« 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の四-。 | トップページ | 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の五-。 »

2008年7月15日 (火)

カラ競馬場がこの種牡馬兄弟に合うのでしょうか。いえ、牝系にも合っていました。

愛オークス、未勝利馬ムーンストーンが制す(netkeiba.com)

第114回愛オークス(GI)。

直線の激しい攻防をわずかに「短頭」だけ制したのはスーザン・マグナーさんの濃紺の勝負服、鹿毛の流星鮮やかにMoonstone。サスガに英オークス2着馬、これが未勝利馬の見せる末脚でしょうか。A.P.オブライエン調教師は愛オークス3連覇、鞍上のJ.ムルタ騎手は2連覇-通算4勝目-、そして2着のIce Queen(2005.1.29)もオブライエン厩舎の所属馬でした。

Moonstone 牝 鹿毛 2005.3.3生 英国・ブリットンハウス・スタッド生産 馬主・J.マグナー夫人 愛国・A.P.オブライエン厩舎

Moonstone(2005.3.3)の4代血統表
Dalakhani[A]
芦毛 2000.2.16
種付け時活性値:1.00
Darshaan
鹿毛 1981.4.18
Shirley Heights
鹿毛 1975
Mill Reef 1968.2.23
Hardiemma 1969
Delsy
黒鹿毛 1972.3.20
Abdos 1959.5.18
Kelty 1965.2.28
Daltawa
芦毛 1989.4.23
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr.Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1970.5.28
Damana
芦毛 1981.4.2
クリスタルパレス 1974.3.25
Denia 1973.4.19
Solo de Lune
鹿毛 1990.1.23
仔受胎時活性値:1.50
Law Society[B]
黒鹿毛 1982.2.16
種付け時活性値:1.75
Alleged
鹿毛 1974.5.4
Hoist the Flag 1968.3.31
Princess Pout 1966.3.29
Bold Bikini
鹿毛 1969.4.11
Boldnesian 1963.4.14
Ran-Tan 1960
Truly Special
鹿毛 1985.3.22
仔受胎時活性値:1.00
Caerleon[A]
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:1.00
Nijinsky 1967.2.21
Foreseer 1969.4.12
Arctique Royale
鹿毛 1978.4.22
仔受胎時活性値:1.50
Royal and Regal[C]
黒鹿毛 1970.3.28
種付け時活性値:1.75+α
Arctic Melody
鹿毛 1962
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:なし>

Moonstone(2005.3.3)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Royal and Regal
(Arctique Royale)
5.75 半姉Cerulean Sky
(No.23)
10番仔?

5代アウトクロスでEclipse(1764.4.1)分枝系のSt.Simon(1881)系、Hampton(1872)系を上手く組み込んだサスガの配合。中島理論的には最優性先祖をネオ異系扱いの曾祖母父Royal and Regalにしているところもナイスですね。

Moostoneの父Dalakhaniと言えば、その半兄はDaylami(1994.2.20)です。アガ・カーン殿下がオーナーブリードされた芦毛の駿馬兄弟、共にカルティエ賞年度代表馬に選出されるという素晴らしさ。そして、共に種牡馬としても初年度産駒からGI勝ち馬を送り込むところも同じですが、よく見れば、兄Daylamiの産駒として初GIとなったのはGrey Swallow(2001.2.19)の愛ダービー(GI)、弟Dalakhaniの産駒として初GIとなったは今回のMoonstoneの愛オークスです。カラ競馬場がこの種牡馬兄弟の仔に合うのでしょうか。

#とは言うものの、Dalakhaniにとっては生涯唯一の敗戦を喫したのがカラ競馬場で行われた愛ダービーでした(苦笑)。Daylamiはカラ競馬場ではタタソールズゴールドカップ(現愛GI)を1着、2着という結果でした。なお、Daylamiの仔Grey Swallowもタタソールズゴールドカップを制しています。父仔制覇。

また、先日のCima de Triomphe(2005.4.4)の記事でも触れましたけれど、血統因子としてクリスタルパレスが近年のクラシック勝ち馬にちょこちょこっと現れるところがなかなか素敵です。Daylami、Dalakhani、Cima de Triompheの芦毛は、いずれもクリスタルパレスの芦毛に起因しています。合わせて、生年月日を厳密に確認すると、中島理論的にはいずれの最優性先祖もクリスタルパレスです。なんだ言いながらやるなぁ、第137代仏ダービー(GI)馬。

さて、Moonstoneの牝系は英愛で継承されている23号族。以下に簡単な近親牝系図を示しておきます。

Arctique Royale 1978.4.22 愛英3勝 愛1000ギニー(GI)
|Truly Special 1985.3.22 仏2勝 ロワイヨモン賞(GIII)
||Solo de Lune 1990.1.23 仏独1勝
|||Cerulean Sky 1996.2.18 仏英北米3勝 サンタラリ賞(仏GI) E.P.テイラーS(加GI)2着
||||Honolulu 2004.3.11 現役 英セントレジャー(GI)3着
|||L'Ancresse 2000.1.13 愛米英2勝 愛オークス(GI)2着 BCフィリー&メアターフ(GI)2着
|||Moonstone 2005.3.3 (本馬) 愛オークス 英オークス(GI)2着
||Truly a Dream 1991.3.8 北米仏3勝 E.P.テイラーS(当時加GII) ロワイヨモン賞
|||Catcher in the Rye 2000.2.26 仏愛1勝 仏2000ギニー(GI)2着
||Wareed 1998.4.5 仏英4勝 ユベールドショードネイ賞(仏GII) ヴィコンテッスヴィジェ賞(仏GII)
|Modhish 1989.3.24 仏米伊独3勝 ドーヴィル大賞(仏GII) ジャンショードネイ賞(仏GII)
|Russian Snow 1992.4.4 仏愛英UAE4勝 ロワイヤリュー賞(仏GII) 愛オークス2着

よく見れば半姉は愛オークス2着、大叔母も愛オークス2着と、同コース同距離で好走しています。そして、曾祖母が同コースのギニー勝ち馬でした。カラ競馬場の牝馬クラシックに縁がある牝系なのかも知れませんね。

ではでは、今日はこのへんで。

|

« 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の四-。 | トップページ | 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の五-。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/41845436

この記事へのトラックバック一覧です: カラ競馬場がこの種牡馬兄弟に合うのでしょうか。いえ、牝系にも合っていました。:

« 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の四-。 | トップページ | 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の五-。 »