« 唸る末脚33秒1。 | トップページ | たまに海外のGI勝ち馬の血統を見ると……。 »

2008年10月23日 (木)

過去10年の菊花賞(現JpnI)連対馬の4代血統構成について。

過去10年の菊花賞(現JpnI)連対馬の4代血統構成について

1着馬
(生年月日)[F No.]
母の
何番仔?
母父 祖母父 曾祖母父
2着馬
(生年月日)[F No.]
2
0
0
7
アサクサキングス
(2004.3.23)[4-G]
2番仔
(2連産目)
ホワイトマズル サンデーサイレンス What Luck Tentam
アルナスライン
(2004.2.18)[9-C]
8番仔+
(2連産目)
アドマイヤベガ ★El Gran Senor Graustark Raise a Native
2
0
0
6
ソングオブウインド
(2003.2.20)[9-F]
初仔 エルコンドルパサー サンデーサイレンス トニービン ヒッティングアウェー
ドリームパスポート
(2003.3.14)[1-T]
初仔 フジキセキ トニービン ディクタス ノーザンテースト
2
0
0
5
ディープインパクト
(2003.3.25)[2-F]
7番仔
(7連産目)
サンデーサイレンス Alzao Busted Queen's Hussar
アドマイヤジャパン
(2002.4.16)[16-C]
3番仔
(3連産目)
サンデーサイレンス Caerleon Lord Gayle Luciano
2
0
0
4
デルタブルース
(2001.5.3)[3-D]
7番仔
(7連産目)
ダンスインザダーク Dixieland Band Alleged Sir Ivor
ホオキパウェーブ
(2001.3.16)[5-G]
8番仔+
(7連産目+)
カーネギー Mr. Prospector Sir Gaylord Traffic Judge
2
0
0
3
ザッツザプレンティ
(2000.5.26)[1-E]
8番仔
(流産後)
ダンスインザダーク Miswaki Lyphard Prominer
リンカーン
(2000.3.18)[1-L]
初仔 サンデーサイレンス トニービン Sadler's Wells ★イングリッシュプリンス
2
0
0
2
ヒシミラクル
(1999.3.31)[16-C]
3番仔
(3連産目)
サッカーボーイ シェイディハイツ ラナーク フィダルゴ
ファストタテヤマ
(1999.5.30)[4-M]
9番仔
(9連産目)
ダンスインザダーク ターゴワイス ノーザンテースト Ambiopoise
2
0
0
1
マンハッタンカフェ
(1998.3.5)[16-C]
5番仔
(流産後)
サンデーサイレンス Law Society Luciano Ticino
マイネルデスポット
(1998.4.27)[7-C]
6番仔
(5連産目)
ペンタイア パーソロン シュプリームギフト スパニッシュイクスプレス
2
0
0
0
エアシャカール
(1997.2.26)[4-R]
3番仔
(不受胎後)
サンデーサイレンス ★Well Decorated Gleaming Ribot
トーホウシデン
(1997.3.26)[8-F]
3番仔+
(3連産目+)
ブライアンズタイム Blushing Groom Nijinsky Sir Ivor
1
9
9
9
ナリタトップロード
(1996.4.4)[18]
6番仔
(6連産目)
サッカーボーイ Affirmed Never Bend Double Jay
テイエムオペラオー
(1996.3.13)[4-M]
7番仔
(不受胎後)
オペラハウス Blushing Groom Key to the Kingdom Drone
1
9
9
8
セイウンスカイ
(1995.4.26)[23]
初仔 シェリフズスター ミルジョージ ★モガミ カーネルシンボリ
スペシャルウィーク
(1995.5.2)[3-L]
5番仔
(5連産目)
サンデーサイレンス マルゼンスキー セントクレスピン ヒンドスタン

過去10年の菊花賞連対馬について、4代血統構成と簡易ではありますが母の連産状況をお届けしました。↑の表中「赤字」は「SS自身(あるいはHalo系)」、「赤字(強調)」は「SS2世」、「青字」は「ネオ異系」、「青字(強調)」は「異系」を示しています。

さて、連対馬20頭のデータを見た時、4代血統構成が字面上Phalaris4系累代配合となっているのは、

  1. テイエムオペラオー
  2. トーホウシデン
  3. リンカーン

の3頭でした。が、この3頭には中島理論的にはダミーと目されるSadler's Wells(1981.4.11)、もしくはBlushing Groom(1974.4.8)の血が含まれていました-↑の表中では「紫字」で示しています-。つまり、20頭いずれも、どこかに異系の血を持ち合わせていると判断されます。

また、過去10年のうち9年はSSの血を持つ馬が連対を果たしており、ここ2年は母父SSの馬が勝利を収め、SS2世種牡馬の産駒が2着となっています。

ついで、SS2世種牡馬のうち菊花賞で印象に残る成績を収めているのは、やはりダンスインザダーク(1993.6.5)でしょうか。2002年2着ファストタテヤマ、2003年1着ザッツザプレンティ、2004年1着デルタブルース。サスガに自身が菊花賞馬なだけあります、ダンスインザダーク。

あと、異彩を放つということでは、過去10年のうち1998年1着セイウンスカイ、1999年1着ナリタトップロード、2002年1着ヒシミラクルと、Gainsborough(1915.1.24)系が3勝を挙げているところでしょう。「Hampton(1872)系は淀のジーワンによく似合う」という印象をずいぶん前に持ったものです。

という訳で、また明日以降に今年の菊花賞出走予定馬について確認しましょう。

ではでは、今日はこのへんで。

|

« 唸る末脚33秒1。 | トップページ | たまに海外のGI勝ち馬の血統を見ると……。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/42868946

この記事へのトラックバック一覧です: 過去10年の菊花賞(現JpnI)連対馬の4代血統構成について。:

« 唸る末脚33秒1。 | トップページ | たまに海外のGI勝ち馬の血統を見ると……。 »