« 第83回中山記念(GII)の勝ち馬。 | トップページ | 第4回オーシャンS(GIII)の勝ち馬。 »

2009年3月19日 (木)

第53回阪急杯(GIII)の勝ち馬。

ビービーガルダン 牡 青鹿毛 2004.3.10生 平取・坂東牧場生産 馬主・坂東牧場 栗東・領家政蔵厩舎

ビービーガルダン(2004.3.10)の4代血統表
チーフベアハート[A]
栗毛 1993.2.1
種付け時活性値:0.50
Chief's Crown
鹿毛 1982.4.7
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Six Crowns
栗毛 1976.4.21
Secretariat 1970.3.30
Chris Evert 1971.2.14
Amelia Bearhart
栗毛 1983.5.17
Bold Hour
黒鹿毛 1964
Bold Ruler 1954.4.6
Seven Thirty 1958.5.14
Myrtlewood Lass
鹿毛 1972.3.7
Ribot 1952.2.27
Gold Digger 1962.5.28
オールザチャット
鹿毛 1994.10.20
仔受胎時活性値:0.125
Westminster[A]
青毛 1984.11.11
種付け時活性値:0.25
Grosvenor
鹿毛 1979.9.22
Sir Tristram 1971.2.28
My Tricia 1974.10.9
Apple Blossom
青毛 1976
Bismark 1967
Mary Poppins 1963
Rory's Helen
鹿毛 1987.9.19
仔受胎時活性値:1.50
Rory's Jester[A]
栗毛 1982.11.17
種付け時活性値:1.00
Crown Jester 1978.10.18
Rory's Rocket 1973.4.27
Helen's Love
芦毛 1978.8.29
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Karayar[D]
芦毛 1968
種付け時活性値:0.375
Helen of Troy
芦毛 1967
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Bold Ruler5×4(父方)>

ビービーガルダン(2004.3.10)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Rory's Jester
(Rory's Helen)
4.125 or 2.125 母が豪GIIIの勝ち馬
(No.1-N)
4番仔以降の仔
(2年連続不受胎後)
第53回阪急杯(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 4 ビービーガルダン 牡5 56 安藤勝己 1:21.1    34.9 500
[+4]
領家政蔵 7
2 13 ローレルゲレイロ 牡5 57 藤田伸二 1:21.3 1 1/4 35.6 468
[0]
昆貢 3
3 3 ドラゴンファング 牡4 56 武豊 1:21.9 3 1/2 35.5 482
[-4]
矢作芳人 2
4 6 フィールドベアー 牡6 56 秋山真一郎 1:21.9 クビ 35.2 494
[+2]
野村彰彦 8
5 9 トウショウカレッジ 牡7 56 M.デムーロ 1:22.0 クビ 34.6 554
[+6]
池添兼雄 5
第53回阪急杯(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.2-10.6-11.3-11.6-11.7-11.6-12.1
上り 4F 47.0-3F 35.4

以下にビービーガルダンのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Rory's Helen 1987.9.19 オセアニア1勝
|オールザチャット 1994.10.20 豪新2勝 スイートエンブレスS(豪GIII)ほか新GIII2着1回
||ビービーガルダン 2004.3.10 (本馬) 阪急杯(GIII)
|Wahid 2002.11.7 新4勝 レビンクラシック(GI)ほか新GII1勝

母オールザチャットが制したスイートエンブレスSは2歳牝馬の芝1200m戦ということです。

さて、「オセアニア血統だけに牝系を調べるのはちょっと難しいなぁ」と思いながらWeb検索を行っていたところ、以下の文章が見つかりました。

ビービーガルダンの牝系は新国で受け継がれている1号族。母オールザチャット(1994.10.20)は新豪2勝でスイートエンブレスS(豪GIII)を勝ちエクリプスS(新GIII)2着があります。また、叔父Wahid(2002.11.7)は新4勝でレビンクラシック(GI)、ウェイクフィールドチャレンジS(GII)の勝ち馬です。簡単に調べた限りでは、4代母Helen of Troy(1967)の別分枝として、仔に豪4勝でウェイクフルS(GII)、プリンセスH(GIII)の勝ち馬Calera(1972)、孫に豪4勝でスプリングチャンピオンS(GI)、ダイナースクラブC(GIII)の勝ち馬Imprimatur(1983)、同じく孫に豪7勝でSAJCオーストラリアンオークス(GI)、コーフィールドC(GI)、ウェイクフルS、サラブレッドクラブS(GIII)の勝ち馬Imposera(1984.10.30)がいます。なお、ImprimaturとImposeraは、共に父がImposing(1975)、母が前述のCaleraの全兄妹です。

……どうやって調べたの?3年前の私(笑)

不適と思われた1400mを克服したのですから、5歳を迎えてさらに力をつけているのでしょう。ならば、GIの舞台での巻き返しも可能なはず。ビービーガルダン、スプリント王者の座を掴むことができるでしょうか。楽しみにしましょう。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第83回中山記念(GII)の勝ち馬。 | トップページ | 第4回オーシャンS(GIII)の勝ち馬。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/44343878

この記事へのトラックバック一覧です: 第53回阪急杯(GIII)の勝ち馬。:

« 第83回中山記念(GII)の勝ち馬。 | トップページ | 第4回オーシャンS(GIII)の勝ち馬。 »