« 第49回宝塚記念(GI)。 | トップページ | 第143回愛ダービー(GI)。 »

2008年6月30日 (月)

ちょこちょこっと更新。

プリティポリーS、プロミシングリードがG1初制覇(netkeiba.com)

14号族C分枝の開祖Pretty Polly(1904)を名前に頂くレースであるプリティポリーS(愛GI)を制したのはPromising Lead(2004.3.6)。今回がGI初制覇となりました。

そんなPromising Leadの4代血統表を示しておきますと、

Promising Lead 牝 鹿毛 2004.3.6生 英国・ジャドモントファーム生産 馬主・カリド・アブドゥラ殿下 英国・マイケル・スタウト厩舎

Promising Lead(2004.3.6)の4代血統表
デインヒル[A]
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:0.25

Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26 ♀
Pas de Nom
黒鹿毛 1968.1.27
★Admiral's Voyage 1959.3.23
Petitioner 1952
Razyana
鹿毛 1981.4.18
His Majesty
鹿毛 1968.4.15
Ribot 1952.2.27
Flower Bowl 1952
Spring Adieu
鹿毛 1974.5.10
▲Buckpasser 1963.4.28
Natalma 1957.3.26 ♀
Arrive
鹿毛 1998.3.6
仔受胎時活性値:1.25
Kahyasi[A]
鹿毛 1985.4.2
種付け時活性値:1.00
イルドブルボン
黒鹿毛 1975.5.23
Nijinsky 1967.2.21
Roseliere 1965
Kadissya
鹿毛 1979.3.19
Blushing Groom 1974.4.8
Kalkeen 1974.2.18
Kerali
栗毛 1984.3.4
仔受胎時活性値:1.25
High Line[C]
栗毛 1966
種付け時活性値:0.25
★ハイハット 1957
Time Call 1955
Sookera
黒鹿毛 1975.5.15
仔受胎時活性値:2.00
Roberto[A]
鹿毛 1969.3.16
種付け時活性値:1.25
Irule
芦毛 1968.3.15
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×5、Natalma(♀)4×4(父方)>

Promising Lead(2004.3.6)の中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Roberto 6.00 いとこにGI馬4頭
(No.11)
2番仔
(2連産目)

Promising Leadの母Arriveは先日ご紹介したHasili(1991.3.12)の全妹です。Hasiliはデインヒル(1986.3.26)との交配で3頭のGI馬、2頭のGII馬を輩出しましたが、Arriveもデインヒルとの交配でGI勝ち馬を送り込みました。

同一牝系馬の連動する活躍」は洋の東西を問わずに顕著ですけれど、Hasili、Arriveの母であるKerariからの分枝馬は、まさに現在「活性中」と言えるでしょう。さらに詳しく確認されたい方はあさ◎コラム様の「最高の繁殖牝馬Kerali」というエントリをご参照ください。むぅ、それにしても、いつも素晴らしい記事群です。サスガ。

ではでは、今日はこのへんで。

#追記。今週もちょいちょい更新する予定です。明日は第143回愛ダービー(GI)について。

|

« 第49回宝塚記念(GI)。 | トップページ | 第143回愛ダービー(GI)。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/41699628

この記事へのトラックバック一覧です: ちょこちょこっと更新。:

« 第49回宝塚記念(GI)。 | トップページ | 第143回愛ダービー(GI)。 »