« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

第25回ラジオNIKKEI杯2歳S(JpnIII)の勝ち馬。

ロジユニヴァース 牡 鹿毛 2006.3.11生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・久米田正明氏 美浦・萩原清厩舎

ロジユニヴァース(2006.3.11)の4代血統表
ネオユニヴァース[A]
鹿毛 2000.5.21
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ポインテッドパス
栗毛 1984.4.27
Kris
栗毛 1976.3.23
Sharpen Up 1969.3.17
Doubly Sure 1971.5.3
Silken Way
栗毛 1973
★Shantung 1956.1.25
Boulevard 1968
アコースティクス
鹿毛 2001.3.6
仔受胎時活性値:1.00
Cape Cross[A]
黒鹿毛 1994.3.13
種付け時活性値:1.50
Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig 1977.2.12
Foreign Courier 1979.4.11
Park Appeal
黒鹿毛 1982.4.9
Ahonoora 1975.4.12
Balidaress 1973.4.22
ソニンク
黒鹿毛 1996.2.8
仔受胎時活性値:1.00
★Machiavellian[x]
黒鹿毛 1987.1.31
種付け時活性値:0.00
★Mr. Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Sonic Lady
鹿毛 1983.2.15
仔受胎時活性値:1.00
Nureyev[A]
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.25
Stumped
鹿毛 1977.3.17
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Halo3×5、Northern Dancer5×5>

ロジユニヴァース(2006.3.11)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Cape Cross
(アコースティクス)
4.25 曾祖母が全欧3歳牝馬王者
(No.B3)
2番仔
(2連産目)
第25回ラジオNIKKEI杯2歳S(JpnIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 6 ロジユニヴァース 牡2 55 横山典弘 2:01.7    37.1 504
[+10]
萩原清 2
2 3 リーチザクラウン 牡2 55 武豊 2:02.4 4 38.2 504
[-4]
橋口弘次郎 1
3 4 トゥリオンファーレ 牡2 55 川田将雅 2:02.6 1 1/4 37.7 488
[0]
音無秀孝 7
4 1 マッハヴェロシティ 牡2 55 安藤勝己 2:02.6 クビ 37.0 504
[-6]
武藤善則 4
5 5 イグゼキュティヴ 牡2 55 松岡正海 2:02.8 1 1/2 38.0 478
[-8]
河津裕昭 5
第25回ラジオNIKKEI杯2歳S(JpnIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.6-11.0-12.3-12.2-11.8-12.0-12.3-12.3-12.3-12.9
上り 4F 49.8-3F 37.5

では、以下にロジユニヴァースのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Sonic Lady 1983.2.15 英愛仏8勝 愛1000ギニー(GI)含むGI3勝(重賞計7勝)
|Hazaam 1989.4.4 英UAE伊8勝 シュプリームS(英GIII)ほか英GII2着1回3着1回
|Sharman 1990.3.24 仏米7勝 ジョンシェール賞(仏GIII)ほか仏GIII2着1回
|ソニンク 1996.2.8 不出走
||アコースティクス 2001.3.6 不出走
|||ロジユニヴァース 2006.3.11 (本馬) ラジオNIKKEI杯2歳S(JpnIII) 札幌2歳S(JpnIII)
||モンローブロンド 2002.3.2 中央4勝 ファンタジーS(現JpnIII)2着
||ノットアローン 2005.2.15 現役 若葉S(OP) ラジオNIKKEI賞(JpnIII)2着 セントライト記念(JpnII)3着

ではでは、今日はこのへんで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

第53回有馬記念(GI)の勝ち馬。

どうも。数多いるSS産駒の中で最も好きな馬はスリリングサンデー(1996.4.10)のオオハシでございます。満年齢表記3歳初頭の福寿草特別。1着スリリングサンデー、2着トゥザヴィクトリー(1996.2.22)、3着ナリタトップロード(1996.4.4)という人気どおりの決着。そして、5歳秋の鳴滝特別。京都芝2400mで57kgを背負って2分24秒0の好時計勝ち。その勝ち時計は翌日の京都大賞典(GII)よりも1秒速いタイムでした。けれど、その勝利がスリリングサンデーの競走生活で最後の勝利となりました。

そんなスリリングサンデーへの偏愛が全弟ダイワメジャー(2001.4.8)への応援へと転じました。

そして、ダイワスカーレット(2004.5.13)。スリリングサンデー、ダイワメジャーの妹だけに可愛らしくないはずがないです。

近年の栗毛馬の中では最も美しいと思ったダイワスカーレット。

ライバルの脚を計る為だったのかチューリップ賞(JpnIII)の2着。一転して強気の競馬で見事に押し切った桜花賞(JpnI)。アンカツマジックを見た6ハロン目の13秒6が印象に残る秋華賞(JpnI)。ライバルの当日取り消しにより一本被りとなったエリザベス女王杯(GI)。「21世紀の名勝負」として語り継がれるであろう天皇賞・秋(GI)2着。そして、37年ぶりの牝馬制覇となった有馬記念。

強さと美しさを兼ね備えていた名牝ダイワスカーレット。「才色兼備」とはまさに彼女の為にある四字熟語でした。

ダイワスカーレット 牝 栗毛 2004.5.13生 千歳・社台ファーム生産 馬主・大城敬三氏 栗東・松田国英厩舎

ダイワスカーレット(2004.5.13)の4代血統表
アグネスタキオン[A]
栗毛 1998.4.13
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アグネスフローラ
鹿毛 1987.6.18
ロイヤルスキー
栗毛 1974.5.24
Raja Baba 1968.4.5
Coz o'Nijinsky 1969.4.27
アグネスレディー
鹿毛 1976.3.25
リマンド 1965.2.16
イコマエイカン 1967.5.18
スカーレットブーケ
栗毛 1988.4.11
仔受胎時活性値:1.75

ノーザンテースト[A]
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:0.00
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Lady Victoria
黒鹿毛 1962.2.20
Victoria Park 1957.5.10
Lady Angela 1944 ♀
スカーレットインク
栗毛 1971.5.5
仔受胎時活性値:2.00
Crimson Satan[z]
栗毛 1959.5.4
種付け時活性値:0.75
Spy Song 1943
Papila 1943
Consentida
鹿毛 1962.4.6
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Beau Max[A]
鹿毛 1947
種付け時活性値:1.50
La Menina
栗毛 1958.4.26
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Almahmoud(♀)5×5、Lady Angela(♀)5×4(母方)>

ダイワスカーレット(2004.5.13)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Beau Max
(スカーレットブーケ)
6.50 or 4.50 半兄ダイワメジャー
(No.4-D)
10番仔
(4連産目)
第53回有馬記念(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 13 ダイワスカーレット 牝4 55 安藤勝己 2:31.5    36.4 494
[-4]
松田国英 1
2 14 アドマイヤモナーク 牡7 57 川田将雅 2:31.8 1 3/4 35.8 468
[+6]
松田博資 14
3 6 エアシェイディ 牡7 57 後藤浩輝 2:31.9 3/4 36.4 496
[+6]
伊藤正徳 10
4 11 ドリームジャーニー 牡4 57 池添謙一 2:31.9 ハナ 35.9 430
[+10]
池江泰寿 7
5 8 スクリーンヒーロー 牡4 57 M.デムーロ 2:32.0 クビ 36.5 488
[+2]
鹿戸雄一 3
第53回有馬記念(GI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
6.9-11.2-11.9-11.2-11.9-13.0-13.2-12.4-11.5-11.9-12.0-11.7-12.7
上り 4F 48.3-3F 36.4

では、以下にダイワスカーレットの簡単な近親牝系図を示しておきます。

スカーレットインク 1971.5.5 米0勝
|スカーレットブルー 1982.5.1 中央1勝
||アナスミラビリス 1991.6.9 中央1勝
|||トーセンジョウオー 2001.3.25 エンプレス杯(JpnII) 関東オークス(JpnIII)
||ブルーリッジリバー 1999.4.21 中央2勝 桜花賞(現JpnI)2着-母が2年連続不受胎後の仔-
|スカーレットリボン 1985.6.4 中央3勝 4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、JpnII)
||タヤスアンティーム 1995.2.25 中央6勝 東海S(GII)3着-母が不受胎後の仔-
|スカーレットローズ 1987.3.8 中央2勝-母が不受胎後の仔-
||スカーレットレディ 1995.5.10 中央1勝
|||サカラート 2000.4.21 現役 東海S ブリーダーズGC(JpnII)
|||ヴァーミリアン 2002.4.10 現役 ジャパンカップダート(GI)など重賞9勝
|||キングスエンブレム 2005.2.12 現役 すみれS(OP)-母が不受胎&流産後の仔-
|スカーレットブーケ 1988.4.11 中央6勝 中山牝馬S(GIII)など重賞4勝
||スカーレットメール 1994.3.13 中央1勝 チューリップ賞(現JpnIII)2着
||スリリングサンデー 1996.4.10 中央5勝 種牡馬
||ダイワルージュ 1998.5.4 中央3勝 新潟3歳S(現新潟2歳S、JpnIII)
||ダイワメジャー 2001.4.8 中央9勝 天皇賞・秋(GI)、皐月賞(現JpnI)など重賞8勝-母が空胎後の仔-
||ダイワスカーレット 2004.5.13 (本馬) 有馬記念(GI)など重賞6勝

ダイワルージュの阪神3歳牝馬S(現阪神JF、JpnI)2着がジーワンレースにおける小噴火だったのか、ダイワメジャーの皐月賞制覇後はまさに活性火山の様相です。

繁殖牝馬としても、もちろん期待されるダイワスカーレット。初めてのお相手は社台さんが導入されたフォルティノ系(1955.4.19)種牡馬チチカステナンゴ(1998.5.3)となる模様。この両頭のカップリングでどんな仔が生まれてくるのか、今から本当に楽しみですね。

ではでは、今回はこのへんで♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月22日 (日)

第26回フェブラリーS(GI)出走馬の4代血統構成について。

第26回フェブラリーS(GI)出走馬の4代血統構成について

馬名
(生年月日)[F No.]
母の
何番仔?
母父 祖母父 曾祖母父
1 カフェオリンポス
(2001.1.27)[2-F]
初仔 Grand Slam Olympio Roberto Raise a Native
2 カネヒキリ
(2002.2.26)[2-S]
5番仔
(空胎後)
フジキセキ Deputy Minister Mr. Prospector Road At Sea
3 サンライズバッカス
(2002.4.30)[7-C]
8番仔
(空胎後)
★ヘネシー リアルシャダイ サーペンフロ ジルドレ
4 トーセンブライト
(2001.3.13)[5-J]
初仔 ブライアンズタイム ★ジェイドロバリー ナイスダンサー ファバージ
5 バンブーエール
(2003.4.5)[9-F]
6番仔+
(不受胎後)
アフリート Rainbow Quest Irish Castle Commodore M.
6 ナンヨーヒルトップ
(2005.4.2)[4-R]
3番仔+
(3連産目+)
★カリズマティック ★Seeking the Gold Lyphard Cyane
7 ヒシカツリーダー
(2004.2.27)[23-B]
5番仔
(3連産目)
フサイチコンコルド Chief's Crown Sea-Bird Cornish Prince
8 キクノサリーレ
(2005.3.19)[7-C]
4番仔
(2連産目)
ジェイドロバリー ブレイヴェストローマン スティールハート ★ファバージ
9 ヴァーミリアン
(2002.4.10)[4-D]
3番仔
(3連産目)
エルコンドルパサー サンデーサイレンス ノーザンテースト Crimson Satan
10 ビクトリーテツニー
(2004.1.23)[4-K]
5番仔
(2連産目)
Gone West Carnivalay Fappiano Prince John
11 アドマイヤスバル
(2003.5.3)[14-C]
6番仔
(6連産目)
アドマイヤボス ジェネラス Blushing Groom Never Bend
12 エスポワールシチー
(2005.4.22)[4-M]
初仔 ゴールドアリュール ブライアンズタイム ブレイヴェストローマン トラフィック
13 オフィサー
(2002.5.23)[1-P]
2番仔+ Fusaichi Pegasus Irish River Alydar Round Table
14 カジノドライヴ
(2005.3.7)[8-F]
5番仔
(5連産目)
Mineshaft ★Deputy Minister Blushing Groom Traffic Judge
15 サクセスブロッケン
(2005.5.5)[4-R]
2番仔
(2連産目)
シンボリクリスエス サンデーサイレンス Deputy Minister Pleasant Colony
16 フェラーリピサ
(2004.4.28)[18]
3番仔+ Touch Gold Capote Screen King Irish Castle

出走馬をいちべつすると「SS系の血を持つ馬が少ないなぁ」と思いますね。また、ジーワン勝ち馬が6頭いますが、そのうち4頭が母が前年産駒なし後の仔です。

古豪か新進気鋭か。果たして、どの馬が府中ダート1600mの王者となるのでしょう。決戦は2月22日15時40分の発走です。

ではでは、今回はこのへんで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

第46回愛知杯(GIII)の勝ち馬。

セラフィックロンプ 牝 青鹿毛 2004.4.12生 新冠・守矢牧場生産 馬主・井上一郎氏 美浦・武藤善則厩舎

セラフィックロンプ(2004.4.12)の4代血統表
マンハッタンカフェ
青鹿毛 1998.3.5
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
Law Society
黒鹿毛 1982
Alleged 1974.5.4
Bold Bikini 1969
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
★Luciano 1964
Suleika 1954
エルソル
鹿毛 1989.4.26
仔受胎時活性値:1.50
ロイヤルスキー
栗毛 1974.5.24
種付け時活性値:1.50
Raja Baba
鹿毛 1968.4.5
Bold Ruler 1954.4.6
Missy Baba 1958.5.13
Coz o'Nijinsky
栗毛 1969.4.27
★Involvement 1960.4.12
Gleam 1952
アズマローマン
黒鹿毛 1979.4.22
仔受胎時活性値:0.25
ラディガ
鹿毛 1969.5.18
種付け時活性値:0.25
Graustark 1963.4.7
Celia 1960.4.3
ハイタニア
鹿毛 1971.4.5
仔受胎時活性値:1.75
Buckpasser
鹿毛 1963.4.28
種付け時活性値:1.75
Hillbrook
鹿毛 1957.4.29
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:なし>

セラフィックロンプ(2004.4.12)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Buckpasser
(アズマローマン)
4.75 近親アズマイースト
(No.4-R)
10番仔
(3連産目)
第46回愛知杯(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 15 セラフィックロンプ 牝4 51 宮崎北斗 1:59.2    35.5 488
[+8]
武藤善則 16
2 14 チェレブリタ 牝3 50 大野拓弥 1:59.2 クビ 34.7 440
[+6]
荒川義之 14
3 17 マイネレーツェル 牝3 55 川田将雅 1:59.4 1 35.3 412
[+4]
五十嵐忠男 3
4 16 アドマイヤスペース 牝4 51 的場勇人 1:59.4 クビ 34.8 436
[0]
的場均 11
5 6 トウカイルナ 牝6 53 四位洋文 1:59.4 アタマ 35.2 436
[+2]
田所秀孝 6
第46回愛知杯(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.1-10.6-11.4-12.5-12.5-12.1-12.0-11.9-11.9-12.2
上り 4F 48.0-3F 36.0

では、以下にセラフィックロンプのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ハイタニア 1971.4.5 不出走
|バンパサー 1975.4.28 中央4勝 クイーンS(現JpnIII)
||アズマローマン 1979.4.22 中央1勝+地方4勝
|||エルソル 1989.4.26 中央0勝
||||セラフィックロンプ 2004.4.12 (本馬) 愛知杯(GIII)
||バックツーイースト 1981.4.6 中央1勝
|||アズマイースト 1987.5.22 中央3勝 スプリングS(現JpnII) ディセンバーS(OP)
|Malthus 1992.4.27 米・パナマ4勝 ジムダンディS(米GII)2着 トラヴァーズS(米GI)3着

4代母ハイタニアは1975年に輸入されて1983年に再輸出されました。3代母バンパサーの17歳年下の弟がMalthus。17歳差の姉弟が共に重賞連対馬になれるのですから、ハイタニアの繁殖能力の確かさが伺えます。

ではでは、今回はこのへんで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

第3回阪神C(JpnII)の勝ち馬。

マルカフェニックス 牡 栗毛 2004.5.27生 浦河・日の出牧場生産 馬主・河長産業(株) 栗東・松永昌博厩舎

マルカフェニックス(2004.5.27)の4代血統表
ダンスインザダーク[A]
鹿毛 1993.6.5
種付け時活性値:0.50
サンデーサイレンス青鹿毛 1986.3.25 ★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ダンシングキイ
鹿毛 1983.5.21
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Key Partner
鹿毛 1976.3.26
Key to the Mint 1969.3.9
Native Partner 1966.4.5
ミスカースティー
栗毛 1997.3.13
仔受胎時活性値:1.50
Miswaki[x]
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:0.50
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Hopespringseternal
栗毛 1971.5.27
Buckpasser 1963.4.28
Rose Bower 1958.3.24
Spit Curl
鹿毛 1980.4.9
仔受胎時活性値:2.00
Northern Dancer[A]
鹿毛 1961.5.27
種付け時活性値:0.50
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Coiffure
鹿毛 1973
仔受胎時活性値:1.50
Sir Gaylord[A]
1959.2.12
種付け時活性値:1.25
Style
栗毛 1965.3.9
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×3、Raise a Native5×4、Turn-to5×5、Native Dancer5×5、Almahmoud(♀)5×5>

マルカフェニックス(2004.5.27)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Sir Gaylord
(Coiffure)
6.75 or 4.75 祖母が米GI勝ち馬
(No.5-G)
3番仔
(3連産目)
第3回阪神C(JpnII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3 マルカフェニックス 牡4 57 福永祐一 1:21.6    35.4 528
[0]
松永昌博 8
2 14 ファリダット 牡3 56 四位洋文 1:21.7 3/4 35.0 474
[0]
松元茂樹 1
3 15 リザーブカード 牡5 57 川田将雅 1:21.7 ハナ 35.1 490
[-6]
栗田博憲 7
4 18 スプリングソング 牡3 56 池添謙一 1:21.7 ハナ 35.5 504
[-4]
鶴留明雄 4
5 6 マヤノツルギ 牡4 57 長谷川浩大 1:21.9 1 36.0 526
[0]
梅内忍 11
第3回阪神C(JpnII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.3-10.9-11.0-11.6-11.5-11.8-12.5
上り 4F 47.4-3F 35.8

では、以下にマルカフェニックスのごく簡単な近親牝系図を示します。

Coiffure 1973 仏1勝 クロエ賞(GIII)2着
|Spit Curl 1980.4.9 米5勝 アラバマS(GI) CCAオークス(GI)2着ほかGII3着
||マーズヴァイオレット 1988.2.28 米0勝
|||テイエムヤマトオー 2001.5.31 現役 新潟ジャンプS(J・GIII)3着
|||ヒラボクロイヤル 2004.3.15 現役 青葉賞(JpnII)
||ミスカースティー 1997.3.13 英1勝
|||マルカフェニックス 2004.5.27 (本馬) 阪神C(JpnII)
|Curl and Set 1983.3.6 米1勝
||Set Me Straight 1992.3.16 米1勝 パッカーアップS(GIII)3着
||Golden Indigo 1997.4.9 伊4勝 伊2000ギニー(GII)2着
|Diver 1986.4.3 米5勝 セネカH(GIII)
|プラチナウェーブ 1988.4.29 米1勝
||ホオキパウェーブ 2001.3.16 中央3勝 オールカマー(GII) 菊花賞(現JpnI)2着

ではでは、今回はこのへんで♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月17日 (火)

第60回朝日杯FS(JpnI)の勝ち馬。

セイウンワンダー 牡 青毛 2006.4.30生 新ひだか・筒井征文氏生産 馬主・大谷高雄氏 栗東・領家政蔵厩舎

セイウンワンダー(2006.4.30)の4代血統表
グラスワンダー[A]
栗毛 1995.2.18
種付け時活性値:0.50
Silver Hawk
鹿毛 1979.4.20
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Gris Vitesse
芦毛 1966.3.2
Amerigo 1955
Matchiche 1956
Ameriflora
鹿毛 1989.1.29
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Graceful Touch
鹿毛 1978.4.13
His Majesty 1968.4.15
Pi Phi Gal 1973.3.11
セイウンクノイチ
青鹿毛 1998.4.15
仔受胎時活性値:1.75
サンデーサイレンス[A]
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.75
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アンカースティーム
青鹿毛 1988.4.22
仔受胎時活性値:0.25
リアルシャダイ[A]
黒鹿毛 1979.5.27
種付け時活性値:0.00
Roberto 1969.3.16
Desert Vixen 1970.4.19
アイレテスコ
黒鹿毛 1978.5.17
仔受胎時活性値:0.25
テスコボーイ[A●]
黒鹿毛 1963
種付け時活性値:1.50
アイレバース
栗毛 1970.4.10
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Roberto3×4、Hail to Reason4×4×5>

セイウンワンダー(2006.4.30)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
テスコボーイ 4.00 大叔父ゴーウィズウィンド
(No.3-L フロリースカップ系)
4番仔
(4連産目)
第60回朝日杯FS(JpnI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3 セイウンワンダー 牡2 55 岩田康誠 1:35.1    35.0 514
[+10]
領家政蔵 2
2 11 フィフスペトル 牡2 55 C.ルメール 1:35.1 アタマ 35.2 450
[+6]
加藤征弘 5
3 5 ブレイクランアウト 牡2 55 武豊 1:35.2 1/2 35.1 446
[+10]
戸田博文 1
4 15 ホッコータキオン 牡2 55 飯田祐史 1:35.2 クビ 36.1 498
[+2]
飯田明弘 6
5 13 ピースピース 牡2 55 吉田隼人 1:35.5 2 35.1 444
[-6]
荒川義之 14
第60回朝日杯FS(JpnI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.2-10.8-11.3-12.0-12.5-12.6-11.7-12.0
上り 4F 48.8-3F 36.3

では、以下にセイウンワンダーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

アイレテスコ 1978.5.17 中央1勝
|アンカースティーム 1988.4.22 中央1勝
||エレガントフライ 1997.4.9 中央0勝
|||ワイキューブ 2003.3.18 現役 北九州記念(GIII)3着
||セイウンクノイチ 1998.4.15 中央0勝
|||セイウンワンダー 2006.4.30 (本馬) 朝日杯FS(JpnI) 新潟2歳S(JpnIII)
|ゴーウィズウィンド 1999.4.29 現役 みなみ北海道S(OP)

目にも見よ、小岩井の3号族フロリースカップ(1904)系の底力。メイショウサムソン(2003.3.7)と入れ替わるようにジーワン勝ち馬が現れました。日本のホースマンの皆様は、先人たちから受け継いできた、己が仕事の積み重ねを、本当の本当に、もっともっと誇っても良いと思います。

阪神JF(JpnI)ではブエナビスタ(2006.3.14)が母ビワハイジ(1993.3.7)に続く母仔制覇、そして朝日杯FSではセイウンワンダーが父グラスワンダーに続いて父仔制覇を遂げました。2008年の2歳ジーワンは「牡牝ともに親仔2代の2歳王者」という、競馬が点から線になる結果でした。

ではでは、今日はこのへんで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

第1回カペラS(JpnIII)の勝ち馬。

ビクトリーテツニー 牡 栗毛 2004.1.23生 米国・Dell Ridge Farm生産 馬主・榮義則氏 栗東・森秀行厩舎

ビクトリーテツニー(2004.1.23)の4代血統表
Gone West[x]
鹿毛 1984.3.10
種付け時活性値:0.75
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native
栗毛 1961.4.18
Native Dancer 1950.3.27
Raise You 1946
Gold Digger
鹿毛 1962.5.28
Nashua 1952.4.14
Sequence 1946
Secrettame
栗毛 1978.3.15
Secretariat
栗毛 1970.3.30
Bold Ruler 1954.4.6
Somethingroyal 1952
Tamerett
黒鹿毛 1962.2.17
Tim Tam 1955.4.19
Mixed Marriage 1952
Radu Cool
栗毛 1992.3.25
仔受胎時活性値:0.75
Carnivalay[A]
鹿毛 1981.2.5
種付け時活性値:0.50
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Obeah
鹿毛 1965.4.15
Cyane 1959.4.12
Book of Verse 1956.3.26
Purify
鹿毛 1983.4.3
仔受胎時活性値:2.00
Fappiano[x]
鹿毛 1977.5.19
種付け時活性値:1.25
Mr. Prospector 1970.1.28
Killaloe 1970.3.17
Morning Has Broken
栗毛 1974.5.9
仔受胎時活性値:2.00
Prince John[B]
栗毛 1953.4.6
種付け時活性値:1.00
A Wind Is Rising
鹿毛 1969
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Mr.Prospector2×4、Native Dancer4×5、Princequillo5×5、Persian Mail(♀)5×5、Nasrullah5×5(父方)>

ビクトリーテツニー(2004.1.23)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Fappiano
(Purify)
5.75 母が米GII勝ち馬
(No.4-K)
5番仔
(2連産目)
第1回カペラS(JpnIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 2 ビクトリーテツニー 牡4 56 横山典弘 1:08.7 日本
レコード
34.8 482
[-4]
森秀行 4
2 7 スリーアベニュー 牡6 56 田中勝春 1:09.0 1 3/4 34.6 504
[-6]
小野幸治 7
3 6 フジノウェーブ 牡6 58 御神本訓史 1:09.1 3/4 35.4 478
[0]
高橋三郎 8
4 1 リミットレスビッド 牡9 57 蛯名正義 1:09.2 クビ 35.5 502
[-7]
加用正 11
5 5 ナンヨーヒルトップ 牡3 55 柴田善臣 1:09.2 ハナ 35.8 504
[+4]
小笠倫弘 3
第1回カペラS(JpnIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.1-10.0-10.6-11.5-12.0-12.5
上り 4F 46.6-3F 36.0

では、以下にビクトリーテツニーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Morning Has Broken 1974.5.9 米0勝
|Morning Devotion 1982.3.26 英米1勝 フィリーズマイル(英GIII。当時)3着
||Alleged Devotion 1988.4.10 不出走
|||Humble Eight 1992.2.27 米6勝 ハニービーS(GIII)ほかGII3着1回GIII3着1回
|||April Starlight 1996.3.12 愛米2勝 レイルウェイS(GIII)3着
|||Thady Quil 1997.3.14 米英愛ほか6勝 オークトゥリーBCマイル(米GII)2着
||Red Slippers 1989.4.12 米英仏3勝 サンチャリオットS(英GII。当時)
|||West Wind 2004.3.29 首愛仏2勝 仏オークス(GI)ほか仏GI2着1回愛GI3着1回
||Balanchine 1991.4.16 英愛仏4勝 愛ダービー(GI) 英オークス(GI)ほか英GI2着1回仏GIII2着1回
||Romanov 1994.3.1 英愛米仏4勝 ジョッキークラブS(英GII)含む英重賞2勝
|Purify 1983.4.3 米2勝
||Radu Cool 1992.3.25 米9勝 チューラヴィスタH(GII)ほかGIII2着1回GIII3着1回
|||ビクトリーテツニー 2004.1.23 (本馬) カペラS(JpnIII)
||Stylish Storm 1995.5.27 英米0勝
|||Most Distinguished 2004.1.24 現役 アムステルダムS(GII)ほかGII2着1回

近親には女だてらに愛ダービーを4馬身差の圧勝を収めたBalanchineがいますね。ほかにも仏オークス馬West Windが見えますし、活力のある牝系です。

ではでは、今回はこのへんで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

第44回中日新聞杯(JpnIII)の勝ち馬。

ヤマニンキングリー 牡 栗毛 2005.5.16生 新冠・錦岡牧場生産 馬主・土井肇氏 栗東・河内洋厩舎

ヤマニンキングリー(2005.5.16)の4代血統表
アグネスデジタル[x]
栗毛 1997.5.15
種付け時活性値:1.75
Crafty Prospector
栗毛 1979.4.7
★Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Real Crafty Lady
栗毛 1975.4.2
In Reality 1964.3.1
Princess Roycraft 1967.1.25
Chancey Squaw
鹿毛 1991.4.9
★Chief's Crown
鹿毛 1982.4.7
Danzig 1977.2.12
Six Crowns 1976.4.21
Allicance
鹿毛 1980.4.1
Alleged 1974.5.4
Runaway Bride 1962
ヤマニンアリーナ
鹿毛 1992.4.14
仔受胎時活性値:1.00
サンデーサイレンス[A]
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ティファニーラス
黒鹿毛 1983.2.28
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Bold Forbes[A]
黒鹿毛 1973.3.31
種付け時活性値:0.25
Irish Castle 1967.5.11
Comely Nell 1962.2.8
Sally Stark
鹿毛 1970
仔受胎時活性値:1.00
Graustark[B]
栗毛 1963.4.7
種付け時活性値:1.50
Sally Ship
青鹿毛 1960.5.17
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Turn-to5×5(母方)>

ヤマニンキングリー(2005.5.16)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
アグネスデジタル 4.25 or 2.25 半姉ヤマニンメルベイユ
(No.3-C)
7番仔
(4連産目)
第44回中日新聞杯(JpnIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 8 ヤマニンキングリー 牡3 55 M.デムーロ 1:59.5    34.0 480
[+2]
河内洋 2
2 13 フサイチアソート 牡3 54 和田竜二 1:59.5 クビ 34.1 448
[-4]
岩戸孝樹 10
3 1 イケトップガン 牡4 52 大野拓弥 1:59.6 1/2 33.1 464
[0]
石毛善彦 9
4 11 オペラブラーボ 牡4 56 蛯名正義 1:59.6 ハナ 33.8 436
[0]
久保田貴士 1
5 16 センカク 牡6 53 赤木高太郎 1:59.7 クビ 34.6 486
[0]
池上昌弘 16
第44回中日新聞杯(JpnIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.0-11.3-12.1-13.0-13.0-12.0-11.7-11.3-11.3-11.8
上り 4F 46.1-3F 34.4

では、以下にヤマニンキングリーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Sally Stark 1970 不出走
|Valdez 1976.3.9 米8勝 スワップスS(GI)含む重賞5勝
|Assurgent 1978.2.15 米1勝
||Touch of Love 1990.3.13 米6勝 テンプティドS(GIII)3着
|||Alyzig 1997.3.22 米仏3勝 サンカルロスH(米GI)2着ほか
|バッフドオレンジ 1982.3.15 米0勝
||メローフルーツ 1991.4.18 中央2勝 札幌3歳S(現札幌2歳S、JpnIII)
||オレンジピール 1994.3.15 中央4勝 4歳牝馬特別(現フローラS、JpnII)含む重賞3勝
|||ブラックコンドル 2001.2.24 中央5勝 春待月S(OP) 中京2歳S(OP) 平安S(GIII)2着
|||ラピッドオレンジ 2003.3.5 中央4勝+地方1勝 TCK女王盃(JpnIII) マリーンC(JpnIII)2着
|ティファニーラス 1983.2.28 米8勝 ケンタッキーオークス(GI)含む重賞3勝
||ヤマニンジュエリー 1991.1.29 不出走
|||ヤマニンシュクル 2001.4.1 中央4勝 阪神JF(現JpnI) 中山牝馬S(GIII)
||ヤマニンアリーナ 1992.4.14 中央2勝 クローバー賞(OP)
|||ヤマニンメルベイユ 2002.2.18 現役 中山牝馬S クイーンS(JpnIII)
|||ヤマニンキングリー 2005.5.16 (本馬) 中日新聞杯(GIII)ほかOP特別2勝GIII2着2回
||ヤマニンイデアル 1999.5.9 中央2勝 ききょうS(OP)

ではでは、今回はこのへんで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

第60回阪神JF(JpnI)の勝ち馬。

ブエナビスタ 牝 鹿毛 2006.3.14生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・松田博資厩舎

ブエナビスタ(2006.3.14)の4代血統表
スペシャルウィーク[A]
黒鹿毛 1995.5.2
種付け時活性値:0.50

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
Nijinsky 1967.2.21
シル 1970.4.22
レディーシラオキ
鹿毛 1978.4.3
セントクレスピン 1956
ミスアシヤガワ 1964.5.24
ビワハイジ
青鹿毛 1993.3.7
仔受胎時活性値:1.00
Caerleon[A]
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:1.00
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Foreseer
黒鹿毛 1969.4.12
Round Table 1954.4.6
Regal Gleam 1964.3.17
アグサン
青毛 1985.3.23
仔受胎時活性値:1.75
Lord Gayle[A]
黒鹿毛 1965
種付け時活性値:0.75
Sir Gaylord 1959.2.12
Sticky Case 1958
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
仔受胎時活性値:0.75
★Luciano[C]
黒鹿毛 1964
種付け時活性値:0.00
Suleika
黒鹿毛 1954
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Nijinsky4×3、Hail to Reason4×5、Turn-to5×5>

ブエナビスタ(2006.3.14)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Caerleon 4.00 母仔2代の2歳牝馬王者
(No.16-C)
6番仔
(3連産目)
第60回阪神JF(JpnI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 13 ブエナビスタ 牝2 54 安藤勝己 1:35.2    34.8 450
[0]
松田博資 1
2 2 ダノンベルベール 牝2 54 後藤浩輝 1:35.6 2 1/2 35.6 448
[-8]
国枝栄 3
3 9 ミクロコスモス 牝2 54 鮫島良太 1:35.8 1 1/4 35.2 454
[+2]
角居勝彦 4
4 7 ショウナンカッサイ 牝2 54 幸英明 1:36.0 1 1/4 36.2 440
[-4]
北出成人 10
5 5 イナズマアマリリス 牝2 54 吉田豊 1:36.2 1 1/2 35.9 434
[0]
松元茂樹 8
第60回阪神JF(JpnI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4-11.0-11.8-12.1-12.3-11.9-11.3-12.4
上り 4F 47.9-3F 35.6

アグサン 1985.3.23 英0勝
|ジョーンズギフト 1990.2.1 英0勝
||Tomori 1999.1.9 独伊1勝 独1000ギニー(GII)2着 独ダービー(GI)3着ほか伊GII3着1回独GIII3着1回
|ビワハイジ 1993.3.7 中央4勝 阪神3歳牝馬S(現阪神JF、JpnI)含む重賞3勝
||アドマイヤジャパン 2002.4.16 中央2勝 京成杯(GIII) 菊花賞(現JpnI)2着
||アドマイヤオーラ 2004.2.19 現役 京都記念(GII)含む重賞3勝
||ブエナビスタ 2006.3.14 (本馬) 阪神JF

元をたどれば独国の名門シュレンダーハン牧場のSラインとなる16号族。他国に流出してしまうと、「ボトムラインをたどると馬名の頭文字が同じアルファベットで始まる」という独国の流儀もへったくれもなくなるのですが、近年の社台グループの生産馬でクラブ募集馬になった馬を見ると「ちょっと独国を意識した名前付けをしているのかな」と思う時があります。ブエナビスタ(Buena Vista)も母ビワハイジ(Biwa Heidi)に続く、母仔2代となるアルファベット馬名の頭文字「B」で始まる馬ですね。

昨秋のジーワン勝ち馬のうち社台グループ関連馬でいえば、リトルアマポーラ(2005.1.24)が頭文字「L」で始まる馬名の3代目です。ルイジアナピット(Lousiana Pit)、リトルハーモニー(Little Harmony)、そしてリトルアマポーラ(Little Amapola)。むぅ、サスガですね、社台さん。

ではでは、今日はこのへんで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

第61回鳴尾記念(GIII)の勝ち馬。

サクラメガワンダー 牡 栗毛 2003.3.25生 静内・新和牧場生産 馬主・(株)さくらコマース 栗東・友道康夫厩舎

サクラメガワンダー(2003.3.25)の4代血統表
グラスワンダー[A]
栗毛 1995.2.18
種付け時活性値:1.75
Silver Hawk
鹿毛 1979.4.20
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Gris Vitesse
芦毛 1966.3.2
Amerigo 1955
Matchiche 1956
Ameriflora
鹿毛 1989.1.29
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Graceful Touch
鹿毛 1978.4.13
His Majesty 1968.4.15
Pi Phi Gal 1973.3.11
サクラメガ
栗毛 1998.4.6
仔受胎時活性値:1.00
サンデーサイレンス[A]
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.75
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
サクラクレアー
鹿毛 1982.4.21
仔受胎時活性値:1.75
ノーザンテースト[A]
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:0.50
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
クレアーブリッジ
鹿毛 1967.4.16
仔受胎時活性値:1.50
Quadrangle[F]
鹿毛 1961.4.16
種付け時活性値:1.25
Abeyance Lass
鹿毛 1955
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×4、Northern Dancer4×4>

サクラメガワンダー(2003.3.25)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
グラスワンダー
(Silver Hawk)
5.00 伯父サクラチトセオー
(No.13-C)
初仔
第61回鳴尾記念(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 16 サクラメガワンダー 牡5 56 福永祐一 1:46.0    35.6 492
[+6]
友道康夫 1
2 13 ナムラマース 牡4 56 小牧太 1:46.5 3 35.5 476
[+2]
福島信晴 3
3 14 ドリームガードナー 牡3 55 岩田康誠 1:46.6 1/2 35.9 464
[-4]
中村均 13
4 8 ノットアローン 牡3 55 C.ルメール 1:46.8 1 1/2 36.6 480
[0]
橋口弘次郎 4
5 9 スウィフトカレント 牡7 58 C.ウィリアムズ 1:47.3 3 36.6 484
[+2]
森秀行 10
第61回鳴尾記念(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5-10.4-11.3-11.9-12.0-11.9-12.2-11.3-12.5
上り 4F 47.9-3F 36.0

では、以下にサクラメガワンダーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

サクラクレアー 1982.4.21 中央2勝 4歳牝馬特別(現フローラS、JpnII)2着
|サクラヤマトオー 1988.3.21 中央4勝 ホープフルS(OP)含むOP特別3勝ほかにGIII2着2回
|サクラチトセオー 1990.5.11 中央9勝 天皇賞・秋(GI)含む重賞4勝
|サクラキャンドル 1992.4.9 中央5勝 エリザベス女王杯(GI)含む重賞3勝
|サクラメガ 1998.4.6 不出走
||サクラメガワンダー 2003.3.25 (本馬) 鳴尾記念(GIII)2回 ラジオたんぱ杯2歳S(現ラジオNIKKEI杯2歳S、JpnIII)

ではでは、今日はこのへんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

第42回ステイヤーズS(GII)の勝ち馬。

時間に比較的余裕が出来始めたとはいえ、やはり以前のようには行きません。という訳で、重賞勝ち馬の振り返りは、各レースの勝ち馬の4代血統表と近親牝系図を示すに留めます。

エアジパング せん 鹿毛 2003.3.27生 静内・藤原牧場生産 馬主・(株)ラッキーフィールド 栗東・藤原英昭厩舎

エアジパング(2003.3.27)の4代血統表
エルコンドルパサー[x]
黒鹿毛 1995.3.17
種付け時活性値:1.75
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
サドラーズギャル
鹿毛 1989.4.29
Sadler's Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Glenveagh
鹿毛 1986.3.9
Seattle Slew 1974.2.15
Lisadell 1971.4.9
エアパッション
栗毛 1993.5.16
仔受胎時活性値:0.25
Halo[A]
黒鹿毛 1969.2.7
種付け時活性値:1.75
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
★Cosmic Bomb 1944
Almahmoud 1947 ♀
Shelia Dacre
鹿毛 1986.2.23
仔受胎時活性値:1.50
Nureyev[A]
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:0.00(2.00)
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28 ♀
Lively Living
栗毛 1977.5.14
仔受胎時活性値:2.00
Key to the Mint[B]
鹿毛 1969.3.9
種付け時活性値:1.75
Prides Promise
鹿毛 1966
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Nureyev4×3、Northern Dancer5×4×4、Special(♀)5×5×4>

エアジパング(2003.3.27)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
エルコンドルパサー 4.25 叔父アグネスソニック
(No.4-R)
4番仔
(4連産目)
第42回ステイヤーズS(GII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 4 エアジパング せん5 57 横山典弘 3:48.1    35.3 444
[0]
藤原英昭 6
2 14 フローテーション 牡3 55 藤岡佑介 3:48.1 クビ 35.6 484
[0]
橋口弘次郎 1
3 2 トウカイエリート 牡8 57 上村洋行 3:48.5 2 1/2 35.5 480
[-8]
野中賢二 11
4 11 ベンチャーナイン 牡3 55 武士沢友治 3:48.5 クビ 35.1 500
[+18]
小桧山悟 4
5 5 ドラゴンファイヤー 牡4 57 蛯名正義 3:48.6 1/2 35.4 472
[+4]
久保田貴士 5
第42回ステイヤーズS(GII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
13.0-11.5-13.7-13.2-12.6-12.7-12.1-12.8-13.2-14.1-13.7-13.5-12.4-11.9-12.1-11.9-11.4-12.3
上り 4F 47.7-3F 35.6

では、以下にエアジパングのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Lively Living 1977.5.14 米0勝
|Danger's Hour 1982.2.13 米9勝 マンハッタンH(GI)含む重賞4勝
|Shelia Dacre 1986.2.23 仏独1勝
||エアパッション 1993.5.16 中央3勝
|||ツルガオカハヤテ 2000.4.9 中央7勝 UHB杯(OP)
|||エアジパング 2003.3.27 (本馬) ステイヤーズS(GII)
||アグネスソニック 1999.1.30 中央4勝 オーロC(OP)ほかNHKマイルC(現GI)2着
|Stonehatch 1991.3.30 英2勝 コヴェントリーS(GII)ほかデューハーストS(GI)2着

半兄ツルガオカハヤテはエアダブリン(1991.4.21)の最良産駒としておなじみでしたけれど、極め付けのステイヤーの直仔なのにスプリンターという不思議な馬でした。まま、中島理論的にはエアダブリンが満8歳時の0交配馬だったのですが(^_^.)

とはいえ、ステイヤー種牡馬は時にスプリンターを出したりしますものね。私が競馬を見始めた頃にはグリーングラス(1973.4.5)の仔であるトシグリーン(1987.5.5)が、京都芝1200mで代替開催だったCBC賞(当時GII。現GIII)を1分7秒9でレコード勝ちしていました。管理されていた柳田次男元調教師の言を伝えたKBS京都の競馬中継によると、トシグリーンは鼻孔がほかの馬より小さかったそうで、その結果、適正が短距離になったそうです。また、ついで申し上げれば、トシグリーンのCBC賞は西浦勝一騎手(現調教師)の騎手としての最後の重賞勝ちでもありました。

ではでは、今回はこのへんで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

第9回ジャパンカップダート(GI)の勝ち馬。

永のご無沙汰恐れ入ります。長らくのWeb不通の時を経て、ネット環境のある生活に舞い戻って参りましたオオハシでございます。

という訳で、カムバックを飾るにはうってつけのこの馬の紹介記事から。

カネヒキリ 牡 栗毛 2002.2.26生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人HD(株) 栗東・角居勝彦厩舎

カネヒキリ(2002.2.26)の4代血統表
フジキセキ
青鹿毛 1992.4.15
種付け時活性値:0.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ミルレーサー
鹿毛 1983.5.20
Le Fabuleux
鹿毛 1961
Wild Risk 1940
Anguar 1950
Marston's Mill
黒鹿毛 1975.5.31
In Reality 1964.3.1
Millicent 1969
ライフアウトゼア
栗毛 1992.2.1
仔受胎時活性値:0.25
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
種付け時活性値:1.00
Vice Regent
栗毛 1967.4.29
Northern Dancer 1961.5.27
Victoria Regina 1958.5.18
Mint Copy
黒鹿毛 1970.2.24
★Bunty's Flight 1953.4.26
Shakney 1964
Silver Valley
栗毛 1979.3.30
仔受胎時活性値:1.00
★Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:0.00
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Seven Valleys
栗毛 1972.4.5
仔受胎時活性値:1.50
Road At Sea
黒鹿毛(?) 1964
種付け時活性値:1.75
Proud Pied
鹿毛 1966
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:なし>

カネヒキリ(2002.2.26)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Road At Sea
(Turn-to)
4.00 伯父Silver Deputy
(No.2-S)
5番仔
(空胎後)
第9回ジャパンカップダート(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 10 カネヒキリ 牡6 57 C.ルメール 1:49.2    36.4 530
[-4]
角居勝彦 4
2 5 メイショウトウコン 牡6 57 藤田伸二 1:49.2 アタマ 35.9 460
[-2]
安田伊佐夫 7
3 6 ヴァーミリアン 牡6 57 岩田康誠 1:49.3 クビ 36.2 524
[+12]
石坂正 1
4 3 サンライズバッカス 牡6 57 佐藤哲三 1:49.6 1 3/4 36.3 494
[+6]
音無秀孝 6
5 12 ブルーコンコルド 牡8 57 幸英明 1:49.6 アタマ 36.6 510
[-4]
服部利之 11
第9回ジャパンカップダート(GI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4-11.2-13.1-11.7-11.8-12.4-12.0-12.1-12.5
上り 4F 49.0-3F 36.6

第9回ジャパンカップダート(GI)。雷の精が持ち合わせていた精神力と身体能力は、2年以上に及んだ休養でも微塵も衰えていなかったことを証明しました。カネヒキリ、2年10ヶ月ぶりの勝利は、舞台を阪神ダート1800mに移したジャパンカップダートでなされました。それは史上初の「同一馬によるジャパンカップダート2勝目」が達成された瞬間でした。

では、以下にカネヒキリのごくごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Seven Valleys 1972.4.5 米17勝 ニューホープS(GIII)2着
|Silver Valleys 1979.3.30 米8勝
||Silver Deputy 1985.2.25 米2勝 種牡馬
||ライフアウトゼア 1992.2.1 不出走
|||カネヒキリ 2002.2.26 (本馬) 現役 ジャパンカップダート(GI)2回ほか

伯父に北米の活躍種牡馬Silver Deputyの名前が見えます。同種牡馬の日本で走った直仔としてはディバインシルバー(1998.3.24)がダート短距離路線で長く活躍していたことが思い出されます。また、2008年の菊花賞(JpnI)馬オウケンブルースリ(2005.2.24)の母父でもありますね。

皆様すでにご存知のように、カネヒキリはこの後に東京大賞典(JpnI)も制して「完全復活」を印象付け、2008年のJRA最優秀ダート馬の座に輝きました。さらには年が明けた2009年の川崎記念(JpnI)も制してジーワン7勝目を挙げるという快挙も達成。

恐るべしは、カネヒキリ。

牧場、オーナー、そして厩舎スタッフが一丸となって復帰にこぎつけただけでも大したものなのに、カネヒキリ自身の能力の減退が見られないのは、本当にものすごいことだと思います。もうここまで来たら、カネヒキリの、その強い姿を見続けたいと願うのみです。

ではでは、今回はこのへんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »