« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

年末のごあいさつ。

永のご無沙汰となり、恐れ入ります。気が付けば12月5日を以って記事投稿が出来ていなかったオオハシでございます。

まず、私事ですが11月10日に引っ越しを行った後、転居先にネット環境を整えられておらず、ネットに触れる機会が減っております。

合わせて、11月末から勤務地移転に伴う業務量の増加により、輪をかけてネットに触れる機会が激減しております。勤務地移転は12月13日にすでに終了しておりますが、移転後の業務量は移転前とは比べられず……。

故に競馬の記事を書くには今しばらくの時間が必要です。また必ず戻って参りますので、お待ち頂きたく存じます。

今年もご愛顧頂いた皆様に大変お世話になりまして、本当にありがとうございました。また来年もよろしくお願い致します。

では、寒さ増します折、どうぞ十二分にご自愛ください。そして、どうぞ良いお年をお迎えください。

2008年12月31日 オオハシ拝

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

過去8年のジャパンカップダート(GI)連対馬の4代血統構成。

過去8年のジャパンカップダート(GI)連対馬の4代血統構成について

1着馬
(生年月日)[F No.]
母の
何番仔?
母父 祖母父 曾祖母父
2着馬
(生年月日)[F No.]
2
0
0
7
ヴァーミリアン
(2002.4.10)[4-D]
3番仔
(3連産目)
エルコンドルパサー サンデーサイレンス ノーザンテースト Crimson Satan
フィールドルージュ
(2002.4.27)[9-F]
3番仔
(3連産目)
クロコルージュ リンドシェーバー シンボリルドルフ モガミ
2
0
0
6
アロンダイト
(2003.5.4)[16-A]
9番仔+
(4連産目)
エルコンドルパサー Riverman Ribot Prince Taj
シーキングザダイヤ
(2001.3.1)[17-B]
初仔 Storm Cat ★Seeking the Gold Seattle Slew Bold Forbes
2
0
0
5
カネヒキリ
(2002.2.26)[2-S]
5番仔
(空胎後)
フジキセキ Deputy Minister ★Mr. Prospector Road At Sea
シーキングザダイヤ
(2001.3.1)[17-B]
初仔 Storm Cat ★Seeking the Gold Seattle Slew Bold Forbes
2
0
0
4
タイムパラドックス
(1998.5.23)[14]
2番仔
(2連産目)
ブライアンズタイム Alzao ボールドラツド High Treason
アドマイヤドン
(1999.5.17)[9-F]
3番仔
(空胎後)
ティンバーカントリー トニービン Northern Dancer Tom Fool
2
0
0
3
フリートストリートダンサー
(1998.5.12)[3-D]
13番仔
(2連産目)
Smart Strike Nijinsky Native Dancer My Babu
アドマイヤドン
(1999.5.17)[9-F]
3番仔
(空胎後)
ティンバーカントリー トニービン Northern Dancer Tom Fool
2
0
0
2
イーグルカフェ
(1997.2.10)[7]
3番仔
(不受胎後)
Gulch Nureyev Damascus Le Fabuleux
リージェントブラフ
(1996.5.2)[7-C]
11番仔
(7連産目)
パークリージェント グッドリー フィダルゴ ボストニアン
2
0
0
1
クロフネ
(1998.3.31)[2-R]
3番仔
(流産後)
フレンチデピュティ Classic Go Go Icecapade ★Roberto
ウイングアロー
(1995.3.25)[11-F]
初仔 アサティス ミスターシービー ネヴァービート ヒンドスタン
2
0
0
0
ウイングアロー
(1995.3.25)[11-F]
初仔 アサティス ミスターシービー ネヴァービート ヒンドスタン
サンフォードシチー
(1995.5.9)[7-C]
5番仔
(3連産目)
ヤマニンゼファー タイテエム テスコボーイ ヴェンチア

ヴァーミリアンとフィールドルージュの決着となった昨年2007年は父仔2代の因縁を見た思いでした。

だいたい、気付いた時には途切れるものですが(^_^.)、ジャパンカップダートは第1回から第7回まで母が前年産駒なし後の仔がずっと連対を果たしていました。まま、初代王者ウイングアローを筆頭として、アドマイヤドン、シーキングザダイヤという3頭が母の前年産駒なし後の仔として2年連続連対を果たした結果ですね。

ここでも、結局、私が敬愛する競馬者であるblandfordさんがおっしゃるところの

馬は自分の好きなコースに戻ると喜んで走る

ということの実証がなされている様に思います。

……とはいうものの、今年からジャパンカップダートの開催場は「阪神ダート1800m」となりました。この開催場の変更が、果たしてどのような結果を導くのでしょうか。

ではでは、今回はこのへんで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

第53回京阪杯(GIII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の四十四=-。

ウエスタンダンサー 牝 鹿毛 2004.2.24生 静内・北西牧場生産 馬主・西川賢氏 栗東・崎山博樹厩舎

ウエスタンダンサー(2004.2.24)の4代血統表
デヒア[A]
鹿毛 1991.4.13
種付け時活性値:1.00
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent
栗毛 1967.4.29
Northern Dancer 1961.5.27
Victoria Regina 1958.5.18
Mint Copy
黒鹿毛 1970.2.24
★Bunty's Flight 1953.4.26
Shakney 1964
Sister Dot
鹿毛 1985.2.11
Secretariat
栗毛 1970.3.30
Bold Ruler 1954.4.6
Somethingroyal 1952
Sword Game
黒鹿毛 1976.3.5
Damascus 1964.4.14
Bill and I 1965.4.9
ウエスタンローズ
鹿毛 1996.4.9
仔受胎時活性値:1.75
オペラハウス[A●]
鹿毛 1988.2.24
種付け時活性値:1.75
Sadler's Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Colorspin
鹿毛 1983.3.16
High Top 1969
Reprocolor 1976.5.14
ミュージカルラーク
鹿毛 1983.3.1
仔受胎時活性値:1.00
Cure the Blues[A]
鹿毛 1978.4.27
種付け時活性値:1.00
Stop the Music 1970.3.23
Quick Cure 1971.1.27
Sparkalark
鹿毛 1970.3.19
仔受胎時活性値:1.00
Cornish Prince[A]
黒鹿毛 1962.3.29
種付け時活性値:1.75
Diamond Ring
栗毛 1962.5.18
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4、Bold Ruler4×5>

ウエスタンダンサー(2004.2.24)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
オペラハウス
(Sadler's Wells)
4.75 祖母が米GI勝ち馬
(No.9-F)
4番仔
(4連産目)
第53回京阪杯(GIII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 5 ウエスタンダンサー 牝4 54 川田将雅 1:08.1    33.3 500
[-2]
崎山博樹 4
2 4 ファリダット 牡3 55 四位洋文 1:08.2 3/4 32.6 474
[-4]
松元茂樹 3
3 6 スプリングソング 牡3 55 池添謙一 1:08.3 クビ 33.3 508
[-4]
鶴留明雄 2
4 1 ウエスタンビーナス 牝5 54 郷原洋司 1:08.3 クビ 34.1 454
[-2]
鈴木康弘 7
5 12 マルカフェニックス 牡4 56 浜中俊 1:08.3 ハナ 33.2 528
[+4]
松永昌博 5
第53回京阪杯(GIII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5-10.8-10.9-10.8-11.4-11.7
上り 4F 44.8-3F 33.9

第53回京阪杯(GIII)。9月21日の仲秋特別(1000万下)9番人気1着、10月26日の桂川S(準OP)13番人気1着、11月8日の京洛S(OP)2番人気2着と来て、11月29日の京阪杯を4番人気1着としました、ウエスタンダンサー。今秋の充実振りは大したものです。

では、以下にウエスタンダンサーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Sparkalark 1970.3.19 米2勝 ソロリティS(旧GIII)
|Hartebeest 1974.3.15 仏3勝 グロット賞(GIII)
|Spark of Life 1975.4.25 米6勝 レイディーズH(GI)ほかGIII1勝
||Fire of Life 1982.5.6 伊英独4勝 ローマ賞(伊GI)ほか伊GII1勝
|Arts and Sparks 1976.5.3 愛英1勝+障害1勝 ニジンスキーS(愛GII)3着
|Spark of Fire 1979.5.22 愛0勝
||フラッシュオブスティール 1983.3.10 愛5勝 愛2000ギニー(GI)ほか愛GII1勝愛GIII1勝
||Janbiya 1988.3.31 英2勝
|||Fahris 1994.3.27 UAE英米7勝 セレクトS(英GIII)
|All a Lark 1981.5.31 愛3勝
||Pier Damiani 1987.5.19 伊英4勝 伊ダービー(GI)2着
|ミュージカルラーク 1983.3.1 米3勝 メイトロンS(GI)
||Roman Chorus 1989.4.25 米11勝 ベストターンS(GIII)3着
||ウエスタンシャープ 1993.6.17 中央2勝 フェアリーS(現JpnIII)3着
|||ウエスタンビーナス 2003.4.18 現役 フェアリーS2着
||ウエスタンローズ 1996.4.9 不出走
|||ウエスタンダンサー 2004.2.24 (本馬) 京阪杯(GIII)

京洛S、京阪杯と一緒に出走して3着、4着だったウエスタンビーナスとは従姉妹どうしですね。また、近親のフラッシュオブスティールの誕生日が「むぅ、1983年3月10日」とソラで出て来た時、自分自身が気持ち悪くなりました(^_^.)

4歳秋に急上昇したスプリンター牝馬、ウエスタンダンサー。これからの活躍に期待しましょう。

ではでは、今回はこのへんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

第28回ジャパンカップ(GI)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の四十参=-。

スクリーンヒーロー 牡 栗毛 2004.4.18生 千歳・社台ファーム生産 馬主・吉田照哉氏 美浦・鹿戸雄一厩舎

スクリーンヒーロー(2004.4.18)の4代血統表

グラスワンダー[A]
栗毛 1995.2.18
種付け時活性値:0.00
Silver Hawk
鹿毛 1979.4.20
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Gris Vitesse
芦毛 1966.3.2
Amerigo 1955
Matchiche 1956
Ameriflora
鹿毛 1989.1.29
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Graceful Touch
鹿毛 1978.4.13
His Majesty 1968.4.15
Pi Phi Gal 1973.3.11
ランニングヒロイン
鹿毛 1993.4.8
仔受胎時活性値:0.50
サンデーサイレンス[A]
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.50
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ダイナアクトレス
鹿毛 1983.5.4
仔受胎時活性値:0.25
ノーザンテースト[A]
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:0.75
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
モデルスポート
黒鹿毛 1975.2.23
仔受胎時活性値:1.75
モデルフール[y]
黒鹿毛 1963.4.2
種付け時活性値:0.75
マジックゴデイス
栗毛 1968
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×4、Northern Dancer4×4>

スクリーンヒーロー(2004.4.18)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
サンデーサイレンス
(Mignon)
4.00 曾祖母と祖母が最優秀牝馬
(No.1-S)
5番仔
(3連産目)
第28回ジャパンカップ(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 16 スクリーンヒーロー 牡4 57 M.デムーロ 2:25.5 34.0 486
[+2]
鹿戸雄一 9
2 9 ディープスカイ 牡3 55 四位洋文 2:25.6 1/2 33.8 518
[+8]
昆貢 1
3 4 ウオッカ 牝4 55 岩田康誠 2:25.7 3/4 34.3 488
[-2]
角居勝彦 2
4 13 マツリダゴッホ 牡5 57 蛯名正義 2:25.7 アタマ 34.4 492
[+2]
国枝栄 5
5 1 オウケンブルースリ 牡3 55 内田博幸 2:25.8 クビ 34.2 482
[-2]
音無秀孝 4
第28回ジャパンカップ(GI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.6-11.6-12.4-12.6-12.6-12.8-12.6-12.0-11.9-11.2-11.3-11.9
上り 4F 46.3-3F 34.4

第28回ジャパンカップ(GI)。牝系一族悲願のGI制覇は日本のレースのうち最高賞金のレースで成されました。21年前、祖母ダイナアクトレスが9番人気3着と頑張った府中芝2400mの舞台。同じ9番人気で挑んだ孫は、強豪たちを抑えてGI初挑戦を見事に勝利で飾りました。牝系一族の悲願達成は、同時に父グラスワンダーにとっても産駒のGI初勝利でもありました。

では、以下にスクリーンヒーローのごく簡単な近親牝系図を改めて示しておきます。

モデルスポート 1975.2.23 中央7勝 ダービー卿CT(現GIII)ほか現GIII1勝
|ダイナアクトレス 1983.5.4 中央7勝 スプリンターズS(当時GII)ほかGII2勝GIII1勝現JpnIII1勝
||ステージチャンプ 1990.5.17 中央4勝 日経賞(GII) ステイヤーズS(現GII、当時GIII)
||プライムステージ 1992.3.25 中央3勝 フェアリーS(現JpnIII)ほか現JpnIII1勝
||ランニングヒロイン 1993.4.8 中央0勝
|||スクリーンヒーロー 2004.4.18 (本馬) ジャパンカップ(GI) アルゼンチン共和国杯(JpnII)
||トレアンサンブル 1995.3.8 中央0勝
|||マルカラスカル 2002.5.3 現役 中山大障害(J・GI) 中山GJ(J・GI)ほか

祖母ダイナアクトレスが安田記念(GI)2着、伯父ステージチャンプが天皇賞・春(GI)と菊花賞(現JpnI)で2着、伯母プライムステージが桜花賞(現JpnI)3着と、どうしても平地ジーワンで届かなかった勝利がついに成されました。

新しいヒーローが次に向かう舞台は中山芝2500mの有馬記念(GI)になりますでしょうか。そこで目指すは父仔制覇。スクリーンヒーローの更なる活躍に期待しましょう。

ではでは、今回はこのへんで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »