« 第26回フェブラリーS(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第83回中山記念(GII)の勝ち馬。 »

2009年3月18日 (水)

第18回アーリントンC(GIII)の勝ち馬。

ダブルウェッジ 牡 鹿毛 2006.4.26生 浦河・三嶋牧場生産 馬主・深見富朗氏 栗東・田所秀孝厩舎

ダブルウェッジ(2006.4.26)の4代血統表
マイネルラヴ[x]
青鹿毛 1995.3.8
種付け時活性値:0.50

Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Con Game
黒鹿毛 1974.3.20
Buckpasser 1963.4.28
Broadway 1959.2.21
Heart of Joy
黒鹿毛 1987.3.1
リィフォー
黒鹿毛 1975.4.1
Lyphard 1969.5.10
Klaizia 1965.5.17
Mythographer
栗毛 1977.4.13
Secretariat 1970.3.30
Arachne 1967.4.3
ファインディンプル
栗毛 2000.3.4
仔受胎時活性値:1.25
Silver Hawk[A]
鹿毛 1979.4.20
種付け時活性値:1.00
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Gris Vitesse
芦毛 1966.3.2
Amerigo 1955
Matchiche 1956
ファインディッシュ
栗毛 1992.4.9
仔受胎時活性値:1.75
Devil's Bag[A]
鹿毛 1981.2.19
種付け時活性値:0.50
Halo 1969.2.7
Ballade 1972.3.10
Connecting Link
栗毛 1985.4.9
仔受胎時活性値:1.50
Linkage[B]
鹿毛 1979.5.6
種付け時活性値:1.25
Bev Bev
鹿毛 1977.4.5
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Nashua5×5、Hail to Reason4×5(母方)>

ダブルウェッジ(2006.4.26)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Linkage
(Connecting Link)
6.25 近親に米GI勝ち馬
(No.7)
2番仔
(2連産目)
第18回アーリントンC(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 1 ダブルウェッジ 牡3 56 小牧太 1:35.6    35.7 534
[-6]
田所秀孝 6
2 8 マイネルエルフ 牡3 56 M.デムーロ 1:35.7 3/4 36.1 496
[+4]
鹿戸雄一 12
3 11 ミッキーパンプキン 牡3 56 岩田康誠 1:35.8 クビ 35.2 444
[0]
清水出美 3
4 7 アイアンルック 牡3 56 武豊 1:35.8 アタマ 35.0 526
[-4]
橋口弘次郎 1
5 9 タイガーストーン 牡3 56 木村健 1:35.8 クビ 35.3 486
[-6]
坂口正則 13
第18回アーリントンC(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.7-10.8-11.3-12.0-12.4-12.1-11.8-12.5
上り 4F 48.8-3F 36.4

では、以下にダブルウェッジのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Connecting Link 1985.4.9 米0勝
|Link River 1990.4.9 米英6勝 ジョンAモリスH(米GI)ほか米GI2着1回
|ファインディッシュ 1992.4.9 米英2勝
||コッコレ 1999.3.24 中央1勝
|||メイショウレガーロ 2004.3.4 現役 京成杯(GIII)2着 中山金杯(GIII)3着
||ファインディンプル 2000.3.4 不出走
|||ダブルウェッジ 2006.4.26 (本馬) アーリントンC(GIII) シンザン記念(GIII)2着

さかのぼれば5代母はNative Partner(1966.4.5)ということで、ダンシングキイ(1983.5.21)の仔たちや、スズカマンボ(2001.4.28)と同牝系です。また、同じくアーリントンCに出走して5着だったタイガーストーン(2006.3.8)は4代母にNative Partnerを持つ同牝系馬ですね。

↑の近親牝系図でふと気付いたのは、ダブルウェッジの3代母Connecting Linkはその直仔Link River、ファインディッシュと共に4月9日生まれですね。また、母ファインディンプルと従兄メイショウレガーロは共に3月4日生まれですね。まま、ただそれだけですが(^_^.)

ダテや酔狂で重賞2着、そして勝ち馬になることなどできません。人間の評価は、いつでも後付けでなされるもの。ダブルウェッジ、これからの走りにも大いに期待しましょう。

では、以上オオハシでした。これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

|

« 第26回フェブラリーS(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第83回中山記念(GII)の勝ち馬。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/44343381

この記事へのトラックバック一覧です: 第18回アーリントンC(GIII)の勝ち馬。:

« 第26回フェブラリーS(GI)の勝ち馬。 | トップページ | 第83回中山記念(GII)の勝ち馬。 »