« 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の九-。 | トップページ | "キング・ジョージ"(英GI)史上に残る名勝負。 »

2008年7月24日 (木)

第8回アイビスサマーダッシュ(JpnIII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の参=-。

カノヤザクラ 牝 栗毛 2004.3.31生 門別・浜本牧場生産 馬主・神田薫氏 栗東・橋口弘次郎厩舎

カノヤザクラ(2004.3.31)の4代血統表
サクラバクシンオー[A●]
鹿毛 1989.4.14
種付け時活性値:1.50
サクラユタカオー
栗毛 1982.4.29
テスコボーイ
黒鹿毛 1963
Princely Gift 1951
Suncourt 1952
アンジェリカ
黒鹿毛 1970.3.29
ネヴァービート 1960
スターハイネス 1964.3.10
サクラハゴロモ
鹿毛 1984.4.13
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
クリアアンバー
黒鹿毛 1967.5.8
★Ambiopoise 1958.5.6
One Clear Call 1960.5.21
ウッドマンズシック
鹿毛 1994.1.29
仔受胎時活性値:0.25

Woodman[x]
栗毛 1983.2.17
種付け時活性値:0.50

Mr.Prospector
鹿毛 1970
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
プレイメイト
栗毛 1975.4.12
Buckpasser 1963.4.28
Intriguing 1964.2.16
ラディカルチック
黒鹿毛 1988.1.26
仔受胎時活性値:1.25
Sadler's Wells[A●]
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Santa Roseanna
黒鹿毛 1979.4.16
仔受胎時活性値:2.00
Caracol[G]
鹿毛 1969.3.7
種付け時活性値:0.25
Santa Vittoria
鹿毛 1966
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4>

カノヤザクラ(2004.3.31)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
サクラバクシンオー 4.50 半姉パイアン
(No.9-H)
6番仔以降の仔
(2連産目)

桃色の帽子に「白、青三本輪、赤袖」の勝負服を背にした2番人気の栗毛馬が、開幕週の芝の上、外ラチ沿いを滑るように駆け抜けました。カノヤザクラ、今年の桜花賞ジョッキーである小牧太騎手にエスコートされて、重賞挑戦9回目にして、ようやくのタイトル奪取となりました。新潟の直線コース、芝1000mの勝ち時計は54秒2。レースの2着は10番人気のシンボリグラン、3着は6番人気のアポロドルチェでした。

では、以下にカノヤザクラのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Santa Roseanna 1979.4.16 愛英3勝 モイグレアスタッドS(当時愛GII)2着ほか英愛GIII2着2回
|King's College 1984.1.24 阿愛英仏6勝 テトラークS(愛GIII)2着 グラッドネスS(愛GIII)2着
|ラディカルチック 1988.1.26 米英1勝
||ウッドマンズシック 1994.1.29 不出走
|||パイアン 1998.2.14 中央5勝 セントウルS(当時GIII)2着
|||カノヤザクラ 2004.3.31 (本馬) アイビスサマーダッシュ(JpnIII) 葵S(OP)ほかGII2着JpnIII2着GIII3着各1回
||クリムゾンクローバ 1996.2.21 中央2勝 アネモネS(OP)2着
|Glamour Model 1992.3.22 愛1勝
||Lips Lion 1999.4.7 仏英伊独白11勝 ハンザ自由都市ブレーメン大賞(独GIII)2着ほか独GIII2着1回
|Wolf Cleugh 1993.4.13 英0勝
||Moss Vale 2001.4.11 仏愛英加8勝 グロシェーヌ賞(仏GII)ほか愛GIII2勝シンコウフォレスト(1993.4.29)の仔。現在は種牡馬-

近親馬の活躍している距離を見ても、やはり短距離こそ主戦場という感じですね。

今回は橋口厩舎の同期の桜で、6月に重賞勝ち馬になった馬も併せてご紹介しておきます。

スリープレスナイト 牝 鹿毛 2004.2.7生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・橋口弘次郎厩舎

スリープレスナイト(2004.2.7)の4代血統表
クロフネ[A]
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:1.25
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace 1969.1.24
Laredo Lass 1971.3.19
ブルーアヴェニュー
芦毛 1990.2.15
Classic Go Go
鹿毛 1978.2.18
Pago Pago 1960
Classic Perfection 1972.4.22
Eliza Blue
芦毛 1983.4.11
Icecapade 1969.4.4
コレラ 1978.2.18
ホワットケイティーディド
黒鹿毛 1989.3.18
仔受胎時活性値:1.50
Nureyev[A]
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:0.75
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Special
鹿毛 1969.3.28
Forli 1963.8.10
Thong 1964.4.23
Katies
黒鹿毛 1981.4.22
仔受胎時活性値:1.75
ノノアルコ[A]
鹿毛 1971.4.6
種付け時活性値:0.25
Nearctic 1954.2.11
Seximee 1966.5.27
Mortefontaine
鹿毛 1969.4.21
仔受胎時活性値:0.75
ポリック[D]
黒鹿毛 1953.2.14
種付け時活性値:1.75
Brabantia
黒鹿毛 1953
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×3、Nearctic5×4・4>

スリープレスナイト(2004.2.7)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
ポリック
(Katies)
5.75 叔母ヒシアマゾン
(No.7-F)
6番仔以降の仔
(生後直死後=2連産目)

上村洋行騎手に9年8ヵ月ぶりの重賞制覇をプレゼントしました、スリープレスナイト。いや、目出度かった。私の応援している騎手は、一に角田晃一、二に上村洋行、三に古川吉洋ですから(^^;)

では、以下にスリープレスナイトのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。 

Katies 1981.4.22 愛英4勝 愛1000ギニー(GI) コロネーションS(当時英GII)
|ケイティーズファースト 1987.3.6 英仏4勝
||ゴーステディ 1997.4.10 中央6勝 中山金杯(GIII)3着
||マイケイティーズ 1998.5.18 不出走
|||アドマイヤムーン 2003.2.23 日UAE香10勝 ジャパンカップ(GI) ドバイデューティーフリー(UAEGI) 宝塚記念(GI)含む重賞8勝
|||サブミーカー 2005.1.24 不出走 種牡馬
|ホワットケイティーディド 1989.3.18 英仏独3勝
||スリープレスナイト 2004.2.7 (本馬) CBC賞(GIII)ほかOP特別2勝
|ヒシアリダー 1990.3.30 中央5勝 種牡馬
|ヒシアマゾン 1991.3.26 中央10勝 エリザベス女王杯(GI) 阪神3歳牝馬S(現阪神JF、JpnI)含む重賞9勝
|ヒシナイル 1994.4.15 中央2勝 フェアリーS(現JpnIII) フラワーC(現JpnIII)3着
|ヒシピナクル 1996.3.17 中央4勝 ローズS(現JpnII) 秋華賞(現JpnI)3着

むぅ。叔母にヒシアマゾン、ヒシナイル、ヒシピナクルの重賞勝ち馬3頭がおり、従姉マイケイティーズの仔にアドマイヤムーンがいます。豪華。

カノヤザクラとスリープレスナイト。橋口調教師、同期の2頭で秋は短距離の大きなところを狙われるのでしょう。見れば、やはり強い4歳牝馬世代。両頭揃っての活躍を期待しましょう。

ではでは、今日はこのへんで。

#追記。カノヤザクラ、スリープレスナイトの2頭についてはhttp://futabasha.pluginfree.com/weblish/futabawebmag/Yoshida_umanari_460_1/transit2.htmlが良い感じです。いつまでアップされているか分かりませんので、よろしければお早い目にどうぞ。

|

« 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の九-。 | トップページ | "キング・ジョージ"(英GI)史上に残る名勝負。 »

競馬(回顧)」カテゴリの記事

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

もう長いこと競馬報知を読んでいないのですが、
「馬なり」って今でも連載されているんですね。
その上WEBでも読めるとは。。

投稿: ゴリ | 2008年7月27日 (日) 19時53分

◎ゴリ様
いつもお世話になっております。

>馬なり
よしだみほ先生、まだまだ、健筆を揮われています。

Web、以前はもっと掲載話数が多かったのです。
が、最終的には単行本化されるので、早めに話数が削られるようです(笑)

ではでは、わざわざのコメント、誠にありがとうございました。

投稿: オオハシ | 2008年7月30日 (水) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/41953578

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回アイビスサマーダッシュ(JpnIII)-2008年の重賞勝ち馬の血統について=其の参=-。:

« 2008年上半期のGI(JpnI含む)勝ち馬を改めて確認-其の九-。 | トップページ | "キング・ジョージ"(英GI)史上に残る名勝負。 »