« 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の十三-。 | トップページ | 第40回函館2歳S(JpnIII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の六=-。 »

2008年8月10日 (日)

やっぱり砂でしたか。

KBC杯、スマートファルコンが逃げ切り(netkeiba.com)

スマートファルコン 牡 栗毛 2005.4.4生 静内・岡田スタッド生産 馬主・大川徹氏 栗東・小崎憲厩舎

スマートファルコン(2005.4.4)の4代血統表
ゴールドアリュール[A]
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Reluctant Guest
鹿毛 1986.2.21
Hostage 1979.2.13
Vaguely Royal 1974.3.7
ケイシュウハーブ
芦毛 1988.3.6
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

ミシシッピアン[C]
芦毛 1971.5.16
種付け時活性値:0.00
Vaguely Noble
栗毛 1965.5.15
ヴィエナ 1957
Noble Lassie 1956
Gazala
鹿毛 1964
Dark Star 1950
Belle Angevine 1957
キョウエイシラユキ
芦毛 1980.4.17
仔受胎時活性値:1.75
クラウンドプリンス[x]
栗毛 1969.1.31
種付け時活性値:0.50
Raise a Native 1961.4.18
Gay Hostess 1957.4.9
アリアーン
芦毛 1968
仔受胎時活性値:0.75
シルバーシャーク[D]
芦毛 1963
種付け時活性値:1.00
Nucciolina
鹿毛 1957
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Vaguely Noble5×3>

スマートファルコン(2005.4.4)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ゴールドアリュール 5.00 or 3.00 半兄ワールドクリーク
(No.9-C)
10番仔
(5連産目)

むぅ、やっぱり父がJRA最優秀ダート馬ゴールドアリュール、半兄が東京大賞典(現JpnI)の勝ち馬ワールドクリーク(1995.4.25)であれば、長ずるところは砂になりますでしょうか。

まま、もともと東京ダート1600mの新馬戦を勝ち、 中山ダート1800mの500万平馬戦を勝ち上がったのですからね。ジュニアカップ(OP)における中山芝1600m1分34秒1の差し切り勝ちの鮮やかさに惑わされた部分もあるのかも知れません。

#で、気が付けば、美浦の畠山吉宏厩舎から栗東の小崎憲厩舎に転厩していました……。

それにしても、スマートファルコンはこれでダート[3-2-0-0]の成績です。前走のジャパンダートダービー(JpnI)も、3馬身2分の1離されたとはいえ、ダート5戦5勝となったサクセスブロッケン(2005.5.5)の2着でしたから、やはり地力は確かです。

東京大賞典を勝ちドバイワールドカップ(UAEGI)でも6着に頑張ったお兄ちゃんに追い付け追い越せ。スマートファルコンのこれからに期待しましょう。

ではでは、今日はこのへんで。

|

« 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の十三-。 | トップページ | 第40回函館2歳S(JpnIII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の六=-。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも楽しく拝見しております。

ところで miswaki 1978について、その生年月日が2月2日となっているものと2月22日となっているものと
両方散見されますがどちらなのでしょうか?

ご教示のほどお願いいたします。

投稿: huruhata | 2008年8月12日 (火) 20時58分

◎huruhata様
お初にお目にかかります。オオハシと申します。以後、お見知りおき頂ければ幸いです。

>Miswaki
ご指摘頂きまして、恐れ入ります。タイプミスで近2回の血統表を含む投稿が「1978.2.2」となっていましたが、正解は「1978.2.22」です。ミスを脇に置きっぱなしにしてはならないということ。改めて痛感しました。恐れ入ります。ありがとうございました。

ではでは、わざわざのコメント、誠にありがとうございました。

投稿: オオハシ | 2008年8月13日 (水) 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/42127312

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり砂でしたか。:

« 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の十三-。 | トップページ | 第40回函館2歳S(JpnIII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の六=-。 »