« 第58回安田記念(GI)。 | トップページ | JRA栗東所属の調教師さんとニアミス。しかし、話しかけられず、無念。 »

2008年6月 9日 (月)

Matchem系とSt.Simon系のニック、3冠を阻む。

第140回ベルモントS(米GI)。

カジノドライヴ(2005.3.7)は残念ながら左後脚の挫石で出走取消。他方、期待されたBig Brown(2005.4.10)の3冠はならず、まさかの最下位9着敗退。

そんな2008年のベルモントSを制したのは出走馬9頭中最下位人気だったDa' Tara(2005.4.26)。逃げて主導権を握るとそのまま2着馬に5と4分の1馬身差で快勝しました。

Da' Tara 牡 黒鹿毛 2005.4.26生 米国・ウインスターファーム生産 馬主・ロバート.V.ラペンタ氏 米国・N.ジトー厩舎

  1. 4代血統構成(各父と活性値):『Tiznow(1.75Pirate's Bounty(0.25)×Salem(0.25)×Quid Pro Quo(1.50)』
  2. 4代血統構成(父系):『In Reality系[D]×Ribot系[B]×Turn-to系[A]×Khared系[C]』
  3. 5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5(父方)
  4. 牝系:米国で継承されている5号族 半姉サウスヒューマー(現役。JRA3勝) 伯母Private Persuasion(米GI馬)
  5. 母の何番仔?:少なくとも3連産目の7番仔以降の仔

Da' Taraの配合で中島理論的に目に付くのは

  1. Matchem(1748)系とSt.Simon(1881)系のニック
  2. 最優性先祖がMatchem系の父Tiznow(1997.3.12)
  3. 4代血統構成を4種父系で構成

というところでしょうか。

1点目のMatchem系とSt.Simon系のニック。中島御大曰く「傑出馬を輩出できる」ニックということ。中島御大の配合馬として知られるクライムカイザー(1973.5.22)もこのニックから輩出されていますね。

2点目の最優性先祖である父Tiznow(1997.3.12)。ブリーダーズカップクラシック(米GI)連覇の偉業を達成した同馬は、珍しい26号族の活躍馬でもあります。また、Tiznowは祖母父にナイスダンサー(1969.3.6)を配されているところが、親近感を持たせます。という訳で、Da' Taraは異系の先祖を最優性に仕向けているのがナイスですね。

3点目の4種父系。サスガに米国産馬、組み合わせが多様。

父から受け継いだであろう勝負強さを3冠最終戦で発揮したDa' Tara。伸び行く3歳馬のこれからに期待します。

ではでは、今日はこのへんで。

2008/06/15追記。よろしければ、Da' Taraの4代血統表を。

Da' Tara(2005.4.26)の4代血統表
Tiznow
鹿毛 1997.3.12
種付け時活性値:1.75
Cee's Tizzy
芦毛 1987.4.21
Relaunch
芦毛 1976.3.16
In Reality 1964.3.1
Foggy Note 1965.3.20
ティズリー
鹿毛 1981.4.27
Lyphard 1969.5.10
Tizna 1969.7.1
Cee's Song
黒鹿毛 1986.3.20
Seattle Song
黒鹿毛 1981.2.19
Seattle Slew 1974.2.15
Incantation 1965
Lonely Dancer
鹿毛 1975.5.29
ナイスダンサー 1969.3.16
Sleep Lonely 1970.2.27
Torchera
黒鹿毛(?) 1993.1.19
仔受胎時活性値:0.75
Pirate's Bounty
黒鹿毛 1975.4.2
種付け時活性値:0.25
Hoist the Flag
鹿毛 1968.3.31
Tom Rolfe 1962.4.14
Wavy Navy 1954.3.9
Bad Seed
黒鹿毛 1969.5.19
▲Stevward 1959.4.14
Rich and Rare 1955
Kaylem Ho
栗毛 1978.4.16
仔受胎時活性値:1.50
Salem
鹿毛 1968.4.25
種付け時活性値:0.25
★Cyane 1959.4.12
Witching Hour 1960.3.31
Kay Ho
栗毛 1973.4.23
仔受胎時活性値:1.00
Quid Pro Quo
鹿毛 1966.2.27
種付け時活性値:1.50
Cloud Ho
栗毛 1968.3.5
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5(父方)>

Da' Taraの中島理論的総括
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 何番仔?
Tiznow 4.25 伯母が米GI馬
(No.5-I)
7番仔?
(3連産目以降)

|

« 第58回安田記念(GI)。 | トップページ | JRA栗東所属の調教師さんとニアミス。しかし、話しかけられず、無念。 »

競馬(血統)」カテゴリの記事

コメント

Big Brown はけがでもしたのかというような後退ぶりでしたが、さすがに米3冠は厳しいですね。Da' Tara のニックスは日本のファンから見ると羨ましいような。。Matchem系は小生のイメージでは、なかなか日本に根付かない4枚目のカードだったのですが、ウォーニングからサニングデールとカルストンライトオが跡を継いでいるので、頑張ってほしいです。
Da' Tara とBig Brown 、カジノドライブの10Fでの仕切直しが楽しみですね。

投稿: ゴリ | 2008年6月14日 (土) 12時52分

◎ゴリ様
いつもお世話になっております。

>Big Brown
ベルモントSは公式発表では「競走中止」という扱いとのこと。
おっしゃるとおり、米3冠は厳しいものですね。

>Da' Tara
こういう血統馬が普通にGIレースを勝ちきるところに米国の奥深さを感じます。

>Matchem系
サニングデールとカルストンライトオ。両馬共に息の長い活躍を見せてくれました。
ウォーニングの血。Matchem系の切り札として21世紀の日本でも生き残って欲しいと切に願います。

>10Fでの仕切直し
Da' TaraとBig BrownはまずトラヴァーズSで再戦の予定でしょうか。
秋のブリーダーズカップでは古馬との対決にもなります。
Curlinもメチャ強いですから、ね。

ではでは、わざわざのコメント、誠にありがとうございました♪

投稿: オオハシ | 2008年6月15日 (日) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112781/41483966

この記事へのトラックバック一覧です: Matchem系とSt.Simon系のニック、3冠を阻む。:

« 第58回安田記念(GI)。 | トップページ | JRA栗東所属の調教師さんとニアミス。しかし、話しかけられず、無念。 »