« 第41回ダービー卿CT(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第69回桜花賞(JpnI)出走予定馬について。 »

2009年4月 8日 (水)

第53回大阪杯(GII)の勝ち馬。

ドリームジャーニー 牡 鹿毛 2004.2.24生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰寿厩舎

ドリームジャーニー(2004.2.24)の4代血統表
ステイゴールド[A]
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:0.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
ディクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサッシュ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサッシュ 1966
オリエンタルアート
栗毛 1997.5.12
仔受胎時活性値:1.50
メジロマックイーン[E]
芦毛 1987.4.3
種付け時活性値:0.25
★メジロティターン
芦毛 1978.3.22
メジロアサマ 1966.2.23
シェリル 1971.5.15
メジロオーロラ
栗毛 1978.3.8
リマンド 1965.2.16
メジロアイリス 1964.4.8
エレクトロアート
栗毛 1986.3.29
仔受胎時活性値:0.50
ノーザンテースト[A]
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
グランマスティーヴンス
栗毛 1977.2.9
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Lt.Stevens[A]
鹿毛 1961.3.14
種付け時活性値:1.75
Dhow
芦毛 1968.3.21
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:ノーザンテースト4×3>

ドリームジャーニー(2004.2.24)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Lt.Stevens
(Shimmer)
6.00 or 4.00
(No.8-C)
初仔
第53回大阪杯(GII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 8 ドリームジャーニー 牡5 57 池添謙一 1:59.7    34.0 428
[0]
池江泰寿 3
2 11 ディープスカイ 牡4 59 四位洋文 1:59.7 クビ 34.2 510
[-8]
昆貢 1
3 2 カワカミプリンセス 牝6 55 横山典弘 2:00.0 2 33.8 480
[-8]
西浦勝一 4
4 4 アドマイヤフジ 牡7 57 川田将雅 2:00.0 ハナ 34.8 536
[+6]
橋田満 7
5 10 ダイシングロウ 牡5 57 藤岡佑介 2:00.1 クビ 34.1 506
[+4]
松田博資 9
第53回大阪杯(GII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.6-11.5-11.9-11.9-12.1-12.8-12.1-11.9-11.2-11.7
上り 4F 46.9-3F 34.8

では、以下にドリームジャーニーのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

グランマスティーヴンス 1977.2.9 米1勝
|エレクトロアート 1986.3.29 中央4勝
||シュペルノーヴァ 1995.3.11 中央4勝
||オリエンタルアート 1997.5.12 中央3勝
|||ドリームジャーニー 2004.2.24 (本馬) 朝日杯FS(現JpnI) 大阪杯(GII)含む重賞5勝
|||アルスノヴァ 2005.2.9 中央2勝 エリカ賞(500万下)

見れば、エレクトロアートの子孫の代になって、活性化の様相を呈している牝系ですね。伯父シュペルノーヴァは「マックイーン産駒の男馬、頑張れ」と思いながら見ていた馬でした。また、半妹アルスノヴァはエリカ賞を勝って「クラシック候補」と思われたものの、屈腱炎で3歳1月に引退してしまいました。

ドリームジャーニーという馬は単純にエライ馬です。2歳時に1600mの朝日杯FS、3歳時に2400mの神戸新聞杯(JpnII)、4歳時に2000mの小倉記念(現GIII)と朝日CC(GIII)、そして5歳時に2000mの大阪杯と、4年連続で重賞制覇を遂げています。4年連続で重賞に出走するだけでエライのに、なおのこと、勝利を収めているのですから。

黄金旅程の第2幕、輝かしい夢の旅路は壮年の域を迎えても順風満帆。これからも、その小気味良く鋭いピッチ走法でターフを沸かせ続けて欲しいものです。

実はやっぱり強かった2004年生まれ世代の牡馬の旗頭であるドリームジャーニー、その更なる躍進に期待しましょう♪

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

おまけ。「3歳(間違えた)2歳王者!!」と叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

|

« 第41回ダービー卿CT(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第69回桜花賞(JpnI)出走予定馬について。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/44601238

この記事へのトラックバック一覧です: 第53回大阪杯(GII)の勝ち馬。:

« 第41回ダービー卿CT(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第69回桜花賞(JpnI)出走予定馬について。 »