« 第53回阪急杯(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第16回チューリップ賞(JpnIII)の勝ち馬。 »

2009年3月19日 (木)

第4回オーシャンS(GIII)の勝ち馬。

アーバニティ 牡 黒鹿毛 2004.5.12生 千歳・社台ファーム生産 馬主・(有)社台RH 美浦・古賀慎明厩舎

アーバニティ(2004.5.12)の4代血統表
マンハッタンカフェ[A]
青鹿毛 1998.3.5
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
Law Society
黒鹿毛 1982.2.16
Alleged 1974.5.4
Bold Bikini 1969.4.11
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
Luciano 1964
Suleika 1954
レガシーオブストレングス
栗毛 1982.5.7
仔受胎時活性値:1.25
Affirmed[x]
栗毛 1975.2.21
種付け時活性値:1.50
Exclusive Native
栗毛 1965.4.17
Raise a Native 1961.4.18
Exclusive 1953.4.12
Won't Tell You
鹿毛 1962
Crafty Admiral 1948
Scarlet Ribbon 1957.4.8
Katonka
鹿毛 1972.3.7
仔受胎時活性値:0.25
Minnesota Mac[z]
鹿毛 1964.4.26
種付け時活性値:1.75
Rough'n Tumble 1948
Cow Girl 1949
Minnetonka
鹿毛 1967.4.4
仔受胎時活性値:1.00
Chieftain[A]
黒鹿毛 1961.4.9
種付け時活性値:1.25
Heliolight
鹿毛 1957.3.4
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:なし>

アーバニティ(2004.5.12)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Minnesota Mac
(Katonka)
2.75 半姉スティンガー
(No.9-C)
15番仔
(5連産目)
第4回オーシャンS(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 7 (地)アーバニティ 牡5 56 横山典弘 1:09.2    35.3 504
[-6]
古賀慎明 3
2 1 (外)コスモベル 牝5 54 佐藤哲三 1:09.3 1/2 35.6 450
[-10]
西園正都 6
3 14 (外)アポロドルチェ 牡4 56 勝浦正樹 1:09.3 アタマ 35.2 472
[+2]
堀井雅広 5
4 13 ソルジャーズソング 牡7 56 松岡正海 1:09.3 ハナ 35.0 508
[-12]
鮫島一歩 8
5 11 (外)サープラスシンガー 牡5 56 四位洋文 1:09.4 1/2 36.0 554
[0]
宗像義忠 2
第4回オーシャンS(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
11.8-10.6-11.0-11.4-11.7-12.7
上り 4F 46.8-3F 35.8

では、以下にアーバニティのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Katonka 1972.3.7 米11勝 オープンファイアS(GIII)ほかGI2着1回GII3着1回
|Give Me Strength 1979.3.20 米6勝 デルマーダービー(GII)含むGII3勝
|Talakeno 米10勝 1980.4.7 バーナードバルークH(GII)含むGII2勝GIII1勝
|Montage 1981.5.6 米1勝
||スイートヒコ 1986.3.27 不出走
|||カチボシ 1992.4.8 中央3勝+地方8勝 函館記念(GIII)3着含むGIII3着2回
||Andros Bay 1989.2.22 愛サ3勝 ブランドフォードS(愛GII)
||セイントリファール 1993.5.5 中央6勝 若草S(OP)含むOP特別4勝 中京記念(GIII)2着
||Mahrah 1987.5.7 英1勝
|||Oratorio 2002.4.29 英愛仏米6勝 エクリプスS(英GI)含むGI3勝
|レガシーオブストレングス 1982.5.7 米1勝
||レガシーオブゼルダ 1988.3.25 中央4勝 京成杯3歳S(現京王杯2歳S、JpnII)2着ほかGIII3着1回
||ダイイチフローネ 1991.4.5 中央4勝 東京スポーツ杯(旧OP)2着
|||フローテーション 2005.4.14 現役 萩S(OP) 菊花賞(JpnI)2着ほかGII2着1回JpnII2着1回
||サイレントハピネス 1992.4.11 中央4勝 ローズS(GII) 4歳牝馬特別(現フローラS、JpnII)
||スティンガー 1996.5.15 中央7勝 阪神3歳牝馬S(現阪神JF、JpnI)含む重賞5勝
||アーバニティ 2004.5.12 (本馬) オーシャンS(GIII)

母レガシーオブストレングスはアーバニティが3頭目のJRA重賞勝ち馬の産駒ですね。重賞勝ちを収めた3きょうだいの中で印象が強いのは、やはり「天才少女」スティンガーです。赤松賞から連闘で挑んだ阪神3歳牝馬Sはエイシンレマーズ(1996.4.18)以下を寄せ付けず楽勝。デビューからひと月も経たずにあっという間でジーワン勝ち馬に上り詰めました。

アーバニティ(Urbanity)とは「都会風」という意味ですね。いったん地方に転出してから都会に戻って来たアーバニティ。都会風の蓑の下に隠し持つのは野武士の心意気でしょうか。楽しみな良血馬、短距離戦線の新星のこれからに期待します。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第53回阪急杯(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第16回チューリップ賞(JpnIII)の勝ち馬。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/44345787

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回オーシャンS(GIII)の勝ち馬。:

« 第53回阪急杯(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第16回チューリップ賞(JpnIII)の勝ち馬。 »