« 第61回鳴尾記念(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第44回中日新聞杯(JpnIII)の勝ち馬。 »

2009年2月11日 (水)

第60回阪神JF(JpnI)の勝ち馬。

ブエナビスタ 牝 鹿毛 2006.3.14生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・松田博資厩舎

ブエナビスタ(2006.3.14)の4代血統表
スペシャルウィーク[A]
黒鹿毛 1995.5.2
種付け時活性値:0.50

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
Nijinsky 1967.2.21
シル 1970.4.22
レディーシラオキ
鹿毛 1978.4.3
セントクレスピン 1956
ミスアシヤガワ 1964.5.24
ビワハイジ
青鹿毛 1993.3.7
仔受胎時活性値:1.00
Caerleon[A]
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:1.00
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Foreseer
黒鹿毛 1969.4.12
Round Table 1954.4.6
Regal Gleam 1964.3.17
アグサン
青毛 1985.3.23
仔受胎時活性値:1.75
Lord Gayle[A]
黒鹿毛 1965
種付け時活性値:0.75
Sir Gaylord 1959.2.12
Sticky Case 1958
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
仔受胎時活性値:0.75
★Luciano[C]
黒鹿毛 1964
種付け時活性値:0.00
Suleika
黒鹿毛 1954
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Nijinsky4×3、Hail to Reason4×5、Turn-to5×5>

ブエナビスタ(2006.3.14)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Caerleon 4.00 母仔2代の2歳牝馬王者
(No.16-C)
6番仔
(3連産目)
第60回阪神JF(JpnI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 13 ブエナビスタ 牝2 54 安藤勝己 1:35.2    34.8 450
[0]
松田博資 1
2 2 ダノンベルベール 牝2 54 後藤浩輝 1:35.6 2 1/2 35.6 448
[-8]
国枝栄 3
3 9 ミクロコスモス 牝2 54 鮫島良太 1:35.8 1 1/4 35.2 454
[+2]
角居勝彦 4
4 7 ショウナンカッサイ 牝2 54 幸英明 1:36.0 1 1/4 36.2 440
[-4]
北出成人 10
5 5 イナズマアマリリス 牝2 54 吉田豊 1:36.2 1 1/2 35.9 434
[0]
松元茂樹 8
第60回阪神JF(JpnI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.4-11.0-11.8-12.1-12.3-11.9-11.3-12.4
上り 4F 47.9-3F 35.6

アグサン 1985.3.23 英0勝
|ジョーンズギフト 1990.2.1 英0勝
||Tomori 1999.1.9 独伊1勝 独1000ギニー(GII)2着 独ダービー(GI)3着ほか伊GII3着1回独GIII3着1回
|ビワハイジ 1993.3.7 中央4勝 阪神3歳牝馬S(現阪神JF、JpnI)含む重賞3勝
||アドマイヤジャパン 2002.4.16 中央2勝 京成杯(GIII) 菊花賞(現JpnI)2着
||アドマイヤオーラ 2004.2.19 現役 京都記念(GII)含む重賞3勝
||ブエナビスタ 2006.3.14 (本馬) 阪神JF

元をたどれば独国の名門シュレンダーハン牧場のSラインとなる16号族。他国に流出してしまうと、「ボトムラインをたどると馬名の頭文字が同じアルファベットで始まる」という独国の流儀もへったくれもなくなるのですが、近年の社台グループの生産馬でクラブ募集馬になった馬を見ると「ちょっと独国を意識した名前付けをしているのかな」と思う時があります。ブエナビスタ(Buena Vista)も母ビワハイジ(Biwa Heidi)に続く、母仔2代となるアルファベット馬名の頭文字「B」で始まる馬ですね。

昨秋のジーワン勝ち馬のうち社台グループ関連馬でいえば、リトルアマポーラ(2005.1.24)が頭文字「L」で始まる馬名の3代目です。ルイジアナピット(Lousiana Pit)、リトルハーモニー(Little Harmony)、そしてリトルアマポーラ(Little Amapola)。むぅ、サスガですね、社台さん。

ではでは、今日はこのへんで♪

|

« 第61回鳴尾記念(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第44回中日新聞杯(JpnIII)の勝ち馬。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/44013258

この記事へのトラックバック一覧です: 第60回阪神JF(JpnI)の勝ち馬。:

« 第61回鳴尾記念(GIII)の勝ち馬。 | トップページ | 第44回中日新聞杯(JpnIII)の勝ち馬。 »