« 第23回フラワーC(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第58回スプリングS(JpnII)の勝ち馬。 »

2009年3月26日 (木)

第23回ファルコンS(GIII)の勝ち馬。

ジョーカプチーノ 牡 芦毛 2006.4.11生 浦河・ハッピーネモファーム生産 馬主・上田けい子氏 栗東・中竹和也厩舎

ジョーカプチーノ(2006.4.11)の4代血統表
マンハッタンカフェ[A]
青鹿毛 1998.3.5
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
Law Society
黒鹿毛 1982.2.16
Alleged 1974.5.4
Bold Bikini 1969.4.11
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
★Luciano 1964
Suleika 1954
ジョープシケ
芦毛 2000.2.11
仔受胎時活性値:1.25
フサイチコンコルド[A]
鹿毛 1993.2.11
種付け時活性値:1.50
Caerleon
鹿毛 1980.3.27
Nijinsky 1967.2.21
Foreseer 1969.4.12
バレークイーン
鹿毛 1988.4.16
Sadler's Wells 1981.4.11
Sun Princess 1980.5.18
ジョーユーチャリス
芦毛 1988.5.15
仔受胎時活性値:0.75
(ジョープシケは流産後の5番仔)
トウショウボーイ[A●]
鹿毛 1973.4.15
種付け時活性値:1.50
テスコボーイ 1963
ソシアルバターフライ 1957.4.13
ジョーバブーン
芦毛 1977.4.17
仔受胎時活性値:0.50
(ジョーユーチャリスは4連産目の4番仔)
フォルティノ[A]
芦毛 1959.4.19
種付け時活性値:0.25
ハードゲイ
栃栗毛 1968.3.30
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5(母方)>

ジョーカプチーノ(2006.4.11)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
マンハッタンカフェ 4.50 or 2.50 曾祖母が活躍馬
(No.2-F スピンドル系)
初仔
第23回ファルコンS(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 11 ジョーカプチーノ 牡3 56 藤岡康太 1:08.9    34.8 488
[-4]
中竹和也 4
2 10 カツヨトワイニング 牝3 54 大庭和弥 1:08.9 クビ 34.2 396
[-8]
高橋義博 12
3 5 ルシュクル 牝3 54 佐藤哲三 1:09.0 クビ 35.3 484
[0]
中竹和也 8
4 3 レッドヴァンクール 牡3 56 横山典弘 1:09.1 1/2 35.2 500
[-4]
鹿戸雄一 6
5 15 オメガユリシス 牡3 56 北村友一 1:09.1 ハナ 34.0 456
[-4]
坂本勝美 13
第23回ファルコンS(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
11.9-10.3-11.0-11.8-11.9-12.0
上り 4F 46.7-3F 35.7

では、以下にジョーカプチーノのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ハードゲイ 1968.3.30 中央0勝
|ジョーバブーン 1977.4.17 中央7勝 京阪杯(現GIII)2着 阪神牝馬特別(現阪神牝馬S、GII)3着
||ジョーユーチャリス 1988.5.15 中央1勝
|||ジョープシケ 2000.2.11 中央1勝
||||ジョーカプチーノ 2006.4.11 (本馬) ファルコンS(GIII)
|ナスティターン 1987.4.7 地方7勝 しもつけ菊花賞

フォーッ!!! Webで得られる情報が少なかったのですけれど、なんとか調べてみましたよ。曾祖母ジョーバブーンは中距離戦を得意とし、当時芝2000mの京阪杯、阪神牝馬特別で複勝圏に絡んでいます。また、満5歳春には果敢に天皇賞・春(現GI)に挑戦しました-結果はモンテプリンス(1977.4.1)の10着-。

ジョーカプチーノは中竹和也調教師、藤岡康太騎手に嬉しいJRA重賞初勝利をプレゼントしました。そしてまた、生産者であるハッピーネモファームさんにとっては、初めての生産馬だったとか。そして、ジョーカプチーノ自身は母ジョープシケの初仔。初物尽くしとなった一戦、皆様、本当におめでとうございました。

それにしても、マンハッタンカフェの仔は意外や意外、スプリント戦でも結果を出しますね。種牡馬として産駒の距離の守備範囲が広いことはアピールポイント。思えば、同じ中京芝1200mで行われる今週末の高松宮記念(GI)にもアーバニティ(2004.5.12)が出走予定です。果たして、長距離ジーワンを3勝した父の仔、スプリントGI奪取となりますでしょうか。こちらも楽しみにしましょう。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

<Web Resource>

|

« 第23回フラワーC(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第58回スプリングS(JpnII)の勝ち馬。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/44419254

この記事へのトラックバック一覧です: 第23回ファルコンS(GIII)の勝ち馬。:

« 第23回フラワーC(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第58回スプリングS(JpnII)の勝ち馬。 »