« 2008年の重賞勝ち馬の血統について-其の弐-。 | トップページ | 第139回独ダービー(GI)。 »

2008年7月17日 (木)

またモンジュー産駒。

モンマルトルが凱旋門賞有力馬に浮上(netkeiba.com)

第145回パリ大賞(仏GI)。

開催時期が7月となり距離が2400mとなって以後、実質的に「仏国最強3歳馬決定戦」の様相を呈しているパリ大賞。2008年のレースは、終始先行4番手からレースを進めた芦毛馬が、直線、余裕しゃくしゃくで抜け出して来ました。これは只者ではない瞬発力。アガ・カーン殿下所有のMontmartre、2着Prospect Wells(2005.5.2)に4馬身差の快勝でした。このパリ大賞の勝利をもってして、Montmartreは同じロンシャン芝2400mで行われる凱旋門賞(仏GI)の有力候補に名乗りを上げました。

Montmartre 牡 芦毛 2005.3.18生 仏国・ラガルデール生産 馬主・アガ・カーン殿下 仏国・A.ロワイユ=デュプレ厩舎

Montmartre(2005.3.18)の4代血統表

モンジュー[A●]
鹿毛 1996.4.4
種付け時活性値:0.00
Sadler's Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Floripedes
鹿毛 1985.5.11
★Top Ville
鹿毛 1976.4.5
High Top 1969
Sega Ville 1968.5.1
Toute Cy
鹿毛 1979.5.4
★Tennyson 1970.3.22
Adele Toumignon 1971.4.16
Artistique
芦毛 1996.3.9
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

Linamix[A]
芦毛 1987.2.5
種付け時活性値:0.00
メンデス
芦毛 1981.4.2
ベリファ 1976.2.28
Miss Carina 1975.3.3
Lunadix
芦毛 1972.2.29
Breton 1967
Lutine 1966
Armarama
栗毛 1989.4.9
仔受胎時活性値:1.50
Persian Bold[A]
黒鹿毛 1975
種付け時活性値:1.25
Bold Lad 1964
Relkarunner 1968
Rossitor
栗毛 1970
仔受胎時活性値:0.50
Pall Mall[A]
栗毛 1955
種付け時活性値:1.50
Sonia
栗毛 1965
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Relko5×5(母方)>

Montmartre(2005.3.18)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Pall Mall
(Una)
5.00 or 3.00 母が仏GIII勝ち馬
(No.2-I)
4番仔?
(3連産目?)

中島理論的には……、愛ダービー(GI)のFrozen Fire(2005.2.19)に続いて、再びその父モンジューが満8歳時の0交配馬です。モンジュー産駒、クラシック終盤に差し掛かって一気にブレークした感じですね。そして、↑の血統表から明らかなように、母父Linamixも満8歳時の0交配を与えています。字面上Phalaris(1913)系4本掛けの配合であるMontmartreはクロスが折り重なり、8代に残る残牡先祖数は「1/128」と推定します。むぅ、恐ろしいなぁ、欧州の馬産は……。

なお、父モンジューは字面で現れる先祖で見ても「9/64」と7代残牡先祖が少ない種牡馬です。素養の高い産駒が多く現れるのは、自身の母父Top Ville、祖母父Tennysonが各々0交配を与えていることにより、近い代で先祖が消却されるから、ということも言えるでしょう。

さて、Montmartreの牝系は英愛で継承されている2号族。以下に簡単な近親牝系図を示しておきます。

Rossitor 1970 海外2勝
|Kalaglow 1978.2.19 英仏10勝 "キング・ジョージ"(英GI) エクリプスS(英GI)含む重賞5勝
|Gatchina 1984.3.19 海外2勝
||Zemlya 1990.3.27 不出走
|||Solo No Mas 1997.10.31 伯7勝 リオ・デ・ジャネイロ市役所大賞?(GIII)
|||Allegoric 1998.10.12 伯5勝 マルガリダ・ポラク・ララ大賞(GI)3着
|||Dono Da Bola 2001.10.31 伯4勝 ホセ・ケルキノー・アサンプサン大統領杯(GIII)2着
|Armarama 1989.4.9 海外1勝 リブスデールS(英GII) 伊オークス(当時GI)2着
||Armilina 1995.3.21 海外2勝 グラッドネスS(愛GIII)3着
||Artistique 1996.3.9 仏2勝 ベルトゥー賞(仏GIII)
|||Artistica 2004.3.12 仏2勝 ロワイヨモン賞(GIII)3着
|||Montmartre 2005.3.18 (本馬) パリ大賞(仏GI) リス賞(仏GIII)

大伯父に"キング・ジョージ"の勝ち馬Kalaglowがいますね。なお、ブラジルで活躍している近親馬たちについてはあまり触れないでください(苦笑)

凱旋門賞に挑む日本馬2騎にとっては強力なライバルであるMontmartre。中島理論使いにとっては気になる血統馬ですね。

ではでは、今日の1回目の投稿はこのへんで。

|

« 2008年の重賞勝ち馬の血統について-其の弐-。 | トップページ | 第139回独ダービー(GI)。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/41881294

この記事へのトラックバック一覧です: またモンジュー産駒。:

« 2008年の重賞勝ち馬の血統について-其の弐-。 | トップページ | 第139回独ダービー(GI)。 »