« ドルメロ・オルジアータ牧場、最後のダービー馬について。 | トップページ | 第125回伊ダービー(GI)。 »

2008年7月12日 (土)

2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の弐-。

第25回フェブラリーS(GI)。

ヴァーミリアン 牡 黒鹿毛 2002.4.10生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・石坂正厩舎

ヴァーミリアン(2002.4.10)の4代血統表
エルコンドルパサー[x]
黒鹿毛 1995.3.17
種付け時活性値:1.50
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr.Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
サドラーズギャル
鹿毛 1989.4.29
Sadler's Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Glenveagh
鹿毛 1986.3.9
Seattle Slew 1974.2.15
Lisadell 1971.4.9
スカーレットレディ
黒鹿毛 1995.5.10
仔受胎時活性値:1.50
(母が3連産目の3番仔)

サンデーサイレンス[A]
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.00
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
スカーレットローズ
栗毛 1987.3.8
仔受胎時活性値:1.75
(母が空胎後の仔)
ノーザンテースト[A]
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:1.75
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
スカーレットインク
栗毛 1971.5.5
仔受胎時活性値:1.75
Crimson Satan[z]
栗毛 1959.5.4
種付け時活性値:0.75
Consentida
鹿毛 1962.4.6
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4・5×4、Special(♀)5×5(父方)>

ヴァーミリアン(2002.4.10)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ノーザンテースト
(スカーレットレディ)
7.00 or 5.00 近親ダイワメジャー
(No.4-D)
3番仔
(3連産目)

2006年の名古屋グランプリ(現JpnII)から、川崎記念(JpnI)、JBCクラシック、ジャパンカップダート、東京大賞典と国内では5連勝で迎えたレースがフェブラリーSでした。前年4着に敗れたドバイワールドカップ(UAEGI)への壮行レースにも思えた一戦、人気に違わずしっかりと勝利を収めました。

そのドバイワールドカップは残念な結果でしたが、また今秋もダート戦線の主役の1頭として頑張って欲しいものです。

という訳で、ヴァーミリアンのごく簡単な近親牝系図を以下に示しておきます。 

スカーレットインク 1971.5.5 米0勝
|スカーレットブルー 1982.5.1 中央1勝
||アナスミラビリス 1991.6.9 中央1勝
|||トーセンジョウオー 2001.3.25 エンプレス杯(JpnII) 関東オークス(JpnIII)
||ブルーリッジリバー 1999.4.21 中央2勝 桜花賞(現JpnI)2着-母が2年連続不受胎後の仔-
|スカーレットリボン 1985.6.4 中央3勝 4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー、JpnII)
||タヤスアンティーム 1995.2.25 中央6勝 東海S(GII)3着-母が不受胎後の仔-
|スカーレットローズ 1987.3.8 中央2勝-母が不受胎後の仔-
||スカーレットレディ 1995.5.10 中央1勝
|||サカラート 2000.4.21 現役 東海S ブリーダーズGC(JpnII)
|||ヴァーミリアン 2002.4.10 (本馬) ジャパンカップダート(GI)など重賞9勝
|||キングスエンブレム 2005.2.12 現役-母が不受胎&流産後の仔-
|スカーレットブーケ 1988.4.11 中央6勝 中山牝馬S(GIII)など重賞4勝
||スカーレットメール 1994.3.13 中央1勝 チューリップ賞(現JpnIII)2着
||スリリングサンデー 1996.4.10 中央5勝 種牡馬
||ダイワルージュ 1998.5.4 中央3勝 新潟3歳S(現新潟2歳S、JpnIII)
||ダイワメジャー 2001.4.8 中央9勝 天皇賞・秋(GI)、皐月賞(現JpnI)など重賞8勝-母が空胎後の仔-
||ダイワスカーレット 2004.5.13 現役 エリザベス女王杯(GI)など重賞5勝

ずらり並んだ近親活躍馬たち。なかなかジーワンレースを勝てなかったスカーレットインクの系統。しかし、ダイワメジャーが2004年の皐月賞を制した後は完全に活性化した模様。これからも期待できるでしょう。

ではでは、今日はこのへんで。

|

« ドルメロ・オルジアータ牧場、最後のダービー馬について。 | トップページ | 第125回伊ダービー(GI)。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/41807737

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の弐-。:

» キングスエンブレムのこと [日々の人気キーワードより]
キングスエンブレムとははてなより -- キングスエンブレム 生年月日:2005年2月12日生まれ・牡・青毛 生産者:ノーザンファーム(北海道早来) 父:ウォーエンブレム 母:スカーレットレディ 母の父:サンデーサイレンス 馬主:(有)サ...... [続きを読む]

受信: 2008年7月13日 (日) 05時51分

« ドルメロ・オルジアータ牧場、最後のダービー馬について。 | トップページ | 第125回伊ダービー(GI)。 »