« 第26回フェブラリーS(GI)出走馬の4代血統構成について。 | トップページ | 第25回ラジオNIKKEI杯2歳S(JpnIII)の勝ち馬。 »

2009年2月26日 (木)

第53回有馬記念(GI)の勝ち馬。

どうも。数多いるSS産駒の中で最も好きな馬はスリリングサンデー(1996.4.10)のオオハシでございます。満年齢表記3歳初頭の福寿草特別。1着スリリングサンデー、2着トゥザヴィクトリー(1996.2.22)、3着ナリタトップロード(1996.4.4)という人気どおりの決着。そして、5歳秋の鳴滝特別。京都芝2400mで57kgを背負って2分24秒0の好時計勝ち。その勝ち時計は翌日の京都大賞典(GII)よりも1秒速いタイムでした。けれど、その勝利がスリリングサンデーの競走生活で最後の勝利となりました。

そんなスリリングサンデーへの偏愛が全弟ダイワメジャー(2001.4.8)への応援へと転じました。

そして、ダイワスカーレット(2004.5.13)。スリリングサンデー、ダイワメジャーの妹だけに可愛らしくないはずがないです。

近年の栗毛馬の中では最も美しいと思ったダイワスカーレット。

ライバルの脚を計る為だったのかチューリップ賞(JpnIII)の2着。一転して強気の競馬で見事に押し切った桜花賞(JpnI)。アンカツマジックを見た6ハロン目の13秒6が印象に残る秋華賞(JpnI)。ライバルの当日取り消しにより一本被りとなったエリザベス女王杯(GI)。「21世紀の名勝負」として語り継がれるであろう天皇賞・秋(GI)2着。そして、37年ぶりの牝馬制覇となった有馬記念。

強さと美しさを兼ね備えていた名牝ダイワスカーレット。「才色兼備」とはまさに彼女の為にある四字熟語でした。

ダイワスカーレット 牝 栗毛 2004.5.13生 千歳・社台ファーム生産 馬主・大城敬三氏 栗東・松田国英厩舎

ダイワスカーレット(2004.5.13)の4代血統表
アグネスタキオン[A]
栗毛 1998.4.13
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アグネスフローラ
鹿毛 1987.6.18
ロイヤルスキー
栗毛 1974.5.24
Raja Baba 1968.4.5
Coz o'Nijinsky 1969.4.27
アグネスレディー
鹿毛 1976.3.25
リマンド 1965.2.16
イコマエイカン 1967.5.18
スカーレットブーケ
栗毛 1988.4.11
仔受胎時活性値:1.75

ノーザンテースト[A]
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:0.00
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Lady Victoria
黒鹿毛 1962.2.20
Victoria Park 1957.5.10
Lady Angela 1944 ♀
スカーレットインク
栗毛 1971.5.5
仔受胎時活性値:2.00
Crimson Satan[z]
栗毛 1959.5.4
種付け時活性値:0.75
Spy Song 1943
Papila 1943
Consentida
鹿毛 1962.4.6
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Beau Max[A]
鹿毛 1947
種付け時活性値:1.50
La Menina
栗毛 1958.4.26
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Almahmoud(♀)5×5、Lady Angela(♀)5×4(母方)>

ダイワスカーレット(2004.5.13)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Beau Max
(スカーレットブーケ)
6.50 or 4.50 半兄ダイワメジャー
(No.4-D)
10番仔
(4連産目)
第53回有馬記念(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 13 ダイワスカーレット 牝4 55 安藤勝己 2:31.5    36.4 494
[-4]
松田国英 1
2 14 アドマイヤモナーク 牡7 57 川田将雅 2:31.8 1 3/4 35.8 468
[+6]
松田博資 14
3 6 エアシェイディ 牡7 57 後藤浩輝 2:31.9 3/4 36.4 496
[+6]
伊藤正徳 10
4 11 ドリームジャーニー 牡4 57 池添謙一 2:31.9 ハナ 35.9 430
[+10]
池江泰寿 7
5 8 スクリーンヒーロー 牡4 57 M.デムーロ 2:32.0 クビ 36.5 488
[+2]
鹿戸雄一 3
第53回有馬記念(GI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
6.9-11.2-11.9-11.2-11.9-13.0-13.2-12.4-11.5-11.9-12.0-11.7-12.7
上り 4F 48.3-3F 36.4

では、以下にダイワスカーレットの簡単な近親牝系図を示しておきます。

スカーレットインク 1971.5.5 米0勝
|スカーレットブルー 1982.5.1 中央1勝
||アナスミラビリス 1991.6.9 中央1勝
|||トーセンジョウオー 2001.3.25 エンプレス杯(JpnII) 関東オークス(JpnIII)
||ブルーリッジリバー 1999.4.21 中央2勝 桜花賞(現JpnI)2着-母が2年連続不受胎後の仔-
|スカーレットリボン 1985.6.4 中央3勝 4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、JpnII)
||タヤスアンティーム 1995.2.25 中央6勝 東海S(GII)3着-母が不受胎後の仔-
|スカーレットローズ 1987.3.8 中央2勝-母が不受胎後の仔-
||スカーレットレディ 1995.5.10 中央1勝
|||サカラート 2000.4.21 現役 東海S ブリーダーズGC(JpnII)
|||ヴァーミリアン 2002.4.10 現役 ジャパンカップダート(GI)など重賞9勝
|||キングスエンブレム 2005.2.12 現役 すみれS(OP)-母が不受胎&流産後の仔-
|スカーレットブーケ 1988.4.11 中央6勝 中山牝馬S(GIII)など重賞4勝
||スカーレットメール 1994.3.13 中央1勝 チューリップ賞(現JpnIII)2着
||スリリングサンデー 1996.4.10 中央5勝 種牡馬
||ダイワルージュ 1998.5.4 中央3勝 新潟3歳S(現新潟2歳S、JpnIII)
||ダイワメジャー 2001.4.8 中央9勝 天皇賞・秋(GI)、皐月賞(現JpnI)など重賞8勝-母が空胎後の仔-
||ダイワスカーレット 2004.5.13 (本馬) 有馬記念(GI)など重賞6勝

ダイワルージュの阪神3歳牝馬S(現阪神JF、JpnI)2着がジーワンレースにおける小噴火だったのか、ダイワメジャーの皐月賞制覇後はまさに活性火山の様相です。

繁殖牝馬としても、もちろん期待されるダイワスカーレット。初めてのお相手は社台さんが導入されたフォルティノ系(1955.4.19)種牡馬チチカステナンゴ(1998.5.3)となる模様。この両頭のカップリングでどんな仔が生まれてくるのか、今から本当に楽しみですね。

ではでは、今回はこのへんで♪

|

« 第26回フェブラリーS(GI)出走馬の4代血統構成について。 | トップページ | 第25回ラジオNIKKEI杯2歳S(JpnIII)の勝ち馬。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/44177654

この記事へのトラックバック一覧です: 第53回有馬記念(GI)の勝ち馬。:

» 時計 [時計]
時計などに関するRSS情報をサイト情報の更新のために定期的に収集しているためにトラックバックをさせていただきました。宜しくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 (木) 02時29分

« 第26回フェブラリーS(GI)出走馬の4代血統構成について。 | トップページ | 第25回ラジオNIKKEI杯2歳S(JpnIII)の勝ち馬。 »