« 第44回京王杯2歳S(JpnII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の三十九=-。 | トップページ | 第25回マイルCS(GI)出走予定馬の4代血統構成。 »

2008年11月19日 (水)

過去10年のマイルCS(GI)連対馬の4代血統構成。

過去10年のマイルCS(GI)連対馬の4代血統構成について

1着馬
(生年月日)[F No.]
母の
何番仔?
母父 祖母父 曾祖母父
2着馬
(生年月日)[F No.]
2
0
0
7
ダイワメジャー
(2001.4.8)[4-D]
7番仔
(空胎後)
サンデーサイレンス ★ノーザンテースト Crimson Satan Beau Max
スーパーホーネット
(2003.3.20)[8-F]
2番仔
(2連産目)
ロドリゴデトリアーノ エルセニョール Elocutionist Nearctic
2
0
0
6
ダイワメジャー
(2001.4.8)[4-D]
7番仔
(空胎後)
サンデーサイレンス ★ノーザンテースト Crimson Satan Beau Max
ダンスインザムード
(2001.4.10)[7]
12番仔
(2連産目)
サンデーサイレンス Nijinsky Key to the Mint Raise a Native
2
0
0
5
ハットトリック
(2001.4.26)[1-O]
4番仔
(4連産目)
サンデーサイレンス Lost Code Damascus Swoon's Son
ダイワメジャー
(2001.4.8)[4-D]
7番仔
(空胎後)
サンデーサイレンス ★ノーザンテースト Crimson Satan Beau Max
2
0
0
4
デュランダル
(1999.5.25)[11-F]
7番仔
(7連産目)
サンデーサイレンス ノーザンテースト Creme dela Creme High Perch
ダンスインザムード
(2001.4.10)[7]
12番仔
(2連産目)
サンデーサイレンス Nijinsky Key to the Mint Raise a Native
2
0
0
3
デュランダル
(1999.5.25)[11-F]
7番仔
(7連産目)
サンデーサイレンス ノーザンテースト Creme dela Creme High Perch
ファインモーション
(1999.1.27)[11]
11番仔
(空胎後)
デインヒル Troy ★Mill Reef Sir Gaylord
2
0
0
2
トウカイポイント
(1996.5.18)[8-F]
2番仔
(2連産目)
トウカイテイオー リアルシャダイ ノーザンテースト ★エルセンタウロ
エイシンプレストン
(1997.4.9)[3]
6番仔
(6連産目)
★Green Dancer ★Monteverdi Blood Royal Better Self
2
0
0
1
ゼンノエルシド
(1997.3.26)[16-G]
9番仔
(2連産目)
★Caerleon Dominion Kashmir Ballymoss
エイシンプレストン
(1997.4.9)[3]
6番仔
(6連産目)
★Green Dancer ★Monteverdi Blood Royal Better Self
2
0
0
0
アグネスデジタル
(1997.5.15)[22-D]
初仔 Crafty Prospector ★Chief's Crown Alleged Wild Risk
ダイタクリーヴァ
(1997.3.24)[8-G]
初仔 フジキセキ サクラユタカオー ネヴァービート ハロウェー
1
9
9
9
エアジハード
(1995.4.9)[8-G]
2番仔
(2連産目)
サクラユタカオー ロイヤルスキー ノーザンテースト Delta Judge
キングヘイロー
(1995.4.28)[8-H]
4番仔
(4連産目)
ダンシングブレーヴ Halo Sir Ivor Buckpasser
1
9
9
8
タイキシャトル
(1994.3.23)[4-D]
2番仔
(2連産目)
Devil's Bag Caerleon Thatch Roan Rocket
ビッグサンデー
(1994.5.5)[11-C]
初仔 サンデーサイレンス トウショウボーイ ヴェンチア スコット

過去10年を振り返って気になるのは、

  • 4頭が複数年で連対を果たしている

というところです。エイシンプレストン、デュランダル、ダンスインザムード、ダイワメジャー。このうちダイワメジャーは3年連続出走で4歳時2着、5歳時1着、6歳時1着という抜群の安定感でした。2005年の4歳時2着もハナ差で惜しかった。まま、相手もそのマイルCSで京都4戦4勝としたハットトリックでしたからね。なお、タイキシャトルは1997年と1998年と連覇を果たしていますが、過去10年の圏外からは外れていますので、↑のメンバーからは省きました。しかし、1998年の5馬身差勝ちはケタ違いはなはだしい内容でしたね。強かった。

私が敬愛する競馬者であるblandfordさんは、

馬は自分の好きなコースに戻ると喜んで走る

とおっしゃっています。↑の結果を見ると「うーむ、確かに」と思ってしまいますね。振り返れば、マイルCSは第1回と第2回を連覇したニホンピロウイナー(1980.4.27)から始まり、第8回と第9回を連覇したダイタクヘリオス(1987.4.10)と複数年での活躍がまま見られるGIレースですね。

……って、先週とほぼ同じことを書いてますね(^_^.)

という訳で、上記の結果を踏まえて、今年の出走予定馬について次回以降に確認してみたいと思います。まま、どう考えても1番人気候補馬の後押ししかしないような感じになるでしょうけれど。だって、すでに↑の表に名前が出てますやん(笑)

ではでは、今回はこのへんで。

|

« 第44回京王杯2歳S(JpnII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の三十九=-。 | トップページ | 第25回マイルCS(GI)出走予定馬の4代血統構成。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/43160586

この記事へのトラックバック一覧です: 過去10年のマイルCS(GI)連対馬の4代血統構成。:

« 第44回京王杯2歳S(JpnII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の三十九=-。 | トップページ | 第25回マイルCS(GI)出走予定馬の4代血統構成。 »