« 第125回伊ダービー(GI)。 | トップページ | BCターフ(米GI)馬、BCクラシック(米GI)馬を抑える。 »

2008年7月13日 (日)

2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の参-。

という訳で、表題の件について、簡単に確認しておきたいと思います。

第38回高松宮記念(GI)。

ファイングレイン 牡 黒鹿毛 2003.3.7生 千歳・社台ファーム生産 馬主・(有)社台RH 栗東・長浜博之厩舎

ファイングレイン(2003.3.7)の4代血統表
フジキセキ[A]
青鹿毛 1992.4.15
種付け時活性値:0.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ミルレーサー
鹿毛 1983.5.20
Le Fabuleux
鹿毛 1961
Wild Risk 1940
Anguar 1950
Marston's Mill
黒鹿毛 1975.5.31
In Reality 1964.3.1
Millicent 1969
ミルグレイン
鹿毛 1997.5.5
仔受胎時活性値:1.25
Polish Precedent[A]
鹿毛 1986.3.16
種付け時活性値:0.50+α
★Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Past Example
栗毛 1976.4.23
Buckpasser 1963.4.28
Bold Example 1969.4.28
Mill Line
鹿毛 1985.3.18
仔受胎時活性値:0.75
★Mill Reef[A]
鹿毛 1968.2.23
種付け時活性値:0.00
Never Bend 1960.3.15
Milan Mill 1962.4.10 ♀
Quay Line
鹿毛 1976.2.21
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
High Line[C]
栗毛 1966
種付け時活性値:0.25
Dark Finale
鹿毛 1965
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Milan Mill(♀)5×4>

ファイングレイン(2003.3.7)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Polish Precedent
(ミルグレイン)
4.50 or 2.50 伯母ピュアグレイン
(No.14-A)
初仔

年明け後1200m戦に矛先を変えてからは2戦2勝。上げ潮で挑んだ宮記念を1分7秒1というレースレコードタイムで制しました、ファイングレイン。これでデビュー戦も含めて1200m戦では4戦4勝の負け無し。持ち得るスプリント能力の確かさを見せました。

中島理論的にはファイングレインは3代前の牡先祖4頭のうちHalo、Danzig、Mill Reefの3頭が0交配により消却されています。近い代で先祖を減らす好配合ですね。また、SS直孫であることによる活力低下については、ファイングレイン自身が「母の初仔」であることにより活力を補っているように見受けます。

という訳で、ファイングレインのごく簡単な近親牝系図を以下に示しておきます。

Quay Line 1976.2.21 英6勝 パークヒルS(GII)
|Mill Line 1985.3.18 英1勝
||ピュアグレイン 1992.2.23 英愛仏日5勝 愛オークス(GI) ヨークシャーオークス(英GI)ほか英GIII2勝
|||Goncharova 1998.1.14 英仏3勝 フィユドレール賞(仏GIII)
||ミルグレイン 1997.5.5 中央3勝
|||ファイングレイン 2003.3.7 (本馬) 高松宮記念(GI) シルクロードS(GIII)
||All Grain 1998.5.5 英1勝 ランカシャーオークス(GIII)3着

秋も1200mに拘った路線に向かわれるのでしょう。ファイングレイン、また快足ぶりを見せてくださいね。

ではでは、今日はこのへんで。

|

« 第125回伊ダービー(GI)。 | トップページ | BCターフ(米GI)馬、BCクラシック(米GI)馬を抑える。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/41821130

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の参-。:

« 第125回伊ダービー(GI)。 | トップページ | BCターフ(米GI)馬、BCクラシック(米GI)馬を抑える。 »