« 第53回京阪杯(GIII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の四十四=-。 | トップページ | 年末のごあいさつ。 »

2008年12月 5日 (金)

過去8年のジャパンカップダート(GI)連対馬の4代血統構成。

過去8年のジャパンカップダート(GI)連対馬の4代血統構成について

1着馬
(生年月日)[F No.]
母の
何番仔?
母父 祖母父 曾祖母父
2着馬
(生年月日)[F No.]
2
0
0
7
ヴァーミリアン
(2002.4.10)[4-D]
3番仔
(3連産目)
エルコンドルパサー サンデーサイレンス ノーザンテースト Crimson Satan
フィールドルージュ
(2002.4.27)[9-F]
3番仔
(3連産目)
クロコルージュ リンドシェーバー シンボリルドルフ モガミ
2
0
0
6
アロンダイト
(2003.5.4)[16-A]
9番仔+
(4連産目)
エルコンドルパサー Riverman Ribot Prince Taj
シーキングザダイヤ
(2001.3.1)[17-B]
初仔 Storm Cat ★Seeking the Gold Seattle Slew Bold Forbes
2
0
0
5
カネヒキリ
(2002.2.26)[2-S]
5番仔
(空胎後)
フジキセキ Deputy Minister ★Mr. Prospector Road At Sea
シーキングザダイヤ
(2001.3.1)[17-B]
初仔 Storm Cat ★Seeking the Gold Seattle Slew Bold Forbes
2
0
0
4
タイムパラドックス
(1998.5.23)[14]
2番仔
(2連産目)
ブライアンズタイム Alzao ボールドラツド High Treason
アドマイヤドン
(1999.5.17)[9-F]
3番仔
(空胎後)
ティンバーカントリー トニービン Northern Dancer Tom Fool
2
0
0
3
フリートストリートダンサー
(1998.5.12)[3-D]
13番仔
(2連産目)
Smart Strike Nijinsky Native Dancer My Babu
アドマイヤドン
(1999.5.17)[9-F]
3番仔
(空胎後)
ティンバーカントリー トニービン Northern Dancer Tom Fool
2
0
0
2
イーグルカフェ
(1997.2.10)[7]
3番仔
(不受胎後)
Gulch Nureyev Damascus Le Fabuleux
リージェントブラフ
(1996.5.2)[7-C]
11番仔
(7連産目)
パークリージェント グッドリー フィダルゴ ボストニアン
2
0
0
1
クロフネ
(1998.3.31)[2-R]
3番仔
(流産後)
フレンチデピュティ Classic Go Go Icecapade ★Roberto
ウイングアロー
(1995.3.25)[11-F]
初仔 アサティス ミスターシービー ネヴァービート ヒンドスタン
2
0
0
0
ウイングアロー
(1995.3.25)[11-F]
初仔 アサティス ミスターシービー ネヴァービート ヒンドスタン
サンフォードシチー
(1995.5.9)[7-C]
5番仔
(3連産目)
ヤマニンゼファー タイテエム テスコボーイ ヴェンチア

ヴァーミリアンとフィールドルージュの決着となった昨年2007年は父仔2代の因縁を見た思いでした。

だいたい、気付いた時には途切れるものですが(^_^.)、ジャパンカップダートは第1回から第7回まで母が前年産駒なし後の仔がずっと連対を果たしていました。まま、初代王者ウイングアローを筆頭として、アドマイヤドン、シーキングザダイヤという3頭が母の前年産駒なし後の仔として2年連続連対を果たした結果ですね。

ここでも、結局、私が敬愛する競馬者であるblandfordさんがおっしゃるところの

馬は自分の好きなコースに戻ると喜んで走る

ということの実証がなされている様に思います。

……とはいうものの、今年からジャパンカップダートの開催場は「阪神ダート1800m」となりました。この開催場の変更が、果たしてどのような結果を導くのでしょうか。

ではでは、今回はこのへんで。

|

« 第53回京阪杯(GIII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の四十四=-。 | トップページ | 年末のごあいさつ。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

小生JBC以来このレースを待ちわびていました。
ヴァーミリアンとサクセスブロッケンの対決に、
カジノドライヴが絡む…
この3頭の三角買い+3連複を買って、わくわく
しながらレースを見ようと思います。

投稿: ゴリ | 2008年12月 5日 (金) 23時25分

ひさかたぶりに送信させていただきます。つのだです。あのつのだ晃一騎手よりは1つ下の学年です。
いやいや、JCDも、JFも、FSも負けてしまいました。のこるは暮れのグランプリのみ、
日頃オオハシさんのおっしゃられている”非根幹距離のROBERTO系”で、
スクリーンヒーロー中心に攻めたいと考えております。

投稿: つのだ | 2008年12月21日 (日) 18時31分

いつも楽しく拝見しております。とりあえず病気ではなくてほっとしました。お体だけは、気をつけてブログ楽しみに待っています

投稿: マルト | 2008年12月31日 (水) 14時36分

◎ゴリ様
いつもお世話になっております。別ログでも述べておりますが、今更ながらのお返しとなり、恐れ入ります。

JCD。ヴァーミリアン、カジノドライヴ、サクセスブロッケン。その3頭に「待った」をかけたどころか、後に東京大賞典と川崎記念までも勝利を収めた栗毛の復活は見事でした。カネヒキリ、今年2009年もまだまだ主役のまま。そして、もちろんヴァーミリアン、カジノドライヴ、サクセスブロッケンとの改めての対決は楽しみですね。

◎つのだ様
いつもお世話になっております。今更ながらのお返しとなり、恐れ入ります。

スクリーンヒーロー。有馬記念は良いマクリを見せてくれましたが5着まで。グラスワンダーの仔らしくなく(?)、府中芝2400mでGI勝利を収めたあたりは、中島理論的に「満8歳時の0遺伝でその形相を受け継いでいないからかな?」と思ってしまいます。

天皇賞・春に向かうようですが、果たして、どのような結果を見せてくれるでしょうか。思えば、同じRoberto系のリアルシャダイを父に持つ伯父が惜しくもハナ差の2着で涙を飲んだ舞台。巻き返しなるか、楽しみです。

◎マルト様
はじめましてかと存じます。お気遣いのコメント、誠にありがとうございました。遅ればせながら、オオハシと申します。以後、お見知りおき頂ければ、幸いです。

辺境ブログではありますが地味に更新はして行きますので、お暇な時にご覧頂ければ幸いです。


ではでは、皆々様、わざわざのコメント、誠にありがとうございました。

投稿: オオハシ | 2009年4月16日 (木) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/43324591

この記事へのトラックバック一覧です: 過去8年のジャパンカップダート(GI)連対馬の4代血統構成。:

« 第53回京阪杯(GIII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の四十四=-。 | トップページ | 年末のごあいさつ。 »