« 第59回毎日王冠(GII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の二十六=-。 | トップページ | 「秋華賞(JpnI)」と聞くと、テイエムオーシャン(1998.4.9)のぶっつけ勝利を思う。 »

2008年10月15日 (水)

第43回京都大賞典(GII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の二十七=-。

トーホウアラン 牡 栗毛 2003.4.16生 三石・前川正美氏生産 馬主・東豊物産(株) 栗東・藤原英昭厩舎

トーホウアラン(2003.4.16)の4代血統表
ダンスインザダーク[A]
鹿毛 1993.6.5
種付け時活性値:0.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ダンシングキイ
鹿毛 1983.5.21
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Key Partner
黒鹿毛 1976.3.26
Key to the Mint 1969.3.9
Native Partner 1966.4.5
ヒドゥンダンス
黒鹿毛 1993.4.19
仔受胎時活性値:0.25
Nureyev[A]
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.75
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Special
鹿毛 1969.3.28
Forli 1963.8.10
Thong 1964.4.23
Hidden Light
鹿毛 1983.4.20
仔受胎時活性値:0.25
Majestic Light[x]
鹿毛 1973.3.29
種付け時活性値:0.25
Majestic Prince 1966.3.19
Irradiate 1966.1.31
Tallahto
鹿毛 1970.5.28
仔受胎時活性値:1.00
Nantallah[A]
鹿毛 1953.3.5
種付け時活性値:0.00
Legato
黒鹿毛 1956.4.25
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×3、Nantallah5×4、Raise a Native5×5、Almahmoud(♀)5×5>

トーホウアラン(2003.4.16)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Nureyev
(Hyperion)
2.75 叔父がBCマイル勝ち馬
(No.13-C)
5番仔
(2連産目)
第43回京都大賞典(GII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 5 トーホウアラン 牡5 57 鮫島良太 2:26.9    34.0 504
[+8]
藤原英昭 4
2 9 アドマイヤモナーク 牡7 58 安藤勝己 2:27.0 1/2 33.9 466
[-4]
松田博資 6
3 3 アイポッパー 牡8 57 上村洋行 2:27.0 アタマ 34.3 450
[-2]
清水出美 7
4 2 メイショウカチドキ 牡8 57 浜中俊 2:27.0 クビ 33.9 488
[-2]
庄野靖志 10
5 4 アルナスライン 牡4 57 和田竜二 2:27.1 1/2 34.0 550
[+6]
松元茂樹 1
第43回京都大賞典(GII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.9-10.7-11.7-13.2-13.3-13.1-12.8-12.6-12.1-11.5-11.4-11.6
上り 4F 46.6-3F 34.5

第43回京都大賞典(GII)。今年2008年の天皇賞・春(GI)の勝ち馬アドマイヤジュピタ(2003.3.1)がマイナス14kgという馬体細化で登場した一戦。悲しいかな体調が整っていなければたとえ天皇賞馬でも勝てないのが上級重賞。1着から7着まで0秒3差の混戦を制したのは京都コースで京都新聞杯(現JpnII)勝ちのあったダンスインザダークの仔、トーホウアランでした。なお、アドマイヤジュピタは勝ち馬から1秒1差の10頭立て9着に終わりました。

では、以下にトーホウアランのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Tallahto 1970.5.28 北米12勝 オークトゥリー招待S(GI) ヴァニティH(GI) サンタバーバラH(GI)ほか
|Prince True 1981.4.23 北米6勝 サンファンカピストラーノ招待H(GI) サンルイレイS(GI)ほか
|Hidden Light 1983.4.20 北米6勝 ハリウッドオークス(GI) サンタアニタオークス(GI)ほか
||ヒドゥンダンス 1993.4.19 不出走
|||トーホウアラン 2003.4.16 (本馬) 京都大賞典(GII) 京都新聞杯(現JpnII) 中日新聞杯(現JpnIII)
||Artie Schiller 2001.4.23 北米10勝 BCマイル(GI)ほかGII4勝GIII1勝

近いところに米国の活躍馬がズラリ揃いました。また↑の近親牝系図には示していませんが、4代母Legatoの孫にケンタッキーダービー(米GI)とBCクラシック(米GI)を制した名馬ファーディナンド(1983.3.12)がいます。活力は充分です。

およそ1年10ヶ月ぶりの勝利を以って、いざ臨まん2008年秋のGIロード。トーホウアランの奮起に期待しましょう。

ではでは、今日はこのへんで。

|

« 第59回毎日王冠(GII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の二十六=-。 | トップページ | 「秋華賞(JpnI)」と聞くと、テイエムオーシャン(1998.4.9)のぶっつけ勝利を思う。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/42786145

この記事へのトラックバック一覧です: 第43回京都大賞典(GII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の二十七=-。:

« 第59回毎日王冠(GII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の二十六=-。 | トップページ | 「秋華賞(JpnI)」と聞くと、テイエムオーシャン(1998.4.9)のぶっつけ勝利を思う。 »