« 第59回東京新聞杯(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第23回根岸S(GIII)の勝ち馬。 »

2009年3月 9日 (月)

ドバイWC(GI)1番人気馬。

たまには国外の競馬にも目を向けておこうということで、表題件についてのログです。ブックメーカーで前売1番人気に押されているという馬を確認してみます。

Albertus Maximus 牡 鹿毛 2004.2.24生 米国・チェイス夫妻生産 馬主・シャドウェルファーム 米国・K.マクローリン厩舎

Albertus Maximus(2004.2.24)の4代血統表
Albert the Great[B]
鹿毛 1997.5.7
種付け時活性値:1.50
Go for Gin
鹿毛 1991.4.18
★Cormorant
鹿毛 1974.4.21
His Majesty 1968.4.15
Song Sparrow 1967.2.23
Never Knock
黒鹿毛 1979.5.10
Stage Door Johnny 1965
Never Hula 1969.4.21
Bright Feather
鹿毛 1989.4.23
Fappiano
鹿毛 1977.5.19
Mr.Prospector 1970.1.28
Killaloe 1970.3.17
In My Cap
栗毛 1982.5.22
Vice Regent 1967.4.29
Passing Look 1971.3.30
Chasethewildwind
栗毛 1994.4.15
仔受胎時活性値:0.25

フォーティナイナー[x]
栗毛 1985.5.11
種付け時活性値:0.00
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
File
栗毛 1976.4.30
Tom Rolfe 1962.4.14
Continue 1958.2.23
Race the Wild Wind
黒鹿毛 1989.3.3
仔受胎時活性値:1.00
★Sunny's Halo[A]
栗毛 1980.2.11
種付け時活性値:0.00
Halo 1969.2.7
Mostly Sunny 1971.3.6
Redpath
鹿毛 1974.1.20
仔受胎時活性値:1.50
Indian Chief(ARG)[E]
鹿毛 1965
種付け時活性値:1.875
Lady Marguery
黒鹿毛 1966
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Mr.Prospector4×3、Ribot5×5>

Albertus Maximus(2004.2.24)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Indian Chief
(Race the Wild Wind)
4.50 祖母が米GI勝ち馬
(No.4-N)
3番仔以降の仔
(2連産目以降)

むぅ。Albertus Maximus、中島理論的には仕掛け満載という感じですね(笑)

ではでは、今回はこのへんで♪

|

« 第59回東京新聞杯(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第23回根岸S(GIII)の勝ち馬。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/44288493

この記事へのトラックバック一覧です: ドバイWC(GI)1番人気馬。:

« 第59回東京新聞杯(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第23回根岸S(GIII)の勝ち馬。 »