« 第57回日経賞(GII)の勝ち馬。 | トップページ | 第16回マーチS(GIII)の勝ち馬。 »

2009年4月 1日 (水)

第56回毎日杯(GIII)の勝ち馬。

アイアンルック 牡 鹿毛 2006.2.7生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・池上一馬氏 栗東・橋口弘次郎厩舎

アイアンルック(2006.2.7)の4代血統表

アドマイヤボス[A]
青鹿毛 1997.5.9
種付け時活性値:0.00(2.00)
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ベガ
鹿毛 1990.3.8
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
アンティックヴァリュー
鹿毛 1979.2.25
Northern Dancer 1961.5.27
Moonscape 1967.3.12
ルカダンス
栗毛 1996.4.23
仔受胎時活性値:0.25
ヘクタープロテクター[x]
栗毛 1988.3.4
種付け時活性値:1.75
Woodman
栗毛 1983.2.17
Mr. Prospector 1970.1.28
プレイメイト 1975.4.12
Korveya
栗毛 1982.5.26
Riverman 1969
Konafa 1973.4.19
ダンスダンスダンス
鹿毛 1988.4.3
仔受胎時活性値:1.75
ナイスダンサー[A]
鹿毛 1969.3.6
種付け時活性値:0.50
Northern Dancer 1961.5.27
Nice Princess 1964.3.23
リセス
鹿毛 1979.4.26
仔受胎時活性値:2.00
★Stop the Music[A]
鹿毛 1970.3.23
種付け時活性値:0.00
Parlor Game
鹿毛 1971.3.20
仔受胎時活性値:1.75 

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4、Hail to Reason4×5>

アイアンルック(2006.2.7)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ヘクタープロテクター
(Nearctic)
5.75 祖母が皐月賞5着馬
(No.19-B)
6番仔
(6連産目)
第56回毎日杯(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14 アイアンルック 牡3 56 小牧太 1:48.0    33.6 528
[+2]
橋口弘次郎 1
2 12 ゴールデンチケット 牡3 56 木村健 1:48.1 1/2 34.3 482
[+6]
森秀行 12
3 11 アプレザンレーヴ 牡3 56 内田博幸 1:48.2 3/4 33.5 524
[-6]
池江泰郎 2
4 7 ミッキーパンプキン 牡3 56 岩田康誠 1:48.2 ハナ 34.7 440
[-4]
清水出美 3
5 5 オオトリオウジャ 牡3 56 吉田隼人 1:48.3 1/2 34.0 498
[+8]
小島茂之 5
第56回毎日杯(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.3-11.7-11.8-12.7-12.5-12.5-11.8-11.0-11.7
上り 4F 47.0-3F 34.5

では、以下にアイアンルックのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

リセス 1979.4.26 米2勝
|ミュージックマン 1984.3.8 中央6勝 大阪城S(OP)
|リストレーション 1986.4.2 中央6勝 牝馬東京タイムズ杯(現府中牝馬S、GIII)
||アーネストデザイア 1996.5.19 中央0勝
|||フサイチアソート 2005.2.16 現役 東京スポーツ杯2歳S(JpnIII)
|ダンスダンスダンス 1988.4.3 中央3勝 フラワーC(GIII)2着 クイーンC(GIII)3着ほか
||ルカダンス 1996.4.23 不出走
|||アイアンルック 2006.2.7 (本馬) 毎日杯(GIII)

祖母ダンスダンスダンスは牝馬だてらに皐月賞に出走して15番人気5着と奮闘しました。また、2006年にブルーメンブラット(2003.2.20)に破られるまで、長らく札幌芝1500mのレコードホルダー、まま、つまりは芝1500mの日本レコードホルダーでもありました(^_^.)。合わせて、ダンスダンスダンスの半姉リストレーションは1991年に行われた最後の牝馬東京タイムズ杯の勝ち馬で、その勝利の後に挑んだ天皇賞・秋(GI)では5着入線4着と好走しました。 リストレーションとダンスダンスダンスの姉妹、共に牡牝混合ジーワンで頑張った牝馬でした。

デビュー3戦目で重賞制覇を遂げたアイアンルック。その父アドマイヤボスにJRA重賞初勝利をプレゼントした彼が、次に向かうのはNHKマイルカップ(GI)になる模様。毎日杯で見せた切れ味は上がり3ハロン33秒6の鋭脚。アイアンルック、府中の直線525.9mでもその末脚が発揮されることを楽しみにしましょう。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

おまけ。「切れたぁ!切れたぁ!」と叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

|

« 第57回日経賞(GII)の勝ち馬。 | トップページ | 第16回マーチS(GIII)の勝ち馬。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/44517942

この記事へのトラックバック一覧です: 第56回毎日杯(GIII)の勝ち馬。:

« 第57回日経賞(GII)の勝ち馬。 | トップページ | 第16回マーチS(GIII)の勝ち馬。 »