« 第43回京都大賞典(GII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の二十七=-。 | トップページ | 積み重ねてダートジーワン7勝目-ブルーコンコルド(2004.4.11)-。 »

2008年10月16日 (木)

「秋華賞(JpnI)」と聞くと、テイエムオーシャン(1998.4.9)のぶっつけ勝利を思う。

テイエムオーシャン 牝 鹿毛 1998.4.9生 浦河・川越俊樹氏生産 馬主・竹園正繼氏 栗東・西浦勝一厩舎

テイエムオーシャン(1998.4.9)の4代血統表
ダンシングブレーヴ[A]
鹿毛 1983.5.11
種付け時活性値:1.50
Lyphard
鹿毛 1969
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Goofed
栗毛 1960.3.29
Court Martial 1942
Barra 1950
Navajo Princess
鹿毛 1974.3.31
Drone
芦毛 1966.4.1
Sir Gaylord 1959.2.12
Cap and Bells 1958.5.21
Olmec
栗毛 1966
Pago Pago 1960
Chocolate Beau 1958.3.12
リヴァーガール
鹿毛 1991.3.14
仔受胎時活性値:1.50

リヴリア[A]
鹿毛 1982.4.20
種付け時活性値:0.00
Riverman
鹿毛 1969
Never Bend 1960.3.15
River Lady 1963.5.17
Dahlia
栗毛 1970.3.25
Vaguely Noble 1965.5.5
Charming Alibi 1963.4.7
エルプス
栗毛 1982.5.3
仔受胎時活性値:2.00
マグニテュード[A]
鹿毛 1975.3.16
種付け時活性値:1.50
Mill Reef 1968.2.23
Altesse Royale 1968
ホクエイリボン
栗毛 1973.5.28
仔受胎時活性値:2.00
イーグル
黒鹿毛 1958[A]
種付け時活性値:1.50
クインエポロ
栗毛 1964.6.6
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Court Martial4×5、Never Bend4×5(母方)>

テイエムオーシャン(1998.4.9)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ダンシングブレーヴ 7.50 祖母が桜花賞馬
(No.12 ビューチフルドリーマー系)
2番仔
(2連産目)
第6回秋華賞(現JpnI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 2 テイエムオーシャン 牝3 55 本田優 1:58.5    35.4 442
[+2]
西浦勝一 1
2 9 ローズバド 牝3 55 横山典弘 1:58.6 3/4 34.6 422
[-4]
橋口弘次郎 2
3 6 レディパステル 牝3 55 蛯名正義 1:58.9 2 35.4 446
[-6]
田中清隆 3
4 10 サクセスストレイン 牝3 55 木幡初広 1:59.0 クビ 35.5 460
[0]
稲葉隆一 8
5 18 ショウナンバーキン 牝3 55 横山義行 1:59.2 1 1/4 35.6 444
[-6]
大久保洋吉 16
第6回秋華賞(現JpnI)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.1-10.5-12.2-11.8-11.8-12.0-12.2-12.3-12.0-11.6
上り 4F 48.1-3F 35.9

テイエムオーシャンが制した2001年の第6回秋華賞。表のページのオークス(現JpnI)出走前の記事で、

また、3歳春のダンシングブレーヴ産駒は、自身の「生真面目さ」を上手くなだめることが出来ず、距離に泣くケースが多く見られます。身体能力の高さははっきり最上位です。が、現時点での「気持ちの先走り過ぎなところ」にやや不安が残ります。一夏越えた後の京都の秋華賞は楽勝しそうですが……。

と吹いていた手前、テイエムオーシャンにはどうしても頑張ってほしかったことを覚えています(^_^.)

果たせるかな、テイエムオーシャンは先行3番手から堂々と抜け出し、1分58秒5の好時計で快勝してくれました。彼女の後に続いたのは2着ローズバド(1998.4.29)、3着レディパステル(1998.4.26)、4着サクセスストレイン(1998.4.9)。結局はオークスの上位4頭の再戦となった、2001年秋の3歳牝馬限定ジーワンでした。

テイエムオーシャンの配合について、中島理論的な見所を簡単に確認すると、

  1. 料的遺伝値が「7.50」とべらぼうに強大
  2. 直牝系が小岩井の12号族ビューチフルドリーマー系
  3. 母父リヴリアが0交配

というところでしょうか。特に1.の料的遺伝値の受け渡しは、確認した時に強烈な印象を与えてくれました。

テイエムオーシャンに関しての最近の話題というと、やはりテイエムオペラオー(1996.3.13)との仔である「10冠ベビー」テイエムユメノコ(2006.2.7)ですね。

テイエムユメノコ 牝 鹿毛 2006.2.7生 浦河・川越ファーム生産 馬主・竹園正繼氏 栗東・新川恵厩舎

テイエムユメノコ(2006.2.7)の4代血統表
テイエムオペラオー[A●]
栗毛 1996.3.13
種付け時活性値:0.25
オペラハウス
鹿毛 1988.2.24
Sadler's Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Colorspin
鹿毛 1983.3.16
High Top 1969
Reprocolor 1976.5.14
ワンスウエド
栗毛 1984.3.18
Blushing Groom
栗毛 1974
Red God 1954.2.15
Runaway Bride 1962
Noura
鹿毛 1978.3.25
Key to the Kingdom 1970.3.12
River Guide 1971.3.16
テイエムオーシャン
鹿毛 1998.4.9
仔受胎時活性値:1.75
ダンシングブレーヴ[A]
鹿毛 1983.5.11
種付け時活性値:1.50
Lyphard
鹿毛 1969
Northern Dancer 1961.5.27
Goofed 1960.3.29
Navajo Princess
鹿毛 1974.3.31
Drone 1966.4.1
Olmec 1966
リヴァーガール
鹿毛 1991.3.14
仔受胎時活性値:1.50
★リヴリア[A]
鹿毛 1982.4.20
種付け時活性値:0.00
Riverman 1969
Dahlia 1970.3.25
エルプス
栗毛 1982.5.3
仔受胎時活性値:2.00
マグニテュード[A]
鹿毛 1975.3.16
種付け時活性値:1.50
ホクエイリボン
栗毛 1973.5.28
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4、Drone5×4>

テイエムユメノコ(2006.2.7)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ダンシングブレーヴ
(Sir Gaylord)
7.25 母がジーワン3勝馬
(No.12 ビューチフルドリーマー系)
1番仔
(死産後)

岩元市三厩舎でもなく、西浦厩舎でもなく、新川厩舎というところが、良いですね。新川師、竹園オーナーが馬の見方を教わったという故・布施正調教師の娘婿でいらっしゃいます。岩元師のジーワン初勝利はオペラオーによってなされ、西浦師のジーワン初勝利はオーシャンによってなされました。「夢の子」、果たして新川師にジーワン初勝利をプレゼントできるでしょうか。楽しみにしたいものです。

ではでは、今日はこのへんで。

|

« 第43回京都大賞典(GII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の二十七=-。 | トップページ | 積み重ねてダートジーワン7勝目-ブルーコンコルド(2004.4.11)-。 »

競馬」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/42796345

この記事へのトラックバック一覧です: 「秋華賞(JpnI)」と聞くと、テイエムオーシャン(1998.4.9)のぶっつけ勝利を思う。:

« 第43回京都大賞典(GII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の二十七=-。 | トップページ | 積み重ねてダートジーワン7勝目-ブルーコンコルド(2004.4.11)-。 »