« 第12回ドバイシーマクラシック(UAEGI)の勝ち馬。 | トップページ | 第41回ダービー卿CT(GIII)の勝ち馬。 »

2009年4月 6日 (月)

エアグルーヴ(1993.4.6)。

この2ヶ月ほど、週始めの月曜日、その日に誕生日を迎えた馬を紹介したいと思います。 初回を飾るのは大好きな名牝から。

エアグルーヴ 牝 鹿毛 1993.4.6生 早来・社台ファーム生産 馬主・(株)ラッキーフィールド 栗東・伊藤雄二厩舎

エアグルーヴ(1993.4.6)の4代血統表
トニービン
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:0.25
カンパラ
黒鹿毛 1976.2.19
Kalamoun
芦毛 1970.4.30
ゼダーン 1965
Khairunissa 1960
State Pension
鹿毛 1967
オンリーフォアライフ 1960
Lorelei 1950
Severn Bridge
栗毛 1965
Hornbeam
栗毛 1953
Hyperion 1930.4.18
Thicket 1947
Priddy Fair
鹿毛 1956
Preciptic 1942
Campanette 1948
ダイナカール
鹿毛 1980.5.10
仔受胎時活性値:1.00

ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:0.00
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Lady Victoria
黒鹿毛 1962.2.20
Victoria Park 1957.5.10
Lady Angela 1944 ♀
シャダイフェザー
鹿毛 1973.2.20
仔受胎時活性値:1.50
ガーサント
鹿毛 1949.4.5
種付け時活性値:1.75
Bubbles 1925
Montagnana 1937
パロクサイド
栗毛 1959
仔受胎時活性値:1.25
Never Say Die
栗毛 1951
種付け時活性値:1.75
Feather Ball
栗毛 1952
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Hyperion4×5、Nasrullah5×5、Lady Angela(♀)5×4(母方)>

エアグルーヴ(1993.4.6)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ガーサント
(Neil Gow)
5.25 母がオークス馬
(No.8-F パロクサイド系)
4番仔
(2連産目)
第116回天皇賞・秋(GI)の結果(上位5頭。年齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 12 エアグルーヴ 牝4 56 武豊 1:59.0    34.7 478
[+8]
伊藤雄二 2
2 7 バブルガムフェロー 牡4 58 岡部幸雄 1:59.0 クビ 35.1 486
[+6]
藤沢和雄 1
3 1 ジェニュイン 牡5 58 田中勝春 1:59.9 5 35.6 498
[+6]
松山康久 3
4 2 ロイヤルタッチ 牡4 58 蛯名正義 1:59.9 ハナ 35.6 454
[+6]
伊藤雄二 6
5 8 グルメフロンティア 牡5 58 加藤和宏 1:59.9 クビ 35.7 530
[+4]
田中清隆 15
第116回天皇賞・秋(GI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
13.0-10.9-11.2-11.4-12.0-12.1-12.4-12.4-12.0-11.6
上り 4F 48.4-3F 36.0

20世紀末期の女帝、エアグルーヴ。その競走成績のハイライトは、やはり、前年の覇者の外から馬体を併せにかかり、見事に競り落とした1997年の天皇賞・秋でしょう。プリテイキャスト(1975.3.20)以来17年ぶりとなる牝馬による天皇賞・秋制覇が成された瞬間でした。

* 

第57回オークス(現JpnI)の結果(上位5頭年齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 15 エアグルーヴ 牝3 55 武豊 2:29.1    34.8 460
[+8]
伊藤雄二 1
2 1 ファイトガリバー 牝3 55 田原成貴 2:29.3 1 1/2 34.4 474
[+4]
中尾謙太郎 4
3 18 リトルオードリー 牝3 55 佐藤哲三 2:29.4 クビ 34.5 438
[+8]
小林稔 8
4 12 ロゼカラー 牝3 55 藤田伸二 2:29.4 ハナ 34.8 416
[+2]
橋口弘次郎 7
5 7 マックスロゼ 牝3 55 柴田善臣 2:29.7 1/2 35.1 478
[+4]
伊藤雄二 9
第57回オークス(現JpnI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
13.0-11.0-12.8-12.9-13.4-13.0-13.3-12.8-11.9-11.7-11.6-11.7
上り 4F 46.9-3F 35.0

もちろんもちろん、史上2組目となるダイナカールとの母仔2代のオークス勝利も見事でした。チューリップ賞(現JpnI)以来85日ぶりのレースもなんのその、桜花賞(現JpnI)馬ファイトガリバー(1993.3.17)の追撃を1馬身2分の1抑えました。あぁ、もう13年前のことですか。私、エアグルーヴがオークスを制した日が、19歳の誕生日だったんですよ(笑)

では、以下にエアグルーヴの簡単な近親牝系図を示しておきます。

パロクサイド 1959 英5勝
|シャダイカール 1969.2.11 6勝 オークストライアル(現GII)3着
|シャダイフェザー 1973.2.20 3勝
||ダイナフェザー 1979.4.2 5勝
|||フェザーマイハット 1987.5.13 5勝 BSN杯(OP)
||ダイナカール 1980.5.10 5勝 オークス(現GI)
|||カーリーエンジェル 1990.6.1 0勝
||||エガオヲミセテ 1995.5.27 4勝 マイラーズカップ(GII) 阪神牝馬特別(GII)
||||アドマイヤハッピー 1998.6.1 中央4勝
|||||ウォータクティクス 2005.2.6 現役 アルデバランS(OP)
||||オレハマッテルゼ 2000.1.16 中央9勝 高松宮記念(GI) 京王杯SC(GII)
||||トゥリオンファーレ 2006.2.22 現役 ラジオNIKKEI杯2歳S(JpnIII)3着
|||エアグルーヴ 1993.4.6 (本馬) 中央9勝 天皇賞・秋(GI) オークス(現JpnI)含む重賞7勝
||||アドマイヤグルーヴ 2000.4.30 中央8勝 エリザベス女王杯(GI)2回含む重賞5勝
||||ポルトフィーノ 2005.3.14 現役
|||カーリーパッション 1994.5.23 中央1勝
||||フラムドパシオン 2003.5.6 中央5勝+海外0勝 UAEダービー(GII)3着
|||モノポライザー 1999.4.4 中央5勝+地方9勝 ポートアイランドS(OP) 若駒S(OP)
||ダイナソレイユ 1982.3.28 2勝 京成杯3歳S(GII)3着
||ハイフェザー 1987.3.28 5勝 福島民報杯(OP)
|ヨドセローナ 1976.2.24 0勝
||マックホープ 1983.5.29 5勝
|||マッチポイント 1990.4.23 0勝
||||トウカイポイント 1996.5.18 中央6勝+地方1勝+海外0勝 マイルCS(GI) 中山記念(GII)ほか
||||パープルエビス 1997.5.8 中央4勝 スプリングS(現JpnII)2着 アーリントンC(GIII)2着
|||ボンヌシャンス 1992.5.19 中央1勝
||||インテレット 2003.3.24 中央2勝 AJCC(GII)2着 毎日杯(GIII)2着
||リアルバースデー 1986.5.29 2勝 日本ダービー(GI)2着
|ヒカリサイド 1977.3.2 0勝
||ダンディアポロ 1986.3.25 平地2勝+障害3勝 小倉3歳S(GIII) 小倉障害S(OP) フェニックス賞(OP)

言わずもがなで豪華な近親牝系図です。現役ではやはり愛娘ポルトフィーノに期待がかかりますね。2008年のエリザベス女王杯でその片鱗は見せたように、持ち得る能力はジーワン級でしょう。2009年、改めて期待したい1頭です。まずは、今週末の阪神牝馬S(GII)から。

エアグルーヴという馬は、いつでも、全力でひたむきに走っていた印象があります。アクシデントがあったレース以外は常に上位争いをしていたからでしょうか。本当にそうそうには出会えない、名牝中の名牝でした。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第12回ドバイシーマクラシック(UAEGI)の勝ち馬。 | トップページ | 第41回ダービー卿CT(GIII)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/44419684

この記事へのトラックバック一覧です: エアグルーヴ(1993.4.6)。:

« 第12回ドバイシーマクラシック(UAEGI)の勝ち馬。 | トップページ | 第41回ダービー卿CT(GIII)の勝ち馬。 »