« 第44回フローラS(JpnII)の勝ち馬。 | トップページ | 過去10年の天皇賞・春(GI)連対馬について。 »

2009年4月29日 (水)

第14回アンタレスS(GIII)の勝ち馬。

ウォータクティクス 牡 黒鹿毛 2005.2.6生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・池江泰寿厩舎

ウォータクティクス(2005.2.6)の4代血統表
ウォーエンブレム[x]
青鹿毛 1999.2.20
種付け時活性値:1.25
Our Emblem
黒鹿毛 1991.3.7
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Personal Ensign
鹿毛 1984.4.27
Private Account 1976.4.26
Grecian Banner 1974.4.26
Sweetest Lady
鹿毛 1990.2.8
Lord at War
栗毛 1980.10.1
General 1974
Luna de Miel 1974
Sweetest Roman
鹿毛 1977.4.4
The Pruner 1967.4.12
I Also 1969.5.21
アドマイヤハッピー
鹿毛 1998.6.1
仔受胎時活性値:1.50
トニービン[A]
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:1.50
カンパラ
黒鹿毛 1976.2.19
Kalamoun 1970.4.30
State Pension 1967
Severn Bridge
栗毛 1965
Hornbeam 1953
Priddy Fair 1956
カーリーエンジェル
栗毛 1990.6.1
仔受胎時活性値:1.75
ジャッジアンジェルーチ[A]
栗毛 1983.2.22
種付け時活性値:1.50
Honest Pleasure 1973.3.28
Victorian Queen 1971.3.24
ダイナカール
鹿毛 1980.5.10
仔受胎時活性値:0.25
ノーザンテースト[A]
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:0.00
シャダイフェザー
鹿毛 1973.2.20
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:なし>

ウォータクティクス(2005.2.6)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
トニービン
(アドマイヤハッピー)
5.00 叔父オレハマッテルゼ
(No.8-F パロクサイド系)
初仔
第14回アンタレスS(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 4 ウォータクティクス 牡4 56 川田将雅 1:47.8 レコード 36.3 470
[-4]
池江泰寿 2
2 5 ワンダースピード 牡7 58 小牧太 1:48.1 2 36.2 484
[0]
羽月友彦 1
3 1 ボランタス 牡5 56 池添謙一 1:48.1 ハナ 36.0 528
[+4]
角居勝彦 11
4 6 マコトスパルビエロ 牡5 56 福永祐一 1:48.1 クビ 36.4 518
[+4]
鮫島一歩 7
5 2 ダイショウジェット 牡6 56 柴山雄一 1:48.2 1/2 36.4 556
[+8]
大根田裕之 9
第14回アンタレスS(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4-11.0-12.0-12.3-12.1-11.7-11.8-12.0-12.5
上り 4F 48.0-3F 36.3

では、以下にウォータクティクスの簡単な近親牝系図を示しておきます。

パロクサイド 1959 英5勝
|シャダイカール 1969.2.11 中央6勝 4歳牝馬特別(現フローラS、JpnII)3着
|シャダイフェザー 1973.2.20 中央3勝
||ダイナフェザー 1979.4.2 中央5勝
|||フェザーマイハット 1987.5.13 中央5勝 BSN杯(OP)
||ダイナカール 1980.5.10 中央5勝 オークス(現GI)
|||カーリーエンジェル 1990.6.1 中央0勝
||||エガオヲミセテ 1995.5.27 中央4勝 マイラーズカップ(GII) 阪神牝馬特別(GII)
||||アドマイヤハッピー 1998.6.1 中央4勝
|||||ウォータクティクス (本馬) 2005.2.6 アンタレスS(GIII) アルデバランS(OP)
||||オレハマッテルゼ 2000.1.16 中央9勝 高松宮記念(GI) 京王杯SC(GII)
||||トゥリオンファーレ 2006.2.22 現役 ラジオNIKKEI杯2歳S(JpnIII)3着
|||エアグルーヴ 1993.4.6 中央9勝 天皇賞・秋(GI) オークス(現JpnI)含む重賞7勝
||||アドマイヤグルーヴ 2000.4.30 中央8勝 エリザベス女王杯(GI)2回含む重賞5勝
||||ポルトフィーノ 2005.3.14 現役 エルフィンS(OP)
|||カーリーパッション 1994.5.23 中央1勝
||||フラムドパシオン 2003.5.6 中央5勝+海外0勝 UAEダービー(GII)3着
|||モノポライザー 1999.4.4 中央5勝+地方9勝 ポートアイランドS(OP) 若駒S(OP)
||ダイナソレイユ 1982.3.28 2勝 京成杯3歳S(GII)3着
||ハイフェザー 1987.3.28 5勝 福島民報杯(OP)
|ヨドセローナ 1976.2.24 中央0勝
||マックホープ 1983.5.29 中央5勝
|||マッチポイント 1990.4.23 中央0勝
||||トウカイポイント 1996.5.18 中央6勝+地方1勝+海外0勝 マイルCS(GI) 中山記念(GII)ほか
||||パープルエビス 1997.5.8 中央4勝 スプリングS(現JpnII)2着 アーリントンC(GIII)2着
|||ボンヌシャンス 1992.5.19 中央1勝
||||インテレット 2003.3.24 中央2勝 AJCC(GII)2着 毎日杯(GIII)2着
||リアルバースデー 1986.5.29 中央2勝 日本ダービー(GI)2着
|ヒカリサイド 1977.3.2 中央0勝
||ダンディアポロ 1986.3.25 中央平地2勝+障害3勝 小倉3歳S(GIII) 小倉障害S(OP) フェニックス賞(OP)

言わずもがなで豪華な近親牝系図です。

↓で思わず叫んでいますが、ついにJRA重賞でもダート1800mのレコードタイムが1分47秒台に突入しました。1分47秒8の走破時計は昨年2008年の日本テレビ盃(JpnII)でボンネビルレコード(2002.3.12)が記録した日本レコードとタイ記録です。ましてや自身で逃げて作り出したタイムだけに価値が高まります。

これでウォータクティクスはダートでは6戦6勝の負けなしとなりました。異能の種牡馬ウォーエンブレムが送り出した偉才の馬、ウォータクティクス。強いダート馬が揃う2005年生まれ世代の新星として、これからも重賞戦線で活躍してほしいものですね。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。そしてまた、競馬を愛する人すべてが幸せでありますように。

おまけ。「1分47秒8、速い!」と叫ぶオオハシ。

注):↓のFlashプレイヤーの再生ボタンをクリックするだけで音声が流れます。PCの音響装置のボリュームにご注意ください。

また、iTunesをお持ちの方で、この呟きあるいは叫びが更新されたら定期的に音声を受信したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、

↑のバナーをクリックして頂くと、音声ファイルがiTunesにPodcastとして登録されます。なお、別のアグリゲータソフトをご利用の方がいらっしゃいましたら、別途お申し出ください。

#追記。この「レースを見ながら叫ぶ」というアイデアのポッドキャストは私のオリジナルではありません。元々はボロ株観光テレビ様にて配信されていた「ボロ株観光ラジオ」が起源と思われます。改めて記しておきます。

|

« 第44回フローラS(JpnII)の勝ち馬。 | トップページ | 過去10年の天皇賞・春(GI)連対馬について。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

レコードを塗り替えられたプレミアムサンダーですが、1999年11月、冬場は風が突き抜けるので有名だった
旧B指定席で見ていました。その前の京都大障害が13頭中6頭が落馬するという後味の悪いレースのあと、この
馬がレコードがけを見せてくれました。
明日も旧西館跡の芝生で見ることにします。      

投稿: 口は災いのもと | 2009年5月 2日 (土) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/44806191

この記事へのトラックバック一覧です: 第14回アンタレスS(GIII)の勝ち馬。:

« 第44回フローラS(JpnII)の勝ち馬。 | トップページ | 過去10年の天皇賞・春(GI)連対馬について。 »