« アグネスタキオン(1998.4.13)。 | トップページ | 第52回阪神牝馬S(GII)の勝ち馬。 »

2009年4月14日 (火)

第69回桜花賞(JpnI)の勝ち馬。

ブエナビスタ 牝 鹿毛 2006.3.14生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・松田博資厩舎

ブエナビスタ(2006.3.14)の4代血統表
スペシャルウィーク[A]
黒鹿毛 1995.5.2
種付け時活性値:0.50

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
Nijinsky 1967.2.21
シル 1970.4.22
レディーシラオキ
鹿毛 1978.4.3
セントクレスピン 1956
ミスアシヤガワ 1964.5.24
ビワハイジ
青鹿毛 1993.3.7
仔受胎時活性値:1.00
Caerleon[A]
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:1.00
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Foreseer
黒鹿毛 1969.4.12
Round Table 1954.4.6
Regal Gleam 1964.3.17
アグサン
青毛 1985.3.23
仔受胎時活性値:1.75
Lord Gayle[A]
黒鹿毛 1965
種付け時活性値:0.75
Sir Gaylord 1959.2.12
Sticky Case 1958
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
仔受胎時活性値:0.75
★Luciano[C]
黒鹿毛 1964
種付け時活性値:0.00
Suleika
黒鹿毛 1954
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Nijinsky4×3、Hail to Reason4×5、Turn-to5×5>

ブエナビスタ(2006.3.14)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Caerleon 4.00 母仔2代の2歳牝馬王者
(No.16-C)
6番仔
(3連産目)
第69回桜花賞(JpnI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 9 ブエナビスタ 牝3 55 安藤勝己 1:34.0    33.3 454
[+4]
松田博資 1
2 18 レッドディザイア 牝3 55 四位洋文 1:34.1 1/2 33.7 478
[+2]
松永幹夫 2
3 15 ジェルミナル 牝3 55 福永祐一 1:34.3 1 1/2 33.8 456
[-4]
藤原英昭 5
4 6 ワンカラット 牝3 55 藤岡佑介 1:34.4 3/4 34.0 486
[-6]
藤岡健一 6
5 14 ルージュバンブー 牝3 55 小牧太 1:34.4 ハナ 34.2 494
[+6]
佐藤正雄 8
第69回桜花賞(JpnI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4-10.8-11.7-12.0-12.2-11.7-11.6-11.6
上り 4F 47.1-3F 34.9

では、以下にブエナビスタのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

アグサン 1985.3.23 英0勝
|ジョーンズギフト 1990.2.1 英0勝
||Tomori 1999.1.9 独伊1勝 独1000ギニー(GII)2着 独ダービー(GI)3着ほか伊GII3着1回独GIII3着1回
|ビワハイジ 1993.3.7 中央4勝 阪神3歳牝馬S(現阪神JF、JpnI)含む重賞3勝
||アドマイヤジャパン 2002.4.16 中央2勝 京成杯(GIII) 菊花賞(現JpnI)2着
||アドマイヤオーラ 2004.2.19 現役 京都記念(GII)含む重賞3勝
||ブエナビスタ 2006.3.14 (本馬) 桜花賞(JpnI) 阪神JF チューリップ賞(JpnIII)

もはや言わずもがなの良血一家、ついに悲願のクラシック制覇となりました。

母が桜花賞の舞台で一敗地にまみれて早13年。干支が一回りする星霜を重ねて送り込んだ愛娘が見せてくれた景色はまさに絶景でした。

母娘2代の2歳牝馬王者、母の誕生日を祝った重賞勝ち、そして母の無念を晴らした桜花賞。

額に光る星ひとつは、同期生の中で一等星になるべくして生まれた自身の象徴なのでしょうか。

ブエナビスタ、次に目指す舞台は府中芝2400m。……いや、まさか母の後を追って男馬相手は無いですよね(^_^.)。いずれにせよ、この才媛の行く末を見守りたいと思います。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

おまけ。「ねじ伏せた、ねじ伏せたぁ!!」と叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

|

« アグネスタキオン(1998.4.13)。 | トップページ | 第52回阪神牝馬S(GII)の勝ち馬。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/44664274

この記事へのトラックバック一覧です: 第69回桜花賞(JpnI)の勝ち馬。:

« アグネスタキオン(1998.4.13)。 | トップページ | 第52回阪神牝馬S(GII)の勝ち馬。 »