« 第59回ダイヤモンドS(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第44回クイーンC(GIII)の勝ち馬。 »

2009年3月13日 (金)

第49回きさらぎ賞(GIII)の勝ち馬。

リーチザクラウン 牡 青鹿毛 2006.2.5生 千歳・社台ファーム生産 馬主・臼田浩義氏 栗東・橋口弘次郎厩舎

リーチザクラウン(2006.2.5)の4代血統表
スペシャルウィーク[A]
黒鹿毛 1995.5.2
種付け時活性値:0.50

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
Nijinsky 1967.2.21
シル 1970.4.22
レディーシラオキ
鹿毛 1978.4.3
セントクレスピン 1956
ミスアシヤガワ 1964.5.24
クラウンピース
鹿毛 1997.2.5
仔受胎時活性値:2.00
Seattle Slew[A]
黒鹿毛 1974.2.15
種付け時活性値:1.50
Bold Reasoning
黒鹿毛 1968.4.29
Boldnesian 1963.4.14
Reason to Earn 1963
My Charmer
鹿毛 1969.3.25
Poker 1963.3.20
Fair Charmer 1959.2.3
クラシッククラウン
鹿毛 1985.4.30
仔受胎時活性値:0.75
Mr. Prospector[x]
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:1.50
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Six Crowns
栗毛 1976.4.21
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Secretariat[A]
栗毛 1970.3.30
種付け時活性値:1.25
Chris Evert
栗毛 1971.2.14
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×5、Bold Ruler5×5(母方)>

リーチザクラウン(2006.2.5)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Seattle Slew
(Fair Charmer)
5.75 or 3.75 祖母が米GI勝ち馬
(No.23-B)
4番仔
(3連産目)
第49回きさらぎ賞(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 7 リーチザクラウン 牡3 56 武豊 1:48.9    35.0 500
[-4]
橋口弘次郎 1
2 3 リクエストソング 牡3 56 後藤浩輝 1:49.5 3 1/2 34.9 482
[+2]
石坂正 2
3 9 エンブリオ 牡3 56 安部幸夫 1:49.8 1 3/4 35.1 466
[-6]
清水英克 10
4 10 ベストメンバー 牡3 56 四位洋文 1:49.8 クビ 35.6 498
[+2]
宮本博 3
5 4 キタサンガイセン 牡3 56 安藤勝己 1:49.8 ハナ 35.7 496
[-2]
松田博資 4
第49回きさらぎ賞(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
13.0-11.5-11.9-12.7-12.6-12.2-11.8-11.1-12.1
上り 4F 47.2-3F 35.0

では、以下にリーチザクラウンのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Six Crowns 1976.4.21 米5勝 レイディーズH(GI)3着
|Chief's Crown 1982.4.7 米12勝 BCジュベナイル(GI)含むGI8勝
|クラシッククラウン 1985.4.30 米4勝 フリゼットS(GI) ガゼルH(GI)
||クラウンピース 1997.2.5 中央1勝
|||リーチザクラウン 2006.2.5 (本馬) きさらぎ賞(GIII)
|ジュエルドクラウン 1988.2.14 米1勝
||シルクフェニックス 1993.5.11 中央3勝+地方2勝 エンプレス杯(現JpnII)2回
|Tribunal 1997.3.16 米3勝 サンタアニタH(GI)3着ほかGII3着1回

↑の近親牝系図からは省きましたが、4代母Chris Evertは米10勝でエイコーンS(GI)、マザーグースS(GI)、CCAオークス(GI)と「ニューヨーク牝馬3冠」を制した名牝として知られていますね。そんなChirs Evertと、言わずと知れた米3冠馬Secretariatの組み合わせ故に、曾祖母はSix Crownsと命名されたのでした。そんな馬名のクラウンの流れがリーチザクラウンまで4代受け継がれていますね。

能力の高さは伯楽の折り紙つき。後はGIの王冠がその頭上に輝くかどうかだけ。リーチザクラウンのこれからに期待しましょう。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第59回ダイヤモンドS(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第44回クイーンC(GIII)の勝ち馬。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/44298108

この記事へのトラックバック一覧です: 第49回きさらぎ賞(GIII)の勝ち馬。:

« 第59回ダイヤモンドS(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第44回クイーンC(GIII)の勝ち馬。 »