« ふと冷静に秋のジーワン連対馬たちを見てみた。 | トップページ | 国内ジーワン6連勝目は園田1870mのコースレコードのおまけ付。 »

2008年11月 5日 (水)

第51回スワンS(GII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の三十四=-。

マイネルレーニア 牡 栗毛 2004.2.24生 静内・岡田スタッド生産 馬主・(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン 栗東・西園正都厩舎

マイネルレーニア(2004.2.24)の4代血統表

グラスワンダー[A]
栗毛 1995.2.18
種付け時活性値:0.00
Silver Hawk
鹿毛 1979.4.20
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Gris Vitesse
芦毛 1966.3.2
Amerigo 1955
Matchiche 1956
Ameriflora
鹿毛 1989.1.29
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Graceful Touch
鹿毛 1978.4.13
His Majesty 1968.4.15
Pi Phi Gal 1973.3.11
チェリーラブ
鹿毛 1994.5.19
仔受胎時活性値:0.25
サクラユタカオー[A●]
栗毛 1982.4.29
種付け時活性値:0.75
テスコボーイ
黒鹿毛 1963
Princely Gift 1951
Suncourt 1952
アンジェリカ
黒鹿毛 1970.3.29
ネヴァービート 1960
スターハイネス 1964.3.10
ターンツーダイナ
鹿毛 1978.4.3
仔受胎時活性値:1.75
ノーザンテースト[A]
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962
ナイスランディング
鹿毛 1965.5.16
仔受胎時活性値:1.00
★First Landing[A]
鹿毛 1956
種付け時活性値:0.00
Pashmina
青鹿毛(?) 1947
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4、Turn-to5×5>

マイネルレーニア(2004.2.24)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ノーザンテースト
(Hyperion)
3.25 イクノディクタスと同牝系
(No.1-W)
3番仔
(不受胎後)
第51回スワンS(GII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 16 マイネルレーニア 牡4 57 佐藤哲三 1:19.9    34.5 516
[+2]
西園正都 5
2 7 ローレルゲレイロ 牡4 57 四位洋文 1:20.0 1/2 34.1 472
[+2]
昆貢 3
3 2 ジョリーダンス 牝7 55 岩田康誠 1:20.1 3/4 34.0 480
[-2]
堀宣行 8
4 15 スズカフェニックス 牡6 58 横山典弘 1:20.2 クビ 34.1 470
[+10]
橋田満 1
5 9 ファイングレイン 牡5 59 幸英明 1:20.3 3/4 34.2 498
[+6]
長浜博之 7
第51回スワンS(GII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.2-10.9-11.2-11.1-10.9-11.5-12.1
上り 4F 45.6-3F 34.5

第51回スワンS(GII)。行き切ったマイネルレーニア、2枚腰の粘りを見せて見事に逃げ切り勝ち。これで佐藤哲三騎手とのコンビでは3戦3勝、芝1400m戦は[5-0-2-2]としました。「非根幹距離重賞のRoberto系」、いまだに健在というところでしょうか。また、レースの2着ローレルゲレイロ(2004.5.3)。久々でも力のあるところを見せてくれました。中島理論的には、彼は父キングヘイロー(1995.4.28)が満8歳時の0交配で母の初仔です。そう、1着2着は共に「父の0交配」「母の非連産の仔」でした。

では、以下にマイネルレーニアのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

ナイスランディング 1965.5.16 米4勝
|ターンツーダイナ 1978.4.13 中央0勝
||チェリーラブ 1994.5.19 中央2勝
|||マイネルレーニア 2004.2.24 (本馬) スワンS(GII) 京成杯2歳S(現JpnII)ほか
|ダイナランディング 1980.3.27 中央1勝
||イクノディクタス 1987.4.16 中央9勝 オールカマー(現GII、当時GIII)を含む重賞4勝
||エミノディクタス 1988.4.11 中央4勝 もみじS(OP) 小倉3歳S(現小倉2歳S、JpnIII)2着

近親に「鉄の女」イクノディクタスが見えますね。現年齢表記6歳春に安田記念(GI)2着、宝塚記念(GI)2着と激走を続けたのを思い出します。世に言う「ディクタス×ノーザンテースト牝馬」のニックで輩出された活躍馬でした。また、イクノディクタスの母ダイナランディングはその父ノーザンテーストが満8歳時の0交配馬でした。 

芝1400m得意のマイネルレーニアですが、今秋9月に芝1600mのポートアイランドS(OP)を2着に3と2分の1馬身差をつけて快勝しています。充実の4歳秋になって実が入ったのでしょうか。マイネルレーニアと佐藤騎手のコンビ、もちろん次走も楽しみにしたいと思います。

ではでは、今日はこのへんで。

|

« ふと冷静に秋のジーワン連対馬たちを見てみた。 | トップページ | 国内ジーワン6連勝目は園田1870mのコースレコードのおまけ付。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/43013884

この記事へのトラックバック一覧です: 第51回スワンS(GII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の三十四=-。:

« ふと冷静に秋のジーワン連対馬たちを見てみた。 | トップページ | 国内ジーワン6連勝目は園田1870mのコースレコードのおまけ付。 »