« 第57回中京記念(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第43回フィリーズレビュー(JpnII)の勝ち馬。 »

2009年3月24日 (火)

第27回中山牝馬S(GIII)の勝ち馬。

キストゥヘヴン 牝 鹿毛 2003.3.25生 門別・正和山本牧場生産 馬主・吉田和子氏 美浦・戸田博文厩舎

キストゥヘヴン(2003.3.25)の4代血統表
アドマイヤベガ[A]
鹿毛 1996.3.12
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ベガ
鹿毛 1990.3.8
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
アンティックヴァリュー
鹿毛 1979.2.25
Northern Dancer 1961.5.27
Moonscape 1967.3.12
ロングバージン
栗毛 1987.5.6
仔受胎時活性値:1.75
ノーザンテースト[A]
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:1.75
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Lady Victoria
黒鹿毛 1962.2.20
Victoria Park 1957.5.10
Lady Angela 1944 ♀
スイーブ
栗毛 1968.2.23
仔受胎時活性値:0.50
テューダーペリオッド[C]
栃栗毛 1957
種付け時活性値:0.50
Owen Tudor 1938
Cornice 1944
ゴールデンドラゴン
鹿毛 1959.5.5
仔受胎時活性値:2.00
ヒンドスタン[B]
黒鹿毛 1946
種付け時活性値:1.00
第五カナデアンガール
栗毛 1941.4.21
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×3、Hyperion5×5(母方)、Almahmoud(♀)5×5、Lady Angela(♀)5×4(母方)>

キストゥヘヴン(2003.4.25)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ノーザンテースト
(ロングバージン)
4.50 伯母ロンググレイス
(No.2-R)
12番仔
(2連産目)
第27回中山牝馬S(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 8 キストゥヘヴン 牝6 56.5 横山典弘 1:49.1    35.7 434
[-4]
戸田博文 4
2 7 ピンクカメオ 牝5 54 後藤浩輝 1:49.3 1 36.3 488
[+10]
国枝栄 15
3 12 ダンスオールナイト 牝6 53 三浦皇成 1:49.5 1 1/4 35.6 454
[-4]
加藤征弘 11
4 1 ザレマ 牝5 55 安藤勝己 1:49.5 アタマ 36.3 526
[+2]
音無秀孝 1
5 2 マイネカンナ 牝5 53 松岡正海 1:49.5 クビ 35.8 436
[-2]
国枝栄 14
第27回中山牝馬S(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4-11.4-12.1-12.2-12.4-12.5-12.1-11.5-12.5
上り 4F 48.6-3F 36.1

では、以下にキストゥヘヴンのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

スイーブ 1968.2.23 中央0勝
|ロングアッシュ 1974.4.5 地方0勝
||ラッキーオカメ 1982.5.28 中央4勝 北九州記念(GIII) サファイヤS(旧GIII)2着
|トーキード 1975.4.8 中央2勝
||マチカネオイデヤス 1985.4.28 中央1勝
|||マチカネヤマビコ 1993.4.22 中央4勝 北九州記念2着
||マチカネポッペア 1989.6.17 中央4勝
|||セフティーエンペラ 1999.3.27 中央6勝 福島記念(GIII) 小倉大賞典(GIII)2着
|ロングイーグル 1978.4.8 3勝 京都新聞杯(現JpnII)2着 金杯(現京都金杯、GIII)2着 菊花賞(現JpnI)3着
|ロンググレイス 1980.4.17 中央6勝 エリザベス女王杯(現GI) ローズS(現JpnII) 金杯(現京都金杯)
|ファイアーダンサー 1981.4.20 中央3勝 京都牝馬特別(現京都牝馬S、GIII) 4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、JpnII)2着
|ロングシンホニー 1986.4.28 中央4勝 若草S(OP)
|ロングバージン 1987.5.6 中央1勝
||キストゥヘヴン 2003.4.25 (本馬) 桜花賞(現JpnI) 京成杯AH(GIII) 中山牝馬S(GIII) フラワーC(GIII)
|ロングチアーズ 1989.6.6 中央0勝
||ファイトコマンダー 1996.5.13 中央7勝 札幌日経オープン(OP) 札幌記念(現JpnII)2着

スイーブの子孫が21世紀も変わらぬ底力を示してくれています。日本における牝系祖カナデアンガールは1923年生まれ。4分の3世紀を超えても連綿と受け継がれる牝系、日本の生産者の皆様は誇りに思われても良いはずです。

「キストゥヘヴン」という馬名は「天国にいる父アドマイヤベガと母の父ノーザンテーストにキスが届くように」という願いを込められて付けられたと、彼女が桜花賞を制した時、関西テレビのドリーム競馬の司会だった宮川一郎太さんがおっしゃっていました。

そんなキストゥヘヴン、自身の引退レースを飾った3月15日は、↑の血統表のとおり、母の父ノーザンテーストの誕生日でした。また、父アドマイヤベガも3月12日生まれ。天国にいる父と祖父の生まれ日を祝うために届けた最後のキス、ただただお見事でした。

また、横山典弘騎手とのコンビで挑んだ中山芝1800m重賞。ああ、彼女の初めての重賞制覇は、やはり横山騎手とのコンビによる中山芝1800m重賞のフラワーC(GIII)でしたね。昨年3着、一昨年5着に敗れていた中山牝馬Sですが、いずれも重いハンデを背負わされたものの、小差で敗れていたでした。最後の最後、自身の引退レースは譲れない。トップハンデも何のその、桜花賞馬の意地、ただただサスガでした。

キストゥヘヴン、繁殖牝馬として良い仔を送り出して欲しいものです。鹿毛の流星を受け継いだ仔を競馬場で見られた時、きっと、応援することでしょう。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第57回中京記念(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第43回フィリーズレビュー(JpnII)の勝ち馬。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/44359557

この記事へのトラックバック一覧です: 第27回中山牝馬S(GIII)の勝ち馬。:

« 第57回中京記念(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第43回フィリーズレビュー(JpnII)の勝ち馬。 »