« 第46回アルゼンチン共和国杯(JpnII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の三十五=-。 | トップページ | 第13回武蔵野S(GIII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の三十六=-。 »

2008年11月10日 (月)

4連勝、昇竜の勢いでJpnI制覇。あ、確かにかつて昇竜Sも勝っていました。

という訳で、遅ればせながら第8回JBCスプリント(JpnI)の勝ち馬についてお届け致します。

バンブーエール 牡 栗毛 2003.4.5生 浦河・バンブー牧場生産 馬主・(有)バンブー牧場 栗東・安達昭夫厩舎

バンブーエール(2003.4.5)の4代血統表
アフリート
栗毛 1984.4.10
種付け時活性値:0.50
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
Raise a Native
栗毛 1961.4.18
Native Dancer 1950.3.27
Raise You 1946
Gold Digger
鹿毛 1962.5.28
Nashua 1952.4.14
Sequence 1946
Polite Lady
鹿毛 1977.3.13
Venetian Jester
栗毛 1964.3.24
Tom Fool 1949.3.31
Venice 1958.4.11
Friendly Ways
鹿毛 1968.5.10
★Green Ticket 1959.4.16
Ways to Learn 1962.3.16
レインボーウッド
栗毛 1991.4.30
仔受胎時活性値:0.75
Rainbow Quest
鹿毛 1981.5.15
種付け時活性値:0.25
Blushing Groom
栗毛 1974
Red God 1954.2.15
Runaway Bride 1962
I Will Follow
鹿毛 1975.4.29
▲Herbager 1956
Where You Lead 1970.4.23
Priceless Fame
黒鹿毛(?) 1975.5.2
仔受胎時活性値:1.75
Irish Castle
鹿毛 1967.5.11
種付け時活性値:1.75
Bold Ruler 1954.4.6
Castle Forbes 1961.5.4
Comely Nell
黒鹿毛 1962.2.8
仔受胎時活性値:1.00
Commodore M.
鹿毛 1951
種付け時活性値:0.50
Nellie L.
鹿毛 1940
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Raise a Native3×5、Nasrullah5×5×5>

バンブーエール(2003.4.5)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Irish Castle
(Nasrullah)
4.75 伯父Saratoga Six
(No.9-F)
6番仔以降の仔
(不受胎後)
第8回JBCスプリント(JpnI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 4 バンブーエール 牡5 57 松岡正海 1:25.6    36.9 481
[+3]
安達昭夫 2
2 6 スマートファルコン 牡3 56 岩田康誠 1:25.8 1 36.7 492
[+1]
小崎憲 3
3 5 アルドラゴン 牡7 57 木村健 1:26.1 2 37.1 531
[+8]
田中範雄 7
4 7 ブルーコンコルド 牡8 57 幸英明 1:26.5 2 1/2 37.2 514
[+10]
服部利之 1
5 2 メイショウバトラー 牝8 55 武豊 1:26.7 1 1/2 37.2 517
[-5]
高橋成忠 5

鋭発から一気の逃げ切りで初の重賞制覇がジーワンとなりました、バンブーエール。直線、詰め寄る3歳馬スマートファルコンをしっかり1馬身離しての快勝でした。日本新記録となるジーワン8勝目を期待されたブルーコンコルドは残念ながら4着でした。

では、以下にバンブーエールのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Priceless Fame 1975.5.2 米2勝
|Dunbeath 1980.3.23 英米4勝 英フュチュリティS(GI)ほか英GII1勝
|Khwlah 1981.4.13 伊英独1勝 レニャーノ賞(伊GII)2着
||Alkariyh 1986.3.27 英1勝
|||Yomalo 2000.4.29 愛英6勝 バリオーガンS(愛GIII)
|Saratoga Six 1982.4.13 米4勝 デルマーフュチュリティ(GI)ほかGII1勝GIII1勝
|Milliardaire 1984.4.27 米2勝
||Lakeway 1991.2.19 米7勝 マザーグースS(GI)含むGI4勝ほかGII1勝
|レインボーウッド 1991.4.30 不出走
||バンブーエール 2003.4.5 (本馬) JBCスプリント(JpnI)ほか
|Headline 1993.5.11 不出走
||Jilbab 1999.3.5 米3勝 CCAオークス(GI)
||Ancient World 2000.3.19 伊英仏香5勝 ヴィットリオディカプア賞(伊GI)ほか英GIII1勝

伯父、いとこに米伊のGI勝ち馬がおり、活力のある牝系です。バンブー牧場さんは母レインボーウッドをウマく輸入されたものです。なお、中島理論的な見解を加えて近親馬を見ると、従姉Lakewayは父Seattle Slew(1974.2.15)が満16歳時、母父Alydar(1975.3.23)が満8歳時の0交配を与えています。牝馬の走るパターンは残牡先祖数を減らす配合にすることにあると踏んでいますが、果たせるかなLakewayはGI4勝の活躍馬となりました。

ジーワン制覇を受けて次に向かうレースは何処になりますでしょうか。新たなダートスプリント王のこれからに期待しましょう。

ではでは、今日はこのへんで。

|

« 第46回アルゼンチン共和国杯(JpnII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の三十五=-。 | トップページ | 第13回武蔵野S(GIII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の三十六=-。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/43069612

この記事へのトラックバック一覧です: 4連勝、昇竜の勢いでJpnI制覇。あ、確かにかつて昇竜Sも勝っていました。:

« 第46回アルゼンチン共和国杯(JpnII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の三十五=-。 | トップページ | 第13回武蔵野S(GIII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の三十六=-。 »