« お詫びとお知らせ。 | トップページ | 4連勝、昇竜の勢いでJpnI制覇。あ、確かにかつて昇竜Sも勝っていました。 »

2008年11月10日 (月)

第46回アルゼンチン共和国杯(JpnII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の三十五=-。

本来ならば第8回JBCスプリント(JpnI)の回顧を先に行うべきなのですが、私の都合で第46回アルゼンチン共和国杯(JpnII)の回顧をまずアップしておきます。JBCスプリントについては、本日11月10日の22時22分にアップ予定です。

スクリーンヒーロー 牡 栗毛 2004.4.18生 千歳・社台ファーム生産 馬主・吉田照哉氏 美浦・鹿戸雄一厩舎

スクリーンヒーロー(2004.4.18)の4代血統表

グラスワンダー[A]
栗毛 1995.2.18
種付け時活性値:0.00
Silver Hawk
鹿毛 1979.4.20
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Gris Vitesse
芦毛 1966.3.2
Amerigo 1955
Matchiche 1956
Ameriflora
鹿毛 1989.1.29
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Graceful Touch
鹿毛 1978.4.13
His Majesty 1968.4.15
Pi Phi Gal 1973.3.11
ランニングヒロイン
鹿毛 1993.4.8
仔受胎時活性値:0.50
サンデーサイレンス[A]
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.50
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ダイナアクトレス
鹿毛 1983.5.4
仔受胎時活性値:0.25
ノーザンテースト[A]
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:0.75
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
モデルスポート
黒鹿毛 1975.2.23
仔受胎時活性値:1.75
モデルフール[y]
黒鹿毛 1963.4.2
種付け時活性値:0.75
マジックゴデイス
栗毛 1968
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×4、Northern Dancer4×4>

スクリーンヒーロー(2004.4.18)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
サンデーサイレンス
(Mignon)
4.00 祖母が最優秀古馬牝馬
(No.1-S)
5番仔
(3連産目)
第46回アルゼンチン共和国杯(JpnII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 4 スクリーンヒーロー 牡4 53 蛯名正義 2:30.8    33.7 484
[+4]
鹿戸雄一 3
2 14 ジャガーメイル 牡4 56 石橋脩 2:31.0 1 1/2 33.4 474
[0]
堀宣行 2
3 10 アルナスライン 牡4 58 内田博幸 2:31.0 クビ 33.6 540
[-10]
松元茂樹 1
4 3 テイエムプリキュア 牝5 49 石神深一 2:31.2 1 1/4 36.4 498
[+2]
五十嵐忠男 12
5 11 ダンスアジョイ 牡7 53 松岡正海 2:31.3 1/2 32.9 512
[+8]
松永幹夫 8
第46回アルゼンチン共和国杯(JpnII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
7.3-11.3-11.4-11.9-12.2-12.0-12.1-12.3-12.2-12.0-11.6-12.3-12.2
上り 4F 48.1-3F 36.1

「府中の直線525.9mは長いなぁ」。改めて、そう思った一戦。逃げ粘っていたテイエムプリキュア(2003.4.8)が「もしや!?」と思わせました。けれど、最後に脚勢良く馬場中央を突き抜けてきたのは、黒の帽子に「黄、黒縦縞、赤袖」のおなじみの勝負服、栗毛も軽やかにスクリーンヒーローと蛯名正義騎手でした。父グラスワンダーが圧倒的1番人気で6着に敗れてから丸10年、孝行息子が雪辱を果たしました。

では、以下にスクリーンヒーローのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。まま、私などが述べずとも、上の血統表からお察し頂けると思いますけれど(^_^.)

モデルスポート 1975.2.23 中央7勝 ダービー卿CT(現GIII)ほか現GIII1勝
|ダイナアクトレス 1983.5.4 中央7勝 スプリンターズS(当時GII)ほかGII2勝GIII1勝現JpnIII1勝
||ステージチャンプ 1990.5.17 中央4勝 日経賞(GII) ステイヤーズS(現GII、当時GIII)
||プライムステージ 1992.3.25 中央3勝 フェアリーS(現JpnIII)ほか現JpnIII1勝
||ランニングヒロイン 1993.4.8 中央0勝
|||スクリーンヒーロー 2004.4.18 (本馬) アルゼンチン共和国杯(JpnII)ほか
||トレアンサンブル 1995.3.8 中央0勝
|||マルカラスカル 2002.5.3 現役 中山大障害(J・GI) 中山GJ(J・GI)ほか

豪華な近親活躍馬が見えます。現代の社台さんの基幹牝系のひとつともいえる1号族マジツクゴデイス系。さかのぼれば世界的な名繁殖牝馬La Troienne(1926)が牝系祖先に見えますね。

重賞初制覇の勢いに乗って向かう次の舞台は何処になりますでしょうか。「非根幹距離のRoberto系」あるいは「有馬記念連覇」という父グラスワンダーから導き出されるキーワードからは、暮れのグランプリが面白そうですが、果たして。何処に向かうにせよ、スクリーンヒーローには牝系一族悲願の「平地ジーワン初制覇」の期待がかかります。軌道に乗った4歳馬のこれからに期待しましょう。

ではでは、今日はこのへんで。

|

« お詫びとお知らせ。 | トップページ | 4連勝、昇竜の勢いでJpnI制覇。あ、確かにかつて昇竜Sも勝っていました。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/43062259

この記事へのトラックバック一覧です: 第46回アルゼンチン共和国杯(JpnII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の三十五=-。:

« お詫びとお知らせ。 | トップページ | 4連勝、昇竜の勢いでJpnI制覇。あ、確かにかつて昇竜Sも勝っていました。 »