー 1973.2.20 3勝
||ダイナフェザー 1979.4.2 5勝
|||フェザーマイハット 1987.5.13 5勝 BSN杯(OP)
||ダイナカール 1980.5.10 5勝 オークス(現GI)
|||カーリーエンジェル 1990.6.1 0勝
||||エガオヲミセテ 1995.5.27 4勝 マイラーズカップ(GII) 阪神牝馬特別(GII)
||||アドマイヤハッピー 1998.6.1 中央4勝
|||||ウォータクティクス 2005.2.6 現役 アルデバランS(OP)
||||オレハマッテルゼ 2000.1.16 中央9勝 高松宮記念(GI) 京王杯SC(GII)
||||トゥリオンファーレ 2006.2.22 現役 ラジオNIKKEI杯2歳S(JpnIII)3着
|||エアグルーヴ 1993.4.6 (本馬) 中央9勝 天皇賞・秋(GI) オークス(現JpnI)含む重賞7勝
||||アドマイヤグルーヴ 2000.4.30 中央8勝 エリザベス女王杯(GI)2回含む重賞5勝
||||ポルトフィーノ 2005.3.14 現役
|||カーリーパッション 1994.5.23 中央1勝
||||フラムドパシオン 2003.5.6 中央5勝+海外0勝 UAEダービー(GII)3着
|||モノポライザー 1999.4.4 中央5勝+地方9勝 ポートアイランドS(OP) 若駒S(OP)
||ダイナソレイユ 1982.3.28 2勝 京成杯3歳S(GII)3着
||ハイフェザー 1987.3.28 5勝 福島民報杯(OP)
|ヨドセローナ 1976.2.24 0勝
||マックホープ 1983.5.29 5勝
|||マッチポイント 1990.4.23 0勝
||||トウカイポイント 1996.5.18 中央6勝+地方1勝+海外0勝 マイルCS(GI) 中山記念(GII)ほか
||||パープルエビス 1997.5.8 中央4勝 スプリングS(現JpnII)2着 アーリントンC(GIII)2着
|||ボンヌシャンス 1992.5.19 中央1勝
||||インテレット 2003.3.24 中央2勝 AJCC(GII)2着 毎日杯(GIII)2着
||リアルバースデー 1986.5.29 2勝 日本ダービー(GI)2着
|ヒカリサイド 1977.3.2 0勝
||ダンディアポロ 1986.3.25 平地2勝+障害3勝 小倉3歳S(GIII) 小倉障害S(OP) フェニックス賞(OP)

言わずもがなで豪華な近親牝系図です。現役ではやはり愛娘ポルトフィーノに期待がかかりますね。2008年のエリザベス女王杯でその片鱗は見せたように、持ち得る能力はジーワン級でしょう。2009年、改めて期待したい1頭です。まずは、今週末の阪神牝馬S(GII)から。

エアグルーヴという馬は、いつでも、全力でひたむきに走っていた印象があります。アクシデントがあったレース以外は常に上位争いをしていたからでしょうか。本当にそうそうには出会えない、名牝中の名牝でした。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

第12回ドバイシーマクラシック(UAEGI)の勝ち馬。

Eastern Anthem 牡 鹿毛 2004.2.27生 愛国・ダーレー生産 馬主・シェイク・ハムダン・アル・マクトゥーム UAE・M.ビン・シャフヤ厩舎

Eastern Anthem(2004.2.27)の4代血統表
シングスピール[A●]
鹿毛 1992.2.25
種付け時活性値:0.75
In the Wings
鹿毛 1986.1.17
Sadler's Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.3.4
ハイホーク
鹿毛 1980.3.17
Shirley Heights 1975
Sunbittern 1970
Glorious Song
鹿毛 1976.4.22
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Ballade
黒鹿毛 1972.3.10
Herbager 1956
Miss Swapsco 1965.2.25
Kazzia
鹿毛 1999.4.12
仔受胎時活性値:1.00
Zinaad[A]
鹿毛 1989.3.10
種付け時活性値:0.25
Shirley Heights
鹿毛 1975
Mill Reef 1968.2.23
Hardiemma 1969
Time Charter
鹿毛 1979.4.6
Saritamer 1971
Centrocon 1973.3.30
Khoruna
鹿毛 1991
仔受胎時活性値:1.75
Lagunas[A]
鹿毛 1981.3.11
種付け時活性値:0.25
イルドブルボン 1975.5.23
Liranga 1973.3.18
Khora
鹿毛 1984.5.6
仔受胎時活性値:1.50
Corvaro[C]
黒鹿毛 1977.3.1
種付け時活性値:1.50
Kandia
鹿毛 1972.2.23
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Shirley Heights4×3>

Eastern Anthem(2004.2.27)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Corvaro
(Khora)
5.00 母が英2冠牝馬
(No.5-H)
初仔
第12回ドバイシーマクラシック(UAEGI)の結果(上位5頭)


馬 名
(生産国)
性齢
騎手 タイム 着差 調教師
1 2 Eastern Anthem
(IRE)
牡5 57 A.アジュテビ 2:31.84    M.ビン・シャフヤ
2 4 Spanish Moon
(USA)
牡5 57 R.ムーア    ハナ M.スタウト
3 7 Purple Moon
(IRE)
せん6 57 J.スペンサー    短頭 L.クマーニ
4 6 Youmzain
(IRE)
牡6 57 R.ヒルズ    2 1/4 M.シャノン
5 8 Marsh Side
(USA)
牡6 57 E.プラード    3 1/4 N.ドライスデール

調教師、騎手と一緒に現れたクラシックディスタンスの新星は良血馬でした、Eastern Anthem。白いシャドーロールを着けた鹿毛馬の追い込み脚、ただただお見事。2着3着と「ハナ」「短頭」の接戦に奮い立った姿は、父と母が各々の絶頂期に見せた「勝負強さ」の再現でした。

では、以下にEastern Anthemのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Kandia 1972.2.23 独5勝 アラルポカル(GI)ほかGIII1勝
|Kallista 1979.3.20 独5勝 1983年独最優秀古馬牝馬
||Kazoo 1988.3.28 独英2勝 独1000ギニー(GII)
||Krombacher 1998.1.26 独2勝 バイエルン・ツフトレネン(GI)2着
|Kamiros 1982.3.16 独9勝 オイロパ賞(GI)ほかGII1勝GIII2勝
|Khora 1984.5.6 不出走
||Khoruna 1991 独2勝
|||Kazzia 1999.4.12 英米独伊5勝 英オークス(GI) 英1000ギニー(GI) フラワーボウル招待S(米GI)
||||Eastern Anthem 2004.2.27 (本馬) ドバイシーマクラシック(UAEGI)
|Kardia 1985.4.24 独3勝
||Kalatos 1992.3.18 独11勝 ドルトムント・ヴィルトシャフト大賞(GIII)ほかGIII1勝

やはり母Kazziaが英2冠牝馬というところが特筆されますでしょうか。近親にも重賞勝ち馬が見えて牝系の活力はあります。サスガのドイツ牝系。

#余談。直牝系のお話から逸れて恐縮ですが、Kazziaはその父Zinaadの母がTime Charterというところが気になった馬でした。Time Charter、英オークス馬にして「20世紀最後の牝馬の"キング・ジョージ"(英GI)勝ち馬」ですね。彼女は、もちろんその勝ち鞍も素晴らしい。けれど、それ以上に私にとっては「ダンサーズイメージ(1965.4.10)の直孫」というところが琴線に触れました(^_^.)。なお、Time Charterの父Saritamerの母はIrish Chorus(1960)。つまりSaritamerの姉にハワイアンドーン(1969.5.10)がいます。同牝馬はメイワキミコ(1974.3.3)、ハワイアンイメージ(1977.5.22)、プロメイド(1980.3.8)という3頭の重賞勝ち馬の母となった名繁殖牝馬でした。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第39回高松宮記念(GI)の勝ち馬。

ローレルゲレイロ 牡 青鹿毛 2004.5.3生 新冠・村田牧場生産 馬主・(株)ローレルレーシング 栗東・昆貢厩舎

ローレルゲレイロ(2004.5.3)の4代血統表

キングヘイロー
鹿毛 1995.4.28
ダンシングブレーヴ
鹿毛 1983.5.11
Lyphard
鹿毛 1969
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Navajo Princess
鹿毛 1974.3.31
Drone 1966.4.1
Olmec 1966
グッバイヘイロー
栗毛 1985.2.12
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Pound Foolish
鹿毛 1979.3.17
Sir Ivor 1965.5.5
Squander 1974.5.6
ビッグテンビー
黒鹿毛 1998.4.30
テンビー
鹿毛 1990.1.21
Caerleon
鹿毛 1980.3.27
Nijinsky 1967.2.21
Foreseer 1969.4.12
Shining Water
鹿毛 1984.2.18
Kalaglow 1978.2.19
Idle Waters 1975.5.19
モガミヒメ
黒鹿毛 1992.3.22
カコイーシーズ
鹿毛 1986.3.7
Alydar 1975.3.23
Careless Notion 1970.3.18
モガミポイント
鹿毛 1985.4.9
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
ポイントメーカー
栗毛 1980.4.21

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5、Nijinsky4×5(母方)、Sir Gaylord5×5(父方)>

ローレルゲレイロ(2004.5.3)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
テンビー
(Lalun)
5.00
(No.1-B セレタ系)
初仔
第39回高松宮記念(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 13 ローレルゲレイロ 牡5 57 藤田伸二 1:08.0    34.9 468
[0]
昆貢 3
2 4 スリープレスナイト 牝5 55 上村洋行 1:08.1 1/2 34.8 492
[-2]
橋口弘次郎 1
3 2 ソルジャーズソング 牡7 57 北村友一 1:08.3 1 1/4 34.8 512
[+4]
鮫島一歩 15
4 5 トウショウカレッジ 牡7 57 内田博幸 1:08.3 ハナ 34.5 558
[+4]
池添兼雄 10
5 1 (外)コスモベル 牝5 55 佐藤哲三 1:08.4 1/2 34.8 458
[+8]
西園正都 12
第39回高松宮記念(GI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
11.9-10.3-10.9-11.5-11.4-12.0
上り 4F 45.8-3F 34.9

では、以下にローレルゲレイロのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ポイントメーカー 1980.4.21 不出走
|モガミポイント 1985.4.9 中央3勝
||モガミヒメ 1992.3.22 地方3勝
|||ビッグテンビー 1998.4.30 中央1勝
||||ローレルゲレイロ 2004.5.3 (本馬) 高松宮記念(GI) 阪急杯(GIII) 東京新聞杯(GIII)

ホントに簡単となりましたね(^_^.)。↑の表には現れませんけれど、ローレルゲレイロの5代母クリヒデ(1958.3.6)は天皇賞・秋(現GI)の勝ち馬で1962年の最優秀古馬牝馬です。また、ローレルゲレイロは母ビッグテンビーの初仔、母は祖母モガミヒメの初仔、祖母は曾祖母モガミポイントが不受胎後の仔と、3世代に渡って「母が前年産駒なし後の仔」という活力のある世代交代がなされていることを申し添えておきます。

父と同じ「満5歳の春」「7枠13番」から発走となった高松宮記念で、やはり父と同じく「GI初勝利」となったローレルゲレイロ。思えば東京新聞杯でも父仔制覇を遂げている彼にとって、これほど似つかわしい舞台は無かったのかも知れません。

けれど、生きものは親を超えて行くもの。

ローレルゲレイロ、後はただただ追い越すのみ。父が果たせなかった「複数のGI制覇」を遂げるべく、これからも頑張ってほしいものですね。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

おまけ。「親仔制覇!」と繰り返し叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

第16回マーチS(GIII)の勝ち馬。

エスポワールシチー 牡 栗毛 2005.4.22生 門別・幾千世牧場生産 馬主・(株)友駿HC 栗東・安達昭夫厩舎

エスポワールシチー(2005.4.22)の4代血統表
ゴールドアリュール[A]
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Reluctant Guest
鹿毛 1986.2.21
Hostage 1979.2.13
Vaguely Royal 1974.3.7
エミネントシチー
鹿毛 1998.5.4
仔受胎時活性値:1.50
ブライアンズタイム[A]
黒鹿毛 1985.5.28
種付け時活性値:1.00
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Kelley's Day
鹿毛 1977.5.11
Graustark 1963.4.7
Golden Trail 1958.3.5
ヘップバーンシチー
鹿毛 1990.3.22
仔受胎時活性値:1.75
ブレイヴェストローマン[A]
鹿毛 1972.5.19
種付け時活性値:0.25
Never Bend 1960.3.15
Roman Song 1955.2.24
コンパルシチー
鹿毛 1978.4.3
仔受胎時活性値:0.75
★トラフィック[C]
栗毛 1961.5.14
種付け時活性値:0.00
リンネス
鹿毛 1972.2.13
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×4>

エスポワールシチー(2005.4.22)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ゴールドアリュール 5.25 大伯父リンカーンシチー
(No.4-M チップトップ系)
初仔
(最初で最後の仔)
第16回マーチS(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 11 エスポワールシチー 牡4 57.5 松岡正海 1:51.9    37.3 480
[-2]
安達昭夫 1
2 16 ダイショウジェット 牡6 55 柴山雄一 1:52.1 1 1/2 37.2 548
[-4]
大根田裕之 13
3 3 (外)サトノコクオー 牡5 56 北村宏司 1:52.1 クビ 37.0 516
[+6]
藤沢和雄 2
4 5 トーセンアーチャー 牡5 55 吉田豊 1:52.1 ハナ 37.0 490
[-14]
大久保龍志 10
5 9 ボランタス 牡5 55 三浦皇成 1:52.2 1/2 37.2 524
[-6]
角居勝彦 8
第16回マーチS(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5-11.6-12.7-12.9-12.5-12.2-12.2-12.5-12.8
上り 4F 49.7-3F 37.5

では、以下にエスポワールシチーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

リンネス 1972.2.13 中央2勝 小倉3歳S(現小倉2歳S、JpnIII。当時OP)
|コンパルシチー 1978.4.3 中央4勝
||リンカーンシチー 1986.4.27 中央3勝 クリスタルC(旧GIII) 札幌3歳S(現札幌2歳S、JpnIII)2着
||ヘップバーンシチー 1990.3.22 中央0勝
|||エミネントシチー 1998.5.4 中央2勝+地方1勝
||||エスポワールシチー 2005.4.22 (本馬) マーチS(GIII) 平安S(GIII)2着
|イタリアンシチー 1979.3.20 中央1勝
||ゴールドシチー 1984.4.16 中央3勝 阪神3歳S(現阪神JF、JpnI) 皐月賞(現JpnI)2着 菊花賞(現JpnI)2着
||プラチナシチー 1989.3.12 中央5勝 CBC賞(現GIII、当時GII)3着
||クラウンシチー 1990.3.23 中央7勝 京王杯AH(現京成杯AH、GIII) 七夕賞(GIII)2着

友駿ホースクラブの基幹牝系であるチツプトツプ(1900)系ジーゲリン(1961.4.7)分枝ですね。大事にされている牝系からはちゃんと強い馬が出るものです。上で挙げた同牝系馬ではやはりゴールドシチーが目に付きますでしょうか。本田優騎手(現調教師)に初ジーワン制覇をプレゼントした同馬は、1987年当時の東高西低の競馬界において、3歳牡馬クラシックで2着、4着、2着と気を吐きました。また、四白流星、尾花栗毛のチョー目立ついでたちの彼は、歌手・雪村いづみさんのご息女である朝比奈マリアさんの「私の名馬」として関西テレビの競馬番組で紹介されていました。ゴールドシチー、二科展の入賞経験もある朝比奈さんの絵心を突き動かしたという、グッドルッキングホースでした。

砂の王者ゴールドアリュールの産駒として初めてのJRA重賞制覇を遂げたエスポワールシチー。昨年2008年8月末の小倉ダート1700m。初ダートなった一戦を1分42秒4という500万下としては超抜の時計で駆けた地力はクラスが上がっても見事に発揮されています。伸び行く4歳馬エスポワールシチー、これからの活躍が本当に楽しみですね。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

第56回毎日杯(GIII)の勝ち馬。

アイアンルック 牡 鹿毛 2006.2.7生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・池上一馬氏 栗東・橋口弘次郎厩舎

アイアンルック(2006.2.7)の4代血統表

アドマイヤボス[A]
青鹿毛 1997.5.9
種付け時活性値:0.00(2.00)
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ベガ
鹿毛 1990.3.8
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
アンティックヴァリュー
鹿毛 1979.2.25
Northern Dancer 1961.5.27
Moonscape 1967.3.12
ルカダンス
栗毛 1996.4.23
仔受胎時活性値:0.25
ヘクタープロテクター[x]
栗毛 1988.3.4
種付け時活性値:1.75
Woodman
栗毛 1983.2.17
Mr. Prospector 1970.1.28
プレイメイト 1975.4.12
Korveya
栗毛 1982.5.26
Riverman 1969
Konafa 1973.4.19
ダンスダンスダンス
鹿毛 1988.4.3
仔受胎時活性値:1.75
ナイスダンサー[A]
鹿毛 1969.3.6
種付け時活性値:0.50
Northern Dancer 1961.5.27
Nice Princess 1964.3.23
リセス
鹿毛 1979.4.26
仔受胎時活性値:2.00
★Stop the Music[A]
鹿毛 1970.3.23
種付け時活性値:0.00
Parlor Game
鹿毛 1971.3.20
仔受胎時活性値:1.75 

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4、Hail to Reason4×5>

アイアンルック(2006.2.7)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ヘクタープロテクター
(Nearctic)
5.75 祖母が皐月賞5着馬
(No.19-B)
6番仔
(6連産目)
第56回毎日杯(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14 アイアンルック 牡3 56 小牧太 1:48.0    33.6 528
[+2]
橋口弘次郎 1
2 12 ゴールデンチケット 牡3 56 木村健 1:48.1 1/2 34.3 482
[+6]
森秀行 12
3 11 アプレザンレーヴ 牡3 56 内田博幸 1:48.2 3/4 33.5 524
[-6]
池江泰郎 2
4 7 ミッキーパンプキン 牡3 56 岩田康誠 1:48.2 ハナ 34.7 440
[-4]
清水出美 3
5 5 オオトリオウジャ 牡3 56 吉田隼人 1:48.3 1/2 34.0 498
[+8]
小島茂之 5
第56回毎日杯(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.3-11.7-11.8-12.7-12.5-12.5-11.8-11.0-11.7
上り 4F 47.0-3F 34.5

では、以下にアイアンルックのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

リセス 1979.4.26 米2勝
|ミュージックマン 1984.3.8 中央6勝 大阪城S(OP)
|リストレーション 1986.4.2 中央6勝 牝馬東京タイムズ杯(現府中牝馬S、GIII)
||アーネストデザイア 1996.5.19 中央0勝
|||フサイチアソート 2005.2.16 現役 東京スポーツ杯2歳S(JpnIII)
|ダンスダンスダンス 1988.4.3 中央3勝 フラワーC(GIII)2着 クイーンC(GIII)3着ほか
||ルカダンス 1996.4.23 不出走
|||アイアンルック 2006.2.7 (本馬) 毎日杯(GIII)

祖母ダンスダンスダンスは牝馬だてらに皐月賞に出走して15番人気5着と奮闘しました。また、2006年にブルーメンブラット(2003.2.20)に破られるまで、長らく札幌芝1500mのレコードホルダー、まま、つまりは芝1500mの日本レコードホルダーでもありました(^_^.)。合わせて、ダンスダンスダンスの半姉リストレーションは1991年に行われた最後の牝馬東京タイムズ杯の勝ち馬で、その勝利の後に挑んだ天皇賞・秋(GI)では5着入線4着と好走しました。 リストレーションとダンスダンスダンスの姉妹、共に牡牝混合ジーワンで頑張った牝馬でした。

デビュー3戦目で重賞制覇を遂げたアイアンルック。その父アドマイヤボスにJRA重賞初勝利をプレゼントした彼が、次に向かうのはNHKマイルカップ(GI)になる模様。毎日杯で見せた切れ味は上がり3ハロン33秒6の鋭脚。アイアンルック、府中の直線525.9mでもその末脚が発揮されることを楽しみにしましょう。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

おまけ。「切れたぁ!切れたぁ!」と叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »