« 第54回オールカマー(GII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の二十ー=-。 | トップページ | 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の十五-。 »

2008年9月30日 (火)

第56回神戸新聞杯(JpnII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の二十二=-。

ディープスカイ 牡 栗毛 2005.4.24生 浦河・笠松牧場生産 馬主・深見敏男氏 栗東・昆貢厩舎

ディープスカイ(2005.4.24)の4代血統表
アグネスタキオン[A]
栗毛 1998.4.13
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アグネスフローラ
鹿毛 1987.6.18
ロイヤルスキー
栗毛 1974.5.24
Raja Baba 1968.4.5
Coz o'Nijinsky 1969.4.27
アグネスレディー
鹿毛 1976.3.25
リマンド 1965.2.16
イコマエイカン 1967.5.18
アビ
栗毛 1995.5.5
仔受胎時活性値:0.25
Chief's Crown[A]
鹿毛 1982.4.7
種付け時活性値:1.00
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Six Crowns
栗毛 1976.4.21
Secretariat 1970.3.30
Chris Evert 1971.2.14
Carmelized
鹿毛 1990.4.9
仔受胎時活性値:1.00
Key to the Mint[B]
鹿毛 1969.3.9
種付け時活性値:1.00
Graustark 1963.4.7
Key Bridge 1959.4.10
Carmelize
鹿毛 1972.4.23
仔受胎時活性値:0.25
Cornish Prince[A]
黒鹿毛 1962.3.29
種付け時活性値:0.25
Miss Carmie
鹿毛 1966.2.21 ♀
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Bold Ruler5×5×5、Miss Carmie(♀)5×4(母方)>

ディープスカイ(2005.4.24)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
アグネスタキオン
(アグネスフローラ)
2.75 叔父が独2000ギニー馬
(No.23-B)
4番仔
(不受胎後)
第56回神戸新聞杯(JpnII)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 1 ディープスカイ 牡3 56 四位洋文 2:25.3    35.1 508
[-6]
昆貢 1
2 10 ブラックシェル 牡3 56 武豊 2:25.3 クビ 34.7 528
[+2]
松田国英 3
3 12 オウケンブルースリ 牡3 56 内田博幸 2:25.4 1/2 34.5 486
[+6]
音無秀孝 2
4 16 ベンチャーナイン 牡3 56 武士沢友治 2:25.7 1 3/4 34.8 476
[-2]
小桧山悟 10
5 2 ロードアリエス 牡3 56 鮫島良太 2:25.7 クビ 35.8 514
[+22]
藤原英昭 15
第56回神戸新聞杯(JpnII)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.3-11.8-13.0-12.4-12.3-12.4-11.6-11.4-11.2-11.8-11.8
上り 4F 46.2-3F 34.8

第56回神戸新聞杯(JpnII)。日本ダービー(JpnI)の1着から3着までの馬がくつわを並べ、そこに秋の上り馬を交えた菊花賞(JpnI)トライアル。勝利を収めたのは春の変則2冠を制したディープスカイと四位洋文騎手。春に見せた後方一気策ではなく、先行7番手あたりから徐々に進出して直線で抜け出すという、強者のスタイルでの勝利でした。レースの2着は内から鋭い切れ味を発揮したブラックシェルと武豊騎手、3着は外から追い込んで来た上り馬オウケンブルースリでした。

秋緒戦を制してディープスカイが次に選ぶ道は、果たして、3歳馬同士の戦いか、それとも古馬との戦いか。菊花賞、天皇賞・秋(GI)、どちらに向かうにせよ、強いダービー馬の姿を見せ続けて欲しいものです。

ではでは、今日はこのへんで。

|

« 第54回オールカマー(GII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の二十ー=-。 | トップページ | 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の十五-。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

昆調教師のレース後のコメントが「どちらに行くかは今は
発表できない」というものだったので、すぐにでも決まるの
かと思っていましたが、まだ決まっていないみたいですね。
府中の直線が合うとはいっても、ここまで来て菊花賞に
行かないというのはないでしょう、と小生は思ってしまいま
す。
無事菊花賞に出てきてくれることを願わずにはおれません。

投稿: ゴリ | 2008年10月 4日 (土) 17時28分

◎ゴリ様
いつもお世話になっております。

>無事菊花賞に出てきてくれることを願わずにはおれません。
ええ、天皇賞は来年以降も出られますものね。

「変則3冠を達成!!」となれば、これは新たな歴史の1ページを
刻むことになります。

同じ年に1600m、2400m、3000mの異なる距離でジーワン勝利。

難しいこととは思いますけれど、ディープスカイならば
やってくれそうな感じがします。

ではでは、わざわざのコメント、誠にありがとうございました♪

投稿: オオハシ | 2008年10月 7日 (火) 12時35分

無念。(と思っている競馬ファンは多くはないのでしょうか…)

投稿: ゴリ | 2008年10月11日 (土) 11時21分

◎ゴリ様
いつもお世話になっております。

>無念
まま、決まったものは致し方が無いところですからね……。

こうなったからには、府中芝2000mの戦いがどんな結末になるのか、今から期待して待つしかないですね。

ではでは、わざわざのコメント、誠にありがとうございました♪

投稿: オオハシ | 2008年10月14日 (火) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/42633547

この記事へのトラックバック一覧です: 第56回神戸新聞杯(JpnII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の二十二=-。:

« 第54回オールカマー(GII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の二十ー=-。 | トップページ | 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の十五-。 »